このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヤップ語とは?

【方言】
ングルワン語

表記体系
ラテン文字
【言語コード】

ISO 639-1
なし
ISO 639-2
yap
ISO 639-3
yap
大洋州諸語の分布図。オレンジがアドミラルティ諸島諸語とヤップ語、黄色がセント・マティア語、緑が西オセアニア語群、紫がテモツ語、残りは中部東オセアニア語群で赤は南東ソロモン語、青は南オセアニア語、ピンクはミクロネシア語、黄土色はフィジーポリネシア語

ヤップ語(ヤップご、英語: Yapese)はヤップ島(ミクロネシア連邦)の島民が話す言語である。オーストロネシア語族の中で大洋州諸語に属している。ヤップ語の詳細な分類を行う事は困難を極めてきたが、アドミラルティ諸島諸語の一つであるとする意見がある。Ethnologue第19版では大洋州諸語の中で孤立した言語と位置づけられ、Glottolog 2.7ではングルワン語と共にYapesicというグループに分類されている。

正書法

声門閉鎖音がヤップ語の代表的な特徴である。文法上の例外はあるが基本的に母音字から始まっている言葉は声門閉鎖音から始まっていて、隣接する母音同士の間にも声門閉鎖音が存在し、語末が声門閉鎖音となる場合も多い。

書き言葉のヤップ語にはラテン文字が用いられる。1970年代まで使用されていたヤップ語の綴り方では声門閉鎖音は明確に文字で書かれることはなかった。語末の声門閉鎖音は最後の母音字を重ねる事で表現され、子音の声門化はアポストロフィつき文字で表現されていた。また1970年代に編み出された正字法では長母音を表現するために二重の母音文字が使用され、声門閉鎖音が表現されないと曖昧になる場合がある為に声門閉鎖音は「q」という文字で書かれるようになった。「q」を使うこの新たな正字法は一般的には使用されないが、ヤップ島についての著作や地図の多くは地名を表す際にこの正字法を用いており、「q」の字を多く含んでいる。しかしこの「q」の字はヤップ語や新しい正字法が分からない人々を困惑させる恐れもある。

音韻論

二つの文法形で母音のみという例外がある事を除けば、音節は基本的に「子音+母音」や「子音+母音+子音」である。

子音

ヤップ語は放出摩擦音を使う世界でも比較的数少ない言語の一つである。ヤップ語の放出音にあたる子音は/pʼ tʼ kʼ fʼ θʼ/である。また、声門化された鼻音/mˀ nˀ ŋˀ/や側音の/lˀ/もある。

下表の各マスにおける左側は音素、右側は音素に対応するヤップ語正書法の綴りである。

唇音 歯音 歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音
鼻音 m m |  | n n |  | ŋ ng | 
声門化 mˀ m' |  | nˀ n' |  | ŋˀ ng' | 
破裂音 p p |  | t t |  | k k | ʔ q
放出音 p' |  |  t' |  |  k' | 
摩擦音 無声 f f | θ th | s s | ʃ ch | x g | (h) h
有声 β b | ð d |  |  |  | 
放出音  | θʼ th' |  |  |  | 
接近音  |  | l l | j y/j | w w | 
声門化  |  | lˀ l' | jˀ y' | wˀ w' | 

h /h/とj /j/は日本語や英語の借用語にのみ現れる。但し/j/自体はyとして固有語にも見られる。chとthは別として二重の字で書かれた子音は珍しく、末尾の子音に制限がほとんどなく、実際、語根は短母音で終わることはなく、末尾の子音で終わることが圧倒的に多い

母音

下表の各マスにおける左側は音素、右側は音素に対応するヤップ語正書法の綴りである。

前舌 後舌
非円唇 円唇 非円唇 円唇
短母音 長母音 短母音 長母音 短母音 長母音 短母音 長母音
ɪ i | iː ii |  |  |  |  | ʊ u | ʊː uu
ɛ e | eː ee | œ ö | œː oe | ʌ a |  | ɔ o | ɔː oo
やや広め(en) æ ë | æː ea |  |  |  |  |  | 
a ä | aː ae |  |  |  |  | ɑː aa | 

文法

形態論

 | 
この節の加筆が望まれています。

統語論

 | 
この節の加筆が望まれています。

語順

VSO型である。

脚注

  1. ^ Lewis et al. (2016).
  2. ^ Lynch, John; Malcolm Ross; Terry Crowley (2002). The Oceanic languages. Richmond, Surrey: Curzon. ISBN 978-0-7007-1128-4. OCLC 48929366
  3. ^ Ladefoged, Peter; Maddieson, Ian (1996). The Sounds of the World's Languages. Oxford: Blackwell. p. 178. ISBN 0-631-19814-8
  4. ^ Jensen (1977).
  5. ^ Dryer (2013).

参考文献

関連書籍

外部リンク

オセアニア言語(関連カテゴリ:Category:言語)
大陸部
  • オーストラリア

ポリネシア
【国家】
  • クック諸島
  • サモア
  • ツバル
  • トンガ
  • ニウエ
  • ニュージーランド

海外領土・自治領等
  • アメリカ領サモア
  • ウォリス・フツナ
  • トケラウ
  • ピトケアン諸島
  • フランス領ポリネシア

他地域に本土がある国の離島
  • ハワイ州
  • イースター島


ミクロネシア
【国家】
  • キリバス
  • ナウル
  • パラオ
  • マーシャル諸島
  • ミクロネシア連邦

【海外領土・自治領等】
  • 北マリアナ諸島
  • グアム

【他地域に本土がある国の離島】
  • 小笠原群島


メラネシア
【国家】
  • ソロモン諸島
  • バヌアツ
  • パプアニューギニア
  • フィジー

【海外領土・自治領等】
  • ニューカレドニア
  • ノーフォーク島

【他地域に本土がある国の離島】
  • イリアンジャヤ (ニューギニア島の西半分)


インド洋
オーストラリアの特別地域
  • クリスマス島
  • ココス諸島


【その他】
【オセアニアに含まれない太平洋の島】
  • ガラパゴス諸島
  • クリッパートン島
  • ソコロ島
  • ファン・フェルナンデス諸島


各列内は五十音順。



オーストロネシア語族
祖語

台湾諸語
※側系統群
アタヤル語群

ツォウ語群

パイワン語群


マレー・
ポリネシア
語派

フィリピン語群

ボルネオ諸語

中核マレー・ポリネシア語群
大洋州諸語
ミクロネシア
諸語


中央太平洋諸語
ポリネシア
諸語







・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/28 09:49

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ヤップ語」の意味を投稿しよう
「ヤップ語」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ヤップ語スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヤップ語」のスレッドを作成する
ヤップ語の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail