このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マレーシアとは?

移動先: 案内検索
マレーシア
مليسيا
Malaysia



(国旗) | (国章)
国の標語:Bersekutu Bertambah Mutu
Unity Is Strength
(マレー語: 団結は力なり)
国歌:ヌガラク(Negaraku) (我が国)
公用語
マレーシア語英語
首都
クアラルンプール
【最大の都市】
クアラルンプール
政府
国王
ムハンマド5世
首相
ナジブ・ラザク
面積
【総計】
329,847km(66位)
【水面積率】
0.3%
人口
【総計(2017年)】
31,786,000人(???位)
人口密度
84人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2013年)】
9,845億リンギット
GDP (MER)
【合計(2013年)】
3,124億ドル(35位)
GDP (PPP)
【合計(2013年)】
5,257億ドル(29位)
【1人あたり】
17,747ドル
成立
イギリスより独立 1957年8月31日
【マレーシア成立】
1963年9月16日

通貨
リンギット (MYR)
時間帯
UTC +8(DST:なし)
ISO 3166-1
MY / MYS
ccTLD
.my
国際電話番号
60
注1: 2007年よりマレー語 (Bahasa Melayu) からマレーシア語 (Bahasa Malaysia) に変更された。
注2: 連邦政府各庁舎および連邦裁判所はプトラジャヤへ移転。連邦議会議事堂は移転せず、法律上の首都はクアラルンプールのままである。
英領北ボルネオ、サラワク、およびシンガポールのマラヤ連邦との統合を定めた英国・マレーシア関係合意文書
マレーシア法1963(文書)

マレーシア(ジャウィ語: مليسياマレー語: Malaysia英語: Malaysia)は、東南アジアマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイインドネシアブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポールフィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。

目次

  • 1 国名
    • 1.1 国外での表記
    • 1.2 名称の由来
  • 2 歴史
  • 3 政治
    • 3.1 元首
    • 3.2 行政
    • 3.3 立法
    • 3.4 司法
    • 3.5 列柱社会
  • 4 軍事
  • 5 国際関係
    • 5.1 シンガポールとの関係
    • 5.2 中国との関係
    • 5.3 日本との関係
    • 5.4 「マハティール以降」の外交
    • 5.5 北朝鮮との関係
  • 6 地理
  • 7 地方行政区分
  • 8 経済
    • 8.1 工業化の成功
    • 8.2 IT先進国政策
    • 8.3 天然資源
    • 8.4 リゾート開発
    • 8.5 民族間の経済格差
  • 9 交通
    • 9.1 鉄道
    • 9.2 自動車
    • 9.3 航空
  • 10 国民
    • 10.1 多民族国家・民族構成
      • 10.1.1 華僑系住民
        • 10.1.1.1 プラナカン(海峡華人)
      • 10.1.2 インド系住民
      • 10.1.3 混血系住民
      • 10.1.4 民族対立
    • 10.2 言語
    • 10.3 宗教
    • 10.4 教育
  • 11 文化
    • 11.1 食文化
    • 11.2 音楽
    • 11.3 世界遺産
    • 11.4 祝祭日
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

国名

正式名称は、ジャウィ文字: ڤرسكوتوان مليسياラテン文字: Malaysia。(マレー語: [malajsiə])。

公式の英語表記は Malaysia([məˈlεɪʒə])。

国外での表記

日本語の表記はマレーシアあるいはマレイシアである。他にマレーシャマレイシヤなどの表記もある。また、連邦制国家であることに鑑みマレーシア連邦とされることもある。漢字による当て字では馬来西亜と表記し、と略す。 中国語表記は马来西亚(簡体字) / 馬來西亞(繁体字)。略称は大马(簡体字) / 大馬(繁体字)。

名称の由来

マレーシアとは「『ムラユ (Melayu)』の国」の意味だが、この「ムラユ」という言葉自体は、サンスクリット語で「山脈のある土地」を意味する「マラヤドヴィパ (Malayadvipa)」を語源としている。古代インドの時代には、交易商たちがマレー半島を指すときに使う言葉であった。その後、7世紀のの僧侶の義浄による記録に現れるスマトラ島に存在したシュリーヴィジャヤ王国(3世紀 - 14世紀)の他称『ムラユ王国』として継承され、近代に入ってからフランス人の探検家ジュール・デュモン・デュルヴィルによってマレーシアという言葉が生み出される。もっとも、当時は現在のマレーシアのみならず、東インド諸島全体を指し示していた。そのため、現在のフィリピンが独立する際、国名をマレーシアとする案もあったとされるが、フィリピンよりも先にマラヤ連邦(現在のマレーシア)が先に自らをマレーシアと呼称するようになり、現在に至る。

歴史

詳細は「マレーシアの歴史」を参照

政治

政体立憲君主制である。 1957年にイギリスから独立して以来政権交代はなく、統一マレー国民組織マレーシア華人協会マレーシア・インド人会議等からなる与党連合・国民戦線が政権を担っている。特に5月13日事件以降、言論の自由結社の自由などの制限が見られる。また、小選挙区制をとるが、都市部農村部の間の一票の格差は最大9倍に及び、農村部の票が強い状態となっている。

元首

詳細は「マレーシアの国王」を参照

国家元首たる国王は13州の内9州にいるスルターン(首長)による互選で選出され(実質的には輪番制)任期は5年。世界でも珍しい、世襲ではなく選挙で選ばれ、かつ終身制ではない国王である。

行政

詳細は「マレーシアの首相」を参照

行政府の長は首相であり、国王は内閣の補佐を受けて行政を担当する。

 | この節の加筆が望まれています。

立法

 | この節の加筆が望まれています。
詳細は「マレーシアの国会」を参照

司法

 | この節の加筆が望まれています。

列柱社会

ブミプトラ政策」も参照

マレーシアは、人口の6割をマレー系、3割を華人系、1割をインド系が居住する国家である。居住の形態は、伝統的にはそれぞれのエスニシティが集団で居住する形式をとっていた経緯があり、また政治の支持基盤も民族毎であるという特色がある。

与党勢力(国民戦線 (Barisan Nasional))
UMNO(マレー系)、MIC(インド系)、MCA(華人系)、グラカン(華人系など)
野党勢力(人民連盟 (Pakatan Rakyat))
PAS(マレー系)、Keadilan(マレー系)、DAP(華人系など)
マレーシアの政党」も参照

セグメントごとの支持基盤、エスニシティ間の対立を回避するために、国民戦線では、エスニシティのリーダー間の協調が図られている。先述の5月13日事件がその契機となった。

軍事

詳細は「マレーシア軍」を参照

兵力は正規軍10万人(陸軍8万人、海軍1万2000人、空軍8000人)、他に予備役が4万1600人。予算は2003年に20億5300万ドル。

2003年より、マハティールの提唱で制定された「国民奉仕制度」が施行された。これは、「軍への兵士としての入隊」では無いために一般的な意味での徴兵制とは言えないが、国民の団結を図る目的で「抽選で選ばれた18歳の男女が国防省の管理下で6ヶ月間の共同生活を行う」という内容であり、強制的に国民へ課せられる義務である。

また、安全保障協定として、1971年にイギリスオーストラリアニュージーランドシンガポール五ヵ国防衛取極め (the Five Power Defence Arrangements) を締結しており、各国軍との連携を図っている。

国際関係

宗主国イギリスや、日本オーストラリアなどと貿易を通じて密接な関係を持つ他、隣国であるタイ王国シンガポールインドネシアなどのASEAN諸国とも密接な関係を持っている。近年は、中国韓国との関係も強化している。また、イスラーム教国であることから中東諸国との結びつきが強い。なお、現在もイギリス連邦の一員である。

ルックイースト政策」も参照

シンガポールとの関係

隣国で一時は同じ国であったシンガポールとは人種や領土、開発に関する問題、欧米諸国への姿勢などで度々衝突しており(軍事的なものではなく、あくまで外交上のものである)、地理的・心理的に密接ではあるが複雑な関係と言える(トゥンク・アブドゥル・ラーマンおよびリー・クアンユーの項参照)。しかし中国系住民同士の結婚は盛んである。また、マレーシアにとってシンガポールは、最大の輸出先でもあり、輸入元でも第2位となっており、経済的な結びつきも強い。

中国との関係

マレーシアは東南アジア諸国としてはシンガポールに次いで華僑の割合が高く中国文化の影響が強いために中華圏扱いされる事があり、中華料理店がよく見られる。多くの中国系マレーシア人が芸能人として中国・香港・台湾・シンガポールなどの中華圏で活躍している。

近年経済台頭する中国に対し、マレーシアは国内に住む華僑住民とのつながりを生かして中国に接近している。ナジブ・ラザク首相は、就任から2ヶ月で中国を訪問し、1年後に訪日したのとは対照的であった。中国も留学生の誘致に積極的であり、マレーシアの大学内部に中国語を学ぶ「孔子学院」を中国政府の予算で設置、近く奨学金を設ける予定である。すでにマレーシア企業から社員向け中国語授業の依頼があり、これは中国とのビジネスのために、高い中国語能力を企業が求めているからである。中国の存在感が大きくなる一方、日本の存在感は相対的に薄くなっているとも言われる。

マレーシアと中国は、伝統的な友好国である。中国は近年、東南アジア各国が自国領としている南シナ海の島などを中国領土と主張しており、東南アジア各国と軋轢を強めている。マレーシアも例外ではなく、中国はマレーシアの排他的経済水域にあるジェームズ礁を「最南端の領土」と主張しており、中国の地図上ではジェームズ礁は九段線の内側になっている。マレーシアは中国と経済的な関係を重視しているため、フィリピンなどと異なり、中国の行動に安全保障上の懸念を表明することはなかった。しかし、2013年3月には中国軍艦がジェームズ礁近海に入り、マレーシア側に威嚇発砲を実施、2014年1月には中国の揚陸艦1隻と駆逐艦2隻がジェームズ礁近辺で主権宣誓式を実施するなど、中国側は動きを強めており、マレーシア側も中国に対する反発を強めつつある。

2014年3月から6月にかけて、ピュー研究所が実施した調査ではマレーシア人回答者の71%が中国を「好き」、「とても好き」と回答している。同じ調査で、日本は75%とやや上回り、アメリカ合衆国は51%である。

日本との関係

詳細は「日本とマレーシアの関係」を参照

対日関係については、「ルックイースト政策」を掲げたマハティール政権、それを継承したアブドラ政権の下で緊密な関係が維持され、トヨタ日本航空イオンなどの日本企業のマレーシアへの進出が進むなど密接な関係を築いてきた。

マレーシアの大学には日本への留学生向けの日本語コースが設けられ、30年以上続けられている。奨学金は日本・マレーシア両政府が支給している。留学を終えて帰国した学生は、これまでマレーシア政府や企業の中枢に入り、国を率いてきた。しかし、近年は日本語コースの定員割れが起きており、毎年応募者が600人を上回っていたのが、2008年には200人に減少した。理由として、中華人民共和国が経済的に台頭し、日本に対する関心が薄れ、学生の意欲と学力が低下したという意見もある。

日本政府はこれに対して、マレーシアの地方や各地の高校・大学生を対象にした日本語セミナーを開催、2003年に合意された日本・マレーシア国際工科院も2011年にようやくに開校し、マレーシアにいながら日本の電子工学や環境技術などを教えている。

「マハティール以降」の外交

マハティール・ビン・モハマド時代、特に1990年代以降、同首相のユダヤ人に関する論評やパレスチナとの関係、イギリスやアメリカオーストラリアなどの白人主体のキリスト教国に対する挑発的発言からこれらの国との関係が悪化したが、2003年のマハティールの退任後は関係が回復しつつある。しかし国内でのマハティール路線はほぼ維持されている。

アブドラ・バダウィ政権では、イスラーム教国という特色を生かして、中東と東南アジアのビジネス・ハブを目指す戦略を掲げた(ハラル・ハブ政策)。実際にイランとの関係は良好であり。マレーシアはイラン人がビザ無しで訪れることのできる数少ない国であり、また、マレーシア人もイランにビザ無しで入国が可能となっている。さらに、パレスチナとの関係も良好であることから、しばしばイスラエルとは対立する構図になっている。このように、マレーシアは英連邦に所属しながらもいわゆる西側諸国とは一線を敷いた外交路線をとっており、現在でも引き続き継続している。

北朝鮮との関係

詳細は「マレーシアと北朝鮮の関係」を参照

2017年まで、北朝鮮にとっての唯一のビザ免除制度のある国となっていたが、2017年2月に発生した金正男暗殺事件における対応を起因として、両国の関係が急速に悪化。同年3月には北朝鮮国民に対するビザ免除制度の停止や、北朝鮮の駐在大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」として国外退去処分とすることを決定している。

地理

マレー半島南部(国土の4割)とボルネオ島北部(同6割)を領土とする。マレー半島でタイと、ボルネオ島でインドネシアブルネイと接する。領海はシンガポールフィリピンベトナムと接する。

一般的にはマレー半島の部分が「半島マレーシア(地区)」(Semenanjung Malaysia)、ボルネオ島の部分は「東マレーシア(地区)」(Malaysia Timur) と呼ばれる。東マレーシアのサバ州及び、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/02/24 01:25

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「マレーシア」の意味を投稿しよう
「マレーシア」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

マレーシアスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「マレーシア」のスレッドを作成する
マレーシアの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail