このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マーク・フィリプーシスとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Mark Anthony Philippoussis
【国籍】
オーストラリア
【出身地】
同・メルボルン
【生年月日】
(1976-11-07) 1976年11月7日(42歳)
【身長】
195cm
【体重】
102kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1994年
【引退年】
2015年(最終出場年)
【ツアー通算】
14勝
【シングルス】
11勝
【ダブルス】
3勝
【生涯通算成績】
411勝276敗
【シングルス】
313勝204敗
【ダブルス】
98勝72敗
【生涯獲得賞金】
$6,985,202
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
4回戦(1996・99・2000・04)
全仏
4回戦(1997・2000)
全英
準優勝(2003)
全米
準優勝(1998)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
2回戦(1996)
全仏
3回戦(1996・97)
全英
ベスト4(1996)
全米
ベスト4(1996)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
8位(1999年4月19日)
【ダブルス】
18位(1997年8月11日)
テンプレート プロジェクト テニス

マーク・アンソニー・フィリプーシス (Mark Anthony Philippoussis, 1976年11月7日 - )は、オーストラリアメルボルン出身の男子プロテニス選手。身長195cm、体重102kgの大型選手。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス18位。これまでにATPツアーでシングルス11勝、ダブルス3勝を挙げる。(新聞の一般表記では「フィリプーシス」となっているが、「フィリポーシス」と表記されることも多い。

4大大会の1998年全米オープン男子シングルス2003年ウィンブルドン選手権男子シングルスの準優勝者である。

目次

  • 1 プレースタイル
  • 2 選手経歴
  • 3 ATPツアー決勝進出結果
    • 3.1 シングルス: 22回 (11勝11敗)
    • 3.2 ダブルス: 6回 (3勝3敗)
  • 4 4大大会シングルス成績
  • 5 外部リンク

プレースタイル

『スカッド・サーブ』と呼ばれる高速サーブを武器とするビッグサーバー。

1990年代後半はボリス・ベッカーの後継者と期待され、驚異的パワーを生かしたサーブ、フォアハンドを持った怪物プレイヤーであった。 しかし今一歩飛躍出来ず、サーブ優位からストローク優位の時代の変化も加わり、全米/全英準優勝各1回とグランドスラム優勝には届かなかった。1990年代後半から2000年代前半に活躍したテニスプレイヤーである。

選手経歴

フィリプーシスはボリス・ベッカーに憧れて、6歳からテニスを始めた。1994年にプロ転向。1995年全米オープン3回戦で当時の王者ピート・サンプラスに挑み、敗れた。同年の10月にセイコー・スーパー・テニスで初来日し、マイケル・チャンとの決勝戦まで勝ち進んだ。

1996年ウィンブルドン選手権全米オープンで、フィリプーシスは4歳年上の先輩選手パトリック・ラフターとペアを組み、2大会連続で男子ダブルス準決勝に勝ち進んだ。2人は両大会とも、オーストラリアを代表するペアのウッディーズに連敗した。しかし、ラフターが1997年全米オープンで初優勝した後、フィリプーシスとラフターは仲違いをしてしまい、とうとう和解できずに終わってしまった。

フィリプーシスは1998年全米オープン2003年ウィンブルドン選手権で、4大大会に2度の準優勝がある。前者はパトリック・ラフターとのオーストラリア対決の決勝戦であった。その後3度の手術を乗り越えて進出した後者の決勝戦では、後に4大大会18勝を果たすロジャー・フェデラーに6-7, 2-6, 6-7のストレートで敗れた。フェデラーの4大大会初優勝の相手はこのフィリプーシスである。

それから再び長期間のスランプに陥ったが、2006年7月第3週にテニス殿堂選手権で3年ぶりのツアー優勝を果たし、通算11勝目を挙げた。2007年以後、彼は故障のため男子ツアーの出場から遠ざかり、復帰と引退を繰り返している。

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 22回 (11勝11敗)

大会グレード
グランドスラム (0-2)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (1-1)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (2-1)
ATPインターナショナルシリーズ (8–7)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (8–7)
クレー (1-0)
芝 (2-1)
カーペット (0-3)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 1995年3月6日 |  スコッツデール | ハード |  ジム・クーリエ | 6–7, 4–6
準優勝 | 2. | 1995年10月9日 |  クアラルンプール | カーペット (室内) |  マルセロ・リオス | 6–7, 2–6
準優勝 | 3. | 1995年10月16日 |  東京 | ハード (室内) |  マイケル・チャン | 3–6, 4–6
優勝 | 1. | 1996年10月14日 |  トゥールーズ | ハード |  マグヌス・ラーション | 6–1, 5–7, 6–4
優勝 | 2. | 1997年3月3日 |  スコッツデール | ハード |  リッチー・レネバーグ | 6–4, 7–6
優勝 | 3. | 1997年4月28日 |  ミュンヘン | クレー |  アレックス・コレチャ | 7–6, 1–6, 6–4
優勝 | 4. | 1997年6月9日 |  ロンドン | 芝 |  ゴラン・イワニセビッチ | 7–5, 6–3
準優勝 | 4. | 1997年9月29日 |  トゥールーズ | ハード (室内) |  ニコラス・キーファー | 5–7, 7–5, 4–6
準優勝 | 5. | 1997年10月6日 |  バーゼル | カーペット (室内) |  グレグ・ルーゼドスキー | 3–6, 6–7, 6–7
優勝 | 5. | 1998年2月16日 |  メンフィス | ハード (室内) |  マイケル・チャン | 6–3, 6–2
準優勝 | 6. | 1998年9月14日 |  全米オープン | ハード |  パトリック・ラフター | 3–6, 6–3, 2–6, 0–6
優勝 | 6. | 1999年2月8日 |  サンノゼ | ハード (室内) |  セシル・マミート | 6–3, 6–2
優勝 | 7. | 1999年3月8日 |  インディアンウェルズ | ハード |  カルロス・モヤ | 5–7, 6–4, 6–4, 4–6, 6–2
優勝 | 8. | 2000年2月7日 |  サンノゼ | ハード (室内) |  ミカエル・ティルストロム | 7–5, 4–6, 6–3
準優勝 | 7. | 2000年10月9日 |  香港 | ハード |  ニコラス・キーファー | 6–7, 6–2, 2–6
準優勝 | 8. | 2000年11月20日 |  パリ | カーペット (室内) |  マラト・サフィン | 6–3, 6–7, 4–6, 6–3, 6–7
優勝 | 9. | 2001年2月19日 |  メンフィス | ハード (室内) |  ダビデ・サングイネッティ | 6–3, 6–7, 6–3
準優勝 | 9. | 2002年1月7日 |  アデレード | ハード |  ティム・ヘンマン | 4–6, 7–6, 3–6
準優勝 | 10. | 2003年3月10日 |  スコッツデール | ハード |  レイトン・ヒューイット | 4–6, 4–6
準優勝 | 11. | 2003年7月7日 |  ウィンブルドン | 芝 |  ロジャー・フェデラー | 6–7, 2–6, 6–7
優勝 | 10. | 2003年9月22日 |  上海 | ハード |  イジー・ノバク | 6–2, 6–1
優勝 | 11. | 2006年7月16日 |  ニューポート | 芝 |  ジャスティン・ギメルストブ | 6–3, 7–5

ダブルス: 6回 (3勝3敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 1995年4月17日 |  香港 | ハード |  トミー・ホー |  ジョン・フィッツジェラルド
アンダース・ヤリード | 6-1, 6-7, 7-6
優勝 | 2. | 1995年10月9日 |  クアラルンプール | カーペット (室内) |  パトリック・マッケンロー |  グラント・コネル
パトリック・ガルブレイス | 7-5, 6-4
準優勝 | 1. | 1997年3月10日 |  インディアンウェルズ | ハード |  パトリック・ラフター |  ダニエル・ネスター
マーク・ノールズ | 3-6, 6-7
優勝 | 3. | 1997年6月9日 |  ロンドン | 芝 |  パトリック・ラフター |  サンドン・ストール
シリル・スーク | 6-2, 4-6, 7-5
準優勝 | 2. | 1997年8月4日 |  シンシナティ | ハード |  パトリック・ラフター |  マーク・ウッドフォード
トッド・ウッドブリッジ | 6-7, 6-4, 4-6
準優勝 | 3. | 2003年3月9日 |  スコッツデール | ハード |  レイトン・ヒューイット |  ジェームズ・ブレーク
マーク・マークレイン | 4–6, 7–6(2), 6–7(5)

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【1993】
【1994】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
通算成績
全豪オープン | LQ | 1R | 1R | 4R | A | 2R | 4R | 4R | A | 2R | 3R | 4R | A | 1R | 16–10
全仏オープン | A | A | A | 2R | 4R | 2R | 1R | 4R | A | 2R | 2R | 1R | A | A | 10–8
ウィンブルドン | A | LQ | A | 2R | 1R | QF | QF | QF | A | 4R | F | 4R | 2R | 2R | 27–10
全米オープン | A | LQ | 3R | 4R | 3R | F | A | 2R | A | 1R | 3R | 1R | 1R | 1R | 16–10

外部リンク

受賞や功績
先代:
アルベルト・コスタ | ATP Newcomer of the Year
1995 | 次代:
ドミニク・フルバティ
先代:
リカルト・クライチェク | ATP カムバックプレイヤー
2003 | 次代:
トミー・ハース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/17 11:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「マーク・フィリプーシス」の意味を投稿しよう
「マーク・フィリプーシス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

マーク・フィリプーシススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「マーク・フィリプーシス」のスレッドを作成する
マーク・フィリプーシスの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail