このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヨアヒム・レーヴとは?

【名前】

【愛称】
Jogi(ヨギ)
【ラテン文字】
Joachim Löw
【基本情報】

【国籍】
ドイツ
【生年月日】
(1960-02-03) 1960年2月3日(58歳)
【出身地】
西ドイツシェーナウ・イム・シュヴァルツヴァルト
【身長】
181cm
【選手情報】

【在籍チーム】
ドイツ代表(監督)
【ポジション】
FW

【クラブ】


クラブ | 出場 | (得点)
1978-1980
SCフライブルク |  71  | (18)
1980-1981
VfBシュトゥットガルト |  4  | (0)
1981-1982
アイントラハト・フランクフルト |  24  | (5)
1982-1984
SCフライブルク |  65  | (25)
1984-1985
カールスルーエSC |  24  | (2)
1985-1989
SCフライブルク |  116  | (38)
1989-1992
FCシャフハウゼン |   | 
1992-1994
FCヴィンタートゥール |   | 
1994-1995
FCフラウエンフェルト |   | 
【代表歴】

1979-1980
西ドイツ U-21 | 4  | (0)
【監督歴】

1994-1995
FCフラウエンフェルト(選手兼任)
1995-1996
VfBシュトゥットガルト(コーチ)
1996-1998
VfBシュトゥットガルト
1998-1999
フェネルバフチェ
1999-2000
カールスルーエSC
2001
アダナスポル
2001-2002
FCチロル・インスブルック
2003-2004
FKアウストリア・ウィーン
2004-2006
ドイツ代表(コーチ)
2006-
ドイツ代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

ヨアヒム・レーヴ(Joachim „Jogi“ Löw1960年2月3日 - )は、西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州シェーナウ・イム・シュヴァルツヴァルト出身の元サッカー選手ドイツ代表監督。サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

ニックネームは「Jogi(ヨギ)」。なお項目名は日本のマスコミが使用する表記であり、ドイツ語規範発音をカタカナ転写すれば「レーフ」となる。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 選手時代
    • 1.2 指導者時代
      • 1.2.1 クラブチームでのキャリア
      • 1.2.2 ドイツ代表ヘッドコーチから代表監督へ
  • 2 エピソード
  • 3 タイトル
    • 3.1 監督時代
    • 3.2 個人
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

経歴

選手時代

現役時代のポジションはFW

SCフライブルクでプロサッカー選手となった後、VfBシュトゥットガルトなどのドイツのクラブに移籍し、1989年にスイスのFCシャフハウゼンに移籍。1995年、スイスのFCフラウエンフェルトで引退する。U-21ドイツ代表の経験もある。SCフライブルクではチーム得点王にもなっている。

指導者時代

クラブチームでのキャリア

35歳で現役を引退後、ドイツ・ブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトのヘッドコーチに、翌年には監督に就任。就任した1996-97シーズンでクラシミール・バラコフジオバネ・エウベル・ジ・ソウザフレディ・ボビッチ等で攻撃的なチームを作り、リーグ4位とDFBカップで優勝する。翌1997-98シーズンにもリーグ4位、そしてUEFAカップウィナーズ・カップで準優勝するが、当時のマイヤー・フォアフェルダー会長が「クラブの監督にはビッグネームを欲しい」とメディアを通して公言、VfBシュトゥットガルトを解任された。

1998-99シーズンにはトルコリーグフェネルバフチェに、1999-00シーズンは当時ブンデスリーガ2部だったカールスルーエSCの監督に就任するが、カールスルーエではクラブで初めて3部に降格する。2001年、トルコのアダナスポルの監督となる。

2001-02シーズンで、オーストリア・ブンデスリーガのFCチロル・インスブルック(現FCヴァッカー・インスブルック)の監督に就任し、優勝する。2003-2004シーズンでは同じオーストリア・ブンデスリーガのFKアウストリア・ウィーンで1年間指揮を取り、2004年遂に母国ドイツ代表のヘッドコーチに就任する。

ドイツ代表ヘッドコーチから代表監督へ

ヘッドコーチ就任後は、当時のユルゲン・クリンスマン監督の片腕として主にチーム戦術の決定及び戦術トレーニングを担当した。2006 FIFAワールドカップドイツ大会終了後のクリンスマン辞任に伴い、監督となる。

2014 FIFAワールドカップ表彰式で選手達と共に優勝を喜ぶレーヴ

監督就任後は、UEFA EURO 2008では準優勝、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会では2大会連続で3位となり、優勝こそしていないものの高い成績を残していた。 ポーランド・ウクライナ共催のUEFA EURO 2012のグループリーグではポルトガル、オランダ、デンマークとの「死の組」を全勝で首位通過するも、準決勝でマリオ・バロテッリの2発に沈みイタリアに敗戦、3位となった。2014 FIFAワールドカップブラジル大会では優勝。南米開催のW杯で、欧州勢として初優勝となる。

2015年3月13日、ドイツ代表との契約を2018年まで延長したことを発表した。

エピソード

レーヴ(左)とハンス=ディーター・フリックアシスタントコーチ(2006年)

タイトル

監督時代

VfBシュトゥットガルト
FCチロル・インスブルック
ドイツ代表

個人

脚注

  1. ^ ドイツ語発音: [lø:f], Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 516. ISBN 978-3-411-04066-7.
  2. ^ 王者ドイツ、レーヴ監督との契約を2018年まで延長「実力を証明する」soccerking 2015年3月14日
  3. ^ イケメン・ドイツ指揮官の“不潔癖”にファンがっかり…「無意識だった」と謝罪 フットボールチャンネル 2016年6月16日
  4. ^ レーブ監督の股間タッチ、ポドルスキは「普通のこと」と擁護 AFP 2016年6月15日
  5. ^ Trainer des Jahres 2014: Das Ergebnis” (German). kicker.de (2014年8月10日). 2014年8月10日閲覧。
  6. ^ Cristiano Ronaldo voted World Soccer Player of the Year”. World Soccer (2014年12月30日). 2014年12月30日閲覧。
  7. ^ Former Results”. IFFHS. 2016年1月13日閲覧。

外部リンク

タイトル・受賞歴
FIFAワールドカップ優勝監督


FIFA最優秀監督賞
2010年代 | 

選手賞(男子, 女子) - 監督賞(男子, 女子) - プスカシュ賞 - FIFA 100


ドイツ代表監督
サッカードイツ代表歴代監督

ネルツ 1928-36 | ヘルベルガー 1936-64 | シェーン 1964-78 | デアヴァル 1978-84 | ベッケンバウアー 1984-90 | フォクツ 1990-98 | リベック 1998-2000 | フェラー 2000-04 | クリンスマン 2004-06 | レーヴ 2006-



ドイツ代表 - UEFA EURO 2008 準優勝
 | 

ドイツ代表 - 2010 FIFAワールドカップ 第3位
 | 

ドイツ代表 - UEFA EURO 2012 準決勝進出
 | 

ドイツ代表 - 2014 FIFAワールドカップ 優勝 (4回目)
 | 

ドイツ代表 - UEFA EURO 2016 準決勝進出
2010Happy Mail