このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヤマザキパンとは?

(ヤマザキパンから転送)
山崎製パン株式会社
Yamazaki Baking Company, Limited

本社(ヤマザキ岩本町ビル)

種類
株式会社 (日本)
【市場情報】
東証1部 2212
1966年11月上場

【略称】
山崎、ヤマザキ、ヤマザキパン、山パン
【本社所在地】
日本
101-8585
東京都千代田区岩本町三丁目10番1号
【設立】
1948年6月21日
業種
食料品
法人番号
4010001008806
【事業内容】
パン菓子・米飯類等の製造・販売など
【代表者】
代表取締役社長 飯島延浩
【資本金】
110億1,414万3千円
(平成29年12月31日現在)
【売上高】
単体:7,449億2,200万円
連結:1兆531億6,400円
(2017年12月期)
【営業利益】
単体:229億2500万円
連結:300億8,700万円
(2017年12月期)
【経常利益】
単体:264億2,700万円
連結:321億4,300万円
(2017年12月期)
【純利益】
単体:178億1,100円
連結:306億6,400万円(但し親会社株主に帰属する連結純利益としては251億600万円)
(2017年12月期)
【純資産】
単体:2,977億300万円
連結:3,457億4,200万円
(2017年12月31日現在)
【総資産】
単体:5,607億3,600万円
連結:7,473億2,200万円
(2017年12月31日現在)
【従業員数】
連結:19,109人
(2017年12月31日現在)
【決算期】
12月31日
【主要株主】
飯島興産株式会社6.85%
財団法人飯島記念食品科学振興財団5.67%
(2012年12月31日現在)
【主要子会社】
ヤマザキビスケット(株) 80%
(株)不二家 53%
(株)東ハト 95%
(株)ヴィ・ド・フランス 100%
【関係する人物】
飯島藤十郎(創業者、初代社長)
飯島一郎(第2代社長)
飯島延浩(第3代社長)
【外部リンク】
https://www.yamazakipan.co.jp/

山崎製パン株式会社(やまざきせいパン)は、東京都千代田区に本社を置く日本最大、世界でも第二位の規模の製パン業者である。略称は「ヤマザキパン」、「山パン」など。

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 主な商品
    • 3.1 食パン
    • 3.2 調理・菓子パン
    • 3.3 キャラクターパン
    • 3.4 菓子類・その他
  • 4 店舗展開
    • 4.1 直営店
    • 4.2 コンビニ展開・小売り契約業態
  • 5 不祥事
    • 5.1 臭素酸カリウム問題
    • 5.2 下請けいじめ
  • 6 製造所固有記号
    • 6.1 自社工場
    • 6.2 子会社・協力会社工場
  • 7 広報活動
    • 7.1 テレビ・ラジオ提供番組
      • 7.1.1 テレビ
      • 7.1.2 テレビ(過去)
      • 7.1.3 テレビ提供番組の移り変わり
      • 7.1.4 ラジオ
      • 7.1.5 ラジオ(過去)
    • 7.2 CM出演タレント
    • 7.3 歴代CM出演タレント
    • 7.4 春のパンまつり
    • 7.5 その他
  • 8 災害対応
  • 9 関連会社
    • 9.1 グループ会社(五十音順)
    • 9.2 協力会社
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

創業当時は食糧管理制度下で製パン業が厳しく統制され、創業者飯島藤十郎は既に別団体でパン製造に関わっていたため飯島名義では許可が下りず、義弟の「山崎」名義で許可を得た。商号が「山崎製パン」となったのはこの経緯による。

青森県では工藤パン秋田県ではたけや製パンに一部商品の製造・販売を委託しており、両県ではそれぞれ地元企業商品として扱われる。青森県に山崎製パンの十和田工場が所在してヤマザキブランドの商品も流通し、全国向けCMも放送されている。十和田工場は山崎製パンが地元製パン会社「栄作堂」を吸収合併以後、工場を十和田工場として稼動したものである。四国では一部商品の製造を子会社「高知ヤマザキ」(高知県高知市)へ委託している。沖縄県には工場が所在せず輸送コストなどの理由によりスイスロールなど一部商品を除き販売していない。

フランチャイズ方式のコンビニエンスストア業態としてデイリーヤマザキやニューヤマザキデイリーストア(ヤマザキデイリーストアー)、ボランタリー・チェーン方式の小売契約業態としてヤマザキショップやヤマザキスペシャルパートナーショップ(YSPS)を展開している。

自家用の配送トラック
(写真は日野・デュトロハイブリッド)

また、自家用トラックを保有して独自の自社輸送網を築いており、配送トラック車両は自社持ちのため白ナンバーで車体裾に「製パン業」と表記されており、車体に描かれシンボルマークとして知られる「スージーちゃん(本名はスージー・ポーマン)」は、1966年当時東京在住の3歳女児である。ヤマザキナビスコがナビスコと提携を止めてヤマザキビスケットになってからは、ヤマザキビスケット社製品の写真だけを荷台に描いたものも使用している。

シンボルマークで社章でもある「太陽マーク」は、万物の太陽の源、明るい太陽のように食卓の光となる願いを込め、また自然への感謝と仕事への誇りの気持ちを込め、伸びゆく企業を象徴するということから、創業者の理念を具現化した物である。

『おいしさと品質で毎日を応援します。』を企業スローガンと定めている。

沿革

個人経営のヤマザキ取扱店舗・1970年代に展開していた提携ショップの一例

千葉県船橋市本町のマツマル製パンで修行し1948年に千葉県市川市で前身となる「山崎製パン所」を飯島藤十郎が開設する。当時は配給小麦をパンへ加工して儲ける委託加工をコッペパンから始め、後にロシアパンなど菓子パンも製造している。

1949年に一般消費者へ和菓子洋菓子製造を開始する。1955年ナイロン包装のスライス食パンを商品化した。

1970年10月アメリカ合衆国ナビスコ社(現・モンデリーズ・インターナショナル)、ニチメン(現・双日)と合弁で菓子製造販売会社「ヤマザキナビスコ」を設立する。

1971年4月西日本(近畿中国四国九州)の製造・販売部門が「株式会社関西ヤマザキ」に分社化されるが、1986年1月吸収合併されて解散、本社直営に戻った。

1977年に直営コンビニエンスストア「サンエブリー」を設立し、パン以外の多角的経営も行なう。

2007年2月5日に、消費期限切れ原料を使用した商品出荷の発覚後に生産停止している不二家の救済策として衛生管理などの業務支援を発表し、後に不二家と資本提携して2007年4月に関連会社化、2008年11月に連結子会社化している。

2013年7月1日コンビニエンスストアを運営する当社連結子会社の株式会社デイリーヤマザキを吸収合併し、社内カンパニーのデイリーヤマザキ事業統括本部としてコンビニの経営に本格参入した(秋田地区青森地区については、引き続きエリアフランチャイザーのパン会社が担当する)。

2016年2月12日、ヤマザキナビスコがモンデリーズ・インターナショナルとのライセンス契約を終了するのに伴い、9月1日付で、新社名「ヤマザキビスケット株式会社」に移行すると発表。モンデリーズ社のライセンス製品である、リッツオレオプレミアムクラッカーチップスアホイ!の4商品のうち、日本終売となるチップスアホイ!を除く3商品についてはモンデリーズの直営日本法人「モンデリーズ・ジャパン株式会社」に製造・販売権を委譲する。チップスターなど、ヤマザキナビスコのオリジナル商品は今後「ヤマザキ」ブランドで継続して販売するとともに、上記4商品に代わる新製品の製造を計画しているその後、「リッツ」に代わるクラッカーの新ブランド名を「ルヴァン」とすることを発表し、社名変更の日から発売を開始した。

主な商品

食パン

調理・菓子パン

キャラクターパン

菓子類・その他

大手量販店向けPB製品(製造所固有記号は独自のものになる)やコンビニ向け製品も製造している。

なお毎年6月京都工場で製造されて近畿地区で販売する水無月がある。

一部コンビニ向け製品も製造している。

なお飲料は自社工場ではなく静岡の提携工場で製造されている。

パン類はセブン-イレブンの「セブンプレミアム」や、イオンの「ベストプライス食パン」など、一部プライベートブランド商品も受託生産している他、各種量販店向け商品として、表面は無記載で裏側にJANコード、商品種別、原材料消費期限製造所固有記号、社名、本社住所など法令記載事項のみ記された透明包材に封入された商品や、通函=工場内では通称「バンジュウ」と俗称される工場出荷時の社名入り樹脂製コンテナに並べた状態で数量割引して販売される商品もある。

店舗展開

直営店

詳細は公式サイトを参照。

コンビニ展開・小売り契約業態

※元々、ヤマザキショップ・ヤマザキスペシャルパートナーショップは山崎製パン直営のミニコンビニ形式だったが、「(株)デイリーヤマザキ」が2013年7月1日付で山崎製パン本社に合併・統合されたことに伴い、実質的にはデイリーヤマザキの小型サテライト店舗となっている。なおデイリーヤマザキの店舗がない北海道、北陸、中四国、九州(沖縄県除く)の一部にはヤマザキショップはあるが、沖縄県は唯一山崎製パン運営のコンビニ店舗が存在しない。

不祥事

臭素酸カリウム問題

1992年国際連合食糧農業機関「FAO」と世界保健機関「WHO」の合同委員会であるコーデックス委員会「CODEX ALIMENTARIUS COMMISSION」が臭素酸カリウム発癌性(イニシエーターおよびプロモーター)を発表したことを受け、厚生省は山崎製パンの商品に臭素酸カリウム溶液を用いることを控えるよう要請し、同社はこれに従い使用を自粛していた。

2003年厚生労働省から定量分析限界の技術向上に伴う新たな公定法が通知され、正常な製パン工程を遵守するならば焼成後のパンに臭素酸カリウムの「残存は検出されない」知見を得て、2004年に臭素酸カリウム溶液を用い製造する商品を発売している。

FAO/WHO合同食品添加物専門家会議「FAO/WHO Joint Expert Committee on Food Additives (JECFA)」は「臭素酸カリウムの小麦処理剤としての使用は適切でない」との評価を、1992年と1995年の会議では変えていない。

山崎製パンは2014年2月より臭素酸カリウムの使用をやめている。これは近年の臭素酸カリウム使用に関する批判を受けてではなく、技術が向上し、臭素酸カリウムを使用しなくても国産小麦をふっくらと焼き上げる事が可能となった為としている。

下請けいじめ

2017年5月11日、デイリーヤマザキへのフォークの仕入れ代などについて、本来は加盟店が支払うべきところを、弁当などの納入業者に負担させたのが下請いじめに該当するとして、公正取引委員会から勧告を受けた。

製造所固有記号

黒糖コッペパン 上がYSE=仙台工場製 下がYMK=松戸第一工場製

山崎製パンは国内に27箇所の直営工場のほか複数の関連会社を有し、各商品の製造工場は製造所固有記号として消費期限と列記で商品包材に印刷されている。 なお、食品表示法の改正で、一部の商品には「山崎製パン株式会社 伊勢崎工場」のように、工場名と住所が直接記載されたものもある。

自社工場

横浜第一工場(横浜市戸塚区柏尾町)
札幌工場(北海道恵庭市)

製造者 山崎製パン株式会社」と記載されているもの。

子会社・協力会社工場

販売者 山崎製パン株式会社」と記載されているもの。

なお量販店向けPB製品は、「セブンプレミアム」など一部を除き、上記とは別の製造所固有記号を使用し、同社製造ということも伏せられている。

広報活動

テレビ・ラジオ提供番組

放送時間はJST表記。

テレビ

テレビ(過去)

テレビ提供番組の移り変わり

ラジオ

※ラジオCMでは最後にサウンドロゴが流れるが、JFN系列の時報CMでも使われた時期がある。2013年9月現在、ニッポン放送で平日14時の時報CMを放送している。文化放送でも2013年頃より日曜日の7時 - 9時、正午、13時で時報が流れている(ただし、「全日本大学駅伝」や「横浜国際女子マラソン」で本来の時報CMが流れない場合は後日時報なしのスポットCMで穴埋めされる)。 STVラジオでは、平日の午後3時と土曜日の正午に、同社札幌工場の社員による時報CMが放送される。

2010Happy Mail