このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ミュージックステーションとは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年3月)
  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2020年3月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2020年3月)

【ミュージックステーション
MUSIC STATION
FRIDAY 9NIGHT LIVE】

【ジャンル】
音楽番組
【出演者】
タモリ
並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)
ほか
【ナレーター】
ウォード・セクストン
服部潤
上坂すみれ
佐倉綾音
神谷浩史
【オープニング】
松本孝弘#1090 〜Million Dreams〜
【エンディング】
同上
【製作】

【プロデューサー】
利根川広毅
大坪大祐
小田隆一郎(GP)
山本たかお(EP)
【制作】
テレビ朝日

【放送】

【音声形式】
ステレオ放送
(1986年10月24日 - )
【放送国・地域】
日本
公式サイト

【1986年10月から2000年3月まで
2000年10月から2019年9月まで】

【放送期間】
1986年10月24日 - 2000年3月31日
2000年10月6日 - 2019年9月13日
【放送時間】
金曜日 20:00 - 20:54
【放送分】
54分
【回数】
1300

【2000年4月から9月まで】

【放送期間】
2000年4月14日 - 9月15日
【放送時間】
金曜日 19:54 - 20:48
【放送分】
54分

【2019年10月から】

【放送期間】
2019年10月18日 -
【放送時間】
金曜日 21:00 - 21:54
【放送分】
54分
【回数】
16(2020年4月3日時点)

 | この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)

ミュージックステーション』(英称:MUSIC STATION)は、テレビ朝日(ANN系列)で1986年(昭和61年)10月24日から毎週金曜日生放送されている音楽番組である。2019年(令和元年)10月18日より毎週金曜日 21:00 - 21:54(JST)に放送されている。ステレオ放送ハイビジョン制作、連動データ放送を実施している、リアルタイム字幕放送。通称は『Mステ』(エムステ)、『Mステーション』(エムステーション)。過去には『MS』(エムエス)という通称名もあった。

本項目では、本番組直前に生放送されていたミニ番組ミニステ』についても扱う。

概要

1985年(昭和60年)10月7日に開始した『ニュースステーション』から派生し、同番組のタイトルにある『ステーション』を冠した記念すべき第1号の番組。『ステーション』を冠した理由について番組開始当時、「新しい形式のニュース番組として定着した『ニュースステーション』にあやかって、その音楽版という意味で『ミュージックステーション』と名付けた」と説明していた。同局制作のゴールデンタイムの音楽番組としては『ザ・ベストヒット'83』以来3年ぶりとなる。

金曜20時台で長年に亘り放送してきた『ワールドプロレスリング』に替わり、1986年(昭和61年)10月24日から新設した生放送音楽番組で、2019年現在、放送34年目に突入した長寿番組でもある。当番組のメイン司会を務めるタモリが現在、レギュラー番組の司会を務める番組の中では同局の深夜バラエティ番組『タモリ倶楽部』に継ぐ2番目の長さである。放送回数は2010年で1000回を超え、同年2月5日の放送分では「ミュージックステーション1000回記念スペシャル」が放送された。

楽曲を聴かせること」を番組のコンセプトとしている。原則として、毎回数組のゲストアーティストが、生放送でスタジオライブを行う(年数回(冬・夏のスペシャルなど)ライブのない回もある。詳細は後述)。また、歌手・バンドだけでなく演奏者など音楽家、俳優・女優、声優、お笑い芸人YouTuberプロレスラーなどもゲストアーティストとして生出演をする。スタジオライブの合間には、司会者とゲストアーティストのトーク、様々なコーナーや企画も展開される。

2010年代以降、若年層向けJ-POP系の歌手が主に出演し、ゴールデン・プライムタイムでレギュラー放送している地上波テレビの音楽番組は、編成期によっては本番組のみという時期もある。そのため、新人歌手・バンドの多くは、この番組の出演を目標に掲げているとされる。

当番組は2014年(平成26年)7月からテレビ朝日の会長・CEOを務める早河洋が、制作プロデューサー時代に制作に携わっていた。現在では、本番組が早河の制作プロデューサー時代に自身が携わった番組で唯一継続しているという格好になっている。

2019年10月改編で本番組は放送時間を1時間繰り下げ、金曜21時枠に移動した。同年10月18日に開かれた「『テレ朝金曜3番組』合同記者会見」でメイン司会のタモリが以前の20時からだと最近は若い人が家にいないためと説明している。

出演者

司会者

メイン
サブ

過去

【期間】
【メイン】
【サブ】
スタジオサブ
【1986年10月24日】
1987年3月27日 関口宏 | 中原理恵 | 早見優
【1987年4月3日】
1987年12月25日 タモリ | 松井康真
【1988年1月8日】
1990年3月23日 松井康真 | 木下智佳子
【1990年4月13日】
1993年3月19日 生島ヒロシ | (不在)
【1993年4月9日】
1993年9月24日 有賀さつき
【1993年10月15日】
1996年3月22日 有賀さつき | (廃止)
【1996年4月5日】
2000年3月31日 下平さやか
【2000年4月14日】
2004年3月12日 武内絵美
【2004年4月9日】
2008年9月12日 堂真理子
【2008年10月3日】
2013年9月27日 竹内由恵
【2013年10月18日】
2018年9月17日 弘中綾香
【2018年10月19日】
現在 並木万里菜


補足

ナレーター

現在
過去

沿革

初期(関口宏、初代メイン司会就任後)
初代メイン司会者は、当番組開始前に日曜に生放送を行っていた、同局の音楽番組歌謡ドッキリ大放送』のメイン司会を務めていた関口宏が担当。サブMCには歌手の中原理恵、洋楽担当として同じく歌手の早見優を起用した。これは、「最近(当時)の若者向けの歌番組と違って、金曜日の夜八時らしく、若者を中心としながらも、家族そろって楽しめる一時間にしたい」というテレビ朝日側のねらいに沿ったキャスティングである。番組開始当初は、若年層向けのアイドル歌手から、流行歌歌謡曲歌手、中高年向けの演歌歌手まで出演する「ファミリー向け」の音楽番組であった。演奏は、他番組と同様に生演奏を用いて、楽曲を演奏・披露するというスタイルをとっていた。全国各地からの中継も度々行われた。放送開始時のキャッチコピーは「こちら音楽情報局」。
しかし、1986年10月24日の第1回目の視聴率は8.1%と苦戦し、第3回目の11月7日放送分では3.7%に下落。12月5日放送分で10.5%と初めて二桁を記録するも、以後低視聴率が続いた。
この当時から現在まで続く名残の一つに、番組ノベルティとして出演者に配られるボックスティッシュがある。元々は「安い値段でたくさん作れて、全ての人々が必要なもの」として企画されたもので、当時は他にも「毛玉取り機」や「爪やすり」などが存在したが、2020年現在残っているのはティッシュのみ。出演者からは「伝説のMステティッシュ」「Mステに出てティッシュをもらうことが目標」などと評されている。
中 - 後期(タモリ、2代目メイン司会就任後から現在)
1987年(昭和62年)4月3日よりタモリが2代目メイン司会者として就任した。これと前後して、光GENJI、1990年代以降は光GENJIが所属していたジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループのレギュラー出演が定着したことなどにより、明確に「若年層向け」の音楽番組へと路線を転換した。
関口からタモリに司会交代後も、1989年の放送回では二桁を記録した回が6回のみと低空飛行が続いた。1989年に入ると、音楽自体の多様化に拍車がかかり、『ザ・ベストテン』、『歌のトップテン』が相次いで終了し、1990年に『夜のヒットスタジオ』が終わるも、ゴールデン・プライムタイムで唯一の歌番組として継続した。その理由について、新聞記事のインタビューで当時の三倉文宏プロデューサーは、「歌番組には、セット作りや照明など、独特のノウハウが必要。一度絶やしてしまうと次の体制づくりが大変なので、できるだけ続けようという社内的コンセンサスがあった」と答え、同じく山本たかおプロデューサーは「10代、20代にターゲットを絞った」ことが続いた理由と語っている。1990年代中盤には視聴率が再び20%台に乗り、他局でもゴールデン・プライムタイムで歌番組が復活するようにもなった。
金曜20時台の末期(2010年代後半)では、通常放送の平均視聴率が6~9%台とやや低調な傾向にあった。また番組内容は、従来のスタジオでのライブ・トークに加え、VTR企画も増えていった。
2019年(令和元年)10月18日から、放送時間が21:00 - 21:54に繰り下がった。21時開始となった最初の放送である2019年10月25日の視聴率は6.7%と苦戦しており、前週の18日の3時間SPでも10%台に留まったが、2020年1月以降は移動前と同等の6~8%台で推移している。

放送時間の変遷

すべて日本時間(JST)で記す。

【期間】
【放送時間
(レギュラー放送)】
放送時間
(スペシャル放送)
【春・秋

春】
冬・夏

冬・夏・秋
【1986年10月24日】
2000年3月24日 20:00 - 20:54(54分) | 19:00 - 21:54(174分) | 20:00 - 21:54(114分)
【2000年3月31日】
2000年10月6日 19:54 - 20:48(54分) | 19:00 - 21:48(168分) | 19:54 - 21:48(114分)
【2000年10月20日】
2019年9月13日 20:00 - 20:54(54分) | 20:00 - 21:48(108分)
【2019年10月18日】
現在 21:00 - 21:54(54分)
備考

記録

アーティスト別出演回数

※2015年8月迄

各回の放送節目回

コーナー

1996年以降「シングルランキング」コーナー以外にレギュラーコーナーは無かったが、2002年以降「Mステ秘宝館」や「Young Guns(YG)」など、コーナーが増えつつある。2010年からは「BIRTH YEAR SONGS」などといった名曲コーナーが誕生している。

現在のコーナー

Young Guns
Mステランキング

過去のコーナー

一覧
THIS WEEK'S BEST10→SINGLE RANKING BEST10 → CD SINGLE RANKING
  • 毎週、1週間を通じて番組が独自に音楽リサーチ会社(オリコンチャート)に依頼して作成・集計した『シングルCDランキング BEST10』を発表する。
    • 過去には『アルバムランキングBEST10』や『DVDランキングBEST10』も紹介されていた。
    • 当番組が毎週金曜日生放送されるため、オリコンなどの週間チャートとは順位が異なる。(少なくとも)公式には独自集計としているため、オリコンデイリーチャートで3位まで公表されている推定売上枚数(以前は指数)の合計から導かれる順位とは必ずしも一致しない。また、実際のオリコンより1週間早い。
    • 集計期間は金曜日から木曜日となることや、毎年1月最初の放送では、「年間ランキングBEST50」(2003年のみBEST100)、6月最後及び7月最初の放送には上半期(1月 - 6月)BEST50を発表する(2009年のみBEST20)。2010年以降は、年間・上半期共に放送されていない。1990年代にはゲスト席の後ろの左側にあるランキングボードに今週のベスト10が表示されていた。順位発表は普段PVだが、シングル曲を発売前に『ミュージックステーション』で披露した場合その時の映像になる(両A面で違う曲を歌う場合を除く)。
    • コーナー開始当初は番組後半に行われていたが、その後は、1曲目終了後に行っていた。2010年2月に後述の「BIRTH YEAR SONGS」開始後は、そのコーナーと入れ替わりで2曲目の後に行うようになった(現在は20:30過ぎ頃に行っている)。
    • 2013年8月23日生放送分からは「MUSIC TOPICS(Mトピ)」に内包される形で放送されていたが、現在は数組のアーティスト披露後、あるいは「Mトピ」内での放送になることもある。その場合、前者は10位から1位までPV付きで紹介されるが、後者は10位から6位は表にまとめられ5位から1位までがPVもしくは披露した際のVTR付きで紹介される。
    • 2015年頃から6位~10位の映像が省略されるなど、ランキングが大幅に省略されることが多くなっていった。最末期にはビルボードランキングや他のVTRコーナーと入れ換わる形で休止されることが増え、ランキングが放送されても1位のみの発表にとどまることもあった。最終的には2017年2月24日生放送分が最後のランキング放送となり、コーナーは終了となった。2018年現在、公式サイトからも過去のランキングのバックナンバーが削除されている。
1001名曲大全集
  • 放送当時現在のヒット曲や「心に残る一曲」まで視聴者に「私の好きなこの一曲」を募集し、毎回その中から選ばれた1曲を歌って、日本版名曲大全集を作ろうとしていた番組開始初期のコーナー。
YOU POP INFORMATION
がんばれ!先輩
  • 1986年末から1987年夏にかけて行われていた企画。
  • 毎回、ゲストアーティストの誰かの母校(主に小学校)の後輩達が生中継で出演していた。
    • リポーターは藤井暁(当時テレビ朝日アナウンサー)。
CNNのコーナー
  • 正式名称はないが、テレビ朝日と提携していたCNNの映像を紹介する番組開始初期のコーナー。
アルバムランキング
  • 内容は「シングルランキング」と同じで、開始当初は「アルバムランキングベスト10」に関する映像を「シングルランキング」と同様に全て放送していた。
    • 2005年3月頃に一旦終了したが、2006年1月27日の放送で復活した。復活後は、当日出演しているゲストアーティストの作品や番組が注目するアルバムを1ないし2作品紹介していた。
    • 「着うたランキング」が開始されると、まとめて放送されるようになった。
    • 復活当初は不定期だったが、2010年9月に事実上終了するまでは、ほぼ毎週このコーナーが放送されていた。
ジャストフィットシリーズ
  • 音楽をテーマにしたミニドラマで、1992年に開始。
    • 「ジャストフィット家の人々」「Just Fitの名のもとに」「ジャストフィット相談室」といったタイトルが出て、その後、ワンシーンのシチュエーションが出てくるので、「このシチュエーションにジャストフィットする音楽は?」に対して、一般のアンケートやゲストアーティストの意見を元に紹介するというコーナーで、1996年3月頃に終了した。
    • ミニドラマの内容は、楽曲に合わせてかなり無理矢理な展開や結末になることが多かったため、出演者や一部の間では賛否両論であったが、逆らえない状況もあったためか、男性視聴者及びジャニーズ所属タレントをはじめとする男性アーティストをフォローする一面もあった。ミニドラマには原田龍二原久美子が出演した。ミニドラマ最終回には原田がスタジオにゲスト出演した。タモリはこのコーナーに対してたびたび、辛辣なツッコミやコーナーをやりたくないなど投げやりな言動を見せることが多かった。
My Just Fit
  • ゲストアーティストの曲の歌詞の一節を虫食いにして、「あなたならこの部分になんという言葉を当てはめるか?」と他のゲストアーティストに問うコーナー。こちらも「ジャストフィットシリーズ」と同様、1996年6月頃に終了した。
免許証拝見コーナー
  • ゲストアーティストが自らの運転免許証を持ち寄って普段の顔と“テレビ映り”の顔とのギャップを見比べるのが恒例となっていた。コーナーの発端はTHE YELLOW MONKEY吉井和哉が自らの免許証を持参し披露したところ、あまりのギャップにタモリが大きな興味を示したことがきっかけでスタート。2003年頃に終了した。
MUSIC STATION NEXT
視聴者からの質問
  • 2004年頃から始まった企画。番組ホームページで応募された視聴者からゲストアーティストへの質問を本人が答えていくもの。
    • 2005年4月の番組リニューアルからは行わなくなり、7月の番組ホームページ、リニューアル時に応募も無くなったためこの企画はほぼ廃止した。後に「MUSIC QUESTION?」のコーナーへ移行された。
Mステ秘宝館
  • 2005年1月21日生放送分からスタート。
    • 『ミュージックステーション』放送開始20周年を記念して設けられ、人気のゲストアーティストの初登場シーンや『ミュージックステーション』の舞台裏が覗けるなど秘蔵映像、トーク名場面を公開したコーナー。このコーナーではタモリが館長役、堂が副館長役という設定である。
    • 2005年4月22日放送分からは、その回のゲストアーティストのリクエスト(○年△月 - ×月)による形式になった。2005年10月7日放送分の「20周年突入記念スペシャル」を最後に終了した。
着うたランキング
  • 2005年5月20日生放送分からスタート。
    • 「シングルランキングBEST3」発表の前に発表される。2009年4月からは「シングルランキングBEST10」の前に順番が変更になった。「レコチョク」(旧・レコード会社直営♪)が集計した、「着うたランキングBEST20」が発表される(2009年8月5日放送分からBEST10に変更)。また、ランキングとは別に、注目の着うた楽曲も2、3曲取り上げる。
  • 2006年1月27日から放送分は、2005年3月に終了した「アルバムランキング」が復活し、新たに「ダウンロードランキング」(「iTunes Store」調べ)、「DVDランキング」が登場し、「着うた」発表後「アルバム」「ダウンロード」「DVD」の3つのランキングのうち1つをBEST10形式で発表する。
  • 末期には「着うたフルランキングBEST10」もあった。コーナー終了後は注目の着うた楽曲を取り上げるだけとなっている(こちらも後に廃止)。
放送1000回直前企画『Mステスタッフが選んだ記憶に残る名場面集』
  • 2009年11月6日生放送分から2010年2月5日生放送分まで行われた。
  • 『ミュージックステーション』がこの日で990回目の放送回数という事で10回に渡りカウントダウン企画で生放送1000回目を迎える間近に『ミュージックステーション』のスタッフが特選した歴代・過去の映像を放送回数によって分け傑作集で数週間に渡って振り返る企画。振り返ったのは第1回 - 第800回の放送で、第801回 - 第900回の放送は日程の都合上なのか振り返られなかった。
Mother's Songs
アーティストイメージ一斉調査 Mステ国民投票
  • 元々は番組ホームページ内で行われていたものだったが、2011年5月20日生放送分(厳密には同年4月29日放送分)から番組内でもスタートする。
    • 視聴者からの投票を元に決定したテーマにアーティストイメージランキングを「BEST5」で5位から1位までを発表する。
    • インタビューをする視聴者が学生の場合は、スタッフが特定の学校に訪問してロケを行う場合が多くなっている。
    • わずか数回で番組内での放送は終了したが、2011年秋の番組ホームページリニューアルまで、番組ホームページには引き続き存在していた。
BIRTH YEAR SONGS
  • 2010年2月19日生放送分からスタート。
  • あるのヒット曲を、街角にいる(視聴者)それらの曲と同い年生まれの年齢の人々に聴いてもらい、番組放送日と同じ月のその年の月間シングルランキングTOP10(および圏外曲)を順に10位から1位までを振りかえる。
    • 当初は2曲目の後に行っていたが、現在はシングルランキングと入れ替わりで1曲目の後に行われている。
    • このコーナーは聴く人々がほぼ学生であるため、スタッフが特定の学校に訪問してロケを行う場合が多くなっている。同年6月18日放送分で「Mother's Songs」と入れ替わる形で一旦休止後、同年8月20日放送分にその回の年月の「週間シングルランキング」に変わる形で再開した(『COUNT DOWN TV』の「CDTVライブラリー」に近い形となっている)。最近はその回の出演ゲストアーティストの出身地や母校に訪問する機会も増えている。
    • 2012年の10月から『ジェネレーション♪ソング』に変わる形で終了していたが、2013年6月14日放送分で再度復活している。
ジェネレーション♪ソング
  • 2012年10月26日生放送分からスタート。
  • 各テーマに沿ったシチュエーションごとに思い浮かべる曲のある年代と現在のランキングを比較する。
    • 比較するランキングは、女性1,000人が選んだ「結婚式で流したい曲ベスト5」や「告白する時に聴きたい曲ベスト5」など。
    • 2013年1月からは、番組が47都道府県のうち1つを訪問し、平成生まれ(1989年以降)と昭和生まれ(1988年以前)の人たちに聞いた各テーマに沿ったシチュエーションごとに思い浮かべる曲のランキングベスト5を比較する。
ミュージックリサーチ
  • 2013年8月30日生放送分からスタート。
  • ある1つのを取り上げ、その街で一番聞かれている名曲を調査する。
    • あくまでその人が一番聞いている曲をインタビューするため、必ずしもその時のヒット曲が上位にランクインするとは限らない
    • 実際に2013年9月5日生放送分で、長野県下條村の住民にインタビューした際は、村唯一の中学校の文化祭のテーマソングであったSPYAIRの「サムライハート (Some Like It Hot!!)」が1位にランクインしている。
ビルボードランキング
あなたの知り合いで一番歌が上手い人は誰ですか?
  • 2015年9月4日生放送分からスタート。
  • 当番組が埋もれた才能を当番組の平澤祥多ディレクターが見つけ出す新企画。次世代のスター歌手の原石は日本全国に埋もれている。街行く若者に数多く存在するアーティストの曲をその場(公園道路居酒屋)でマイクを持ち熱唱して頂く。その後、数珠つなぎで紹介を繰り返せば、スター歌手の原石にシリーズで辿っていくもの。
    • その後の翌月分も企画を行わなかった為、わずか1ヶ月足らずでの半端で実施的に自然消滅となった。
DISCOVER J-POP
  • 2014年11月21日生放送分からスタート。
  • 過去の名曲に光を当て再評価してみるコーナー。街行く10代数百人に○○年のヒット曲を聴かせ心に残った1曲を集計しランキング形式でVTR形式で紹介する。
    • その後、何回かは「Mトピ」に内包されていたが、現在は独立して、1・2組目のアーティスト直後に放送されている。
VTRコーナー
  • 2014年4月11日生放送分からスタート。
  • 音楽に関する事柄を番組独自に調査し、VTR形式で紹介していくコーナー。
MUSIC QUESTION?(MQ)
出典:wikipedia
2020/09/27 18:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ミュージックステーション」の意味を投稿しよう
「ミュージックステーション」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ミュージックステーションスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ミュージックステーション」のスレッドを作成する
ミュージックステーションの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail