このキーワード
友達に教える
URLをコピー

メソポタミア文明とは?

(メソポタミア文明から転送)
 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年9月)

メソポタミアの位置
メソポタミアに関連した地域の位置関係
イラクの歴史


先史

古代
メソポタミア

シュメール

ウバイド文化
5300 BC
ウルク文化
4000 BC
ウル

ウルク

ラガシュ

アッカド帝国
c.2334 BC-c.2050 BC
ウル第三王朝
22C BC-2004 BC
イシン・ラルサ時代
c.2004 BC-c.1750 BC
バビロニア
1894 BC-625 BC
バビロン第1王朝 1894 BC-1595 BC
海の国第1王朝 c.1732 BC-c.1475 BC
カッシート王朝 c.1475 BC-1155 BC
イシン第2王朝 c.1157 BC-1025 BC
ヒッタイト
1595 BC-c.1200 BC
ミタンニ
c.1500 BC-1330 BC
アッシリア
1365 BC-625 BC
新バビロニア
625 BC-539 BC
アケメネス朝
539 BC-330 BC
アレクサンドロス大王
330 BC-323 BC
セレウコス朝
312 BC-2C BC
パルティア
c.248 BC-226
サーサーン朝
226-651

中世
正統カリフ時代
637-661
ウマイヤ朝
661-750
アッバース朝
750-945
ブワイフ朝
946-1055
後ウマイヤ朝
756-1031
セルジューク朝
1038-1194
イラク・セルジューク朝 1118-1194
ホラズム・シャー朝
1197-1231
イルハン朝
1258-1411
ジャライル朝
1340-1432
ティムール朝
c.1390-1411
黒羊朝
1375-1468
白羊朝
1378-1508
サファヴィー朝
1501-1534

近世
オスマン帝国
1534-1918

近代
サイクス・ピコ協定
1916
イギリス委任統治領メソポタミア
1920-1932
イラク王国
1932-1958

現代
アラブ連邦
1958
7月14日革命
1958
イラク共和国
1958-現在
ラマダーン革命
1963
第1次バアス党政権
1963
1963年11月クーデター
1963
第2次バアス党政権
1968-2003
イラン・イラク戦争
1980-1988
湾岸戦争
1991
イラク戦争
2003-2011
連合国暫定当局
2003-2004
イラク統治評議会
2003-2004
イラク暫定政権
2004-2005
イラク移行政府
2005-2006
イラク正式政府
2006


メソポタミア(ギリシャ語: Μεσοποταμίαラテン文字転写: Mesopotamia、ギリシャ語で「複数の河の間」)は、チグリス川ユーフラテス川の間の沖積平野である。現在のイラクの一部にあたる。

古代メソポタミア文明は、メソポタミアに生まれた複数の文明を総称する呼び名で、世界最古の文明であるとされてきた。文明初期の中心となったのは民族系統が不明のシュメール人である。

地域的に、北部がアッシリア、南部がバビロニアで、バビロニアのうち北部バビロニアがアッカド、下流地域の南部バビロニアがシュメールとさらに分けられる。南部の下流域であるシュメールから、上流の北部に向かって文明が広がっていった。土地が非常に肥沃で、数々の勢力の基盤となったが、森林伐採の過多などで、上流の塩気の強い土が流れてくるようになり、農地として使えない砂漠化が起きた。

古代メソポタミアは、多くの民族の興亡の歴史である。 例えば、シュメールバビロニア(首都バビロン)、アッシリアアッカド(ムロデ王国の四つの都市のひとつ)、ヒッタイトミタンニエラム、古代ペルシャ人の国々があった。古代メソポタミア文明は、紀元前4世紀アレクサンドロス3世(大王)の遠征によってその終息をむかえヘレニズムの世界の一部となる。

目次

  • 1 特徴
    • 1.1 暦
    • 1.2 言語
    • 1.3 経済
  • 2 メソポタミアの歴史
    • 2.1 先史時代
    • 2.2 シュメール文明
    • 2.3 バビロニア
    • 2.4 ヒッタイト
    • 2.5 アッシリア
    • 2.6 4帝国時代
    • 2.7 ペルシャ
    • 2.8 アレクサンドロスの征服以降
  • 3 メソポタミアの神々
  • 4 その他
    • 4.1 アルコール飲料
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

特徴

チグリス・ユーフラテス両河は水源地帯の雪解けにより定期的に増水するため、運河を整備することで豊かな農業収穫が得られた。初期の開拓地や文化から始まり、エジプトなどよりも早く農業が行われた地域として知られている。紀元前3500年前ごろにメソポタミア文明がつくられた。

ジッグラトと呼ばれる階段型ピラミッド(聖塔といわれているが詳細は不明)を中心に、巨大な都市国家を展開した。また、農耕の面でも肥沃な大地・整備された灌漑施設・高度な農耕器具により単位面積当たりの収穫量は現代と比較しても見劣りしなかったという。さらに、旧約聖書との関連も指摘されており、始祖アブラハムはメソポタミアの都市ウルの出自とされている。エデンの園はメソポタミアの都市を、バベルの塔ジッグラトを、ノアの洪水は当地で突発的に起こる洪水を元にした逸話との説がある。

太陰太陽暦を用い、暦と共に占星術(天文学の雛形)も発達し、「カルデア人の智恵」と呼ばれた(カルデアはメソポタミア地域の別名)。六十進法もメソポタミアで生まれたものであり、現在の時間の単位に用いられている。また、金属の鍛錬も知っていたとされている。一間を日(七曜)にしたのも彼らといわれるが、六十分法はまでの数の中で素数の七だけが一を割り切れないので、これは六十進法にそぐわない。

言語

文字は象形文字を発展させた楔形文字を創始し、後世の西アジア諸国のさまざまな言語を表すのに利用され、記録媒体は粘土板が用いられた。楔形文字によって書かれたものとしてはハンムラビ法典がよく知られている。

初期メソポタミアでは、南部のシュメール人たちは言語系統不明のシュメール語を、北部のアッカド人たちはセム語族のアッカド語を使用していた。シュメール語はウル第三王朝期までは日常語として使用されていたものの、セム語系のアモリ人たちの侵入によって言語交代が起き、イシン・ラルサ時代には死語となっていた。ただし法律言語や典礼言語としてはその後もシュメール語は使用され続け、新バビロニア時代まではその使用が確認されている。アッカド語はその後も広く使用され、さらにオリエント諸国における外交用語として用いられ、エジプト第18王朝の外交文書(アマルナ文書)に、その言葉で書き記されたものが残っている。各都市には学校が設立され、文書を扱うための書記が養成されたが、識字能力は彼らの特殊技能であり、一般市民のほとんどは文字の読み書きができなかった。これは王侯貴族においても同様であり、稀に識字能力を持った王が現れた場合、その王の記録にはそのことが高らかにうたわれることがあった。

経済

メソポタミアは土地は肥沃であったものの資源が非常に少なく、金属資源や木材石材といった基本的な資源さえ不足していたため、周辺地域との交易によって資源を確保することは不可欠であった。貿易の交易範囲は広大で、エジプト文明インダス文明と交易があったことも推測される。シュメールやバビロニアでは食物をはじめとする必需品を貯蔵して宮殿や都市の門において分配し、バザールで手工業品の販売を行なった。タムカルムと呼ばれる身分型の交易者が存在し、仲買人、代理人、競売人、保管人、銀行家、仲裁人、旅商人、奴隷取締官、徴税吏などを担当した。バビロニアにおいては対外市場は存在しなかったため、キュロス2世は、ギリシア人の市場制度を理解せず、非難した。また、ハンムラビ法典には、損害賠償、負債取り消し、報酬、等価概念についての記述がある。

メソポタミアの歴史

先史時代

北部メソポタミアでは、後期新石器時代に入ると紀元前6000年から紀元前5500年ごろのハッスーナ期、紀元前5600年ごろから紀元前5000年ごろにかけてのサーマッラー期、そして紀元前5500年ごろから紀元前4300年ごろにかけてのハラフ期の、3つの文化が栄えていた。

シュメール文明

ウルジッグラト(ウル第3王朝)
詳細は「シュメール」および「シュメール初期王朝時代」を参照

天水農業が可能な周辺地域と異なり、乾燥した南部メソポタミアへの人類の定着は遅れ、紀元前5500年頃にはじまるウバイド期に入ってはじめて農耕が開始された。例:エリドゥ

これらの時代の頃の都市や、開拓の場所:

バビロニア

詳細は「バビロニア」を参照

ヒッタイト

詳細は「ヒッタイト」を参照

アッシリア

アッシリアの勢力範囲
詳細は「アッシリア」を参照

4帝国時代

ペルシャ

詳細は「ペルシア帝国」を参照

紀元前539年アケメネス朝ペルシアのキュロス2世が新バビロニアを滅ぼし、メソポタミアを含むオリエント全域を領土とする大帝国を築き上げた。アケメネス朝の支配は200年ほど続いたが、紀元前331年マケドニア王国アレクサンドロス3世がバビロンに入城し、ペルシアの支配は終わった。

アレクサンドロスの征服以降

メソポタミア属州

紀元前323年にアレクサンドロス3世が死去すると彼の帝国はほどなくして瓦解し、メソポタミアはディアドコイ国家のひとつであるセレウコス朝によって支配されることとなった。紀元前141年にはペルシア高原から侵攻してきたパルティアがこの地を占領した。116年トライアヌスが率いるローマ帝国軍は、パルティアを破ってメソポタミアを占領するが、翌年トライアヌスが死去(117年)すると、後継皇帝ハドリアヌスは翌118年にメソポタミアから撤退し、再びパルティア領となった。しかしその後もローマはしばしばパルティアへと侵攻を続け、メソポタミアは基本的にはパルティアに属しながらもたびたび支配勢力が変化した。パルティアが滅亡し、230年にメソポタミアがサーサーン朝の領土となると、メソポタミア中部に首都クテシフォンを置いて繁栄した。

636年イスラム帝国がクテシフォンに入城し、以後ウマイヤ朝アッバース朝モンゴル帝国イルハン朝オスマン帝国などの諸帝国の支配を受け、1920年にはイギリス委任統治領メソポタミアが成立し、1932年イラクが独立するとその領土となった。

メソポタミアの神々

多神教であったが、時代の支配民族によって、最高神は変わっていった。

メソポタミア神話の神々の系図」も参照。

その他

アルコール飲料

ワインビールはメソポタミアでシュメール人により作られ、後にシリアや周辺地域へ広まった。シュメール文明の遺跡から発掘された粘土板では「ワイン」や「ビール」を指す単語がシュメール楔形文字ではなく、違う系統の文字が使われていた例が存在する。

脚注

注釈

  1. ^ 楔形文字紀元前2500年頃に成立した。

出典

  1. ^ 小林登志子 『シュメル 人類最古の文明』p274-275 中央公論新社〈中公新書〉、2005年10月25日発行
  2. ^ 小林登志子 『シュメル 人類最古の文明』p200-203 中央公論新社〈中公新書〉、2005年10月25日発行
  3. ^ ポランニー 『人間の経済2』第10章
  4. ^ 「石器時代の人々(上)」(図説 人類の歴史3)p19-20 大貫良夫監訳 朝倉書店 2004年4月15日初版第1刷
  5. ^ 「石器時代の人々(上)」(図説 人類の歴史3)p21 大貫良夫監訳 朝倉書店 2004年4月15日初版第1刷

参考文献

関連項目

外部リンク


古代文明


(注)考古学における古代文明を一覧にした。

前期ローマ帝国の属州(3世紀以前)
本土 | 

元老院属州 | 
  • アカエア
  • アシア
  • アフリカ
  • ガリア・ナルボネンシス
  • キュプルス
  • クレタ・キュレナイカ
  • シキリア
  • ヒスパニア・バエティカ
  • ビテュニア
  • ポントゥス
  • ヌミディア
  • マケドニア

  • 皇帝属州 | 
  • アラビア・ペトラエア
  • アルペス(コッティアエポエニナエマリティマエ)
  • カッパドキア
  • ガラティア
  • ガリア(アクィタニアベルギカルグドゥネンシス)
  • キリキア
  • ゲルマニア(スペリオルインフェリオル)
  • コルシカ・サルディニア
  • シリア
  • ダキア
  • ダルマティア
  • トラキア
  • ノリクム
  • パンノニア(スペリオルインフェリオル)
  • ヒスパニア・タッラコネンシス
  • ブリタンニア
  • マウレタニア(カエサリエンシス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/11/28 23:34

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「メソポタミア文明」の意味を投稿しよう
    「メソポタミア文明」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    メソポタミア文明スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「メソポタミア文明」のスレッドを作成する
    メソポタミア文明の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail