このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マルハとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年2月)

マルハ株式会社
Maruha Corporation
種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 1333
2004年3月上場廃止

【本社所在地】
日本
100-8608
東京都千代田区大手町一丁目1番2号
りそな・マルハビル
【設立】
1943年(昭和18年)3月31日
(西大洋漁業統制株式会社)
業種
食料品
【事業内容】
漁業、水産物加工、食料品製造販売等
【代表者】
代表取締役社長 五十嵐勇二
【資本金】
150億円(2006年3月31日現在)
【売上高】
2735億1100万円(2006年3月期)
【総資産】
1638億2900万円(2006年3月31日現在)
【従業員数】
768人(2005年3月31日現在)
【決算期】
3月
【主要株主】
マルハニチロホールディングス100%
【主要子会社】
青森罐詰株式会社
土谷食品株式会社
【関係する人物】
中部幾次郎中部謙吉中部慶次郎

マルハ株式会社 (Maruha Corporation) は、かつて日本に存在した水産加工食品を製造販売する会社である。旧社名は大洋漁業株式会社(たいようぎょぎょう)。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 商標の由来
  • 2 沿革
  • 3 主な商品
  • 4 テレビCM
  • 5 関係会社
  • 6 所有していた船舶
    • 6.1 捕鯨船
    • 6.2 漁業工船
  • 7 関連項目
  • 8 脚注
  • 9 外部リンク

概要

中部幾次郎が明治期に播磨明石林崎漁港(現在の兵庫県明石市)で家業の鮮魚仲買運搬業を受け継いだものを源流とし、後に山口県下関市に拠点を移して、捕鯨業・トロール漁業に進出して事業を拡大。1924年(大正13年)には林兼商店(はやしかねしょうてん)を設立し、これが法人組織としての創立となる。1936年(昭和11年)に大洋捕鯨株式会社を設立し南氷洋捕鯨を開始、戦時下の水産統制令により1943年(昭和18年)には内地水産部門と大洋捕鯨株式会社等を合併し西太平洋漁業統制株式会社に改称。戦局悪化と共に漁業用船舶を徴用され大打撃を受けた。

戦後は大洋漁業株式会社と改称し、1946年(昭和21年)には捕鯨を再開。1951年(昭和26年)には母船式北洋サケ・マス漁業を再開、1958年(昭和33年)には西アフリカ海域でのトロール漁業開始など、まさに世界中の海で遠洋漁業事業を展開し、漁業以外でも食品加工、冷蔵、運送、貿易商社などに進出した。遠洋漁業は戦後の食糧難の時期から高度成長期にかけて日本の貴重なタンパク源であったが、1973年(昭和48年)のオイルショック、さらに1977年(昭和52年)に排他的経済水域が設定されたことにより、その規模は縮小せざるを得なくなった。大洋漁業も、日本国内からの遠洋漁業事業は縮小しつつ、海外における漁業事業、水産物の輸入、食品加工等を行う総合食品会社に事業を変化させることとなった。

銀行系列は興銀グループに属していた。

1980年代後半のバブル期には不動産投資やゴルフ場経営など、多角化を推し進めるも、不採算となる事業も発生している。

1993年(平成5年)9月1日(創業記念日)にマルハ株式会社に社名変更。

2004年(平成16年)には日本国内外のグループ168社を持株会社であるマルハグループ本社を中心に再編するなどリストラに取り組み経営を改善、電子レンジ加熱食品事業に乗り出すなど総合食品会社へと転換を図りそれ以外にもマグロの養殖、健康志向からDHA需要の高まりを受けてDHA入りソーセージの発売や、魚肉加工品の卸売りなど、様々な事業を行った。

2007年に同業のニチロ(旧・日魯漁業)と経営統合し、持株会社「マルハニチロホールディングス」を設立(法人格上はマルハの持株会社「マルハグループ本社」の改組)。2008年にマルハニチロホールディングス内で事業ごとに事業会社の再編を実施した後に、2014年に事業会社を一本化しマルハニチロとなった。

大東通商は第二次世界大戦後の財閥解体に伴い林兼商店(大洋漁業の持株会社)の商社部門が分立したもので、林兼産業はマルハと創業家を同じくする「兄弟会社」にあたる。また、プロ野球球団の「大洋ホエールズ」→「横浜大洋ホエールズ」→「横浜ベイスターズ」(現在の横浜DeNAベイスターズ)のオーナー企業として長年知られていたが、2002年(平成14年)に球団の全持株を東京放送(TBS)、BS-i(BS-i)に売却してグループから離脱している。 なお2019年に横浜DeNAベイスターズのオフィシャルスポンサーとして、18年ぶりにベイスターズと関わるようになった。

商標の由来

創業者の中部家が明石郡林村の出身であることから、屋号が「林屋」となり、途中の代から林家兼松と名乗り、屋号を「林兼」とした。この当時から屋号の略称として「は」の字を用いており、林兼商店となった後もの中に「は」の字を入れた商標を用いていたことに由来する。また、航海中『荒波(は)を丸く収める』という意味も掛けられていた。この1921年(大正10年)に商標登録された「マルハ印」は、1993年(平成5年)に新たな商標に変更されている(波をモチーフとした赤が8割・グレーが2割のものである)。

沿革

主な商品

上記製品は現在、グループ会社のマルハニチロ食品を通じて販売している。旧マルハペットフードが行っていたペットフードについては、アイシアを参照のこと。

テレビCM

過去には小林亜星がCMソングを作曲した商品が多く見られた。

関係会社

詳細は「林兼造船」を参照

系列の造船会社として、1916年創業の林兼造船が存在した。下関工場では、捕鯨船を含む大型漁船を多数建造、捕鯨、遠洋漁業の衰退後は、フェリー、特殊船を建造した。戦後、買収した長崎工場では、貨物船を主に建造していた。オイルショックとその後の造船不況、為替相場の円高などの影響を受け、1987年12月に解散した。一部事業は他社へ売却され存続している。

長崎県の民間放送局である長崎放送(NBC)の15.50%の株を保有する筆頭株主(2006年3月31日現在)である。

創業家を同じくする親類企業として、大東通商(マルハグループ本社の筆頭株主。主に商社部門と石油関連部門を持つ)や林兼産業(兄弟会社。食肉加工業務を主力事業としており、“キリシマハム”ブランドでハム・ソーセージ類を製造販売している)等がある。

なお、大火災を起こした熊本県熊本市大洋デパートや、愛知県知多郡南知多町でまるは食堂を展開する株式会社まるはとは無関係。

所有していた船舶

捕鯨船

漁業工船

関連項目

脚注

  1. ^ 球団創立時の愛称「ホエールズ」は捕鯨にちなんだもので、球団も開設当時は下関に本拠地を置いていた。また、発祥の地が明石であることから、1960年代には兵庫県立明石公園第一野球場で春季キャンプを行っていたこともある。
  2. ^ 連結子会社の会社分割、商号変更および子会社設立のお知らせ (PDF) - 株式会社マルハニチロホールディングス 平成19年12月19日
  3. ^ CMキャラクターに、『マツケンサンバ』の振付師、真島茂樹を起用する。
  4. ^ ラジオは子会社を通じて佐賀県の県域放送も兼ねている。
  5. ^ JNN系列局であり、キー局はTBSHDの子会社であるTBSテレビ

外部リンク

 | この「マルハ」は、企業関連の項目ですが、内容が不十分です。加筆、訂正が必要です。項目削除の対象である場合もあります(ウィキプロジェクト 経済)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/16 00:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「マルハ」の意味を投稿しよう
「マルハ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

マルハスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「マルハ」のスレッドを作成する
マルハの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail