このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ムラサキ科とは?

分類(APG IV)
 | : | 植物界 Plantae
階級なし | : | 被子植物 angiosperms
階級なし | : | 真正双子葉類 eudicots
階級なし | : | キク類 asterids
階級なし | : | シソ類 lamiids
 | : | ムラサキ目 Boraginales
 | : | ムラサキ科 Boraginaceae

学名
Boraginaceae Juss.
タイプ属
Borago L.


ムラサキ科(ムラサキか、Boraginaceae)は双子葉植物の科のひとつ。約100属、約2,000種からなる巨大なであり、灌木、亜灌木または草本で、世界中に分布する。日本には、草本の11属と木本の1属が分布している。

APG IIIまではどのにも属さない単独の科であったが、2016年に公表されたAPG IVにより、ムラサキ目の下に属することになった。

特徴

全体的に多毛で、花序が渦巻き状(巻繖花序)になるのが特徴。花弁は5つに分かれ、果実核果または4個に分かれる分果となる。ワスレナグサヘリオトロープなどのような観賞植物ボリッジなどのハーブが有名。

ネモフィラファセリアなどの草花を含むハゼリソウ科(Hydrophyllaceae)は、APG植物分類体系では、この科に統合された。

AGP IIにおいては、ムラサキ科は真正キク類I(リンドウ目シソ目ナス目を含む)に分類されるが、これらの目の1つに位置するのか、それらから独立しているのかどうかはまだ不明確である。従来のクロンキスト体系では、ムラサキ科はシソ目に含まれていたが、現在では、ムラサキ科はシソ科とはかけ離れていることが証明されている。

ムラサキは日本固有の種で、花は白いがそのは紫色の染料生薬としても利用されてきた。西洋種の根にはこの色素や働きは無い。武蔵野に古くはよく見られ、伝統校の校章にもされてきたが、現在は絶滅危惧種となっている。栽培するには技術が必要である。

属の一覧

Echium wildpretii (カナリア諸島特産)
Myosotidium hortensia
タチカメバソウ
Trigonotis guilielmii
キュウリグサ
Trigonotis peduncularis

A

B

C

D

E

G

H

I

L

M

N

O

P

R

S

T

U

V

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/08 00:19

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ムラサキ科」の意味を投稿しよう
「ムラサキ科」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ムラサキ科スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ムラサキ科」のスレッドを作成する
ムラサキ科の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail