このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ミハエル・シューマッハとは?

【基本情報】

【略称表記】
MSC
【国籍】
ドイツ
【出身地】
西ドイツ
同・ノルトライン=ヴェストファーレン州ライン=エルフト郡フルト
【生年月日】
(1969-01-03) 1969年1月3日(50歳)
F1での経歴
【活動時期】
1991-2006,2010-2012
【過去の所属チーム】
'91 ジョーダン
'91-'95 ベネトン
'96-'06 フェラーリ
'10-'12 メルセデス
【出走回数】
308 (306スタート)
【タイトル】
7 (1994, 1995, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004)
【優勝回数】
91
【表彰台(3位以内)回数】
155
【通算獲得ポイント】
1,566
ポールポジション
68
ファステストラップ
77
【初戦】
1991年ベルギーGP
【初勝利】
1992年ベルギーGP
【最終勝利】
2006年中国GP
【最終戦】
2012年ブラジルGP

ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher, 1969年1月3日 - )は、ドイツの元F1ドライバーである。愛称はシューミ (Schumi)、マイケル (Michael)。日本語表記は他に「ミハエル・シューマッハー」やドイツ語の発音に近い「ミヒャエル・シューマッハ[ˈmɪçaʔɛl ˈʃuːmaxɐ] ( 音声ファイル)」もある。英語圏では「マイケル・シューマッカー」と発音される場合がある。

ドイツ人初のF1ドライバーズチャンピオン。最多優勝91回、チャンピオン獲得7度などF1の主な個人記録を更新した。2006年に一度引退したが2010年に復帰し、2012年に再度現役を退いた。

その冷徹で正確なドライビングから、日本では「ターミネーター」、日本国外では「サイボーグ」と呼ばれる時期があった。フェラーリ在籍期には、フジテレビF1中継で「赤い皇帝」の愛称が使われた。

6歳年下の実弟ラルフ・シューマッハウィリアムズなどで6勝を挙げた元F1ドライバー。息子のミック・シューマッハも現役のレーシングドライバーである。

目次

  • 1 初期の経歴
  • 2 F1での経歴
    • 2.1 ジョーダン-ベネトン在籍期(1991年 - 1995年)
    • 2.2 フェラーリ在籍期(1996年 - 2006年)
    • 2.3 1度目の現役引退 (2007年 - 2009年)
    • 2.4 F1復帰メルセデス在籍期 (2010年-2012年)
  • 3 F1現役引退後
  • 4 評価
  • 5 特筆されるレース
  • 6 物議を醸したレース
  • 7 ライバルとの関係
    • 7.1 ミカ・ハッキネン
    • 7.2 アイルトン・セナ
    • 7.3 デイモン・ヒル
    • 7.4 ジャック・ヴィルヌーヴ
    • 7.5 フェルナンド・アロンソ
  • 8 人物・エピソード
  • 9 家族構成
  • 10 主な記録
    • 10.1 通算記録
    • 10.2 年間記録
    • 10.3 連続記録
    • 10.4 更新されたまたは並ばれた記録
  • 11 F1での年度別成績
    • 11.1 グランプリ別・年別の優勝回数
    • 11.2 年度別戦績
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

初期の経歴

カートとの出会い

1969年1月3日、ドイツノルトライン・ヴェストファーレン州ケルン近郊のフュルト・ヘルミュールハイム (Hürth-Hermülheim)で生まれる。4歳の時、煉瓦職人の父から贈られた“原動機付きペダルカー”が車との出会いである。夢中で路上を走らせていたミハエルが電柱に衝突したため、心配した父が近所のカート場に連れて行き“本格的なレーシングカート”と遭遇した。このカート場は1961年に事故死したF1ドライバー、ヴォルフガング・フォン・トリップスの家族が所有しており、父はそこの管理を兼業するようになった。

1975年には次男のラルフ・シューマッハが誕生。1980年、カート場の移転にともない一家はケルペン・マンハイム (kerpen-Manheim) に転居し、父はカート場の管理人とレンタルカート屋、母はカート場の軽食スタンドで働くようになった。

1983年に国内カートライセンスを取得し、1984年1985年にはドイツ・ジュニア・カートチャンピオン、1987年にはドイツとヨーロッパのカートチャンピオンとなった。彼の家庭は出費のかさむこのスポーツを継続できるほど経済的に豊かではなく、他人が使い古したタイヤを拾ってきて使うこともあったという。だが、恩師ユルゲン・ディルク(F1ドライバー時代にはファンクラブ会長を務めた)の支援により、十分な環境とは言えないもののレースを続けた。

F3
1990年のドイツF3でドライブしたレイナード903・VW

中学卒業後は自動車販売店に入社し、整備士の資格を取得する。1988年ジュニアフォーミュラにステップアップし、フォーミュラ・ケーニッヒとフォーミュラ・フォードに参戦。ドイツF3選手権に参戦するWTSレーシングのオーナー、ウィリー・ウェーバーに見初められ、マネージメント契約を結ぶ。

ドイツF3では1989年に2勝を挙げ、チャンピオンのカール・ヴェンドリンガーに1ポイント差のシリーズ3位。1990年には5勝してチャンピオンとなった。同年のマカオGPでは本命と見られていたイギリスF3王者ミカ・ハッキネンを下して優勝した。その1週間後、日本の富士スピードウェイで初開催されたインターF3リーグにも参戦し、F3の国際レースで2週連続優勝した。

メルセデス・ジュニアチーム
バーニー・エクレストン(中央)と会話するSWC時代のシューマッハ(左)、1991年

1990年、メルセデス・ベンツが立ち上げた若手育成プロジェクトにカール・ヴェンドリンガーハインツ=ハラルド・フレンツェンとともに選出された。3名は世界スポーツプロトタイプカー選手権 (WSPC) のザウバー・メルセデスチームに加わり、ベテランのヨッヘン・マスのパートナーとして交代で参戦した。シューマッハは4戦出場してドライバーズ選手権5位、最終戦のメキシコで初優勝した。

1991年はスポーツカー世界選手権 (SWC) に8戦出場し、ル・マン24時間レースでは5位入賞。ワークス最後のレースとなった日本(オートポリス)ではヴェンドリンガーと組んで優勝した。ドライバーズ選手権は9位。これらの好走がTWR・ジャガーチームのトム・ウォーキンショーロス・ブラウンの目に留まり、同年のベネトン移籍に繋がることになる。また、この2年間にはドイツツーリングカー選手権 (DTM) にも数戦出場したほか、1991年には全日本F3000第6戦・菅生にスポット参戦し2位を獲得した。

メルセデスはF1にワークス参戦を予定しており、シューマッハも起用される予定だったが、メルセデスの計画修正(ザウバーにエンジンのみ供給)によりこの時は実現しなかった。

F1での経歴

ジョーダン-ベネトン在籍期(1991年 - 1995年)

1991年
ジョーダン・191で走行するシューマッハ

当初はスポット参戦後も全日本F3000への継続参戦を予定していたが、1991年8月、ベルトラン・ガショーの刑事事件をきっかけにして、メルセデスが用意した持参金をジョーダンに持ち込み、第11戦ベルギーGPでガショーの代役として同チームからF1に初参戦した。

ベルギーGPの週末、シューマッハは自ら持ち込んだ折り畳み自転車でサーキットを周回し、独力でスパ・フランコルシャンのコースを学習した。 シューマッハは初の予選で7位に入り、F1関係者に強い印象を与えた。予選7位という結果はジョーダンにとってシーズンの最高順位タイであり、11年目のベテランであるチームメイトのアンドレア・デ・チェザリスを上回った。F1ジャーナリストのジョー・サワードは予選後の報告で、「ドイツ人のモータースポーツ・ジャーナリストは皆、この『ステファン・ベロフ以来最高の才能』について話している」と述べた。7番グリッドからスタートした決勝レース、シューマッハはクラッチの故障により1周目でリタイアした。

決勝は0周リタイアに終わったものの大型ルーキーとして注目され、FOCA会長バーニー・エクレストンの根回しでベネトンとメルセデスが接触した。ジョーダンは訴訟を起こして抵抗したが、結果的にロベルト・モレノとトレードする形でシューマッハのベネトン加入が決定した。移籍後最初のイタリアグランプリでチームメイトのネルソン・ピケを上回って5位初ポイントを獲得し、続く2戦でも6位に入賞した。第15戦日本GPでは、予選中130Rで大クラッシュを喫した。この時は何事もなく再出走したが、数年後検査した際、脊椎数箇所を損傷していたことが判明した。

1992年
1992年モナコGPベネトン・B192を走らせるシューマッハ

1992年シーズン開幕前、 翌1993年からメルセデスの支援下でF1に初参戦するザウバーは、シューマッハの契約にはメルセデスがF1に参戦する際にそのドライバーとなることを義務付ける条項が含まれていると主張した。最終的にはシューマッハが1993年以降もベネトンにとどまることで合意がなされ、ザウバー代表のペーター・ザウバーは「(シューマッハは)我々のためにドライブしたくないと言っていた。ならば、それを強いることはできなかった。」と語った。

1992年のF1は、強力なルノーエンジンに加えセミオートマチックトランスミッションおよびアクティブサスペンションを搭載するウィリアムズ・FW14Bによって支配された。シューマッハが乗るベネトン・B192はFW14Bと比べて旧来型のマシンだったが、1992年メキシコグランプリでは3位に入り、初めて表彰台に立った。ドライからウェットへ移行する難しいコンディションとなった第12戦ベルギーGPではウィリアムズ勢を戦略で破り、デビュー18戦目でF1初勝利を達成した。(これはマニュアル・シフト車の最後の勝利でもあった)初優勝の地であるスパ・フランコルシャン・サーキットについて、シューマッハは2003年に「飛び抜けて好きなコース」と評価している。1992年、シューマッハは53ポイントを獲得してドライバーズ選手権で3位となり、2位のリカルド・パトレーゼとは3ポイント差だった。

1993年

過熱するハイテク競争の中でB193Bの信頼性不足により、決勝は表彰台に登るかリタイアという両極端な成績の一年になった。マクラーレンがフォードエンジンにスイッチしたため、セナとの対決はフォードワークスの主導権争いという側面もあった。開幕戦南アフリカGPではセナを追撃中にセナの強引なブロックに遭い単独スピンした。モナコGPではトップ独走中にマシンが炎上してリタイアし、セナが優勝した。

シーズン中はなかなか勝利に手が届かなかったが、第14戦ポルトガルGPでは予選6位からピット戦略でトップに立ち、アラン・プロストの追撃をしのいでF1通算2勝目を獲得した。ランキングは前年より1つ下げ選手権4位で終えた。

1994年

1994年シーズン、シューマッハは自身初のドライバーズタイトルを獲得したが、この年のF1はサンマリノGPで起きたラッツェンバーガーおよびセナの死亡事故と、いくつかのチーム(特にシューマッハが所属するベネトン)のマシンが技術規定に違反していたという疑惑によってダメージを受けた。

1994年イギリスGPベネトン・B194を走らせるシューマッハ

ベネトンの1994年型マシンであるB194は、設計者ロリー・バーンがのちに「ベネトン時代の最高傑作」と評した車であり、車両特性もシューマッハーのドライビングスタイルに合致していた。シーズンが開幕すると、シューマッハは最初の7戦中6勝を挙げた。唯一勝利を逃した第5戦スペインGPでもギアボックスの故障で5速ギア以外使えなくなるまでは首位を走行し、トラブルにもかかわらず2位に入った。

第3戦サンマリノGP後、ベネトン・フェラーリ・マクラーレンの3チームはFIAによる電子制御の使用禁止に違反しているとの嫌疑で調査を受けた。当初ベネトンとマクラーレンは使用しているソフトウェアのソースコードの提出を拒絶し、のちにFIAが提出されたソースコードを検証したところ、両チームのソフトウェアには隠された機能があることを発見したが、それらがレース中実際に使用されたと証明することはできなかった。ベネトンとマクラーレンは当初調査に協力しなかったとして10万ドルの罰金を科された。マクラーレンのソフトウェアに見つかった自動シフトチェンジ機能は合法と判定された一方で、ベネトンのソフトウェアには明確に禁止されている「ローンチコントロール」的な機能(ドライバーが完璧にスタートを決めること可能にする)が見つかったものの、このソフトウェアが使用されたことを示す証拠は存在しなかった。

第8戦イギリスGPでは、フォーメーションラップでヒルを追越したことによる5秒のピットストップペナルティを課せられたが、ピットインを指示する黒旗に6周にわたり従わなかったため25,000ドルの罰金を課された。さらに、7月26日に行われたFIAの世界モータースポーツ評議会に召還され、そこでイギリスGPの失格と2レースの出場停止、ベネトンチームへの50万ドルの罰金という厳罰が科された。ベネトンはこの出来事がレーススチュワードとチームの間のコミュニケーション不良の結果であると主張した。ベネトンは評議会の処分を不服として抗議を行い、その聴聞が8月30日に行われることとなったため、聴聞会までの3レース(ドイツGPハンガリーGPベルギーGP)への参戦が認められた。ベルギーGPでは1位でゴールしたものの、スキッドブロックの規定違反により再び失格となった。聴聞後に出された裁定は、2レースの出場停止を即座に適用するというもので、その後2戦には出走することができなかった。ベルギーGPの失格を受け、ベネトンはシューマッハがスピンした際に縁石に乗り上げたことでスキッドブロックが削れたものであるとして裁定に抗議していたが、FIAはブロックの削れ方を理由に抗議を却下した。

シューマッハとベネトンがトラブルに見舞われる中、選手権2位のデイモン・ヒルは1位シューマッハとのポイント差を縮め、最終戦オーストラリアGPを迎えた時点でのシューマッハのリードは1ポイントまで減少していた。オーストラリアGPの36周目、首位を走るシューマッハはコースを外れてアウト側のガードレールに接触し、直後に付けていたヒルはその間に追い抜きを試みたが、コース上に戻ってきたシューマッハ車と接触して2台共にリタイアする結果となった。両者リタイアによってチャンピオンが決定したため、この接触は故意か否かで物議を醸したが、この結果、自身初、ドイツ人としても初のドライバーズタイトルを獲得した。

1995年
1995年イギリスGPベネトン・B195を走らせるシューマッハ

1995年シーズン、シューマッハはドライバーズタイトルの防衛に成功し、チームメイトのジョニー・ハーバートと共にベネトン・フォーミュラに初のコンストラクターズタイトルをもたらした。ドライバーズ選手権を連覇したことにより、シューマッハは(当時)史上最年少の複数回のドライバーズチャンピオンとなった。

シーズン序盤は単独クラッシュを喫するなど出遅れたが、第5戦スペインGPでの勝利からペースを掴み、第9戦ドイツGPでは母国初優勝を果たした。第15戦パシフィックGPにて2年連続のドライバーズチャンピオンを確定させた。最終的に17戦中9勝を挙げ、ナイジェル・マンセルが1992年に達成した当時のシーズン最多勝記録に並んだ。ヒルとはこの年もイギリスGP・イタリアGPで接触して両者リタイアとなった。ベルギーGPでは予選16位から路面状況を読み取って優勝したが、ヒルへのブロックで執行猶予付き出場停止処分を受けた。

シーズン中にベネトンとの契約を延長しないことを表明し、メルセデスエンジンを搭載するマクラーレンへの移籍が噂されたが、長くタイトルから見放されている名門フェラーリへの移籍を選択した。

フェラーリ在籍期(1996年 - 2006年)

1996年
1996年サンマリノGPフェラーリF310を走らせるシューマッハ

前年度のチャンピオンとして、シューマッハはカーナンバー「1」とともにフェラーリへ加入した。ルカ・ディ・モンテゼモーロ社長とジャン・トッド監督の下、「今年(1996年)はチャンピオン争いは不可能だが、年間3勝を目標にする」としてチームの再建に取り組んだ。

1996年シーズン序盤のフェラーリ・F310には信頼性の問題があり、シューマッハは全16戦中6戦で完走できなかった。それでも雨のレースとなった第7戦1996年スペイングランプリでは4位以下の全ドライバーを周回遅れにして勝利し、フェラーリでの初優勝を果たした。このレースでシューマッハは19週目に首位に立つと、難しいコンディションの中ライバルよりも5秒速いラップタイムで周回し、後続を引き離した。スペインGPでのシューマッハのパフォーマンスについて、スターリング・モスは「それはレースというよりも、素晴らしい才能の実演というべきだった」と評した。

第9戦フランスGPでシューマッハはポールポジションを獲得したが、レース開始前のフォーメーションラップでエンジン故障が発生しスタートできなかった。その後、第13戦ベルギーGPと第14戦イタリアGPで勝利して公約通りシーズン3勝を挙げ、ティフォシからの信頼を得た。シューマッハは1996年のドライバーズ選手権を3位で終え、フェラーリはベネトンを上回ってコンストラクターズ選手権で2位となった。

1997年

ベネトンからロス・ブラウン(テクニカルディレクター)とロリー・バーン(チーフデザイナー)が移籍してきたことで、戦略のレベルアップとマシン開発に拍車がかかり、ウィリアムズのジャック・ヴィルヌーヴと激しいチャンピオン争いを展開した。第16戦日本GPでシーズン5勝目を上げ、ヴィルヌーヴを1ポイントリードして最終戦ヨーロッパGPに臨んだ。

ヨーロッパGPではスタートからレースをリードしたが、48周目にヘアピンでオーバーテイクを仕掛けてきたヴィルヌーヴをブロックして接触。コース外にはじき出されてリタイアとなり、3位でゴールしたヴィルヌーブに逆転されてタイトルを逃した。このブロックに関して、FIAはシーズン終了後の11月11日にシューマッハを召喚。重大な過失と判定し、1997年のチャンピオンシップからシューマッハを除外し、ドライバーズランキング2位を抹消した。なお、ヴィルヌーヴとは偶然にもこの年に一度も同じ表彰台に立つことはなかった。

1998年
デビッド・クルサードとバトルをするシューマッハ(左)(1998年イギリスGP)

モンテゼーモロが「王座奪回の年」と宣言。ロリー・バーンがゼロから設計したニューマシンF300を、ジャン・トッドの指揮でテストも十分に重ね、満を持して臨んだが、開幕2戦はマクラーレンミカ・ハッキネンが連勝。

それでも前年に引き続きエディ・アーバインのサポート、上方排気システム及びロングホイールベースへの変更をしたF300及び前輪をワイドトレッド化したグッドイヤータイヤの進化、ロス・ブラウンの戦略が結集され、シューマッハの成績も向上。こうした後押しを受けてポイント首位のハッキネンと熾烈な争いを展開し、フェラーリ地元である第14戦イタリアGPでは ポールトゥーウィンで6勝目をあげ、ポイントでも80対80と同点で並んだ。第15戦ルクセンブルクGPと最終戦日本GPでは共にポールポジションを取り、いよいよ王座奪回かと期待させたが、両決勝ではハッキネンに逆転優勝を許し、2年連続最終戦でタイトルを逃した。

カナダGPやハンガリーGPで作戦を遂行するために果敢な走りを見せた反面、モナコGPではアレクサンダー・ヴルツ(ベネトン)とペドロ・ディニス(アロウズ)への接触とヌーベルシケインでスピン、ベルギーGPでは周回遅れにしようとしたデビッド・クルサードに追突、オーストリアGPではハッキネンと首位争いしていた17周目のヨッヘン・リントコーナーを曲がりきれずにコースアウトと、ミスが目立ったシーズンでもあった。

1999年
フェラーリ・F399を駆るシューマッハ(1999年カナダGP)

第3戦サンマリノGP、第4戦モナコGPで勝利し、シリーズをリードしていた。しかし、第6戦カナダGPではトップ走行中に「チャンピオンズ・ウォール」と呼ばれる最終シケインの壁に激突してリタイア。ハッキネンから8ポイントのビハインドで第8戦イギリスGPを迎えた。

スタートで出遅れたシューマッハはハンガーストレートでアーバインをパス。しかし、ストウ・コーナーへのアプローチで減速できず、コースアウトしてタイヤバリアに真っ直ぐ突き刺さった。ブラックボックスの記録では衝突時の速度は107km/h、マシンには瞬間的に50Gが懸かっていた。シューマッハはモノコック内部に足を強打し、ヘリコプターで病院に緊急搬送され手術を受けた結果、「右足の脛骨腓骨の骨折」により自身のレースキャリアで初めての負傷欠場に追い込まれた。事故状況についてシューマッハは「どんどんブレーキが効かなくなった。なんとかスピードを落とそうとしたが駄目だった」と述べ、病院で自身がクラッシュする瞬間のレースの映像を見て「(今自分が)生きていられるのは幸運」と語った。フェラーリは事故原因を「リアブレーキキャリパーのトラブル」と発表した。

なお、このレースはスターティンググリッド上で動けない車を撤去するためスタート15秒後にレース中断が決定されており、シューマッハの事故は無線連絡で各車がスピードを緩めている最中に発生した。フェラーリピットからの伝達が事故の3秒前と遅れたことに加え、シューマッハがアーバインとのバトルに集中していてコースサイドの赤旗を見落とした可能性もあった。この時、シューマッハは「アーバインをパスするから、道を開けてくれ」と無線で言っていた。

残りの全レースを欠場するという選択肢もあったが、自身の代役としてドライバーズタイトルを争う事となったアーバインのサポートと、チームのコンストラクターズタイトル獲得のため、6レース欠場後に第15戦マレーシアGPから、自身のF1キャリアで初となる「セカンド(ナンバー2)ドライバー」として復帰した。予選ではポールポジションを獲得し、決勝でもアーバインに次ぐ2位に入り、「ナンバー2ドライバー」としてアーバインをサポートした。最終戦日本GPでもポールポジションを獲得し、決勝ではスタート時にミカ・ハッキネンのブロックをすることができず、2位入賞。アーバインのドライバーズタイトル獲得には最終的には貢献できなかったものの、フェラーリのチームとして、1983年以来となるコンストラクターズタイトル獲得に貢献した。

2000年

1999年のシーズン途中でF399の風洞開発を止め、代わりにF1-2000の開発を進めていったことが功を奏し、開幕3連勝を含めて8戦5勝のハイペースでポイントリードを築いた。

しかし、第9戦以降3連続リタイアを喫し、ハッキネンとの熾烈な戦いにもつれ込む。第13戦ベルギーGPではハッキネンに「世紀のオーバーテイク」を決められて敗れたが、続くイタリアGPから連勝し、第16戦日本GPでのマッチレースを制して自身3度目、フェラーリ在籍ドライバーでは1979年ジョディー・シェクター以来となるドライバーズタイトルを獲得した。

イタリアGPではセナの勝利数(41勝)に並び、このレースから翌年のマレーシアGPまで6戦連続ポール・トゥ・ウィンを記録した。

2001年
2004年アメリカGP

プロストが持つF1最多ポイント(798.5ポイント)、最多ファステストラップ(41回)と最多勝記録(51勝)を更新し、4度目のチャンピオンを獲得。カナダGPで史上初の兄弟1-2も果たしている(1位・弟ラルフ、2位・兄ミハエル)。なお、ミハエルは開幕戦の共同記者会見で「僕はもうグランプリ・ドライバーとして(これ以上)成長することはないと思う。これから先も勝てるとすれば、それは(自分自身が成長したわけではなく)フェラーリが進化、成長することを意味する」と印象的な発言をした。

2002年

ファンジオに並ぶ5度目のチャンピオンを獲得。この年は全17戦中優勝11回で自身(1995年、2000年、2001年)とマンセル(1992年)のもつシーズン最多勝記録を更新し、さらに全レースで表彰台(決勝では全レースで1位・2位・3位のいずれかでフィニッシュ、リタイアは一度も無し)と言う離れ業を成し遂げた。7戦を残してチャンピオンを決定するという、圧倒的な強さを見せた。

2003年

シーズン開幕当初に躓いたことにより出遅れ、マクラーレンキミ・ライコネンやウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤらとシーズン終盤までタイトル争いを繰り広げた。第4戦サンマリノGPの決勝日に母を亡くした。このレースでポール・トゥ・ウィンを果たしたが、記者会見ではミハエル・シューマッハの代理でインタビューに応じたジャン・トッドはミハエルのことを「ドライバーとしてじゃなく、1人の男としてすごいことを成し遂げてくれたと思う」と答えた。最終戦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/04/13 04:42

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ミハエル・シューマッハ」の意味を投稿しよう
「ミハエル・シューマッハ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ミハエル・シューマッハスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ミハエル・シューマッハ」のスレッドを作成する
ミハエル・シューマッハの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail