このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マニュエル・オランテスとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Manuel Orantes Corral
【国籍】
スペイン
【出身地】
同・グラナダ
【生年月日】
(1949-02-06) 1949年2月6日(69歳)
【身長】
177cm
【体重】
75kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
殿堂入り
2012年
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1968年
【引退年】
1983年
【ツアー通算】
55勝
【シングルス】
33勝
【ダブルス】
22勝
【生涯通算成績】
939勝508敗
【シングルス】
641勝253敗
【ダブルス】
298勝155敗
【生涯獲得賞金】
$1,398,303
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
ベスト8(1968)
全仏
準優勝(1974)
全英
ベスト4(1972)
全米
優勝(1975)
【優勝回数】
1(米1)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
ベスト4(1968)
全仏
準優勝(1978)
全英
ベスト8(1972)
全米
3回戦(1975)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
2位(1973年8月23日)
【ダブルス】
160位(1983年1月3日)
テンプレート プロジェクト テニス

マニュエル・オランテス・コルラル(Manuel Orantes Corral, 1949年2月6日 - )は、スペイングラナダ出身の男子プロテニス選手。1970年代から1980年代前半にかけて活躍し、1975年全米オープン男子シングルスで優勝した。左利きの選手。シングルス自己最高ランキングは2位。ATPツアーでシングルス33勝、ダブルス22勝を挙げた。身長177cm、体重75kgで、男子テニス選手としてはやや小柄な体格だった。

目次

  • 1 来歴
  • 2 4大大会優勝
  • 3 4大大会シングルス成績
  • 4 外部リンク

来歴

オランテスが登場する前、スペインの男子テニス界はマニュエル・サンタナが君臨していた。サンタナは1960年代4大大会で「4勝」を挙げた名選手である。そのサンタナの後に続く選手として、オランテスが活躍を始めた。

1968年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップスペイン代表選手となる。1969年、オランテスは20歳の時に地元スペインバルセロナの大会で男子ツアー初優勝を飾る。1972年頃から彼は世界のトップレベルに躍進し、1973年に世界ランキングを自己最高の2位に上げた。1974年全仏オープンで、オランテスは初めて4大大会の男子シングルス決勝に進出したが、当時18歳になったばかりのビョルン・ボルグに 6-2, 7-6, 0-6, 1-6, 1-6 のフルセットで逆転負けを喫した。最初の2セットをオランテスが先取した後、第3セット以後は若きボルグが一方的な試合展開を進め、オランテスは全仏オープンでは準優勝に終わった。

彼のテニス経歴で最大のハイライトは、1975年全米オープンで訪れた。この決勝戦で、オランテスは大会2連覇を目指したジミー・コナーズを 6-4, 6-3, 6-3 のストレートで圧勝し、4大大会初優勝を飾った。この年は男子ツアーでも年間10勝を挙げ、1976年にも年間7勝を記録している。1977年には日本の「ジャパン・オープン」で優勝した。

その後もオランテスは息長く現役を続行し、デビスカップでは1980年までスペイン代表選手を務め、1982年イギリスボーンマスの大会で最後のシングルス優勝を飾った。1984年のシーズンを最後に現役を引退し、現在はテニス・スクールを経営して後進の育成に携わっている。

オランテスは2012年に国際テニス殿堂入りを果たした。

4大大会優勝

(全仏オープンシングルス準優勝1度:1974年・ダブルス準優勝1度:1978年)

【年】
【大会】
【対戦相手】
試合結果
1975年 | 全米オープン |  ジミー・コナーズ | 6-4, 6-3, 6-3

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【1968】
【1969】
【1970】
【1971】
【1972】
【1973】
【1974】
【1975】
【1976】
【1977】
【1978】
【1979】
【1980】
【1981】
【1982】
【1983】
SR
全豪オープン | QF | A | A | A | A | A | A | A | A | A | A | A | A | A | A | A 0 / 1
全仏オープン | 1R | 3R | 4R | 1R | SF | 2R | F | 1R | QF | A | QF | 4R | 4R | 1R | A | 2R 0 / 14
ウィンブルドン | 1R | 1R | 3R | 1R | SF | A | 4R | A | A | A | A | 4R | A | A | A | A 0 / 7
全米オープン | A | 2R | A | 4R | 3R | 3R | 2R | W | QF | QF | 1R | A | A | A | A | A 1 / 9
Win–Loss 3–2 3–3 5–2 3–2 11–3 3–2 10–3 7–1 8–2 4–1 4–2 4–2 3–0 0–1 0–0 1–1 1 / 31

外部リンク

全米オープン(オープン化以後)男子シングルス優勝者

全米テニス選手権(1881–1967)男単 || 女単 | 男複 ・ 女複 ・ 混複

ATPツアー年間最終戦シングルス優勝者
70年- | 

90年- | 
  • (1990年)アンドレ・アガシ
  • (1991年)ピート・サンプラス
  • (1992年)ボリス・ベッカー
  • (1993年)ミヒャエル・シュティヒ
  • (1994年) ピート・サンプラス
  • (1995年)ボリス・ベッカー
  • (1996年・97年)ピート・サンプラス
  • (1998年)アレックス・コレチャ
  • (1999年)ピート・サンプラス
  • (2000年)グスタボ・クエルテン
  • (2001年・02年)レイトン・ヒューイット
  • (2003年・04年)ロジャー・フェデラー
  • (2005年)ダビド・ナルバンディアン
  • (2006年・07年)ロジャー・フェデラー
  • (2008年)ノバク・ジョコビッチ
  • (2009年)ニコライ・ダビデンコ

  • 10年- | 
  • (2010年・11年)ロジャー・フェデラー
  • (2012年・13年・14年・15年)ノバク・ジョコビッチ
  • (2016年)アンディ・マリー
  • (2017年)グリゴール・ディミトロフ


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/07/22 02:06

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「マニュエル・オランテス」の意味を投稿しよう
    「マニュエル・オランテス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    マニュエル・オランテススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「マニュエル・オランテス」のスレッドを作成する
    マニュエル・オランテスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail