このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マイク・スコットとは?

マイク・スコット
Mike Scott
【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
カリフォルニア州サンタモニカ
【生年月日】
(1955-04-26) 1955年4月26日(63歳)
【身長
体重】
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1976年 ドラフト2巡目
【初出場】
1979年4月18日
【最終出場】
1991年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


マイケル・ウォーレン・スコット(Michael Warren Scott, 1955年4月26日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 ニューヨーク・メッツ
    • 1.2 ヒューストン・アストロズ
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 獲得タイトル・表彰・記録
  • 3 脚注
  • 4 外部リンク

経歴

ニューヨーク・メッツ

1976年MLBドラフトニューヨーク・メッツから2巡目に指名を受け入団。1979年4月18日モントリオール・エクスポズ戦でメジャーデビュー。1980年9月28日のセントルイス・カージナルス戦でメジャー初完投・初完封を無四球で飾った。1981年50日間に及ぶストライキによるシーズンの中断・短縮もあり5勝10敗。1982年は6月以降リリーフでの登板が多くなり、7勝13敗・防御率5.14と不調だった。12月10日に1選手との交換トレードでヒューストン・アストロズに移籍。

ヒューストン・アストロズ

移籍1年目の1983年は故障で出遅れるが10勝。1984年は途中6連敗を喫するなど5勝11敗に終わる。オフにデトロイト・タイガースの投手コーチだったロジャー・クレイグからスプリットフィンガード・ファストボールを伝授される。1985年は前半戦で8勝・防御率2.76を記録。後半戦は防御率3.92ながら10勝を挙げ、シーズン通算で18勝8敗・防御率3.29を記録。1986年は前半戦で9勝を挙げ、オールスターゲームに初選出される。9月25日、恩師クレイグが監督を務めるサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で13三振を奪ってノーヒッターを達成。18勝10敗・防御率2.22・306奪三振、いずれもリーグトップの275.1イニング・5完封・WHIP0.92を記録して最優秀防御率最多奪三振の二冠を獲得するなど、チームの6年ぶりの地区優勝に大きく貢献。ナショナルリーグで右投手がシーズン300奪三振以上を記録したのは、20世紀以降ではJ・R・リチャード以来2人目の快挙だった。古巣メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に先発して5安打14奪三振で完封勝利を挙げ、ドワイト・グッデンとの投手戦を制した。第4戦でも3安打無四球1失点で完投勝利を挙げるが、チームはそれ以外の試合で全て敗れ、2勝4敗で敗退した。しかし活躍が評価されてシリーズMVPを受賞。敗退チームからの選出はリーグ史上初だった。オフにサイ・ヤング賞を初受賞し、MVPの投票でも10位に入った。オフに日米野球でメジャーリーグ選抜の一員として来日し、日本でもスプリットフィンガード・ファストボール旋風を巻き起こした。

1987年は自身初の開幕投手を務める。前半戦で10勝5敗・防御率2.76の成績を残し、オールスターゲームでは先発投手を務めた。終盤でやや調子を落としたが、16勝13敗・防御率3.23・233奪三振を記録した。1988年は開幕から6連勝。6月12日アトランタ・ブレーブス戦では9回2死までノーヒットに抑え、1安打無四球完封勝利。途中故障による離脱もあったが、14勝8敗・防御率2.92・190奪三振を記録した。1989年5月19日ピッツバーグ・パイレーツ戦で7回までノーヒットに抑えて完封勝利を挙げるなど前半戦で14勝5敗・防御率2.58を記録し、2年ぶりにオールスターゲームに選出されるが登板機会はなし。後半戦は6勝に留まるが、20勝10敗・防御率3.10・172奪三振を記録し、最多勝利のタイトルを獲得。サイ・ヤング賞の投票ではマーク・デービスに次ぐ2位に入った。1990年は開幕から不調で負けが先行。6月8日シンシナティ・レッズ戦では6回までに13奪三振。試合は両チーム無得点のまま延長に入り、10回に1点を失うがその裏に逆転し、キャリアハイの15奪三振完投勝利を挙げる。その後はやや持ち直したが好投しても援護に恵まれない事が多く、9勝13敗に終わった。1991年は故障の影響で開幕から2試合連続でノックアウトされると故障者リスト入りし、そのまま現役を引退した。不正投球(スカッフボール。ボールに傷を付けることで変化が増す)疑惑を持たれたこともあったが、これについては肯定も否定もしなかったという。

1992年にアストロズでの背番号33』が球団の永久欠番に指定された。

日本のゲームメーカー、ナムコが1987年に発売した野球ゲーム「プロ野球ファミリースタジアム'87」に登場する「すこつと」のモデルになっている。本家同様、驚異的なスピードのフォークボールを投げる。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1979 | NYM | 18 | 9 | 0 | 0 | 0 | 1 | 3 | 0 | -- | .250 | 229 | 52.1 | 59 | 4 | 20 | 3 | 0 | 21 | 1 | 1 | 35 | 31 | 5.33 | 1.51
1980 | 6 | 6 | 1 | 1 | 1 | 1 | 1 | 0 | -- | .500 | 132 | 29.1 | 40 | 1 | 8 | 1 | 0 | 13 | 1 | 0 | 14 | 14 | 4.30 | 1.64
1981 | 23 | 23 | 1 | 0 | 0 | 5 | 10 | 0 | -- | .333 | 551 | 136.0 | 130 | 11 | 34 | 1 | 1 | 54 | 1 | 2 | 65 | 59 | 3.90 | 1.21
1982 | 37 | 22 | 1 | 0 | 0 | 7 | 13 | 3 | -- | .350 | 670 | 147.0 | 185 | 13 | 60 | 3 | 2 | 63 | 1 | 2 | 100 | 84 | 5.14 | 1.67
1983 | HOU | 24 | 24 | 2 | 2 | 2 | 10 | 6 | 0 | -- | .625 | 612 | 145.0 | 143 | 8 | 46 | 0 | 5 | 73 | 4 | 4 | 67 | 60 | 3.72 | 1.30
1984 | 31 | 29 | 0 | 0 | 0 | 5 | 11 | 0 | -- | .313 | 675 | 154.0 | 179 | 7 | 43 | 4 | 3 | 83 | 2 | 2 | 96 | 80 | 4.68 | 1.44
1985 | 36 | 35 | 4 | 2 | 0 | 18 | 8 | 0 | -- | .692 | 922 | 221.2 | 194 | 20 | 80 | 4 | 3 | 137 | 7 | 2 | 91 | 81 | 3.29 | 1.24
1986 | 37 | 37 | 7 | 5 | 3 | 18 | 10 | 0 | -- | .643 | 1065 | 275.1 | 182 | 17 | 72 | 6 | 2 | 306 | 3 | 0 | 73 | 68 | 2.22 | 0.92
1987 | 36 | 36 | 8 | 3 | 2 | 16 | 13 | 0 | -- | .552 | 1010 | 247.2 | 199 | 21 | 79 | 6 | 4 | 233 | 10 | 2 | 94 | 89 | 3.23 | 1.12
1988 | 32 | 32 | 8 | 5 | 3 | 14 | 8 | 0 | -- | .636 | 875 | 218.2 | 162 | 19 | 53 | 6 | 8 | 190 | 1 | 1 | 74 | 71 | 2.92 | 0.98
1989 | 33 | 32 | 9 | 2 | 1 | 20 | 10 | 0 | -- | .667 | 924 | 229.0 | 180 | 23 | 62 | 12 | 3 | 172 | 7 | 0 | 87 | 79 | 3.10 | 1.06
1990 | 32 | 32 | 4 | 2 | 1 | 9 | 13 | 0 | -- | .409 | 871 | 205.2 | 194 | 27 | 66 | 6 | 1 | 121 | 1 | 3 | 102 | 87 | 3.81 | 1.26
1991 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | -- | .000 | 35 | 7.0 | 11 | 2 | 4 | 1 | 1 | 3 | 0 | 0 | 10 | 10 | 12.86 | 2.14
通算:13年 347 | 319 | 45 | 22 | 13 | 124 | 108 | 3 | -- | .534 | 8571 | 2068.2 | 1858 | 173 | 627 | 53 | 33 | 1469 | 39 | 19 | 908 | 813 | 3.54 | 1.20

獲得タイトル・表彰・記録

脚注

  1. ^ Baseball Awards Voting for 1986” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ Baseball Awards Voting for 1986” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  3. ^ Jun 12, 1988, Braves at Astros Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  4. ^ May 19, 1989, Pirates at Astros Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  5. ^ Jun 8, 1990, Reds at Astros Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  6. ^ これにより彼の代名詞ともいえるスプリットフィンガード・ファーストボールが『デス・ピッチ』と呼ばれるようになり、使い手が少なくなったとも言われる。
  7. ^ Great Scott's power burned brightest in '86
  8. ^ Voice of '86: Astros pitcher Mike Scott

外部リンク


獲得タイトル・記録
ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズMVP
1970年代 | 

1980年代 | 
  • 1980 マニー・トリーヨ
  • 1981 バート・フートン
  • 1982 ダレル・ポーター
  • 1983 ゲイリー・マシューズ
  • 1984 スティーブ・ガービー
  • 1985 オジー・スミス
  • 1986 マイク・スコット
  • 1987 ジェフリー・レナード
  • 1988 オーレル・ハーシュハイザー
  • 1989 ウィル・クラーク

  • 1990年代 | 
  • 1990 ロブ・ディブルランディ・マイヤーズ
  • 1991 スティーブ・エイベリー
  • 1992 ジョン・スモルツ
  • 1993 カート・シリング
  • 1994 開催中止
  • 1995 マイク・デベロー
  • 1996 ハビー・ロペス
  • 1997 リバン・ヘルナンデス
  • 1998 スターリング・ヒッチコック
  • 1999 エディ・ペレス

  • 2000年代 | 
  • 2000 マイク・ハンプトン
  • 2001 クレイグ・カウンセル
  • 2002 ベニート・サンティアゴ
  • 2003 イバン・ロドリゲス
  • 2004 アルバート・プホルス
  • 2005 ロイ・オズワルト
  • 2006 ジェフ・スーパン
  • 2007 マット・ホリデイ
  • 2008 コール・ハメルズ
  • 2009 ライアン・ハワード

  • 2010年代 | 
  • 2010 コディ・ロス
  • 2011 デビッド・フリース
  • 2012 マルコ・スクータロ
  • 2013 マイケル・ワカ
  • 2014 マディソン・バンガーナー
  • 2015 ダニエル・マーフィー
  • 2016 ハビアー・バエズジョン・レスター
  • 2017 ジャスティン・ターナークリス・テイラー
  • 2018 コディ・ベリンジャー


  • ナショナルリーグ サイ・ヤング賞
    1956年-1966年 | 

    1967年-1969年 | 
  • 67 マイク・マコーミック
  • 68 ボブ・ギブソン
  • 69 トム・シーバー

  • 1970年代 | 
  • 70 ボブ・ギブソン
  • 71 ファーガソン・ジェンキンス
  • 72 スティーブ・カールトン
  • 73 トム・シーバー
  • 74 マイク・マーシャル
  • 75 トム・シーバー
  • 76 ランディ・ジョーンズ
  • 77 スティーブ・カールトン
  • 78 ゲイロード・ペリー
  • 79 ブルース・スーター

  • 1980年代 | 
  • 80 スティーブ・カールトン
  • 81 フェルナンド・バレンズエラ
  • 82 スティーブ・カールトン
  • 83 ジョン・デニー
  • 84 リック・サトクリフ
  • 85 ドワイト・グッデン
  • 86 マイク・スコット
  • 87 スティーブ・ベドローシアン
  • 88 オーレル・ハーシュハイザー
  • 89 マーク・デービス

  • 1990年代 | 
  • 90 ダグ・ドレイベック
  • 91 トム・グラビン
  • 92 グレッグ・マダックス
  • 93 グレッグ・マダックス
  • 94 グレッグ・マダックス
  • 95 グレッグ・マダックス
  • 96 ジョン・スモルツ
  • 97 ペドロ・マルティネス
  • 98 トム・グラビン
  • 99 ランディ・ジョンソン

  • 2000年代 | 
  • 00 ランディ・ジョンソン
  • 01 ランディ・ジョンソン
  • 02 ランディ・ジョンソン
  • 03 エリック・ガニエ
  • 04 ロジャー・クレメンス
  • 05 クリス・カーペンター
  • 06 ブランドン・ウェブ
  • 07 ジェイク・ピービー
  • 08 ティム・リンスカム
  • 09 ティム・リンスカム

  • 2010年代 | 
  • 10 ロイ・ハラデイ
  • 11 クレイトン・カーショウ
  • 12 R.A.ディッキー
  • 13 クレイトン・カーショウ
  • 14 クレイトン・カーショウ
  • 15 ジェイク・アリエータ
  • 16 マックス・シャーザー
  • 17 マックス・シャーザー
  • 18 ジェイコブ・デグロム

  • 1966年まではアメリカンリーグと合わせて1人だけ選出。このテンプレートではナショナルリーグの選手のみを表記。

    ナショナルリーグ最優秀防御率
    1870年代 | 

    1880年代 | 
  • 80 ティム・キーフ
  • 81 スタンプ・ウィードマン
  • 82 ラリー・コーコラン
  • 83 ジム・マコーミック <
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/19 02:16

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「マイク・スコット」の意味を投稿しよう
    「マイク・スコット」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    マイク・スコットスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「マイク・スコット」のスレッドを作成する
    マイク・スコットの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail