このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヤエノムテキとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年7月)
【ヤエノムテキ】

【欧字表記】
Yaeno Muteki
【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
栗毛
【生誕】
1985年4月11日
【死没】
2014年3月28日(29歳没)
【登録日】
1987年4月17日
【抹消日】
1991年1月4日
【父】
ヤマニンスキー
【母】
ツルミスター
母の父
イエローゴッド
【生国】
日本(北海道浦河町)
【生産】
宮村牧場
馬主
(有)富士
調教師
荻野光男(栗東)
厩務員
荻野功
【競走成績】

【タイトル】
JRA賞最優秀父内国産馬(1990年)
【生涯成績】
23戦8勝
【獲得賞金】
5億2,422万7,500
勝ち鞍
GI | 皐月賞 | 1988年
GI | 天皇賞(秋) | 1990年
GII | 京都新聞杯 | 1988年
GII | 鳴尾記念 | 1988年
GII | 産経大阪杯 | 1989年


ヤエノムテキ日本の元競走馬1990年JRA賞最優秀父内国産馬。おもな優勝レースは1988年皐月賞1990年天皇賞(秋)京都新聞杯産経大阪杯鳴尾記念東京競馬場2000メートルの元レコードホルダー。国内レーティングの最高は1989年の112。

経歴

ヤエノムテキは浦河の宮村牧場という小さな牧場で生まれた。母ツルミスターは3戦未勝利という戦績で、近親にも特に目立った活躍馬はいなかったが、ダービー馬を出したイエローゴッドソロナウェートサミドリや、桜花賞馬を出したトキノチカラなどの種牡馬が血統表に名を連ねていることから、同馬を管理していた荻野光男調教師の勧めもあって繁殖牝馬となることができた。父ヤマニンスキーは競走成績こそ22戦5勝重賞未勝利と目立たなかったものの、父ニジンスキー・母父バックパサーという血統は名馬マルゼンスキーと一緒であり、マルゼンスキーの代替種牡馬としてそれなりの人気を集めていた。

4歳

ヤエノムテキは気性面や体質面の問題により4歳の2月までデビューが遅れたが、西浦勝一騎手鞍上で新馬戦、続く沈丁花賞(共にダート戦)をそれぞれ7馬身差、12馬身差という大差で勝ちあがった。その後、皐月賞出走のための賞金を稼ぐために連闘で「東上最終便」毎日杯に挑むも、オグリキャップから離された4着に沈んだ。本賞金は得られなかったものの、その後6分の3の抽選をくぐり抜けて皐月賞に出走する事ができた(なお、この年の皐月賞は東京競馬場で行われた)。 単勝25倍の9番人気で挑んだ皐月賞では、1番枠からスタートすると第2コーナーでメイブレーブマイネルフリッセによる斜行で1番人気のモガミナインが不利を受ける中、その影響を受ける事無くサクラチヨノオーをマークしながら好位で進み、直線で鋭く脚を伸ばして2着のディクターランドに4分の3馬身差をつけて優勝した。 その後ダービーに出走するも4着に終わったヤエノムテキは、放牧に出る事無く夏場も走り続け、中日スポーツ賞4歳ステークス2着、UHB杯1着の成績を残し、秋初戦の京都新聞杯も快勝して1番人気で菊花賞に挑んだが、距離が合わなかったのか10着に敗れた。その後当時2500mで行われていた鳴尾記念を勝って1988年を終えた。

5歳

年明けの日経新春杯2着の後、産経大阪杯を快勝して1番人気で宝塚記念を迎えたが7着に敗れた。秋には調整の失敗もあってぶっつけで天皇賞(秋)に挑むも4着、有馬記念は6着と不完全燃焼に終わった。

6歳

年明けから春にかけては、日経新春杯2着、マイラーズカップ3着、産経大阪杯3着と勝ちきれない競馬が続いた。安田記念からはそれまで主戦だった西浦騎手から岡部幸雄騎手に鞍上を替えるも2着、宝塚記念は3着と勝ちきれない競馬が続いた。そして迎えた天皇賞(秋)は7番枠からスタートすると中団の内側を追走、直線では内を突いて残り400mで先頭に立つと、最後はメジロアルダンの急襲をアタマ差抑えて優勝、GI2勝目を飾った。その後ジャパンカップ6着を経て引退レースとなる有馬記念に出走したヤエノムテキは本馬場入場直後に放馬してしまう。馬体に異常無しとしてレースには出走したもののいいところ無しの7着に敗れ、現役生活を終えた。

競走成績

以下の内容は、netkeiba.comおよびJBISサーチの情報に基づく。

【年月日】
【競馬場】
【競走名】
【格】
【頭数】
【枠番】
【馬番】
【オッズ
(人気)】
【着順】
【騎手】
【斤量】
【距離(馬場)】
【タイム
(上り3F)】
【タイム
差】
勝ち馬/(2着馬)
1988.02.27 | 阪神 | 4歳新馬 |  | 8 | 4 | 4 | 02.8 | (2人) | 01着 | 西浦勝一 | 55 | ダ1700m(稍) | 1:49.6(51.8) | -1.1 | (メジロマーシャス)
0000.03.19 | 中京 | 沈丁花賞 | 400 | 8 | 3 | 3 | 01.3 | (1人) | 01着 | 西浦勝一 | 55 | ダ1700m(稍) | 1:48.1(39.4) | -2.0 | (アグネスターフ)
0000.03.27 | 阪神 | 毎日杯 | GIII | 10 | 7 | 7 | 06.1 | (4人) | 04着 | 西浦勝一 | 55 | 芝2000m(重) | 2:05.5(51.5) | -0.7 | オグリキャップ
0000.04.17 | 東京 | 皐月賞 | GI | 18 | 1 | 1 | 25.2 | (9人) | 01着 | 西浦勝一 | 57 | 芝2000m(良) | 2:01.3(48.1) | -0.1 | (ディクターランド)
0000.05.29 | 東京 | 東京優駿 | GI | 24 | 4 | 11 | 06.4 | (2人) | 04着 | 西浦勝一 | 57 | 芝2400m(良) | 2:26.9(48.2) | -0.6 | サクラチヨノオー
0000.07.03 | 中京 | 中日スポーツ賞4歳S | GIII | 11 | 8 | 11 | 01.8 | (1人) | 01着 | 西浦勝一 | 58 | 芝1800m(良) | 1:49.0(34.5) | -0.1 | サッカーボーイ
0000.09.11 | 函館 | UHB杯 | OP | 12 | 1 | 1 | 01.4 | (1人) | 01着 | 西浦勝一 | 57 | 芝1800m(稍) | 1:49.4(36.5) | -0.3 | (パッシングパワー)
0000.10.16 | 京都 | 京都新聞杯 | GII | 16 | 1 | 1 | 01.4 | (1人) | 01着 | 西浦勝一 | 57 | 芝2200m(良) | 2:14.5(48.3) | -0.2 | (コウエイスパート)
0000.11.06 | 京都 | 菊花賞 | GI | 18 | 1 | 1 | 02.1 | (1人) | 10着 | 西浦勝一 | 57 | 芝3000m(良) | 3:08.8(49.1) | -1.5 | スーパークリーク
0000.12.04 | 阪神 | 鳴尾記念 | GII | 12 | 5 | 5 | 02.1 | (1人) | 01着 | 西浦勝一 | 58 | 芝2500m(良) | 2:33.1(47.2) | -0.0 | (ハツシバエース)
1989.01.22 | 京都 | 日経新春杯 | GII | 9 | 5 | 5 | 01.5 | (1人) | 02着 | 西浦勝一 | 58 | 芝2200m(良) | 2:14.5(47.7) | -0.1 | ランドヒリュウ
0000.04.02 | 阪神 | 産経大阪杯 | GII | 13 | 7 | 10 | 01.8 | (1人) | 01着 | 西浦勝一 | 58 | 芝2000m(良) | 2:01.4(48.4) | -0.6 | (ランドヒリュウ)
0000.06.11 | 阪神 | 宝塚記念 | GI | 16 | 5 | 8 | 02.5 | (1人) | 07着 | 西浦勝一 | 56 | 芝2200m(良) | 2:15.6(49.9) | -1.6 | イナリワン
0000.10.29 | 東京 | 天皇賞(秋) | GI | 14 | 7 | 11 | 22.8 | (6人) | 04着 | 西浦勝一 | 58 | 芝2000m(良) | 1:59.5(46.5) | -0.4 | スーパークリーク
0000.12.24 | 中山 | 有馬記念 | GI | 16 | 8 | 14 | 34.0 | (8人) | 06着 | 西浦勝一 | 57 | 芝2500m(良) | 2:33.0(36.4) | -1.3 | イナリワン
1990.01.21 | 京都 | 日経新春杯 | GII | 9 | 3 | 3 | 02.9 | (1人) | 02着 | 西浦勝一 | 60 | 芝2200m(良) | 2:15.1(47.7) | -0.1 | トーワトリプル
0000.02.25 | 阪神 | マイラーズC | GII | 12 | 7 | 10 | 02.6 | (1人) | 03着 | 西浦勝一 | 60 | 芝1600m(重) | 1:36.8(48.8) | -0.2 | メジロワース
0000.04.01 | 阪神 | 産経大阪杯 | GII | 9 | 7 | 7 | 04.2 | (4人) | 03着 | 西浦勝一 | 59 | 芝2000m(稍) | 2:03.1(49.5) | -0.2 | スーパークリーク
0000.05.13 | 東京 | 安田記念 | GI | 16 | 7 | 12 | 10.4 | (4人) | 02着 | 岡部幸雄 | 57 | 芝1600m(良) | 1:32.7(35.0) | -0.3 | オグリキャップ
0000.06.10 | 阪神 | 宝塚記念 | GI | 10 | 1 | 1 | 11.7 | (4人) | 03着 | 岡部幸雄 | 57 | 芝2200m(良) | 2:14.7(49.6) | -0.7 | オサイチジョージ
0000.10.28 | 東京 | 天皇賞(秋) | GI | 18 | 4 | 7 | 08.0 | (3人) | 01着 | 岡部幸雄 | 58 | 芝2000m(良) | R1:58.2(35.7) | -0.0 | (メジロアルダン)
0000.11.25 | 東京 | ジャパンC | GI | 15 | 3 | 4 | 13.8 | (8人) | 06着 | 岡部幸雄 | 57 | 芝2400m(良) | 2:23.8(35.4) | -0.6 | ベタールースンアップ
0000.12.23 | 中山 | 有馬記念 | GI | 16 | 1 | 2 | 12.0 | (6人) | 07着 | 岡部幸雄 | 56 | 芝2500m(良) | 2:34.7(35.6) | -0.5 | オグリキャップ

引退後

引退後、総額5億円のシンジケートが組まれ、1991年(平成3年)新冠町農協畜産センターにて種牡馬デビューした。しかし、1996年には早くもシンジケートが解散、その後安価のシンジケートが組まれたがそれも解散。先行きを案じた同馬のファン150人がヤエノムテキ会を結成し、北海道日高スタリオンステーションで種牡馬として供用されていた。ただし、2003年を最後に種付けは行われなかった。2010年を最後に種牡馬を引退し、日高スタリオンステーションで功労馬として余生を送る。2014年3月28日、腸閉塞により死亡した。

2006年3月時点で、通算コンパラブルインデックス0.94に対してアーニングインデックスは0.76。これまでに競走に送り出した177頭のうち116頭が勝ち馬になっており、457勝をあげている。2005年、ヤエノムテキの子は一年間で350万円ほどの賞金を稼ぎ、種牡馬順位で535位だった。年間アーニングインデックスは0.16。オグリキャップは536位、メジロアルダンは538位である。

主な産駒

このほか、ユウキツバサオー、ヤエノビューティが中央競馬準オープン馬になっている。

エピソード

血統表

ヤエノムテキ血統ニジンスキー系 / Menow 5.5×5=9.38%, Nearco 5×5=6.25% | (血統表の出典)

ヤマニンスキー
1975 栗毛 | 
父の父
Nijinsky II
1967 鹿毛 | Northern Dancer | Nearctic
Natalma
Flaming Page | Bull Page
Flaring Top
父の母
* アンメンショナブル
Unmentionable
1970 鹿毛 | Buckpasser | Tom Fool
Busanda
Petticoat | Palestinian
Sabana

ツルミスター
1980 鹿毛 | 
母の父
* イエローゴッド
Yellow God
1967 栗毛 | Red God | Nasrullah
Spring Run
Sally Deans | Fun Fair
Cora Deans
母の母
フジコウ
1964 黒鹿 | * ソロナウェー
Solonaway | Solferino
Anyway
ハマミドリ | トサミドリ
フジサカエ F-No.1-o


脚注

  1. ^ ヤエノムテキ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ netkeiba ヤエノムテキの競走成績”. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ ヤエノムテキ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  4. ^ 『中央競馬全重賞競走成績集 GI編』日本中央競馬会、1996年。 292-293・756-757頁。
  5. ^ 天皇賞馬ヤエノムテキが29歳で死去”. netkeiba.com (2014年3月28日). 2014年3月29日閲覧。

外部リンク

JRA賞最優秀父内国産馬
優駿賞 | 
1980年代 | 


JRA賞 | 
1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 



皐月賞勝ち馬
1930年代 | 

第1回 ロツクパーク


1940年代 | 

第2回 ウアルドマイン / 第3回 セントライト / 第4回 アルバイト / 第5回 ダイエレク / 第6回 クリヤマト / 第7回 トキツカゼ / 第8回 ヒデヒカリ / 第9回 トサミドリ


1950年代 | 

第10回 クモノハナ / 第11回 トキノミノル / 第12回 クリノハナ / 第13回 ボストニアン / 第14回 ダイナナホウシユウ / 第15回 ケゴン / 第16回 ヘキラク / 第17回 カズヨシ / 第18回 タイセイホープ / 第19回 ウイルデイール


1960年代 | 

第20回 コダマ / 第21回 シンツバメ / 第22回 ヤマノオー / 第23回 メイズイ / 第24回 シンザン / 第25回 チトセオー / 第26回 ニホンピローエース / 第27回 リュウズキ / 第28回 マーチス / 第29回 ワイルドモア


1970年代 | 

第30回 タニノムーティエ / 第31回 ヒカルイマイ / 第32回 ランドプリンス / 第33回 ハイセイコー / 第34回 キタノカチドキ / 第35回 カブラヤオー / 第36回 トウショウボーイ / 第37回 ハードバージ / 第38回 ファンタスト / 第39回 ビンゴガルー


1980年代 | 

第40回 ハワイアンイメージ / 第41回 カツトップエース / 第42回 アズマハンター / 第43回 ミスターシービー / 第44回 シンボリルドルフ / 第45回 ミホシンザン / 第46回 ダイナコスモス / 第47回 サクラスターオー / 第48回 ヤエノムテキ / 第49回 ドクタースパート


1990年代 | 

第50回 ハクタイセイ / 第51回 トウカイテイオー / 第52回 ミホノブルボン / 第53回 ナリタタイシン / 第54回 ナリタブライアン / 第55回 ジェニュイン / 第56回 イシノサンデー / 第57回 サニーブライアン / 第58回 セイウンスカイ / 第59回 テイエムオペラオー


2000年代 | 

第60回 エアシャカール / 第61回 アグネスタキオン / 第62回 ノーリーズン / 第63回 ネオユニヴァース / 第64回 ダイワメジャー / 第65回 ディープインパクト / 第66回 メイショウサムソン / 第67回 ヴィクトリー / 第68回 キャプテントゥーレ / 第69回 アンライバルド


2010年代 | 

第70回 ヴィクトワールピサ / 第71回 オルフェーヴル / 第72回 ゴールドシップ / 第73回 ロゴタイプ / 第74回 イスラボニータ / 第75回 ドゥラメンテ / 第76回 ディーマジェスティ / 第77回 アルアイン / 第78回 エポカドーロ / 第79回 サートゥルナーリア



天皇賞(秋)勝ち馬
 | 

国際競走指定前:
001回(1937年) ハツピーマイト
003回(1938年) ヒサトモ
005回(1939年) テツモン
007回(1940年) ロツキーモアー
009回(1941年) エステイツ
011回(1942年) ニパトア
013回(1943年) クリヒカリ
016回(1947年) トヨウメ
018回(1948年) カツフジ
020回(1949年) ニユーフオード
022回(1950年) ヤシマドオター
024回(1951年) ハタカゼ
026回(1952年) トラツクオー
028回(1953年) クインナルビー
030回(1954年) オパールオーキツト
032回(1955年) ダイナナホウシユウ
034回(1956年) ミツドフアーム
036回(1957年) ハクチカラ
038回(1958年) セルローズ
040回(1959年) ガーネツト
042回(1960年) オーテモン
044回(1961年) タカマガハラ
046回(1962年) クリヒデ
048回(1963年) リユウフオーレル
050回(1964年) ヤマトキヨウダイ
052回(1965年) シンザン
054回(1966年) コレヒデ

 | 

056回(1967年) カブトシロー
058回(1968年) ニットエイト
060回(1969年) メジロタイヨウ
062回(1970年) メジロアサマ
064回(1971年) トウメイ
066回(1972年) ヤマニンウエーブ
068回(1973年) タニノチカラ
070回(1974年) カミノテシオ
072回(1975年) フジノパーシア
074回(1976年) アイフル
076回(1977年) ホクトボーイ
078回(1978年) テンメイ
080回(1979年) スリージャイアンツ
082回(1980年) プリテイキャスト
084回(1981年) ホウヨウボーイ
086回(1982年) メジロティターン
088回(1983年) キョウエイプロミス
090回(1984年) ミスターシービー
092回(1985年) ギャロップダイナ
094回(1986年) サクラユタカオー
096回(1987年) ニッポーテイオー
098回(1988年) タマモクロス
第100回(1989年) スーパークリーク
第102回(1990年) ヤエノムテキ
第104回(1991年) プレクラスニー
第106回(1992年) レッツゴーターキン
第108回(1993年) ヤマニンゼファー
第110回(1994年) ネーハイシーザー

 | 

第112回(1995年) サクラチトセオー
第114回(1996年) バブルガムフェロー
第116回(1997年) エアグルーヴ
第118回(1998年) オフサイドトラップ
第120回(1999年) スペシャルウィーク
第122回(2000年) テイエムオペラオー
第124回(2001年) アグネスデジタル
第126回(2002年) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/04/03 15:25

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ヤエノムテキ」の意味を投稿しよう
「ヤエノムテキ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ヤエノムテキスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヤエノムテキ」のスレッドを作成する
ヤエノムテキの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail