このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ポーランド王領プロシアとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)
ポーランド王領プロシア
Prusy Królewskie
Königliches Preußen
 | 1466年 - 1772年 | 

(国旗) | (国章)

1575年のポーランド=リトアニア同君連合王国のうちの当該領域
ポーランド王領プロシア(Royal Prussiaと記載)と
プロシア公領(Ducal Prussiaと記載)
首都 不明
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
成立 1466年10月19日
ルブリン合同により
ポーランド王国の一部となる 1569年7月1日
プロイセン王国に併合される 1772年8月5日


ブランデンブルクプロイセンの歴史
ノルトマルク
965 - 983 | プルーセン
先史 - 13世紀
リューティチ族
983 - 12世紀
ブランデンブルク辺境伯領
1157 - 1618 (1806) | ドイツ騎士団国
1224 - 1525
プロイセン公国
1525 - 1618 (1701) | ポーランド王領プロシア
1454/1466 - 1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618 - 1701
プロイセン王国
1701 - 1772
プロイセン王国
1772 - 1918
プロイセン自由州
1918 - 1947 | クライペダ地域
1920 - 1939 / 1945 - 現在 | 回復領
1918/1945 - 現在
ブランデンブルク州
1947 - 1952 / 1990 - 現在 | カリーニングラード州
1945 - 現在

ポーランド王領プロシア(ポーランド語:Prusy Królewskie、ドイツ語:Königliches Preußen)は、近世ヨーロッパに存在した地域区分。ポーランドおよびドイツの歴史的な支配領域の一つ。

概要

1466年第二次トルンの和約によって成立した、ポーランド王を君主としたプロイセン(プロシア)地方の領域である。1569年ルブリン合同によってポーランド・リトアニア共和国が成立すると、ポーランド王国の領土となり、1772年第一次ポーランド分割によってプロイセン王国に併合されるまで存続した。

プロシア公領とは異なることに注意。ポーランド王領プロシアはポーランド王国の領土。プロシア公領はポーランド王国を宗主国とするポーランド王国の従属国であり、1660年にポーランド王国から独立した領域である。

第二次トルンの和約で成立したポーランド王領プロシア(1466年 - 1772年、ポーランドの領土)の区分。青はポメレリア、赤はクルマーラント、緑はエルビングマリーエンブルク、黄色はヴァルミア司教領(エルムラント)

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/26 02:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ポーランド王領プロシア」の意味を投稿しよう
「ポーランド王領プロシア」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ポーランド王領プロシアスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ポーランド王領プロシア」のスレッドを作成する
ポーランド王領プロシアの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail