このキーワード
友達に教える
URLをコピー

モロヘイヤとは?

(モロヘイヤから転送)
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2018年8月)
シマツナソ
シマツナソの果実

分類
 | : | 植物界 Plantae
階級なし | : | 被子植物 angiosperms
階級なし | : | 真正双子葉類 eudicots
階級なし | : | コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし | : | バラ類 rosids
階級なし | : | アオイ類 malvids
 | : | アオイ目 Malvales
 | : | アオイ科 Malvaceae
亜科 | : | Grewioideae
 | : | ツナソ属 Corchorus L.
 | : | シマツナソ C. olitorius

学名
Corchorus olitorius L.
和名
シマツナソ
英名
nalta jute
モロヘイヤ 茎葉 生
【100 gあたりの栄養価】

エネルギー
159 kJ (38 kcal)

炭水化物

6.3 g

デンプン 正確性注意 0.1 g
食物繊維
5.9 g

脂肪

0.5 g

飽和脂肪酸
(0.07) g
一価不飽和
(0.03) g
多価不飽和
(0.24) g

タンパク質

4.8 g


ビタミン

ビタミンA相当量
β-カロテン
(105%)
840 µg
(93%)
10000 µg

チアミン (B1)
(16%)
0.18 mg
リボフラビン (B2)
(35%)
0.42 mg
ナイアシン (B3)
(7%)
1.1 mg
パントテン酸 (B5)
(37%)
1.83 mg
ビタミンB6
(27%)
0.35 mg
葉酸 (B9)
(63%)
250 µg
ビタミンC
(78%)
65 mg
ビタミンE
(43%)
6.5 mg
ビタミンK
(610%)
640 µg

ミネラル

ナトリウム
(0%)
1 mg
カリウム
(11%)
530 mg
カルシウム
(26%)
260 mg
マグネシウム
(13%)
46 mg
リン
(16%)
110 mg
鉄分
(8%)
1.0 mg
亜鉛
(6%)
0.6 mg

(17%)
0.33 mg
セレン
(1%)
1 µg

【他の成分】

水分
86.1 g
水溶性食物繊維
1.3 g
不溶性食物繊維
4.6 g
ビオチン(B7)
13.6 µg
硝酸イオン
0.2 g


%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。
モロヘイヤの煮込み

シマツナソ(縞綱麻、Corchorus olitorius)はアオイ科(従来の分類ではシナノキ科に分類されていた)の一年生草本。別名をタイワンツナソナガミツナソジュート。 近年は食材(葉菜)としても流通するようになり、モロヘイヤ(アラビア語: ملوخية‎ ; mulūkhīya、「モロヘイヤ」の発音はエジプト方言による)の名でよく知られるところとなっている。

概要

 | 
この節の加筆が望まれています。

北アフリカ原産の植物で、葉は青しそに似た形をしている。種小名 olitorius はラテン語で「野菜畑の」の意味。果実は円筒形でナガミツナソ(長実綱麻)の名はここからくる。日照時間が12時間以下になると開花結実する。

毒性

種子に強心作用のあるステロイド類のストロファンチジンという強心配糖体を含むことが知られており、種子を摂食したウシブタの死亡例が日本及びオーストラリアで報告されているが、これまでヒトにおける中毒例の報告はない。この強心配糖体は収穫期の葉、茎、根の各部位には含まれず、また野菜として流通するモロヘイヤ、モロヘイヤ健康食品、モロヘイヤ茶などからも検出されなかったことから、通常の流通品については安全であることが確認されている。しかし家庭菜園などで栽培する場合は、子供が種子を誤飲することもありうるため管理に気をつけるよう厚生省が注意喚起している。

薬理作用

ACE阻害活性のある物質を含有しているため、高血圧の抑制に効果があるとする研究がある。

利用

繊維原料(ジュート)として

コウマ」も参照

近縁のコウマ(黄麻)とともに「ジュート」(英語: jute)と通称され、繊維原料として利用される。バングラデシュに於けるジュート生産の4分の1はシマツナソの作付けである。春に播種し、2-3mに生長したところを刈り、茎を水で醗酵させて繊維を採取する。

食材(モロヘイヤ)として

若葉を食用とし、刻んだりゆでたりするとツルムラサキ同様、ムチンによる特有の粘りを呈する。 カルシウムカロテンビタミンBビタミンC食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で、抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含む。全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ。

インドや地中海沿岸では古くから食べられていたことが知られている。現在もエジプトなどで栽培が盛んである。中東北アフリカでは、刻んで肉(羊肉鶏肉牛肉など)と煮込むことが多い。

日本に入ってきたのは1980年代で、飯森嘉助らが「全国モロヘイヤ普及協会」を設立し、普及に努めたところが大きい。現在は日本各地で栽培されるが、宮城県大郷町などが産地として有名。お浸しスープ類、天ぷらなどにするほか、乾燥粉末をパンクッキーの生地に練り込んだりして用いることもある。

栽培

pH6.0 - 6.5の水はけの良い土地を好み、収穫期は7月から10月、家庭菜園でも容易に栽培が可能である。農家が圃場で大量に栽培する場合、うどんこ病を発生することがある。

参考画像

脚注

  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ エジプトでは民間語源的に mulūkīya 「諸王のもの」という言葉( < mulūk 「諸王」 < malik 「王」)に結びつけられることが多いという。 モロヘイヤ事始
  4. ^ 濱口芳浩, 平井良夫, 谷山敦 ほか、牛のモロヘイヤ (Corchorus olitorius L.) 種子中毒 『日本獣医師会雑誌』 1998年 51巻 8号 p.407-410, doi:10.12935/jvma1951.51.407
  5. ^ 身近な食品中の植物性自然毒(モロヘイヤ) 東京都福祉保健局
  6. ^ 近藤 一成, 穐山 浩, 合田 幸広 ほか、HPLCによるモロヘイヤ及びその加工品中の強心作用成分の分析 『食品衛生学雑誌』 1997年 38巻 6号 p.412-417_1, doi:10.3358/shokueishi.38.6_412
  7. ^ モロヘイヤの毒性について 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 安全性研究チーム
  8. ^ 木元幸一、食品中の高血圧抑制物質について 日本食生活学会誌 1999年 10巻 3号 p.20-25, doi:10.2740/jisdh.10.3_20
  9. ^ 特産品 大郷町
  10. ^ 我孫子和雄, 萩原廣、モロヘイヤに発生したうどんこ病菌 『日本植物病理学会報』 1999年 65巻 2号 p.204-206, doi:10.3186/jjphytopath.65.204

出典

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/03 02:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「モロヘイヤ」の意味を投稿しよう
「モロヘイヤ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

モロヘイヤスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「モロヘイヤ」のスレッドを作成する
モロヘイヤの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail