このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マラソンとは?

マラソン大会の競技者

マラソンとは、

  1. 陸上競技長距離走のひとつで、42.195km公道コースを使った競技。本項で詳述する。
  2. 公道コースを使った陸上競技の長距離走の俗称。ハーフマラソンウルトラマラソンなど。
  3. 長距離、長時間にわたる仕事や陸上以外の競技の例えとして使われる。シェル エコマラソンハッカソンアイデアソンなど。

マラソン(英語: marathon)は、陸上競技長距離走のひとつで、42.195km公道コースを走り、順位や時間を競う種目である。古代ギリシア故事に由来して、第1回近代オリンピックの創設に伴い陸上の新種目とされたことから始まった。

また定められた距離以外の大会でもマラソンと呼ばれる場合がある、ハーフマラソン(21.0975km)やクォーターマラソン(10.54875km)、マラソンより長い距離を走るウルトラマラソンなどでも、単にマラソンと呼ぶことが多い。正式なマラソンを明示する場合はフルマラソンという。

目次

  • 1 マラソンの名の由来
  • 2 近代マラソンの開始
    • 2.1 42.195kmの由来
    • 2.2 女子の参加
    • 2.3 競技の変化
  • 3 マラソンの特徴
    • 3.1 健康への影響
  • 4 日本におけるマラソン
  • 5 記録に関する用語
    • 5.1 「最高記録」と「新記録」
    • 5.2 グロスタイムとネットタイム
  • 6 公認コースの主な条件
  • 7 主要なマラソン大会
    • 7.1 日本国外
    • 7.2 日本国内(日本陸連主催/後援)
    • 7.3 日本国内(主な市民マラソン大会)
  • 8 歴代記録
    • 8.1 世界歴代10傑
      • 8.1.1 参考記録
    • 8.2 エリア記録
    • 8.3 ジュニア世界歴代10傑
      • 8.3.1 ユース世界最高記録
    • 8.4 アジア歴代10傑
    • 8.5 ジュニアアジア歴代10傑
      • 8.5.1 ユースアジア最高記録
    • 8.6 日本歴代10傑
      • 8.6.1 日本その他の記録
      • 8.6.2 最遅記録
  • 9 有名人のマラソン記録一覧
    • 9.1 映画・テレビ関係
    • 9.2 音楽関係
    • 9.3 プロスポーツ選手
    • 9.4 政治家
    • 9.5 学者・文化人
  • 10 車いすの部 (Wheelchair division)
  • 11 脚注
  • 12 関連項目
    • 12.1 記録
  • 13 外部リンク

マラソンの名の由来

紀元前450年9月12日アテナイの名将ミルティアデスマラトン(Μαραθών, Marathon)に上陸したペルシャの大軍を奇策で撃退した。マラトンの戦いである。勝利というエウアンゲリオン(良い知らせ)をアテナイの元老に伝えるためにフィディピディス(Philippides)という兵士が伝令に選ばれた。フィディピディスはマラトンから約40km離れたアテナイまでを駆け抜け、アテナイの郊外で「我勝てり」と告げた後に力尽きて息を引き取ったと言われている。この伝承はヘロドトスの『歴史』によるとされ、アテナイは現在のアテネとされる。ただし、この話が史実かという点については諸説がある。戦いの日時を紀元前490年11月2日とする説もあり、プルタルコスによれば兵士の名前はエウクレス(Eukles)とされる。マラトンの戦いも参照。

近代マラソンの開始

上述の故事を偲んだフランスの言語学者ミシェル・ブレアルの提案により、1896年アテネで開かれた第1回オリンピックマラトンからアテネ・パナシナイコ競技場までの競走が加えられた。これがマラソン競走の始まりであり、翌1897年にはボストンマラソンが創始されるなど、欧米諸国から競技が広がった。1972年より、故事にちなんでアテネクラシックマラソンが開催されるようになった。コースはマラトンよりアテネの競技場までの42.195kmである。1997年世界選手権2004年アテネオリンピックはアテネクラシックマラソンと同じコースが使用された。

42.195kmの由来

オリンピックのマラソン距離
【開催年】
【回次】
距離
1896年 | 1 | 40km
1900年 | 2 | 40.26km
1904年 | 3 | 40km
1906年 | (*1) | 41.86km
1908年 | 4 | 42.195km
1912年 | 5 | 40.2km
1920年 | 7 | 42.75km
1924年以降 | 8 | 42.195km
(*1) 1906年は近代オリンピック制定10周年を記念した特別大会

マラソンの距離は42.195kmと設定されているが、これは古代マラソンに直接由来するものではない。オリンピックでマラソン競技が実施された当初は、大会ごとの競技距離は一定ではなく(同じコースを全選手が走ることが重要とされていたため)、約40kmで行われていた。競技距離が統一されたのは、第8回パリオリンピック以後であり、42.195km(26マイル385ヤード)とされた。この距離は第4回ロンドンオリンピック時の走行距離(市街地42km+競技場の200mトラック1周弱)をそのまま採用したものである。

第4回ロンドンオリンピックでは、当初、国王の住むウィンザー城からシェファードブッシュ競技場の26マイル(41.843km)で競うこととされていた。この際、時の王妃アレクサンドラが、「スタート地点は宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前に」と注文したために半端な数字の距離(385ヤード)だけ延長されたという逸話がある。もっとも、この説には証拠が見つかっていないとサウサンプトン大学のマーチン・ポリー教授は主張している。英国政府観光庁も、スタート地点の移動については、「観客が参加選手の走行を邪魔しないように」と述べており、また追加された距離も700ヤードとしている。 この大会で最初に競技場に到達したイタリアの選手ドランド・ピエトリはゴール地点を勘違いして直前(彼の認識におけるゴール)で倒れ、役員の助力でゴールしたため、のちに失格となった(ドランドの悲劇)。

女子の参加

第1回のアテネ五輪の当時、陸上競技は男子のみで行われており、マラソンも例外ではなかった(ただし、当日に隠れて同じコースを走ったメルポメネという女性がおり、史上初の女子マラソンランナーとされる)。その後女子の陸上競技への参加が認められるようになっても、「女子がマラソンを走ることは生理的に困難」という見解が広く信じられ、オリンピックをはじめとするマラソン大会も男子のみで開催されていた。これに対して、1966年のボストンマラソンで主催者に隠れて参加する女子が出現、その後も年を追って非公式の女子の参加者が増えたため、1972年に女子の参加が認められた。日本国内で初めてマラソン公認コースを競技として走った女性は、1975年7月26日に網走市のコースに挑んだ札幌短期大学(現・札幌学院大学)の6人の選手(須藤令子が4時間07分40秒でトップ)である。

1979年にIAAFが公認する史上初の女性限定マラソン大会として東京国際女子マラソンが開催された。

オリンピックで女子のマラソンが正式に採用されたのは、1984年のロサンゼルスオリンピックからである。

競技の変化

以前は、42kmの長丁場を考慮した心理的駆け引きと持久力が重要であった。しかし、近年は男子女子ともに高速化がめざましく、スピードも求められるようになってきた。これに伴い、ペースメーカーを利用したスリップストリームや、同じ国やチームの選手で組んでラップの上げ下げを意図的に行い、余裕のない選手やスピードの乏しい選手をふるい落としていくなど、自転車ロードレースの様な動きも見られるようになった。そのため、近年では5000m10000mでのトップ競技者を中心とした高速化が特に男子で顕著となっている。

マラソンの特徴

健康への影響

軽いジョギング程度では健康には有用とされるが、マラソンは健康の害になることが指摘されている。マラソンはすべてのスポーツの中で突然死が発生する数が最も多いと言われている。近年のマラソンブームによるランナー増加にともない、マラソン中の心臓突然死も増加傾向にあり、1990年〜2010年までの間に開催された日本国内のマラソン大会でランナーに心肺停止を伴う事故が多発しており、現在増加傾向にある。

日本におけるマラソン

日本の最初のマラソンは1909年(明治42年)3月21日に開催された「マラソン大競争」である。兵庫県神戸市兵庫区湊川埋立て地をスタートし、大阪市の西成大橋(現淀川大橋)にゴールするという距離約32kmの片道コースであった。兵庫県西宮市鳴尾競馬場で開催された予選会には408名が参加し、本大会は20名に絞り込まれて行われた。優勝者は岡山県在郷軍人の金子長之助でタイムは2時間10分54秒であった。

日本においてオリンピックでもマラソンは常に注目競技の上位となってきた。日本が初めて選手を派遣した1912年ストックホルムオリンピックからマラソン選手(金栗四三)を送っている。1964年(昭和39年)の東京オリンピック円谷幸吉が3位銅メダル、つづく1968年(昭和43年)のメキシコオリンピック君原健二が2位銀メダルになるなど、日本の男子マラソンは世界最高記録保持者を輩出したり、知名度の高いレースで優勝・上位入賞したりする時代があった。1970年代後半から1990年代前半にかけても、宗茂宗猛瀬古利彦伊藤国光中山竹通谷口浩美など、マラソン世界歴代10傑に名前を刻む世界的な選手を数多く輩出し、1991年(平成3年)の東京世界陸上にて谷口浩美が1位金メダル、1992年(平成4年)のバルセロナオリンピックにて森下広一が2位銀メダルに輝き、マラソン黄金時代を築いた。また、女子マラソンにおいても、1990年代前半から2000年代前半にかけて、オリンピックでは1992年(平成4年)のバルセロナオリンピックで2位銀メダル、1996年(平成8年)のアトランタオリンピックで3位銅メダルと連続メダルの有森裕子2000年(平成12年)のシドニーオリンピックで1位金メダルの高橋尚子2004年(平成16年)のアテネオリンピックで1位金メダルの野口みずき、また世界陸上競技選手権では1993年(平成5年)シュトゥットガルト世界陸上で1位金メダルの浅利純子1997年(平成9年)アテネ世界陸上で1位金メダルの鈴木博美、他にも銀メダル銅メダルは多数という、女子マラソン選手が世界的な競技大会(オリンピックや世界陸上競技選手権など)でメダルを量産する活躍を見せ、全盛時代を築いた。当時の日本で取り組まれていた夏マラソン研究は世界最先端であり、1990年代前半以降のオリンピックや世界陸上競技選手権での日本人選手のメダル獲得は、その研究の賜物であるのも否定できない。

2000年代後半からは、ワールドマラソンメジャーズ(WMM)のシリーズ戦が創立され、従来オリンピックや世界陸上競技選手権などで争われてきた世界一のタイトルが毎年の主要大会のポイントによっても争われるようになり、エチオピアケニアなどのマラソン強豪国の多くの選手が今までよりもマラソンに大挙参加し、従来よりもマラソンに力を入れるようになってきた。それに伴うマラソン強豪国の選手達によるマラソンの高速化、選手層の厚さによるレースのハイレベル化に日本勢は十分対応できず、男女ともに苦戦を強いられている。それでもオリンピックの視聴率が20%を超えるほど関心が衰えていない。

2020年の東京オリンピック開催決定を受け、日本代表選考を改革し、その選考レースを「マラソングランドチャンピオンシップ」と命名して2019年に開催することが発表された。

記録に関する用語

「最高記録」と「新記録」

コースによって条件が異なるマラソンは、国際陸上競技連盟(国際陸連=IAAF)が記録公認をしていなかったため、これまでの記録を上回っても、「新記録」ではなく「最高記録」と言われていたが、2004年、国際陸連は記録公認諸条件を整備(#公認コースの主な条件 参照)、マラソンを含む道路競技の記録も「新記録」と表現されるようになった。 したがって、これまでマラソンの記録は「世界最高記録」「日本最高記録」などと称されてきたが、2004年以降は他の種目同様「世界記録」「日本記録」などと称されることになった。

グロスタイムとネットタイム

グロスタイム(Gross Time)とは、スタートの合図を起算としてゴールラインを通過するまでに要した計時の公式記録のことをいう。一方、ネットタイム(Net Time、正味のタイム)とは、スタートラインを通過した瞬間を起算としてゴールラインを通過するまでに要した参考記録のことをいう。

多数のランナーが参加する市民マラソンなどでは、スタートの号砲と同時にスタートラインを通過できる人数は限定され、多数のランナーはスタートラインに到達するまでにある程度の時間を要する。公式な記録であるグロスタイムには、このスタートラインに到達するまでの時間が含まれるため、正味の走行時間を把握する場合にネットタイムが用いられる場合がある。日本国内においては、ネットタイムはあくまでも個人的な参考記録とされるので、取り扱いには注意をする必要がある。

しかし、海外のマラソン、特にニューヨークシティマラソン、シカゴマラソン、パリマラソンなど、伝統的に大規模なマラソンにおいては、グロスタイムとネットタイムの間に最大1時間以上の開きが出ること、同一ウェーブ内においてもグロスとネットの間に10分程度の差が出る不公平から、エリートランナーのみにおいてグロスタイムが正式タイムとなり、一般ウェーブスタートのランナーではネットタイムが正式タイムとして公表され、順位もこれにもとづいて発表されている。また、ボストンマラソンなどの参加の可否もネットタイムをもとに決定されている。

公認コースの主な条件

これはマラソンに限らず道路競走一般に適用されるが、マラソンの場合にはその距離に端数があるため特に規定がある。それはカッコ内に表示した。

  1. コースの長さは競技距離より短くてはならず、かつ誤差は競技距離の1000分の1以下(マラソンでは 42m 以下)
  2. 上記の条件を満たすべく、距離の測定にあたっては1001mをもって 1000m=1km とする
  3. スタート地点からゴール地点までの標高の減少は競技距離の1000分の1以下(マラソンでは 42m 以下) 注:全体が下り坂基調のコースを禁止するため。
  4. スタート地点とゴール地点との距離は、直線で競技距離の2分の1以下 注:一本道の直線に近いコースでは気象条件によっては常に追い風になる可能性があるため。

21世紀現在では世界的に、自転車計測員が3台の距離計付き自転車で縁石から一定の場所を走行して3台の平均値で距離を求める方法が主流となっている。

2011年のボストンマラソンでは、ジョフリー・ムタイ(ケニア)が2時間3分2秒のタイムで優勝しているが、ボストンのコースはスタートとゴールの直線距離が競技距離の91%となって上記4.の条件に抵触するほか、3.の条件も満たしておらず、世界記録として公認されなかった。

主要なマラソン大会

国際陸上競技連盟は2008年、マラソンなどの世界のロードレースを、連盟として格付けする制度を導入した。日本国内の大会では2009年からびわ湖毎日マラソン、2010年から東京マラソン、2011年から福岡国際マラソン、2013年から名古屋ウィメンズマラソンがゴールドラベルに指定されている(背景の色はIAAF指定ラベル)。

日本国外

【大会名】
【開催国】
【開催月】
【創設】
【大会記録】
備考
アテネクラシックマラソン |  ギリシャ | 11月 | 1972年 | 2:11:35 | 
ロンドンマラソン * |  イギリス | 4月 | 1981年 | 2:03:05 | 平坦な高速コース
ベルリンマラソン * |  ドイツ | 9月 | 1974年 | 2:01:39 | 平坦な高速コース
フランクフルトマラソン |  ドイツ | 10月 | 1981年 | 2:03:42 | 
パリマラソン |  フランス | 4月 | 1976年 | 2:05:04 | 
ローマシティマラソン |  イタリア | 3月 | 1982年 | 2:07:17 | 
ロッテルダムマラソン |  オランダ | 4月 | 1981年 | 2:04:27 | 平坦な高速コース
アムステルダムマラソン |  オランダ | 10月 | 1975年 | 2:05:36 | 
ボストンマラソン * |  アメリカ合衆国 | 4月 | 1897年 | 2:03:02 | NY大会と並んでアメリカで歴史の長い大会。”選ばれし者のマラソン”
シカゴマラソン * |  アメリカ合衆国 | 10月 | 1977年 | 2:03:52 | 平坦な高速コース
ニューヨークシティマラソン * |  アメリカ合衆国 | 11月 | 1970年 | 2:05:06 | アメリカ最大規模
ホノルルマラソン |  アメリカ合衆国 | 12月 | 1973年 | 2:08:27 | 時間制限なし。近年では日本人の参加者が半数超。
バンクーバーマラソン |  カナダ | 5月 | 1972年 | 2:13:14 | 
ゴールドコーストマラソン |  オーストラリア | 7月 | 1979年 | 2:09:14 | 
北京国際マラソン |  中国 | 10月 | 1981年 | 2:07:16 | 
マカオ国際マラソン | マカオ | 12月 | 1981年 | 2:12:49 | 
ソウル国際マラソン |  韓国 | 3月 | 1993年 | 2:05:37 | 
ドバイマラソン |  アラブ首長国連邦 | 1月 | 2000年 | 2:04:23 | 
ムンバイマラソン |  インド | 1月 | 2004年 | 2:09:32 | 
香港マラソン |  香港 | 1月 | 1997年 | 2:11:27 | 
太字国際陸上競技連盟(IAAF)公認、*ワールドマラソンメジャーズ

日本国内(日本陸連主催/後援)

制限時間で括弧内に入っている物は、エリートレースで、参加者の過去のタイムに対しての制限時間となっている物。定員はフルマラソンのみカテゴリーごとで定められているものの合計。

大会名 都道府県 開催月 創設 制限時間 定員 備考
北海道マラソン | 北海道 | 8月 | 1987年 | 5時間 | 17,000人 | 大通公園発着→新川通折返し(2012年より)
さいたま国際マラソン | 埼玉県 | 12月 | 2015年 | 6時間 | 16,000人 | さいたまスーパーアリーナ発着→越谷市神明町折返し
東京マラソン | 東京都 | 3月 | 2007年 | 7時間 | 35,500人 | 東京都庁発→行幸通り(東京駅前)着(2017年より)
青梅マラソン | 2月 | 1967年 | - | - | 最長コースは30km
長野マラソン | 長野県 | 4月 | 1999年 | 5時間 | 10,000人 | 長野運動公園(2003年までは山ノ内町のオリンピックメモリアル聖火台前)発→長野オリンピックスタジアム
名古屋ウィメンズマラソン | 愛知県 | 3月 | 2012年 | 7時間 | 22,000人 | ナゴヤドーム前スタート→同中ゴール
びわ湖毎日マラソン | 滋賀県 | 3月 | 1946年 | (2時間30分) | なし | 皇子山陸上競技場発着→大津市大萱折返し
京都マラソン | 京都府 | 2月 | 2012年 | 6時間 | 16,000人 | 西京極総合運動公園発→平安神宮前着
大阪国際女子マラソン | 大阪府 | 1月 | 1982年 | (3時間13分) | なし | 長居スタジアム発着→御堂筋・道頓堀橋南詰折返し
大阪マラソン | 10月 | 2011年 | 7時間 | 30,000人 | 大阪城公園前発→インテックス大阪
神戸マラソン | 兵庫県 | 11月 | 2011年 | 7時間 | 20,000人 | 神戸市役所発→明石海峡大橋袂折返し→ポートアイランド
防府読売マラソン | 山口県 | 12月 | 1970年 | 4時間 | 02,500人 | 防府市陸上競技場発着→中関・ゴルフ場前折返し
福岡国際マラソン | 福岡県 | 12月 | 1947年 | (2時間40分) | なし | 平和台陸上競技場→福岡市内西部→東区香椎折返し
別府大分毎日マラソン | 大分県 | 2月 | 1952年 | 3時間30分 | 01,800人 | うみたまご別府国際観光港(別府市中央浄化センター付近)折返し→大分市営陸上競技場
終了した大会
大会名 開催月 開催期間 備考
東京国際マラソン | 2月 | 1981年〜2006年 | 国立競技場発着→平和島口/大森海岸交番前折返し
東京国際女子マラソン | 11月 | 1979年〜2008年
名古屋国際女子マラソン | 3月 | 1980年〜2011年 | 瑞穂陸上競技場発着→名古屋城周回道路折返し
横浜国際女子マラソン | 11月 | 2009年〜2014年 | 山下公園発着→本牧・プール前折返し

日本国内(主な市民マラソン大会)

大会名 都道府県 開催月 創設 制限時間 定員 Web 備考
かすみがうらマラソン | 茨城県 | 4月 | 1991年 | 6時間 | 18,000人 |  | 国際盲人マラソン大会も兼ねる。
つくばマラソン | 茨城県 | 11月 | 1981年 | 6時間 | 13,000人 |  | 
板橋Cityマラソン | 東京都 | 3月 | 1998年 | 7時間 | 15,000人 |  | 旧称「東京・荒川市民マラソン in ITABASHI」。板橋区スポーツレクリエーションスタンドから江戸川区荒川大橋折り返し。
横浜マラソン

(非公認コース)

 | 神奈川県 | 10月 | 2015年
(1981年) | 6時間30分 | 25,000人 |  | 20kmは1981年より、ハーフマラソンは1992年より開催。2016年までは3月に開催。2017年より10月に開催時期変更。
湘南国際マラソン

(非公認コース)

 | 神奈川県 | 11月 | 2007年 | 6時間30分 | 18,000人 |  | 
ちばアクアラインマラソン

(非公認コース)

 | 千葉県 | 10月(隔年) | 2012年 | 6時間 | 12,000人 |  | 高速道路東京湾アクアライン(架橋部分)を封鎖して行なわれる。
富山マラソン | 富山県 | 10月または11月 | 2015年 | 7時間 | 12,000人 |  | 
金沢マラソン | 石川県 | 11月 | 2015年 | 7時間 | 12,000人 |  | 
富士山マラソン | 山梨県 | 11月 | 2012年
(1976年) | 6時間 | 15,000人 |  | 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/18 14:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「マラソン」の意味を投稿しよう
「マラソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

マラソンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「マラソン」のスレッドを作成する
マラソンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail