このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヨシフ・スターリンとは?

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン
Иосиф Виссарионович Сталин (ロシア語)

Joseph-Stalin იოსებ ბესარიონის ძე სტალინი (グルジア語)


1943年・テヘラン会談におけるスターリン


ソビエト連邦
第2代最高指導者
任期
1924年1月22日1953年3月5日
ソビエト連邦共産党書記長
任期
1922年4月3日1953年3月5日
後任者
ニキータ・フルシチョフ(第一書記)
ソビエト連邦人民委員会議議長
ソビエト連邦閣僚会議議長
任期
1941年5月6日1953年3月5日
第一副首相
ニコライ・ヴォズネセンスキー
ヴャチェスラフ・モロトフ
前任者
ヴャチェスラフ・モロトフ
後任者
ゲオルギー・マレンコフ
ソビエト連邦
国家防衛委員会議長
任期
1941年7月19日1946年2月25日
【総理】
自身
前任者
セミョーン・チモシェンコ
後任者
ニコライ・ブルガーニン
ソビエト連邦共産党書記
任期
1922年4月3日1953年3月5日
ソビエト連邦共産党政治局員
任期
1919年3月25日1953年3月5日
ソビエト連邦共産党組織局員
任期
1919年1月16日1953年3月5日
【個人情報】

【生誕】
(1878-12-18) 1878年12月18日
ロシア帝国
グルジア地方(現ジョージア国)、ゴリ
【死没】
1953年3月5日(1953-03-05)(74歳)
ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ市、クンツェヴォ・ダーチャ
【墓地】
ロシア
モスクワ市、クレムリン共同埋葬地
【市民権】
グルジアロシア人
【政党】
(ロシア社会民主労働党→)
(ボリシェビキ派→)
ソビエト連邦共産党
【配偶者】
エカテリーナ・スワニーゼ (1906–1907)
ナジェージダ・アリルーエワ (1919–1932)
【子供】
ヤーコフ・ジュガシヴィリ
ワシーリー・ジュガシヴィリ
スヴェトラーナ・アリルーエワ
【宗教】
無神論(棄教者)
【署名】

【兵役経験】

【所属組織】
ソビエト連邦
【部門】
ソビエト陸軍
【軍歴】
1943–1953
【最終階級】
元帥 (1943–1945)
大元帥 (1945–1953)
【指揮】
全軍指揮 (最高司令官)
【戦闘】
ロシア内戦
第二次世界大戦
冷戦
【受賞】

ソビエト連邦


最高指導者
レーニン · スターリン
マレンコフ · フルシチョフ
ブレジネフ · アンドロポフ
チェルネンコ · ゴルバチョフ
標章
ソビエト連邦の国旗
ソビエト連邦の国章
ソビエト連邦の国歌
鎌と槌
政治
ボリシェヴィキ · メンシェヴィキ
ソビエト連邦共産党
ソビエト連邦の憲法· 最高会議
チェーカー · 国家政治保安部
ソ連国家保安委員会
軍事
赤軍 · ソビエト連邦軍
ソビエト連邦地上軍 · ソビエト連邦海軍
ソビエト連邦空軍 · ソビエト連邦防空軍
戦略ロケット軍
場所
モスクワ · レニングラード
クレムリン · 赤の広場
イデオロギー
共産主義 · 社会主義
マルクス・レーニン主義
スターリン主義
歴史
ロシア革命 · ロシア内戦 · 大粛清
第二次世界大戦 · 独ソ戦 · バルト諸国占領
冷戦 · 中ソ対立 · キューバ危機
ベトナム戦争 · 中ソ国境紛争
アフガニスタン紛争 · ペレストロイカ
マルタ会談 · 8月クーデター
ソ連崩壊

政治シリーズ記事からの派生
スターリン主義


概念
マルクス・レーニン主義
一国社会主義論
階級闘争激化論
農業集団化
個人崇拝
愛国主義
左翼ナショナリズム

人物
ヨシフ・スターリン
ヴァルター・ウルブリヒト
エンヴェル・ホッジャ
ニコラエ・チャウシェスク
金日成
毛沢東
ホルローギーン・チョイバルサン

政党
ソビエト連邦共産党
フランス共産党
日本共産党(行動派)
アルバニア労働党
インドネシア共産党
ベトナム共産党
ルーマニア共産党
ニュージーランド共産党
スターリン・ブロック— ソ連のため
国家ボリシェヴィキ党
グレートブリテン共産党 (マルクス・レーニン主義)

関連項目
五カ年計画
スターリン様式
大粛清
全体主義
反修正主義
ネオ=スターリニズム
毛沢東主義
国民共産主義
愛国心
非スターリン化
反スターリン主義

Portal:政治学

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(ロシア語: Ио́сиф Виссарио́нович Ста́лин, 1878年12月18日1953年3月5日)は、ソビエト連邦政治家軍人(職業軍人ではない)。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られている「スターリン」というは「鋼鉄の(人)」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(ロシア語: Джугашви́лиグルジア語: ჯუღაშვილი)である。

目次

  • 1 人物概要
  • 2 生涯
    • 2.1 生い立ち
    • 2.2 政治活動
      • 2.2.1 革命家への転身
      • 2.2.2 非合法活動
      • 2.2.3 逮捕・流刑
      • 2.2.4 三度目の流刑
      • 2.2.5 ロシア革命
      • 2.2.6 ポーランド・ソビエト戦争
    • 2.3 権力の掌握
      • 2.3.1 書記長
      • 2.3.2 レーニンの死
      • 2.3.3 諜報部隊の補強
      • 2.3.4 大粛清
        • 2.3.4.1 セルゲイ・キーロフ暗殺
        • 2.3.4.2 人民の敵
      • 2.3.5 スターリン憲法
      • 2.3.6 強制移住
    • 2.4 第一次五ヵ年計画
      • 2.4.1 集団農場
      • 2.4.2 飢饉
      • 2.4.3 工業化
      • 2.4.4 社会事業
    • 2.5 第二次世界大戦
      • 2.5.1 前夜
      • 2.5.2 独ソ戦
      • 2.5.3 対日参戦
      • 2.5.4 領土の略奪と強制収容所
    • 2.6 冷戦
      • 2.6.1 ヨーロッパ
      • 2.6.2 アジア
    • 2.7 死去
  • 3 死後
  • 4 暗殺説
  • 5 復権への動き
    • 5.1 ソ連時代
    • 5.2 ソ連崩壊後
  • 6 人間性
    • 6.1 性格
    • 6.2 人間不信
    • 6.3 家族
    • 6.4 レーニンとスターリン
    • 6.5 臆病なる独裁者
    • 6.6 イヴァン4世への傾倒
    • 6.7 ヒトラーへの共感
    • 6.8 反ユダヤ感情
    • 6.9 他人からの印象
    • 6.10 論説・言い回し
    • 6.11 容貌
    • 6.12 名前
    • 6.13 生年月日
    • 6.14 宗教的信仰と方策
    • 6.15 趣味
  • 7 プロパガンダ
    • 7.1 個人崇拝
  • 8 逸話
    • 8.1 日常
    • 8.2 内通疑惑
    • 8.3 「スターリンノック」
    • 8.4 恩師
    • 8.5 家族・肉親
    • 8.6 政府要人・党幹部
    • 8.7 外国要人と
  • 9 著作物
    • 9.1 日本語訳
  • 10 スターリンが登場する作品
  • 11 脚注
  • 12 参考文献
  • 13 関連項目

人物概要

グルジア語名იოსებ ბესარიონის ძე ჯუღაშვილი(イオセブ・ベサリオニス・ゼ・ジュガシヴィリ)としてロシア帝国の支配下にあったグルジア(現在のジョージア国)のゴリ市で誕生する。正教神学校で教育を受けるが、のちに棄教無神論に転向、15歳にしてマルクス主義に基づいた革命運動に参加する。

ウラジーミル・レーニンによるロシア社会民主労働党ボリシェビキ派(ロシア共産党)による十月革命に加わり、ソヴィエト連邦政府およびソヴィエト連邦共産党の成立に深く関与。1924年、レーニン死後に起きたレフ・トロツキーとの後継者争いを制すると、自身が務めていたソビエト連邦共産党中央委員会書記長に権限を集中させることで後継者としての地位を確立した。党内ではトロツキー派の世界革命論(永久革命)を否定して、一国社会主義論による国内体制の維持を優先する路線を示した。この理論対立はトロツキー派粛清の大義名分としても用いられた。

以降、人民委員会議議長および同職を改組した閣僚会議議長1941年から1953年に死没するまで務めたほか、前述のソビエト連邦共産党中央委員会書記長などの要職を兼任、国家指導者としての立場を維持した。

1928年、干渉戦争に対応して行われた戦時共産主義体制による経済疲弊から一時的に導入されていた新経済政策(ネップ)を切り上げさせ、第一次五ヶ年計画を実行に移した。同計画では政府主導の農業事業の集団化(コルホーズ)を進めて合理化と統制を進め、脆弱な工業力を強化すべく工業重点化政策を推進した。結果として帝政時代からの課題であった農業国から工業国への転身を果たし、ソ連が世界第2位の経済を有する基盤を作り出した。

一方で急速な経済構造の改革は飢饉などの形で国民に犠牲を強いることになり、反対派に対する厳しい弾圧も合わさって多数の犠牲者を出すことになった。前者については農業政策の混乱によって深刻な食糧不足が発生し、1932年から1933年の飢饉へと繋がった。後者に関してはグラーグ(収容所)に収監された者だけで100万名以上、これを免れた数百万人もシベリアなどの僻地に追放処分を受けた。強権支配は大粛清と呼ばれる大規模な反対派摘発で頂点に達し、軍内の将官を含めて数十万名が処刑あるいは追放された。

1939年、ナチスドイツの台頭などによって国際情勢が不安定化する中、マクシム・リトヴィノフに一任していた仏英ソ同盟の締結が不調に終わったこともあり、反共主義・反スラブ主義を掲げていたアドルフ・ヒトラーナチス・ドイツ独ソ不可侵条約を締結し、秘密議定書に基づくポーランド侵攻第二次世界大戦を起こすことになる。世界を驚嘆させたこの協定は政治的イデオロギーを別とすれば、ソ連政府によって有利に働いた。ポーランド分割、バルト三国併合、東カレリア併合(冬戦争)などの軍事行動における背景になっただけでなく、外交交渉においてもそうであった。第一次世界大戦における再三の鞍替え行為の末、ロシア革命後の混乱に乗じてベッサラビアを領有していたルーマニアに対し、ドイツと共同で外交圧力を掛けてベッサラビアと北ブコビナを返還させている。アジア方面ではドイツと同じ枢軸国日本とも日ソ中立条約を結んだ。

1941年、第二次世界大戦においても中立を維持していたソ連はイギリス本土上陸の失敗で手詰まりとなったドイツによる侵略を受け、独ソ戦が始まった。同時にイギリスを中心とする連合国陣営にも参加、米国の連合国参戦後はレンドリースによる援助対象とされている。自身の大粛清による影響もあって大きな苦戦を強いられ、多数の犠牲者や反乱に苦しんだものの、従来通りの強権支配を維持して軍と政府の統制を維持し続けた。やがて戦争が長期化する中で態勢を建て直し、最後には反攻に転じてドイツの首都ベルリンを陥落させ、東欧を支配下に置いた。アジア方面ではソ連対日参戦モンゴルの独裁者ホルローギーン・チョイバルサンとともに満州と内蒙古、日本の北方領土朝鮮半島北部まで攻め落とした。

連合国陣営内でソ連が果たした役割は非常に大きく、国際連合安全保障理事会常任理事国となり、米国と並ぶ超大国として戦後秩序に影響を与えた。ヤルタ会談ポツダム会議では大戦後の欧州情勢についての協議を行って冷戦を始めて鉄のカーテンを築き、ファシズム打倒後の共産主義資本主義の対立においては西欧諸国と北大西洋条約機構を結成した米国に対し、非同盟を掲げてスターリンと対立したヨシップ・ブロズ・チトー政権のユーゴスラビアを除く東欧諸国とワルシャワ条約機構が後に設立される。アジア情勢を巡っては国共内戦中国共産党を支援して中国大陸に中華人民共和国を成立させ、第一次インドシナ戦争ではベトナム民主共和国朝鮮戦争では朝鮮民主主義人民共和国を支援して竹のカーテンを築いて東側陣営を拡大していく。

1953年の死没まで国家指導者としての立場は続き、ソ連内の戦後復興でも主導的な役割にあったことはスターリン様式の建設物が今日でも多く残っていることからも理解できる。また科学技術や工業力の重点化政策も引き続き維持され、武装や宇宙開発などに予算や費用が投じられており、前者は1949年のRDS-1で成功し、後者ものちに実現している。最後に関わった国家指導は大規模な農業・環境政策たる自然改造計画であった。1953年に寝室で倒れ、病没した。

死後から程なくしてスターリン後の権力闘争が行われたが、その過程でニキータ・フルシチョフらによるスターリン派に対する批判が展開され始めた。1956年ソ連共産党第20回大会でフルシチョフは有名なスターリン批判を行い、一転してスターリンは偉大な国家指導者という評価から、恐るべき独裁者という評価へ変化した。この潮流は、反スターリン主義として各国の左派に影響を及ぼした。

その後もスターリンの評価は変遷を続け、現在でも彼の客観的評価を非常に難しくしている。この流れはソ連の後裔国家の一にあたるロシア連邦においても踏襲され、スターリンを暴君とする意見と、英雄と見なす意見とが混在する状態にある。特にスターリン崇拝が強いのは隣国のベラルーシである。

生涯

生い立ち

 |  | 
父ヴィッサリオンと母ゲラーゼ

1878年12月18日、ヨシフ・スターリンはロシア語名ヨシフ・ヴィサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ(ロシア語: Ио́сиф Виссарио́нович Джугашви́ли)として、ロシア帝国支配下のグルジア(現在のジョージア国)のゴリ市に生まれた。父ヴィッサリオン・ジュガシヴィリは靴職人、母ケテワン・ゲラーゼ農奴出身のカルトヴェリ人という貧しい家系であった。両親の第3子であったが2人の兄は幼児期に死没しているため、実質的には長男として育てられた。

彼の生まれ故郷は騒々しく暴力的で、治安の悪い地域であった。父ヴィサリオンは地元でも評判の職人だったがアルコール依存症を患い、しばしば妻や子供に暴力を振るった。家計は次第に傾いていき、幼少期だけで9回も転居を繰り返した。7歳の時には天然痘に罹患する不幸にも遭い、助かったものの皮膚に目立つ痘痕を残した。また12歳の時までに2度に亘って馬車にはねられて大けがを負い、後遺症で左腕の機能に障害を抱えることになった。

ヨシフは10歳の時、グルジア正教会からの推薦を受け、教会が運営する聖職者養成の初等神学校に進む。信心深かった母は大いに喜んだが、父は息子に靴職人を継がせる望みが絶たれるのを恐れて学業に反対した。父ヴィッサリオンは母に「俺は靴職人だ。息子も靴職人になるさ」と言っていたという。結局、父は別居という形で一家から離れていったが、後に息子を無理やり連れ去って自分と一緒に働く道を選ばせようとしたり、養育費を打ち切るなど抵抗を続けていたという。

神学校でもグルジア系ロシア人は差別を受け、公用語であるロシア語の使用が強制されていた。ヨシフは度重なる父の反対やけがを乗り越えつつ勉学に励み、この経歴から聖書を隅から隅まで読んだといえる唯一の独裁者である。やがて優等生として認められるようになったが、マルクス主義に傾倒したことで神学に対する疑問を抱き始めていったとされている。神学校の記録では、1896年、禁止されていたヴィクトル・ユゴーの著書の所持、1898年には、朝の祈禱の欠席や規律違反、反抗的態度などで、たびたび注意や処罰を受けており問題行動が目立っていた。1899年、司祭叙任を目前にしながら授業料不足を理由に神学校を退校している。

政治活動

革命家への転身

司祭教育を放擲したヨシフは、トビリシの中央気象台にて気象局員の仕事に就く。給料は月に20ルーブルという比較的安月給であったが、仕事の負荷は軽かった。勤務の傍ら、ロシア社会民主労働党の地方組織に参加する。ヨシフはストライキを組織し、示威運動を指導してスピーチを行った。ほどなくしてヨシフは、ツァーリ秘密警察のオフラーナの注意を受けた。この頃、オフラーナのファイル内の神学校時代の履歴を基に「ロシア側のスパイ活動を継続し随時報告」するようにとの指令の確認が行われた。このことをもってスターリンの行動に当時の主流派と違ったスタンスのいわば反党的な傾向を感じる同僚から二重スパイの感触が拭い去られ難く常にマークされていた。後年それを暴露され、公になることを怖れ、混乱下にある共産党内の粛清に至る、うんぬんという心理的な背景が1970年代のスターリン研究書には書かれていた。

1901年4月3日の夜、オフラーナはトビリシで、ロシア社会民主労働党の多くの指導者を逮捕したが、ヨシフは気象台でオフラーナの諜報員が待ち伏せしているのを見つけたことで捕獲を免れた。1901年に中央気象台を辞めたあとは、地下組織に潜って政治活動を行い、友人、支持者、そして党からの寄付金で生活した。ヨシフはバクーに本拠を置く過激な新聞社「Brdzola」で革命の記事を書き始めた。

同年10月、ヨシフはバトゥミに逃れ、精油所を所有しているロスチャイルド家で働く。その地で労働者を組織したヨシフは、1902年に精油所で起こった火事に巻き込まれた際に、経営者を騙して労働者に賞与を渡させることを目論んだ。しかしながら、経営者は放火を疑ったため、支払いを拒否した。これは、労働者を組織したヨシフの逮捕、そして街のコサックとの衝突という一連のストライキに至るのであった。刑務所内の仲間を脱獄させる試みの一つとしてコサックが介入したとき、スト参加者13人が殺された。ヨシフは、死者を殉教者のように描写した小冊子を配布した。1902年4月18日、当局はついに、密会の場でヨシフを逮捕した。裁判では、暴動を指揮したことについては証拠不十分として無罪となったが、トビリシでのヨシフの活動を当局が調査している間は拘留された。1903年、当局はヨシフをシベリアへ3年間追放することに決めた。

非合法活動

1903年12月9日、ヨシフはシベリアのイルクーツク州にあるノヴァヤ・ウダ (Novaya Uda) という街にいた。この間に、ロシア社会民主労働党内で、レーニン派のボリシェヴィキとユーリー・マルトフ派のメンシェヴィキという、対立する二つの派閥ができたことを聞いた。すでにレーニンの称賛者であったヨシフは、レーニンの党派に加わることを決めたが、虚偽の書類をどうにか手に入れた直後、1904年1月17日に列車に乗ってシベリアから逃亡し、その10日後にトビリシに到着した。なお獄中にいる中、ヨシフは社会民主労働党の委員に選ばれている。

収入がなく、仲間との付き合いで生活していたヨシフは、仲間の1人から、のちにレーニンの死後にソ連の共同統治者となるレフ・カーメネフを紹介された。この頃のヨシフは、国際的に大多数のマルクス主義者同士での亀裂を引き起こしたグルジア社会民主党 (en:Georgian Social Democratic (Menshevik) Party) を支持していた。追放の危機に瀕していたヨシフは、「信条」を書くことを強制され、彼の書いた論文は破棄された(レーニンはこの論文を手元から遠く離し、ヨシフがソ連の統治者となった時、この「信条」の原稿を全部破り捨てようとした。これを読んだ人の多くは銃殺された)。翌月、日本とロシアとの間で日露戦争が勃発した。結局ロシアの敗北に終わったこの戦争は、ロシア経済に厳しい重圧を、グルジア国内に多大な不安をもたらした。ヨシフは党のために、政治活動を行っているグルジアの向

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/11/28 11:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ヨシフ・スターリン」の意味を投稿しよう
「ヨシフ・スターリン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ヨシフ・スターリンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヨシフ・スターリン」のスレッドを作成する
ヨシフ・スターリンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail