このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マルセロ・リオスとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Marcelo Andrés Ríos Mayorga
【国籍】
チリ
【出身地】
同・サンティアゴ・デ・チレ
【生年月日】
(1975-12-26) 1975年12月26日(42歳)
【身長】
175cm
【体重】
73kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1994年
【引退年】
2004年
【ツアー通算】
19勝
【シングルス】
18勝
【ダブルス】
1勝
【生涯通算成績】
427勝249敗
【シングルス】
391勝192敗
【ダブルス】
36勝57敗
【生涯獲得賞金】
$9,713,771
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
準優勝(1998)
全仏
ベスト8(1997・1998)
全英
4回戦(1997)
全米
ベスト8(1997)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
1位(1998年3月30日)
【ダブルス】
141位(2001年5月7日)
テンプレート プロジェクト テニス

マルセロ・アンドレス・リオス・マヨルガ(Marcelo Andrés Ríos Mayorga1975年12月26日 - )は、チリサンティアゴ・デ・チレ出身の男子プロテニス選手。左利き。ATPツアーでシングルス18勝、ダブルス1勝を挙げた。。

1998年全豪オープン男子シングルス準優勝者。1998年グランドスラムカップ優勝者。マスターズシリーズ優勝5回。1998年に世界ランキング1位。初のマスターズクレーコート3大会優勝者。オープン化以降唯一のグランドスラム優勝経験無しの世界ランキング1位在位者。

目次

  • 1 選手経歴
  • 2 ATPツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 31回 (18勝13敗)
    • 2.2 ダブルス: 2回 (1勝1敗)
  • 3 4大大会シングルス成績
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

選手経歴

11歳からテニスを始める。1993年全米オープンジュニアシングルスで優勝し1994年にプロ転向。1994年全仏オープン4大大会に初出場した。

1998年全豪オープンで初の4大大会決勝に進出したが、ペトル・コルダに2-6, 2-6, 2-6のストレートで完敗し、チリ人男子テニス選手としての4大大会シングルス優勝を逃した。同年の3月末にマイアミ・マスターズ決勝戦でアンドレ・アガシを破って優勝、南米の男子テニス選手として初の世界ランキング1位になる。この快挙により、リオスはピート・サンプラスの世界1位連続保持記録を「102週」で止めた。しかし彼はその位置を6週しか保持できなかった。ATPの歴代シングルス1位選手26人の中で1度も4大大会で優勝出来なかったのはリオス1人だけである。

2000年シドニー五輪に出場したが、シングルスとニコラス・マスーと組んだダブルスの双方とも1回戦で敗退している。

2002年全豪オープンではノーシードからベスト8に進出した。その後は4大大会で目立った活躍がなく、2004年7月に現役引退を表明した。

リオスは長髪を束ねた風貌が印象的で、試合中に怒りやすいタイプの選手であった。しかし南米の男子テニス界を盛り上げた存在感は大きく、ブラジルグスタボ・クエルテンと並んで“南米の2巨頭”と呼ばれた。

リオスは30歳を迎えた2006年からATPチャンピオンズツアーに参戦。ジョン・マッケンローら往年の名選手達と世界各地で試合を行っている。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 31回 (18勝13敗)

大会グレード
グランドスラム (0-1)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
グランドスラムカップ (1–0)
ATPマスターズシリーズ (5-2)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (2-1)
ATPインターナショナルシリーズ (10–9)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (7–6)
クレー (9-7)
芝 (0-0)
カーペット (2-0)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 1995年5月28日 |  ボローニャ | クレー |  マルセロ・フィリピーニ | 6–2, 6–4
優勝 | 2. | 1995年7月30日 |  アムステルダム | クレー |  ヤン・シーメリンク | 6–4, 7–5, 6–4
優勝 | 3. | 1995年10月9日 |  クアラルンプール | カーペット (室内) |  マーク・フィリプーシス | 7–6, 6–2
準優勝 | 1. | 1995年10月29日 |  サンティアゴ | クレー |  スラバ・ドセデル | 6–7, 3–6
準優勝 | 2. | 1996年3月11日 |  スコッツデール | ハード |  ウェイン・フェレイラ | 6–2, 3–6, 3–6
準優勝 | 3. | 1996年4月21日 |  バルセロナ | クレー |  トーマス・ムスター | 3–6, 6–4, 4–6, 1–6
優勝 | 4. | 1996年5月26日 |  ザンクト・ペルテン | クレー |  フェリックス・マンティーリャ | 6–2, 6–4
準優勝 | 4. | 1996年11月10日 |  サンティアゴ | クレー |  エルナン・グミ | 4–6, 5–7
準優勝 | 5. | 1997年2月17日 |  マルセイユ | ハード (室内) |  トーマス・エンクビスト | 4–6, 0–1, 途中棄権
優勝 | 5. | 1997年4月28日 |  モンテカルロ | クレー |  アレックス・コレチャ | 6–4, 6–3, 6–3
準優勝 | 6. | 1997年5月19日 |  ローマ | クレー |  アレックス・コレチャ | 5–7, 5–7, 3–6
準優勝 | 7. | 1997年8月24日 |  ボストン | ハード |  チャン・シャルケン | 5–7, 3–6
準優勝 | 8. | 1997年11月9日 |  サンティアゴ | クレー |  フリアン・アロンソ | 2–6, 1–6
優勝 | 6. | 1998年1月18日 |  オークランド | ハード |  リチャード・フロムバーグ | 4–6, 6–4, 7–6
準優勝 | 9. | 1998年2月1日 |  全豪オープン | ハード |  ペトル・コルダ | 2–6, 2–6, 2–6
優勝 | 7. | 1998年3月16日 |  インディアンウェルズ | ハード |  グレグ・ルーゼドスキー | 6–3, 6–7, 7–6, 6–4
優勝 | 8. | 1998年3月29日 |  マイアミ | ハード |  アンドレ・アガシ | 7–5, 6–3, 6–4
優勝 | 9. | 1998年5月17日 |  ローマ | クレー |  アルベルト・コスタ | 不戦勝
優勝 | 10. | 1998年5月24日 |  ザンクト・ペルテン | クレー |  ヴィンセント・スペーディア | 6–2, 6–0
優勝 | 11. | 1998年10月5日 |  ミュンヘン | ハード (室内) |  アンドレ・アガシ | 6–4, 2–6, 7–6, 5–7, 6–3
優勝 | 12. | 1998年10月18日 |  シンガポール | カーペット (室内) |  マーク・ウッドフォード | 6–4, 6–2
準優勝 | 10. | 1999年4月25日 |  モンテカルロ | クレー |  グスタボ・クエルテン | 4–6, 1–2, 途中棄権
優勝 | 13. | 1999年5月10日 |  ハンブルク | クレー |  マリアノ・サバレタ | 6–7, 7–5, 5–7, 7–6, 6–2
優勝 | 14. | 1999年5月23日 |  ザンクト・ペルテン | クレー |  マリアノ・サバレタ | 4–4, 途中棄権
準優勝 | 11. | 1999年10月10日 |  上海 | ハード |  マグヌス・ノーマン | 6–2, 3–6, 5–7
優勝 | 15. | 1999年10月17日 |  シンガポール | ハード (室内) |  ミカエル・ティルストロム | 6–2, 7–6
優勝 | 16. | 2000年7月23日 |  ウマグ | クレー |  マリアノ・プエルタ | 7–6, 4–6, 6–3
優勝 | 17. | 2001年1月7日 |  ドーハ | ハード |  ボフダン・ウリラッハ | 6–3, 2–6, 6–3
優勝 | 18. | 2001年9月30日 |  香港 | ハード |  ライナー・シュットラー | 7–6, 6–2
準優勝 | 12. | 2002年10月27日 |  ストックホルム | ハード (室内) |  パラドーン・スリチャパン | 7–6, 0–6, 3–6, 2–6
準優勝 | 13. | 2003年2月16日 |  ビニャ・デル・マール | クレー |  ダビド・サンチェス | 6–1, 3–6, 3–6

ダブルス: 2回 (1勝1敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 1995年7月30日 |  アムステルダム | クレー |  チャン・シャルケン |  ウェイン・アーサーズ
ニール・ブロード | 7–6, 6–2
準優勝 | 1. | 2001年3月11日 |  スコッツデール | ハード |  チャン・シャルケン |  ドナルド・ジョンソン
ジャレッド・パーマー | 6–7, 2–6

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【1994】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
通算成績
全豪オープン | A | A | 1R | QF | F | A | A | 1R | QF | A | 14–5
全仏オープン | 2R | 2R | 4R | 4R | QF | QF | 1R | 2R | A | 1R | 17–9
ウィンブルドン | A | 1R | A | 4R | 1R | A | A | A | A | A | 3–3
全米オープン | 2R | 1R | 2R | QF | 3R | 4R | 3R | 3R | 3R | A | 17–9

脚注

  1. ^ モンテカルロローマハンブルク

外部リンク

タイトル
先代:
ピート・サンプラス
ピート・サンプラス | 世界ランキング1位
1998年3月30日 – 1998年4月26日
1998年8月10日 – 1998年8月23日 | 次代:
ピート・サンプラス
ピート・サンプラス
男子テニス世界ランキング1位

  • 1973年8月23日のATPランキング導入以降の記録
  • (最初に在位した年-最後に在位した年 - 在位総週)
  • 現在の1位は強調表示, 2018年7月16日付


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/10/22 07:27

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「マルセロ・リオス」の意味を投稿しよう
    「マルセロ・リオス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    マルセロ・リオススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「マルセロ・リオス」のスレッドを作成する
    マルセロ・リオスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail