このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ライン・サンドバーグとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
ワシントン州スポケーン
【生年月日】
(1959-09-18) 1959年9月18日(59歳)
【身長
体重】
6' 1" =約185.4 cm
175 lb =約79.4 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
二塁手
【プロ入り】
1978年 ドラフト1巡目(全体20位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
【初出場】
1981年9月2日
【最終出場】
1997年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • フィラデルフィア・フィリーズ (2013 - )

アメリカ野球殿堂
殿堂表彰者

【選出年】
2005年
【得票率】
76.16%
【選出方法】
BBWAA[:en]選出
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ライン・サンドバーグ(Ryne Dee Sandberg、1959年9月18日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州スポケーン出身の元プロ野球選手及び監督。ポジションは二塁手。他に遊撃手三塁手としてのプレー経験がある。右投右打。

ニックネームは"Ryno(ライノ)"

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 獲得タイトル・表彰・記録
    • 2.3 年度別監督戦績
    • 2.4 背番号
  • 3 脚注
  • 4 外部リンク

経歴

高校時代は野球のほかにバスケットボールアメリカンフットボールで州代表に選出された。ワシントン州立大学のフットボール部からは奨学金が提示されたが、野球好きの両親の影響などで、1978年フィラデルフィア・フィリーズからドラフト1位(全体20番目)に指名され入団。1981年9月2日にメジャーデビュー。ラリー・ボーワの後釜として注目されたが、13試合の出場で打率.167に終わった。1982年1月27日イバン・デヘスースとのトレードでボーワとともにシカゴ・カブスへ移籍。

遊撃手から三塁手へ転向し、1982年は開幕からメジャーで出場。最初の32打数で1安打にもかかわらず安定した守備のため、起用され続けた。156試合に出場し、打率.271・7本塁打・103得点・32盗塁を記録し、新人王の投票では6位に入った。ロン・セイの加入に伴い、二塁手へ転向。1983年ゴールドグラブ賞を初受賞。以後、1991年まで9年連続で受賞。

身体能力が優れていたにもかかわらず、意図的にゴロを打つことに終始していたサンドバーグに対し、ジム・フライ監督は「カウントが有利な時は、三塁線にファウルを打つつもりでバットを振ってみたらどうだ?」とアドバイスを送った。このアドバイスが的中し、1984年にはオールスター初出場を果たし、1993年にかけて10年連続で出場。チームをナ・リーグ東地区優勝に導き、200安打に加え、二塁打・三塁打・本塁打・盗塁がいずれも20以上というメジャー史上初の「THE 200-20-20-20-20 CLUB」に、三塁打と本塁打が1本ずつ足りず、逃したがナ・リーグMVPに選ばれた。この記録は2007年、ジミー・ロリンズが達成した。

1986年の日米野球で来日し、ア・リーグのスーパースター、カル・リプケン遊撃手(ボルチモア・オリオールズ)とメジャーでは実現しなかった二遊間を組んだ。

その後も活躍を続け、1989年には本塁打数が30の大台に達し、1990年5月18日にかけてジョー・モーガンの二塁手としての91試合連続無失策のメジャー記録を上回る123試合連続無失策を記録(2006年から2007年にかけてルイス・カスティーヨに抜かれた)。同年、二塁手としてはロジャース・ホーンスビー(1925年)、デーブ・ジョンソン(1973年)以来史上3人目の40本塁打を記録。

1992年3月2日にメジャー史上最高額となる4年総額2,840万ドルで契約延長。契約を満了していないにもかかわらず、1994年6月13日に離婚問題のため現役引退。1年半のブランクを得て1996年現役復帰し、1997年2度目の現役引退。二塁手としての通算277本塁打はメジャー記録であったが、2004年ジェフ・ケントに抜かれた。

現役引退後、2005年アメリカ野球殿堂入りを果たし、カブス在籍時の背番号23』が永久欠番となった。2007年にカブス傘下A級ピオリア・チーフスの監督に就任。2009年にAA級テネシー・スモーキーズ2010年にAAA級アイオワ・カブスの監督に昇格。

2011年からフィリーズ傘下AAA級リーハイバレー・アイアンピッグスの監督を務めている。

2013年シーズンよりフィリーズの三塁コーチを務めることが決定した。同年8月16日チャーリー・マニエル監督が解任されたため、シーズン終了まで監督代行を務める。11月22日、翌2014年シーズンから監督に昇格することが発表された。契約は2016年までの3年契約で、2017年の契約はオプションとなる。

2015年6月26日に成績不振を理由に辞任を発表した。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1981 | PHI | 13 | 6 | 6 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .167 | .167 | .167 | .334
1982 | CHC | 156 | 687 | 635 | 103 | 172 | 33 | 5 | 7 | 236 | 54 | 32 | 12 | 7 | 5 | 36 | 3 | 4 | 90 | 7 | .271 | .312 | .372 | .684
1983 | 158 | 699 | 633 | 94 | 165 | 25 | 4 | 8 | 222 | 48 | 37 | 11 | 7 | 5 | 51 | 3 | 3 | 79 | 8 | .261 | .316 | .351 | .667
1984 | 156 | 700 | 636 | 114 | 200 | 36 | 19 | 19 | 331 | 84 | 32 | 7 | 5 | 4 | 52 | 3 | 3 | 101 | 7 | .314 | .367 | .520 | .887
1985 | 153 | 673 | 609 | 113 | 186 | 31 | 6 | 26 | 307 | 83 | 54 | 11 | 2 | 4 | 57 | 5 | 1 | 97 | 10 | .305 | .364 | .504 | .868
1986 | 154 | 682 | 627 | 68 | 178 | 28 | 5 | 14 | 258 | 76 | 34 | 11 | 3 | 6 | 46 | 6 | 0 | 79 | 11 | .284 | .330 | .411 | .741
1987 | 132 | 587 | 523 | 81 | 154 | 25 | 2 | 16 | 231 | 59 | 21 | 2 | 1 | 2 | 59 | 4 | 2 | 79 | 11 | .294 | .367 | .442 | .809
1988 | 155 | 679 | 618 | 77 | 163 | 23 | 8 | 19 | 259 | 69 | 25 | 10 | 1 | 5 | 54 | 3 | 1 | 91 | 14 | .264 | .322 | .419 | .741
1989 | 157 | 672 | 606 | 104 | 176 | 25 | 5 | 30 | 301 | 76 | 15 | 5 | 1 | 2 | 59 | 8 | 4 | 85 | 9 | .290 | .356 | .497 | .853
1990 | 155 | 675 | 615 | 116 | 188 | 30 | 3 | 40 | 344 | 100 | 25 | 7 | 0 | 9 | 50 | 8 | 1 | 84 | 8 | .306 | .354 | .559 | .913
1991 | 158 | 684 | 585 | 104 | 170 | 32 | 2 | 26 | 284 | 100 | 22 | 8 | 1 | 9 | 87 | 4 | 2 | 89 | 9 | .291 | .379 | .485 | .864
1992 | 158 | 687 | 612 | 100 | 186 | 32 | 8 | 26 | 312 | 87 | 17 | 6 | 0 | 6 | 68 | 4 | 1 | 73 | 13 | .304 | .371 | .510 | .881
1993 | 117 | 503 | 456 | 67 | 141 | 20 | 0 | 9 | 188 | 45 | 9 | 2 | 2 | 6 | 37 | 1 | 2 | 62 | 12 | .309 | .359 | .412 | .771
1994 | 57 | 247 | 223 | 36 | 53 | 9 | 5 | 5 | 87 | 24 | 2 | 3 | 0 | 0 | 23 | 0 | 1 | 40 | 6 | .238 | .312 | .390 | .702
1996 | 150 | 621 | 554 | 85 | 135 | 28 | 4 | 25 | 246 | 92 | 12 | 8 | 1 | 5 | 54 | 4 | 7 | 116 | 9 | .244 | .316 | .444 | .760
1997 | 135 | 480 | 447 | 54 | 118 | 26 | 0 | 12 | 180 | 64 | 7 | 4 | 0 | 3 | 28 | 3 | 2 | 94 | 5 | .264 | .308 | .403 | .711
通算:16年 2164 | 9282 | 8385 | 1318 | 2386 | 403 | 76 | 282 | 3787 | 1061 | 344 | 107 | 31 | 71 | 761 | 59 | 34 | 1260 | 139 | .285 | .344 | .452 | .796

獲得タイトル・表彰・記録

年度別監督戦績

年度
チーム
地区
年齢
試合
勝利
敗戦
勝率
【順位/チーム数】
備考
2013 | PHI | NL 東 | 53 | 42 | 20 | 22 | .476 | 4 / 5 | シーズン途中より代理監督、順位は最終順位
2014 | 54 | 162 | 73 | 89 | .451 | 5 / 5 | 
2015 | 55 | 74 | 26 | 48 | .351 | 5 / 5 | シーズン途中退任、順位は最終順位
通算 | 3年 |  |  | 278 | 119 | 159 | .428 |  | 

背番号

脚注

  1. ^ ナガオ勝司 「祝☆記者投票殿堂入り!/ライン・サンドバーグ&ウェイド・ボッグス」『月刊メジャー・リーグ』2005年3月号、ベースボールマガジン社、2005年、雑誌 08625-3、89 - 90頁。
  2. ^ Ryne Sandberg Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年3月3日閲覧。
  3. ^ The Ballplayers - Ryne Sandberg” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月3日閲覧。
  4. ^ Ryne Sandberg from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月3日閲覧。
  5. ^ http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20130817-OYT1T00299.htm?from=ylist
  6. ^ Stark, Jayson (2013-09-22), Philadelphia Phillies tap Ryne Sandberg as permanent manager, ESPN.com, http://espn.go.com/mlb/story/_/id/9708012/philadelphia-phillies-tap-ryne-sandberg-permanent-manager 2013年9月22日閲覧。
  7. ^ フィリーズ、サンドバーグ監督が辞任「簡単な決断ではなかった」”. スポーツニッポン (2015年6月27日). 2015年7月20日閲覧。

外部リンク

アメリカ野球殿堂表彰者 二塁手


獲得タイトル・記録
ナショナルリーグMVP
チャルマーズ賞 | 

リーグ表彰 | 
  • 22 該当者なし
  • 23 該当者なし
  • 24 ダジー・ヴァンス
  • 25 ロジャース・ホーンスビー
  • 26 ボブ・オファレル
  • 27 ポール・ウェイナー
  • 28 ジム・ボトムリー
  • 29 ロジャース・ホーンスビー

  • 以下、全米野球記者協会(BBWAA)による表彰

    1930年代 | 

    1940年代 | 
  • 40 フランク・マコーミック
  • 41 ドルフ・カミリ
  • 42 モート・クーパー
  • 43 スタン・ミュージアル
  • 44 マーティー・マリオン
  • 45 フィル・キャバレッタ
  • 46 スタン・ミュージアル
  • 47 ボブ・エリオット
  • 48 スタン・ミュージアル
  • 49 ジャッキー・ロビンソン

  • 1950年代 | 
  • 50 ジム・コンスタンティー
  • 51 ロイ・キャンパネラ
  • 52 ハンク・サウアー
  • 53 ロイ・キャンパネラ
  • 54 ウィリー・メイズ
  • 55 ロイ・キャンパネラ
  • 56 ドン・ニューカム
  • 57 ハンク・アーロン
  • 58 アーニー・バンクス
  • 59 アーニー・バンクス

  • 1960年代 | 
  • 60 ディック・グロート
  • 61 フランク・ロビンソン
  • 62 モーリー・ウィルス
  • 63 サンディー・コーファックス
  • 64 ケン・ボイヤー
  • 65 ウィリー・メイズ
  • 66 ロベルト・クレメンテ
  • 67 オーランド・セペダ
  • 68 ボブ・ギブソン
  • 69 ウィリー・マッコビー

  • 1970年代 | 
  • 70 ジョニー・ベンチ
  • 71 ジョー・トーリ
  • 72 ジョニー・ベンチ
  • 73 ピート・ローズ
  • 74 スティーブ・ガービー
  • 75 ジョー・モーガン
  • 76 ジョー・モーガン
  • 77 ジョージ・フォスター
  • 78 デーブ・パーカー
  • 79 キース・ヘルナンデスウィリー・スタージェル

  • 1980年代 | 
  • 80 マイク・シュミット
  • 81 マイク・シュミット
  • 82 デール・マーフィー
  • 83 デール・マーフィー
  • 84 ライン・サンドバーグ
  • 85 ウィリー・マギー
  • 86 マイク・シュミット
  • 87 アンドレ・ドーソン
  • 88 カーク・ギブソン
  • 89 ケビン・ミッチェル

  • 1990年代 | 
  • 90 バリー・ボンズ
  • 91 テリー・ペンドルトン
  • 92 バリー・ボンズ
  • 93 バリー・ボンズ
  • 94 ジェフ・バグウェル
  • 95 バリー・ラーキン
  • 96 ケン・カミニティ
  • 97 ラリー・ウォーカー
  • 98 サミー・ソーサ
  • 99 チッパー・ジョーンズ

  • 2000年代 | 
  • 00 ジェフ・ケント
  • 01 バリー・ボンズ
  • 02 バリー・ボンズ
  • 03 バリー・ボンズ
  • 04 バリー・ボンズ
  • 05 アルバート・プホルス
  • 06 ライアン・ハワード
  • 07 ジミー・ロリンズ
  • 08 アルバート・プホルス
  • 09 アルバート・プホルス

  • 2010年代 | 
  • 10 ジョーイ・ボット
  • 11 ライアン・ブラウン
  • 12 バスター・ポージー
  • 13 アンドリュー・マカッチェン
  • 14 クレイトン・カーショウ
  • 15 ブライス・ハーパー
  • 16 クリス・ブライアント
  • 17 ジャンカルロ・スタントン
  • 18 クリスチャン・イエリッチ


  • ナショナルリーグ本塁打王
    1870年代 | 

    1880年代 | 
  • 80 ジム・オルークハリー・ストービー
  • 81 ダン・ブローザース
  • 82 ジョージ・ウッド
  • 83 バック・ユーイング
  • 84 ネッド・ウィリアムソン
  • 85 アブナー・ダルリンプル
  • 86 ダン・ブローザースハーディ・リチャードソン
  • 87 ビリー・オブライエン
  • 88 ジミー・ライアン
  • 89 サム・トンプソン

  • 1890年代 | 
  • 90 オイスター・バーンズマイク・ティアナンウォルト・ウィルモット
  • 91 ハリー・ストービーマイク・ティアナン
  • 92 バグ・ホリデー
  • 93 エド・デラハンティ
  • 94 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/06/11 22:06

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ライン・サンドバーグ」の意味を投稿しよう
    「ライン・サンドバーグ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ライン・サンドバーグスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ライン・サンドバーグ」のスレッドを作成する
    ライン・サンドバーグの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail