このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マリオ・ゲッツェとは?

【名前】

【ラテン文字】
Mario Götze
【基本情報】

【国籍】
ドイツ
【生年月日】
(1992-06-03) 1992年6月3日(26歳)
【出身地】
メミンゲン
【身長】
176cm
【体重】
64kg
【選手情報】

【在籍チーム】
ボルシア・ドルトムント
【ポジション】
MF (OMF)
【背番号】
10
【利き足】
右足
【ユース】

1995-1998
SCロンスベルク
1998-2001
FCアイントラハト・ハンブルク
2001-2009
ボルシア・ドルトムント
【クラブ】


クラブ | 出場 | (得点)
2009-2013
ボルシア・ドルトムント |  83  | (22)
2013-2016
バイエルン・ミュンヘン |  73  | (22)
2016-
ボルシア・ドルトムント |  34  | (3)
【代表歴】

2007
ドイツ U-15 | 2  | (0)
2007-2008
ドイツ U-16 | 8  | (3)
2008-2009
ドイツ U-17 | 13  | (5)
2009
ドイツ U-21 | 2  | (0)
2010-
ドイツ | 62  | (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月20日現在。
2. 2016年11月15日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

マリオ・ゲッツェ(Mario Götze, 1992年6月3日 - )は、ドイツバイエルン州メミンゲン出身のサッカー選手ブンデスリーガボルシア・ドルトムント所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 クラブ
      • 1.1.1 ドルトムント
      • 1.1.2 バイエルン・ミュンヘン
      • 1.1.3 ドルトムント復帰
    • 1.2 代表
  • 2 人物
  • 3 個人成績
    • 3.1 クラブ
    • 3.2 代表
      • 3.2.1 出場大会
      • 3.2.2 試合数
      • 3.2.3 ゴール
  • 4 タイトル
    • 4.1 クラブ
    • 4.2 代表
    • 4.3 個人
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

経歴

クラブ

ドルトムント

ドルトムントでプレイするゲッツェ

ボルシア・ドルトムントのユース出身の選手であり、8歳の時からドルトムントに所属している。ブンデスリーガデビューとなったのは2009年11月21日に行われ、0-0で引き分けたマインツ戦であり、ヤクプ・ブワシュチコフスキと交代で88分から出場した。2010-11シーズンのブンデスリーガでは香川真司が怪我でチームを離脱して以降、ユルゲン・クロップはゲッツェを重用し、期待に応えたゲッツェは中心選手としてチームのリーグ優勝に貢献した。シーズンを通して6ゴール15アシストを記録し、2004-05シーズン以降のブンデスリーガにおいて、18歳の選手として最高の記録を残した。

同チーム所属の香川も「今期(2011-2012)はゲッツェが核となる」と高評価している。2011年8月31日に日本円にして44億円のアーセナルからのオファーをドルトムント側が断った。

バイエルン・ミュンヘン

2013年4月に2013-14シーズンよりバイエルン・ミュンヘンへ移籍することが発表された。この移籍は単にライバル間の移籍だけでなく、UEFAチャンピオンズリーグの決勝前の移籍発表であり、またゲッツェはバイエルン州出身とはいえドルトムントユース育ちでもあったため、ドルトムントサポーターはこの移籍を「裏切り」ととらえ激しい怒りを買った。背番号はドイツ代表で着ていた番号と同じ19番である。

7月に行われたバイエルン・ミュンヘン入団の記者会見の席上で、バイエルンのスポンサーであるアディダスライバル企業のTシャツを着用して出席する失態を演じた。 同様の行為を行ったマリオ・ゴメスヤン・キルヒホフと共に後日バイエルンより罰金の処分を受けた。

2013年11月23日、ブンデスリーガ第13節のドルトムント戦に56分から途中出場。66分にトーマス・ミュラーのパスからアウトサイドでゴールをきめて、古巣のドルトムントから勝越し弾を上げた。

ドルトムント復帰

2016年7月21日、バイエルンからドルトムントに移籍金2600万ユーロで、さらにボーナスをつける待遇で完全移籍で復帰することを発表した。2017年2月27日、内科医による精密検査の結果、代謝異常が発覚し、無期限のチーム離脱が発表された。

代表

2014 FIFAワールドカップ・決勝アルゼンチン戦での決勝ゴール(2014年7月13日 エスタジオ・ド・マラカナン)

各年代の代表を経験し、U-17代表ではUEFA U-17欧州選手権の優勝に貢献し、FIFA U-17ワールドカップでは、チームトップの3ゴールを記録した。

2010年11月17日に行われたスウェーデン代表戦で初めてA代表に招集され、その試合でチームメイトのケヴィン・グロスクロイツと78分から交代で出場し、ウーヴェ・ゼーラー以来となる18歳の若さでA代表デビューを果たした選手となった。また、この試合に出場したアンドレ・シュールレともに、東西統一後のドイツで生まれた選手として初めてドイツ代表でプレーした選手となった。

2014年7月13日リオデジャネイロマラカナンで行われた2014 FIFAワールドカップ・決勝アルゼンチン代表戦で、途中出場のゲッツェは、0-0のまま迎えた延長後半8分に左サイドから上がったアンドレ・シュールレのクロスボールにトラップをして左足で押し込み決勝点を挙げ、ドイツ代表を6大会ぶり4度目の優勝、ドイツ再統一(東西統一)後は初めてのタイトル獲得に貢献した。

人物

個人成績

クラブ

所属クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 UEFA主催 シーズン通算成績
出場数 ゴール アシスト 出場数 ゴール アシスト 出場数 ゴール アシスト 出場数 ゴール アシスト
ボルシア・ドルトムント | 2009-10 | 31 | 5 | 0 | 0 | ––– | ––– | 5 | 0 | 0
2010-11 | 33 | 6 | 15 | 2 | 0 | 0 | 6 | 2 | 0 | 41 | 8 | 15
2011-12 | 11 | 17 | 6 | 5 | 2 | 1 | 1 | 6 | 0 | 2 | 25 | 7 | 8
2012-13 | 10 | 28 | 10 | 8 | 5 | 4 | 0 | 9 | 2 | 5 | 41 | 16 | 13
バイエルン・ミュンヘン | 2013-14 | 19 | 27 | 10 | 9 | 4 | 1 | 3 | 11 | 3 | 1 | 42 | 14 | 13
2014-15 | 32 | 9 | 2 | 4 | 2 | 0 | 11 | 4 | 1 | 47 | 15 | 3
2015-16 | 14 | 3 | - | 2 | 1 | - | 4 | 2 | - | 20 | 6 | -
ボルシア・ドルトムント | 2016-17 | 10 | 3 | 0 | - | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | - | 4 | 1 | -
合計 【164】
【44】
【39】
【19】
【9】
【4】
【48】
【14】
【9】
【231】
【67】
52

代表

出場大会

試合数

国際Aマッチ 52試合 17得点(2010年- )


ドイツ代表
国際Aマッチ

【年】
【出場】
【得点】

2010 | 1 | 0
2011 | 11 | 2
2012 | 8 | 1
2013 | 6 | 3
2014 | 15 | 7
2015 | 7 | 3
2016 | 3 | 0
2017 | 1 | 0
通算 52 | 17

ゴール

【#】
【開催年月日】
【開催地】
【対戦国】
【スコア】
【結果】
試合概要
1. | 2011年8月10日 | シュトゥットガルトメルセデス・ベンツ・アレーナ |  ブラジル | 2–0 | 3–2 | 親善試合
2. | 2011年9月2日 | ゲルゼンキルヒェンフェルティンス・アレーナ |  オーストリア | 6–2 | 6–2 | UEFA EURO 2012予選
3 | 2012年9月7日 | ハノーファーニーダーザクセンシュタディオン |  フェロー諸島 | 1–0 | 3–0 | 2014 FIFAワールドカップ予選
4. | 2013年3月22日 | アスタナアスタナ・アリーナ |  カザフスタン | 0–2 | 0–3 | 2014 FIFAワールドカップ予選
5. | 2013年3月26日 | ニュルンベルクフランケンシュタディオン |  カザフスタン | 2–0 | 4–1 | 2014 FIFAワールドカップ予選
6. | 2013年10月15日 | ソルナフレンズ・アレーナ |  スウェーデン | 2–2 | 3–5 | 2014 FIFAワールドカップ予選
7. | 2014年3月5日 | シュトゥットガルト、メルセデス・ベンツ・アレーナ |  チリ | 1–0 | 1–0 | 親善試合
8. | 2014年6月6日 | マインツコファス・アレーナ |  アルメニア | 5–1 | 6–1 | 親善試合
9. | 6–1
10. | 2014年6月21日 | フォルタレザカステロン |  ガーナ | 1–0 | 2–2 | 2014 FIFAワールドカップ
11. | 2014年7月13日 | リオデジャネイロマラカナン |  アルゼンチン | 1–0 | 1–0 | 2014 FIFAワールドカップ・決勝
12. | 2014年9月4日 | デュッセルドルフエスプリ・アレーナ |  アルゼンチン | 2–4 | 2–4 | 親善試合
13. | 2014年11月14日 | ニュルンベルク、フランケンシュタディオン |  ジブラルタル | 3–0 | 4–0 | UEFA EURO 2016予選
14. | 2015年6月10日 | デュッセルドルフラインエネルギーシュタディオン |  アメリカ合衆国 | 1–0 | 1–2 | 親善試合
15. | 2015年9月4日 | フランクフルトヴァルトシュタディオン |  ポーランド | 2–0 | 3–1 | UEFA EURO 2016予選
16. | 3–1
17. | 2016年3月29日 | ミュンヘンアリアンツ・アレーナ |  イタリア | 2–0 | 4–1 | 親善試合

タイトル

クラブ

ボルシア・ドルトムント
バイエルン・ミュンヘン

代表

U-17ドイツ代表
ドイツ代表

個人

脚注

  1. ^ Mario Götze
  2. ^ “アーセナル、ゲッツェに44億円のオファーもドルトムントは拒否”. サッカーキング. (2011年8月31日). http://www.soccer-king.jp/news/england/article/201108311330_arsenal_gotze.html 2011年9月25日閲覧。
  3. ^ “FC Bayern verpflichtet Mario Götze”. バイエルン・ミュンヘン公式HP. (2013年4月23日). http://www.fcbayern.telekom.de/de/aktuell/news/2013/41811.php
  4. ^ ゲッツェらがスポンサーのライバル社製品着用で罰金AFP 2013年7月7日
  5. ^ ゲッツェが3年ぶりにドルトムント復帰 kicker 2016年07月21日
  6. ^ ゲッツェが悩まされている病気は”ミオパチー”?今後5~6週間は専門医の下へ | Goal.com” (日本語). www.goal.com. 2018年8月23日閲覧。
  7. ^ Schweden – Deutschland
  8. ^ Goldene Aussichten: Mit 18 schon Meister und Nationalspieler
  9. ^ Matthias Sammer Praises Borussia Dortmund's German Wunderkind Mario Goetze
  10. ^ マリオ・ゲッツェ|史上最高の18歳
  11. ^ “ドイツ代表ゲッツェの弟フェリックス、兄を追ってバイエルンへ”. サッカーキング. (2014年7月17日). http://www.soccer-king.jp/news/world/20140717/212687.html?view=more 2016年9月5日閲覧。
  12. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。

外部リンク

ボルシア・ドルトムント - 2018-2019
スタッフ | 

選手 | 
GK | 

DF | 
  • 2 ダン=アクセル・ザガドゥ
  • 4 アブドゥ・ディアロ
  • 5 アクラフ・ハキミ
  • 13 ラファエル・ゲレイロ
  • 15 ジェレミー・トリアン
  • 16 マヌエル・アカンジ
  • 26 ウカシュ・ピシュチェク
  • 29 マルセル・シュメルツァー
  • 36 エメル・トプラク

  • MF | 
  • 6 トマス・デレイニー
  • 7 ジェイドン・サンチョ
  • 10 マリオ・ゲッツェ
  • 17 セルヒオ・ゴメス
  • 18 セバスティアン・ローデ
  • 19 マフムド・ダフード
  • 22 クリスチャン・プリシッチ
  • 23 香川真司
  • 28 アクセル・ヴィツェル
  • 32 ジェニス・ブルニッチ
  • 33 ユリアン・ヴァイグル

  • FW | 
  • 9 パコ・アルカセル
  • 11 マルコ・ロイス
  • 14 アレクサンデル・イサク
  • 20 マクシミリアン・フィリップ
  • 27 マリウス・ヴォルフ
  • 34 ヤコブ・ブルーン・ラーセン


  • 関連項目 | 
  • スタジアム
  • 選手一覧
  • 成績一覧
  • 今シーズンの成績


  • タイトル・受賞歴
    フリッツ・ヴァルター・メダル
    U-17 | 

    U-18 | 
  • 05: クルスカ, S.ハルファー, K-P.ボアテング
  • 06: エフリュスキン, エーバーライン, イケング
  • 07: マリン, シュポ=モティング, ライナルツ
  • 08: T.クロース, ルディ, スクタ=パス
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/13 16:18

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「マリオ・ゲッツェ」の意味を投稿しよう
    「マリオ・ゲッツェ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    マリオ・ゲッツェスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「マリオ・ゲッツェ」のスレッドを作成する
    マリオ・ゲッツェの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail