このキーワード
友達に教える
URLをコピー

マーク・マランソンとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
コロラド州ジェファーソン郡ウィートリッジ
【生年月日】
(1985-03-28) 1985年3月28日(35歳)
【身長
体重】
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2006年 MLBドラフト9巡目(全体284位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
【初出場】
2009年4月26日 ボストン・レッドソックス
【年俸】
$4,000,000(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
アメリカ合衆国
WBC
2017年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
 | 2017 | 野球

マーク・デビッド・マランソン(Mark David Melancon, 1985年3月28日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州ジェファーソン郡ウィートリッジ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBアトランタ・ブレーブス所属。愛称はストレッチファミリー・ネームMelancon([məˈlænsən] mə-LAN-sən)は、メディアによっては「メランソン」、「メランコン」などと表記されることがある。

同じくメジャーリーガー(外野手)であるJ.B.シャックとは義理の兄弟の関係である。

経歴

プロ入りとヤンキース時代

ニューヨーク・ヤンキース時代
(2009年)

2006年MLBドラフト9巡目(全体284位)でニューヨーク・ヤンキースから指名を受け、入団。同年はA級スタテンアイランド・ヤンキースでデビューを果たすが、10月にトミー・ジョン手術を受け、翌2007年を棒に振る。

2008年はA+級タンパ・ヤンキース、AA級トレントン・サンダー、AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースと、マイナー3つの階級すべてでロングリリーフとして起用され、リリーフのみで計44試合・95イニングに登板し、8勝1敗、防御率2.27という好成績を残す。シーズン終了後、ベースボール・アメリカ誌はマランソンをヤンキース組織内第9位の有望株と評価した。

2009年4月25日に初めてのメジャー昇格を果たすと、26日のボストン・レッドソックス戦でメジャーデビューを果たし、2イニングを無失点に抑える。その後、5月8日にAAA級スクラントンへ降格するが、7月9日に再びメジャーに昇格した。

アストロズ時代

2010年7月末にランス・バークマンとのトレードで、ジミー・パレデスと共にヒューストン・アストロズへ移籍した。

レッドソックス時代

2011年12月14日にジェド・ラウリーカイル・ウィーランドとのトレードで、レッドソックスへ移籍した。 2012年のシーズンは、4月17日のテキサス・レンジャーズ戦で3本の本塁打を浴びるなど一死もとれず6失点と炎上するなど、最初の4試合で防御率49.50となり、AAA級ポータケット・レッドソックスへ降格した。6月10日にメジャーへ復帰するも最終的に41試合に登板し防御率6.20と期待を大きく裏切る結果となった。

パイレーツ時代

ピッツバーグ・パイレーツ時代
(2015年7月13日)

2012年12月26日にジョエル・ハンラハンブロック・ホルトとのトレードで、イバン・デヘスース・ジュニアジェリー・サンズストルミー・ピメンテルと共にピッツバーグ・パイレーツへ移籍した。

2013年シーズンはオールスターに初めて選出されたが、登板はなかった。また、クローザーのジェイソン・グリーリ故障者リストに入った間は、代役を務めた。最終的に72試合に登板し、3勝2敗16セーブ26ホールド・防御率1.39と好成績を残した。セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズで、ポストシーズン初登板を果たしたが、第5戦の1-3で迎えた8回裏に登板し、マット・アダムスに本塁打を浴びるなど、3失点を喫してしまい、大事な場面で抑えられず、チームは敗退してしまった。

2014年1月17日にパイレーツと259万5000ドルの1年契約に合意した。移籍2年目となる2014年シーズンは、前年から調子を落としたグリーリに代わりクローザーに定着。2年連続1.00台となる防御率1.90、いずれも自己ベストの33セーブ・WHIP0.87をマークし、チームのプレーオフ進出に大きく貢献した。10月1日のサンフランシスコ・ジャイアンツとのワイルドカードゲームでは、0-8で迎えた9回表に登板して無失点に抑えたが、チームはそのまま敗退してしまった。オフには日米野球2014のMLB選抜に選出された。

2015年もクローザーの地位を確立し、両リーグ最多の51セーブを挙げ、セーブ失敗もわずか2回と、安定した活躍を見せた。3年連続での防御率1点台が終盤まで期待されたが、9月28日のカージナルスとの首位攻防戦での登板で、スコア0-0で迎えた9回裏に3失点を喫してしまい、防御率が2点台となってしまった。10月7日のシカゴ・カブスとのワイルドカードゲームでは、0-4で迎えた9回表に登板して無失点に抑えたが、チームはそのまま敗退してしまった。

2016年は7月までに45試合に登板し、1勝1敗30セーブ、防御率1.51と好調を維持していた。

ナショナルズ時代

ワシントン・ナショナルズ時代
(2016年8月5日)

2016年7月30日にフェリペ・リベロテイラー・ハーンとのトレードでワシントン・ナショナルズへ移籍。移籍先でもクローザーとして起用され、30試合で17セーブ、防御率は1.82であった。シーズン通算では4年連続70試合以上となる75試合登板でリーグ3位となる47セーブを挙げ、防御率は2年ぶりの1点台となる1.64を記録した。オフにFAとなった。

ジャイアンツ時代

2016年12月5日にサンフランシスコ・ジャイアンツと4年総額6200万ドルで契約した。12月14日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表への不参加の意思を表明したが、代表が決勝トーナメントに進出したため合流した。3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした。

シーズンでは、2度にわたって故障離脱するなど全般に調子が上がらず、2010年以来となる40試合未満の登板で1勝2敗11セーブ、防御率4.50と不本意な成績に終わった。翌2018年も故障で出遅れ、41試合登板で1勝4敗3セーブ・防御率3.23・WHIP1.59と物足りない成績に終わった。

ブレーブス時代

2019年7月31日にダニエル・ウィンクラートリスタン・ベックとのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した。移籍後はクローザーを務め、11セーブを挙げた。この年は2チーム合計で3年ぶりとなる60試合登板を果たし、5勝2敗12セーブ・防御率3.61であった。

投球スタイル

リリーバーとしてオーバースローから、平均球速91mph(146km/h)のカッターを中心に、平均92mph(148km/h)のフォーシーム、決め球である平均81mph(130km/h)のナックルカーブ、稀に85mph(137km/h)程度のスプリッターを使用する(2016年)。フォーシームの最速は2012年シーズンに記録した96.0mph。
2011年以前の速球はフォーシームが主体であったが、2011-2012年からカッターを主体としている。また、PITCHf/x上2012年以前のカーブが2013年以降はナックルカーブに切り替わっている。 年々球速が低下しており、メジャー昇格時には平均球速149km/hほどだったが、2016年時点では146km/hにまで落ち込んでいる。 もともと制球難だったが大幅に改善され、リーグ屈指のコントロールを誇っており、メジャー通算与四球率は2点台序盤となっている。パイレーツに移籍した2013年以降の被本塁打率が0.29と非常に低い。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2009 | NYY | 13 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 74 | 16.1 | 13 | 0 | 10 | 0 | 4 | 10 | 3 | 0 | 8 | 7 | 3.86 | 1.41
2010 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 19 | 4.0 | 7 | 1 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 5 | 4 | 9.00 | 1.75
HOU | 20 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 8 | 1.000 | 71 | 17.1 | 12 | 1 | 8 | 0 | 1 | 19 | 2 | 0 | 8 | 6 | 3.12 | 1.15
'10計 22 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 8 | 1.000 | 90 | 21.1 | 19 | 2 | 8 | 0 | 1 | 22 | 2 | 0 | 13 | 10 | 4.22 | 1.27
2011 | 71 | 0 | 0 | 0 | 0 | 8 | 4 | 20 | 3 | .667 | 309 | 74.1 | 65 | 5 | 26 | 6 | 2 | 66 | 1 | 0 | 28 | 23 | 2.78 | 1.22
2012 | BOS | 41 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 2 | .000 | 194 | 45.0 | 45 | 8 | 12 | 1 | 3 | 41 | 2 | 0 | 31 | 31 | 6.20 | 1.27
2013 | PIT | 72 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 2 | 16 | 26 | .600 | 279 | 71.0 | 60 | 1 | 8 | 0 | 1 | 70 | 6 | 0 | 15 | 11 | 1.39 | 0.96
2014 | 72 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 5 | 33 | 14 | .375 | 277 | 71.0 | 51 | 2 | 11 | 1 | 3 | 71 | 3 | 0 | 15 | 15 | 1.90 | 0.87
2015 | 78 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 2 | 51 | 1 | .600 | 293 | 76.2 | 57 | 4 | 14 | 2 | 2 | 62 | 3 | 0 | 22 | 19 | 2.23 | 0.93
2016 | 45 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 30 | 0 | .500 | 163 | 41.2 | 32 | 2 | 9 | 0 | 1 | 38 | 1 | 0 | 10 | 7 | 1.51 | 0.96
WSH | 30 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 17 | 0 | .500 | 107 | 29.2 | 21 | 1 | 3 | 0 | 0 | 27 | 3 | 0 | 6 | 6 | 1.82 | 0.81
'16計 75 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 47 | 0 | .500 | 270 | 71.1 | 52 | 3 | 12 | 0 | 1 | 65 | 4 | 0 | 16 | 13 | 1.64 | 0.90
2017 | SF | 32 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 11 | 5 | .333 | 130 | 30.0 | 37 | 3 | 6 | 0 | 1 | 29 | 2 | 0 | 16 | 15 | 4.50 | 1.43
2018 | 41 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | 3 | 8 | .200 | 174 | 39.0 | 48 | 2 | 14 | 2 | 1 | 31 | 4 | 0 | 18 | 14 | 3.23 | 1.59
2019 | 43 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 2 | 1 | 5 | .667 | 195 | 46.1 | 49 | 3 | 16 | 2 | 2 | 44 | 3 | 0 | 19 | 18 | 3.50 | 1.40
ATL | 23 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 11 | 0 | 1.000 | 89 | 21.0 | 22 | 1 | 2 | 0 | 0 | 24 | 1 | 0 | 9 | 9 | 3.86 | 1.14
'19計 66 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 2 | 12 | 5 | .714 | 284 | 67.1 | 71 | 4 | 18 | 2 | 2 | 68 | 4 | 0 | 28 | 27 | 3.61 | 1.32
MLB:11年 583 | 0 | 0 | 0 | 0 | 28 | 26 | 194 | 72 | .519 | 2374 | 583.1 | 518 | 34 | 139 | 14 | 21 | 535 | 34 | 0 | 210 | 185 | 2.85 | 1.13

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
投手(P)
【試

合】















2009 | NYY | 13 | 1 | 4 | 0 | 0 | 1.000
2010 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | ----
HOU | 20 | 3 | 3 | 0 | 1 | 1.000
'10計 22 | 3 | 3 | 0 | 1 | 1.000
2011 | 71 | 12 | 5 | 1 | 0 | .944
2012 | BOS | 41 | 5 | 8 | 0 | 0 | 1.000
2013 | PIT | 72 | 7 | 11 | 0 | 2 | 1.000
2014 | 72 | 5 | 12 | 1 | 0 | .944
2015 | 78 | 7 | 16 | 1 | 1 | .958
2016 | 45 | 6 | 5 | 0 | 0 | 1.000
WSH | 30 | 4 | 2 | 0 | 1 | 1.000
'16計 75 | 10 | 7 | 0 | 1 | 1.000
2017 | SF | 32 | 2 | 9 | 0 | 1 | 1.000
2018 | 41 | 2 | 4 | 0 | 1 | 1.000
2019 | 43 | 6 | 6 | 0 | 3 | 1.000
ATL | 23 | 1 | 2 | 0 | 0 | 1.000
'19計 66 | 7 | 8 | 0 | 3 | 1.000
MLB 583 | 61 | 87 | 3 | 10 | .980

タイトル

表彰

記録

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ Mark Melancon Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年12月6日閲覧。
  2. ^ Giants Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ 「2014 SUZUKI 日米野球」、「日本プロ野球80周年記念試合」出場予定選手”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2017年2月16日閲覧。
  4. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、227頁。 ISBN 978-4-331-51809-0。
  5. ^ Red Sox Acquire Melancon For Lowrie, Weiland
  6. ^ Mark Melancon sent to Triple-A”. Espn.go.com (2012年4月18日). 2012年12月27日閲覧。
  7. ^ Zach Links (2012年12月26日). “Red Sox Acquire Joel Hanrahan From Pirates” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年12月5日閲覧。
  8. ^ “Pirates agree to terms with all six arbitration eligible players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Pittsburgh Pirates), (2014年1月17日), http://m.pirates.mlb.com/news/article/66789326/pirates-agree-to-terms-with-all-six-arbitration-eligible-players/ 2016年12月5日閲覧。
  9. ^ Tom Singer (2014年1月17日). “Cases closed: Bucs finalize all arbitration-eligible deals” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  10. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  11. ^ Nationals land closer Melancon from Pirates” (英語). MLB.com (2016年7月30日). 2016年8月2日閲覧。
  12. ^ Chris Haft (2016年12月5日). “Giants find their closer, give Melancon 4-year deal” (英語). MLB.com. 2016年12月6日閲覧。
  13. ^ メジャー屈指の抑え、メランソンがWBC不参加 球宴外野手はカナダ代表 スポニチ (2016年12月14日) 2016年12月15日閲覧
  14. ^ Melancon to join USA for Classic semifinal MLB.com (英語) (2017年3月19日) 2017年3月21日閲覧
  15. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  16. ^ Mark Bowman (2019年7月31日). “Braves bolster bullpen with Greene, Melancon” (英語). MLB.com. 2019年8月3日閲覧。
  17. ^ Player Card: Mark Merancon”. BrooksBaseball.net. 2017年5月11日閲覧。
  18. ^ Mark Merancon ≫ PitchFx ≫ Overview”. FanGraphs.com. 2017年5月11日閲覧。
  19. ^ Mark Melancon Pitch Data”. The Baseball Cube. 2016年8月2日閲覧。

関連項目

外部リンク

アトランタ・ブレーブス ロースター
投手 | 

捕手 | 

内野手 | 
出典:wikipedia
2020/04/02 21:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「マーク・マランソン」の意味を投稿しよう
「マーク・マランソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

マーク・マランソンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「マーク・マランソン」のスレッドを作成する
マーク・マランソンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail