このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ラグビー日本代表とは?

ラグビー日本代表
【ユニオン】
日本ラグビー協会
【愛称】
ブレイブ・ブロッサムズ
【エンブレム】
サクラ
【コーチ】
ジェイミー・ジョセフ
【主将】
リーチマイケル
最多キャップ 大野均 (98)
【最多得点選手】
五郎丸歩 (711)
【最多トライ選手】
大畑大介 (69)

チームカラー
 | 
チェンジカラー


【初国際試合】

日本 9 - 8 カナダ
(1932年1月31日)
【最大差勝利試合】

日本 155 - 3 チャイニーズタイペイ
(2002年7月6日)
【最大差敗戦試合】

ニュージーランド 145 - 17 日本
(1995年6月4日)
ラグビーワールドカップ

【出場回数】
9 (1987年初出場)
【最高成績】
ベスト8 (2019)
日本代表対オーストラリアA代表、2008年、レベルファイブスタジアム にて
日本代表対トンガ代表北九州市立本城陸上競技場 2006年 (22年ぶりの九州の地でのテスト・マッチ開催)

ラグビー日本代表(ラグビーにほんだいひょう)は、日本ラグビー協会が組織するラグビーユニオンナショナルチームである。愛称は「ブレイブ・ブロッサムズ」(BRAVE BLOSSOMS)。古くからのラグビーファンの間では「ジャパン」と呼ばれる。時の監督、ヘッドコーチの名前を冠して、「大西ジャパン」「宿澤ジャパン」「エディージャパン」「ジェイミージャパン」などと呼ばれることもある。

ファーストジャージーのデザインは赤に白の横線。国内ではそのユニフォームが「桜のジャージ」と呼ばれる。ジャパンが初めて結成された時のエンブレムは桜がまだ蕾であった。

目次

  • 1 歴史
    • 1.1 黎明期
      • 1.1.1 日本代表誕生
    • 1.2 「大西ジャパン」
      • 1.2.1 「NZ遠征」
      • 1.2.2 「日本選手権出場辞退事件」
      • 1.2.3 「母国相手に大健闘」
      • 1.2.4 「ジャパンのルーツ」
      • 1.2.5 「接近・展開・連続」
    • 1.3 相次ぐ海外遠征
      • 1.3.1 海外遠征の増加
      • 1.3.2 ラグビーブームとは裏腹の日々
    • 1.4 第1回ワールドカップ
      • 1.4.1 初のワールドカップ
    • 1.5 「宿澤ジャパン」
      • 1.5.1 「宿澤ジャパン」誕生
      • 1.5.2 スコットランド相手に「金星」
      • 1.5.3 「テストマッチ」のあり方を見直す
      • 1.5.4 「ワールドカップ」初勝利
    • 1.6 ブルームフォンテーンの悲劇
      • 1.6.1 145失点、歴史的大敗
    • 1.7 平尾体制
      • 1.7.1 平尾ジャパン
    • 1.8 宿澤が現場復帰
      • 1.8.1 日本代表再建へ
      • 1.8.2 迷走時代突入
    • 1.9 「JKジャパン」
      • 1.9.1 「2007年 ワールドカップ」
      • 1.9.2 「本格始動」
      • 1.9.3 「2011年 ワールドカップ」
    • 1.10 「エディージャパン」
      • 1.10.1 2012年
      • 1.10.2 2013年
      • 1.10.3 2014年
      • 1.10.4 2015年
    • 1.11 ブライトンの奇跡
      • 1.11.1 スポーツ史上最大の番狂わせ
    • 1.12 ジョーンズHC退任後
      • 1.12.1 次期監督の選考
    • 1.13 「ジェイミージャパン」
      • 1.13.1 2016年
      • 1.13.2 2017年
      • 1.13.3 2018年
      • 1.13.4 2019年
      • 1.13.5 ワールドカップ初の決勝トーナメント進出
  • 2 選手
    • 2.1 現在の代表
    • 2.2 最新試合
    • 2.3 歴代キャップ数10傑
  • 3 スタッフ
    • 3.1 現在のスタッフ
    • 3.2 歴代日本代表監督
    • 3.3 歴代日本代表ヘッドコーチ
    • 3.4 歴代日本代表ゼネラルマネージャー
  • 4 キャップ対象試合成績
  • 5 タイトル
  • 6 ワールドカップでの戦績
  • 7 A代表、年代別代表、女子代表の編成
  • 8 表彰
  • 9 視聴率
  • 10 CM出演
  • 11 脚注
    • 11.1 注釈
    • 11.2 出典
  • 12 関連項目
  • 13 外部リンク

歴史

 | 
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2012年2月)

黎明期

日本代表誕生

初めて日本代表が結成されたのは1930年のカナダ遠征である。香山蕃が初代監督に就任し、ブリティッシュコロンビア州代表 (以下、BC代表)が初のテストマッチ認定試合となったが、6勝1分の成績を残した。国内での初のテストマッチは1932年カナダ代表との対戦であった。戦前最高のプレイヤーと呼ばれた笠原恒彦 (明大)らの活躍により、戦績は日本の2戦2勝だった。香山は1930年から1934年まで監督を務め、テストマッチで3勝1敗の成績を残した。

一方、1932年から1962年までは海外での試合はなく、国内でのみ試合を行なった。この間、ニュージーランド学生代表クラブ (NZU)、オーストラリア学生代表、オックスフォード大学ケンブリッジ大学の他、在韓ニュージランド部隊や極東英連邦軍チームなどと対戦したが、ほとんど勝てなかった。

1963年葛西泰二郎が監督に就任し、33年ぶりにカナダへ遠征。同年4月13日のBC代表戦を33-6で制し、海外遠征テストマッチ初勝利を挙げた他、通算成績4勝1敗の成績を残した。ちなみに同遠征メンバーの中に、後にグレート草津としてプロレスラーとしての道を歩むことになる草津正武もいた。

「大西ジャパン」

「NZ遠征」

その後2年間は試合が行われなかったが、1966年大西鐡之祐が監督に就任すると、2年後の1968年ニュージーランド (以下、NZ)とオーストラリアへ遠征し、1か月間で11試合を行い、6月3日のオールブラックスジュニア戦と6月8日のNZU戦がテストマッチ対象試合となった。そしてオールブラックスジュニア戦では、坂田好弘が4トライを挙げるなどの活躍を見せて23-19で撃破するという大金星を挙げた。翌日の地元新聞には、「NZラグビー暗黒の日」という見出しが踊ったという。この長期遠征は5勝6敗の成績だった。

「日本選手権出場辞退事件」

1969年に開催された第1回のアジアラグビーフットボール大会 (アジア選手権ともいう)で優勝。タイ・バンコクで開催された1970年の第2回も制覇したが、第2回開幕直前に、1969年度の全国社会人ラグビーフットボール大会で優勝した近鉄、準優勝のトヨタ自工、同3位の三菱自工京都が相次いで、アジア選手権に主力を送り込むため、同年度の日本ラグビーフットボール選手権大会 (日本選手権)を辞退することを表明する騒動が起こった (詳しくは、日本ラグビーフットボール選手権大会#日本選手権の辞退を参照)。アジア選手権の開催日程が1月10日から18日までとなっており、1月15日に開催される日本選手権と日程が重なったためである。

このような騒動があったものの、アジア選手権連覇を果たした日本は、1970年3月に、NZUとBC代表を日本に招いてテストマッチを行なったが、このとき、日本のエース、坂田好弘はNZUのメンバーとして出場した。結果、BC代表には32-3で快勝したが、NZUには3戦全敗。ついに、大西ジャパン時代には、長年の宿敵であるNZUには勝つことができなかった。

「母国相手に大健闘」

1971年9月、ラグビーの母国、イングランド代表が来日した。同月24日に花園 (19-27)では、双方5度に亘る逆転劇というシーソーゲームの末敗戦。28日の秩父宮では花園の一戦とは違って双方ノートライのロースコアゲームとなった。日本は山口良治が挙げた1ペナルティ・ゴール (PG)しか得点を奪えなかったが、後半32分頃に訪れた、宮田浩二があと2センチあればトライを取れていたシーンがあるなど、80分間に亘り、イングランドと互角以上に渡り合った。結果、3-6で惜敗したが、今もなお、日本代表試合史上に残るベストゲームとして語り継がれている。

「ジャパンのルーツ」

大西は、早大監督時代から海外列強の理論を導入。自宅には、原語で書かれたラグビー理論書が多く蔵書されていたという。さらに寄せ集め的な日本代表チームの編成に異議を唱え、日本代表の強化・セレクションの基礎を作り上げた。このことに関連して、今、「〇〇ジャパン」という呼称がマスコミを中心に言われることが多いが、そのルーツは大西に起因している。日本代表監督に就任する前、当時はラグビーでも「全日本」という言い方をしていたが、それではただの寄せ集めチームの名前に過ぎないとして、「いいか、君らは日本を代表して戦うんだ!よって(親しみを込めて)これから『ジャパン』ということにする。」と、代表選手を集めたミーティングで説き、以後暫く、「ジャパン」といえば、ラグビー日本代表のことを指すようになった。また、ラグビーでは「北島明治」などチーム名に監督名を冠する呼称が一般的だったので「大西ジャパン」と呼ばれた。

「接近・展開・連続」

大西の豊富なラグビー理論を集約した考え方が、「接近・展開・連続」である。これは、体の大きい相手にはスペースを与えず、できる限り「接近」してプレーする。相手とすれ違いざま、接触する寸前に素早く、味方に正確なパスを通し、人もボールもワイドに「展開」する。そのプレーを「連続」させて、相手ゴールを陥れるということに起因する。その理論に基づき、大胆な選手起用法も試みた。ラグビー経験の少ない井沢義明をいきなり代表に抜擢、身長160センチメートル台ながらタックルが良くラインアウトのスローイングに長けた石田元成をフランカーとして起用、トリッキーなステップで対面を抜き去るスリークォーターバックス (TB) ウィング萬谷勝治を「カンペイ」の切り札としてフルバックにコンバート、ナンバー・エイトだった原進プロップとして抜擢、徹底的に鍛え上げて世界に通用するプロップに育て上げるなど、オールスター選抜・早慶明同に人選が偏重する傾向の強かった日本代表を革新した。

相次ぐ海外遠征

海外遠征の増加

上記イングランド来日試合を最後に大西が監督を退任し、1972年同志社大学の指揮を執る岡仁詩が後継監督となったが、オーストラリアコルツ来日テストマッチで1勝1分を記録するなど、国内強化試合を含めて負けなしを記録した。そして翌1973年に、イギリス、フランス遠征を1か月間に亘って行うことが決まった。ところがその後、岡が指導する同志社で練習中に部員が死亡するという事態となったため辞任せざるを得なくなり、英仏遠征の監督には急遽横井久が就任したが、当時主将は実弟の横井章が務めており、「横井兄弟体制」ができあがった。英仏遠征では、同年10月6日に、当時世界一との評価を得ていたウェールズ (14-62)、10月28日にはフランスとそれぞれ初のテストマッチを行なった。なお、このフランス戦については、フランスラグビー連盟もテストマッチと認定したが、18-30と健闘した。

1974年明治大学OBの斎藤寮が監督に就任し、4月下旬から1か月に亘り、6年ぶりとなるNZ遠征が実施されたが、遠征最終戦で、「大西ジャパン」時代でも勝利できなかったNZUに対し、「アニマル」こと藤原優の逆転トライが利いて24-21で破り、対同チーム初勝利を挙げた。

1975年、岡が監督に復帰し、同年7月中旬から約1か月間、オーストラリア遠征を実施した。オーストラリア代表 (ワラビーズ)とはテストマッチを2試合行い、第2テスト試合の8月17日の試合では、25-30と健闘した。そして、このワラビーズ戦は、2試合ともオーストラリアラグビー連合もテストマッチと認定した。この頃までは、勝てないまでも日本は、国際ラグビーフットボール評議会 (現在のワールドラグビー)ファウンデーションユニオン8か国の代表に対し健闘する試合も少なくなかった。

ラグビーブームとは裏腹の日々

1970年代後半あたりから、とりわけ大学ラグビーについては空前のブームとなった。早明戦早慶戦全国大学ラグビーフットボール選手権大会日本ラグビーフットボール選手権大会といった試合では満員のスタンドで行われるのが常となっていた。しかし日本代表はこの頃、アジア諸国相手にしか勝てないという戦績に喘いでいた。キャップ対象試合だけを紐解くと、1975年のオーストラリア遠征-1980年まで、日本代表が勝利を収めたのはアジア選手権において3度韓国を破った試合があるのみ。それ以外の相手となると、1979年の花園におけるイングランド戦の惜敗 (19-21)があったとはいえ、1引き分けを挟んで19連敗を喫した。

1981年のオーストラリア学生選抜戦でようやくアジア勢以外から勝利すると、1982年香港及びカナダ代表の来日試合に勝利してテストマッチ5連勝を記録した。以後、1982年9月26日にNZUから国内初勝利を挙げた試合や、1983年のウェールズ遠征でウェールズ代表に24-29と惜敗した試合もあったが、一方では韓国に度々敗戦してアジア王者から陥落した年もあるなど、安定した成績を収めることができなかった。またこの間の代表監督は、就任期間が短期間であることが少なくなかったばかりか、新任監督が誕生せず、過去の経験者が二度目、三度目の就任をするなど、場当たり的な人事とみられてもおかしくなかった。ひいては上記の通り、国内の爆発的なラグビー人気があり、かつ松尾雄治などのタレントを擁しながらも、成績が振るわなかったのである。

第1回ワールドカップ

初のワールドカップ

ラグビーには長年世界一を決める大会がなく、日本は海外遠征やラグビー強豪国を招いてのテストマッチでラグビー強豪国 (IRB正加盟国8カ国)を破ることが悲願であったが、実力と試合機会という高い壁に阻まれてきた。1987年ラグビーワールドカップが創設され、日本は第1回大会に招待された。

しかし、第1回ワールドカップの招待を受けたにもかかわらず、岡が大会直前になってNZへの研修留学という名目で監督を辞任。急遽宮地克実が指揮を執って挑んだ。初戦のアメリカ戦ではペナルティ・キック (PK)を5回も外し、勝てる期待の高かった試合を18-21で落とした。続くイングランド、オーストラリア戦にも敗戦し、3戦全敗で予選敗退となった。その後は通常のテストマッチでも連敗が続き、1986年スコットランド戦からテストマッチ11連敗という「暗黒の時代」が続いた。その後、1988年のアジア選手権で韓国に2大会連続で敗退した責任を取り、日比野弘が監督を辞任。しかし、後任監督の選定には時間を要した。

「宿澤ジャパン」

「宿澤ジャパン」誕生

日比野の後任監督には、早大時代にラグビー日本選手権2連覇達成の立役者の一人でありながら、銀行員という職業柄、ラグビー界から遠ざかっていた「伝説のスクラム・ハーフ」宿澤広朗に白羽の矢が立った。 日比野が辞任を表明してからしばらくして、当時、選手強化委員長だった白井善三郎は日比野を携えて、住友銀行(当時)の英国支店勤務中にファイブ・ネーションズの観戦記などを日本のラグビー雑誌に寄稿したりするなどしていた宿澤を呼び、開口一番、「何のことかわかるだろう。」と切り出した。宿澤は当初、母校・早稲田大学のコーチ就任についての話かと思っていたらしく、まさか代表監督の要請とは思ってもいなかったという。しかも代表監督ということになると、勤務先の住友銀行も許可を出さないだろうと思っていたが、白井と日比野が事前に住友銀行に根回ししていたこともあり、「出世に響いてもいいなら、やってみろ。」という当時の上司からの事実上の快諾を得たため、1989年に日本代表監督に就任することになった。ちなみに、日本代表の新任監督は、1980年山本巌以来、実に9年振りのことだった。

スコットランド相手に「金星」

宿澤監督就任初の采配試合となった。1989年5月28日、秩父宮ラグビー場で行われたスコットランドXVとの一戦である。スコットランド代表メンバーのうち、レギュラークラスの過半数はブリティッシュ・ライオンズのメンバーとしてNZに遠征中だったため、ベストの布陣とは言えず代表扱いではないチームとして「スコットランドXV」を名乗っていたが、ここまで日本はスコットランドには3戦全敗中。そのため、最初から勝てる相手ではないと思われても致し方なかった。ところが、宿澤はこの強力な来日チームの試合を観戦し、次の弱点があることに着眼して「勝てる」と感じ、代表選手たちにこう力説した。

高温多湿、かつスコットランドのキッカーの絶不調があったとはいえ、全体として宿澤のほぼ読み通りの試合内容となり、28-24のスコアでIRB常任理事国を破る金星を挙げた。そして、当時のスポーツ紙がこの金星を一面で大々的に報道した他、この勝利がきっかけとなり、日本代表は、Sports Graphic Number誌における同年度のMVP賞に選出された。この試合では、当時の代表チームの主将に、当時神戸製鋼の主将でもあった平尾誠二が就き、また、シナリ・ラトゥ吉田義人堀越正巳青木忍といった現役大学生をレギュラーに抜擢したことにも特筆すべき点があった。そのため、たった1戦の指揮しか行なっていないにもかかわらず、宿澤は日本のラグビーを変えた、とまで言われるようになっていった。

「テストマッチ」のあり方を見直す

スコットランド戦の金星があったとはいえ、宿澤は、日本代表とレベルの近いチームとの対戦を志向したため、その後はIRFBファウンデーションユニオン8か国との対戦は、1991年のワールドカップまでなかった。また宿澤は、これまでNZUやオックスフォード、ケンブリッジの両大学などの対戦相手についても、(日本代表のみ)テストマッチとしてきたあり方を抜本的に見直し、原則的に各国代表チーム以外のチームとの対戦についてはテストマッチとはみなさないことも方針として決めた。この方針は、当時の日本代表チームとしてはかなり画期的な方針であったが、以後の日本代表監督、ヘッドコーチ時代もこれに倣うことになった。

「ワールドカップ」初勝利

対スコットランド勝利後のカナダ遠征では2戦2敗、翌1990年3月のフィジー戦も完敗した。ワールドカップのアジア・太平洋予選では、西サモアにこそ苦杯を舐めたが、トンガ、韓国を破って2大会連続でワールドカップ出場を決めた。だが、その後は西サモア戦の敗退を含めてテストマッチで5連敗。ところが、1991年のワールドカップを迎えるにあたって、むしろ宿澤ジャパンに対する評価は不安よりも期待感のほうが高まっていた。プール2に入った日本は、初戦で優勝候補の一角にも挙げられたスコットランドと対戦。スコットランドのホームであるマレーフィールド・スタジアムが会場であったが、2年前の「再現」を期待していた日本のラグビーファンも多かった。しかし、前半こそ9-17で折り返したものの、後半は雪辱を期していたスコットランドの一方的展開となり、9-47で完敗した。続く対アイルランド戦はアイルランドのホームグラウンドであるランズダウン・ロードで行われた。対スコットランド戦から中3日で行われたこの試合では、吉田義人の70m独走トライなどのシーンが見られた拮抗した試合になったものの、16-32で敗北。この時点で日本の予選突破は消えた。最終戦の対ジンバブエ戦はベルファストで行われ、日本は本大会最多の9トライを奪う猛攻を見せて52-8でW杯初勝利を収めた。

ブルームフォンテーンの悲劇

145失点、歴史的大敗

ワールドカップ終了後、宿澤は退任。後任には、新日鐵釜石時代、監督として日本選手権で3度の優勝に導いた小藪修が就任することになった。小藪はチームコンセプトとして、「タテ・タテ・ヨコ」というパワーラグビーを志向した。しかし、レベルが総体的に落ちるアジア諸国相手であれば通用したが速度が伴わず、北・南両半球の強豪相手には通用しなかった。とりわけ、1993年のウェールズ遠征では、同国代表はもとより同国Aチームにも惨敗を喫し、小藪解任論まで噴出した。そのため、タテ・タテ・ヨコの修正を迫られた。以後は立て直しが見られ、フィジーに国内でのテストマッチで連勝、また1994年のアジア選手権決勝で韓国を破って3大会連続のワールドカップ出場権を得た。

1995年に開催されたW杯本戦では全く歯が立たず、ウェールズには10-57、アイルランドには28-50といずれも完敗。この時点で3大会連続となる予選プール敗退が決定した。3戦目の対戦相手のニュージーランド (オールブラックス)は既に決勝トーナメント進出を決めていたため、控え選手主体のメンバーであったが、日本代表もワールドカップの過密日程からか一部の主力選手が出場せず、前半だけで12トライ、後半も9トライを挙げるなどして、145-17で圧勝。オールブラックス来日時の第2テストマッチで100失点以上を経験していたため、戦前から日本代表の大敗は予想されていたとはいえ、「ブルームフォンテーンの悪夢 (悲劇・虐殺とも)」と呼ばれる大敗を喫した。なお、この試合をもって小藪は監督を退任した。

小藪の後任には、サントリーの部長だった山本巌が3度目の就任となった。1996年パシフィック・リム選手権で2勝4敗の最下位に終わり、同年限りで退任した。

平尾体制

平尾ジャパン

1997年平尾誠二が監督に就任。平尾は就任後、ラグビーの競技人口が減少している背景から、「平尾プロジェクト」なるものを立ち上げた。つまりは、素質はありながらも所属チームが無名であるがゆえに埋もれた逸材と見られている選手や、ラグビー経験がなくとも他のスポーツで優秀な成績を収めている選手を取り込む目的があり、育成した上で将来その中から日本代表選手を発掘するという意味合いがあったのだが、結果的に大した成果は挙げられなかった。また、パシフィック・リム選手権はカナダに32-31に逆転勝利 (1997年5月18日、秩父宮)した以外は全敗し1勝5敗の最下位に終わった。

1998年、日本代表としては史上初めて外国籍選手のアンドリュー・マコーミックが主将に指名された。第4回ワールドカップのアジア予選の壮行試合となったアルゼンチンに44-29で勝利。シンガポールで行われたW杯アジア予選でも優勝し、4大会連続のW杯出場を決めた。

1999年、パシフィック・リム選手権で、フィジー以外の5か国に勝ち、初優勝を果たした。この時の日本代表には、グレアム・バショップジェイミー・ジョセフといった、オールブラックスの選手としても著名な活躍をした選手が入っていたことから、「チェリーブラックス」と、海外列強のマスコミから報じられた。ラグビーワールドカップ1999は4戦全敗に終わり、プール敗退となったが、パシフィック・リム選手権での実績を評価して平尾体制を継続していくことを決めた。

2000年のパシフィック・リム選手権では4戦全敗となり最下位。その後のカナダ、アイルランドの各遠征でもテストマッチで大敗を喫した。11月25日、日本協会は平尾の監督辞任を了承した。

宿澤が現場復帰

日本代表再建へ

平尾の辞任を受け、宿澤広朗が強化委員長に就任し、現場復帰することになった。宿澤は、自身の出身校である早稲田大学を含めた、日本ラグビー界にはびこる「学閥」の排除の意味も込めて、監督時代に東芝府中の黄金時代を築いた、東海大学出身の向井昭吾を監督に招聘した。向井は東芝府中監督時代、「PからGO」のキャッチフレーズを掲げ、ペナルティを与えられたら間髪入れず素早い攻撃を仕掛けるという戦法を駆使し、日本選手権3連覇などの実績を挙げた。また「PからGO」の戦法は、体格に劣る日本代表にも合致していると思われた。しかも、向井時代の代表選手には、大畑大介小野澤宏時というフィニッシャーがいたからなおさらだった。しかし、「速いラグビー」が売りであるがゆえに、他国チームは逆に、日本はスクラムやラインアウトといったセットプレーが弱点と考え、とりわけ列強諸国は、そこを重点的に突いてきたが、日本はほとんどそれに対応できなかった。結果、向井時代にテストマッチでアジア諸国以外のチームから勝ち星を得たのは、2001年におけるカナダと、2002年におけるロシアの2勝のみ。ラグビーワールドカップ2003は4戦全敗 (3大会連続の全敗)でプール敗退となった。大会終了後、監督の向井、強化委員長の宿澤がそれぞれ辞任した。

迷走時代突入

2004年3月22日、神戸製鋼コベルコスティーラーズのヘッドコーチだった萩本光威が監督に就任。萩本は就任当初、同年のスーパーパワーズカップでロシアとカナダを破って優勝に導き、幸先のよいスタートを切ったかに思われたが、続くイタリア戦で敗戦すると、同年11月に挙行された欧州遠征において、スコットランドに8-100、ルーマニアに10-25、ウェールズに0-98と、いずれも完敗ないし大敗したため、同遠征直後に解任論が噴出。しかし、萩本解任を唱えた向井昭吾、春口廣清宮克幸の3名が、監督評価機関である8強会議の委員を解任され、欧州遠征と前後して、代表のフィットネスコーチ、選手2名が相次いで繁華街でのトラブルで逮捕される不祥事が起きたが、監督の萩本には「警告」のみという処分にとどまった。だが、翌2005年の南米遠征でウルグアイ、アルゼンチンに連敗。さらに5月から6月にかけて、カナダ、アイルランド (2試合)にもそれぞれ敗退したため、ついに萩本は辞任に追い込まれた。

これを契機に、強化委員長・監督という指導体制に限界を感じた日本協会は、ゼネラルマネージャー (GM)及びヘッドコーチ (HC)という体制に改め、2005年8月、初代GMにNECグリーンロケッツ太田治、HCには、初の外国人指導者となる、ジャン=ピエール・エリサルドが就いた。新体制下の日本代表は、いきなりテストマッチ4連勝を果たし上々の滑り出しとなったかに思われたが、2006年、第一回のIRBパシフィック・ネイションズ・カップでは全く歯が立たず、4戦全敗で最下位に終わった。そして同年9月、エリサルドが、日本協会に無断でアビロン・バイヨンヌのスポーツマネジャーにも就任したことが判明。日本協会はHCに専念するよう求めたが、エリサルドがこれを拒否したため、同年10月31日付でエリサルドを解任。暫定的にGMの太田がHCも兼務することになった。そして太田は、かつての自身のチームメイトであり、かつ第1回W杯における最大の優勝の立役者のジョン・カーワンに白羽の矢を立てることになる。

「JKジャパン」

「2007年 ワールドカップ」

太田HC代行体制で挑んだ2006年11月のW杯アジア予選で、韓国、香港に快勝し、6大会連続の本戦出場を決めた。 2007年1月9日 (就任は同年1月1日付)、日本協会はジョン・カーワンをヘッドコーチ (HC) とすることを発表した。カーワンは海外のラグビー事情を多少でも知る者ならば誰でも知っているスーパースターであり、1987年の第1回のワールドカップにおけるイタリア戦で、90メートル独走トライをしたことでも知られている。また、現役生活の晩年にはNECでもプレー経験があり、日本のラグビーファンにも知名度があった。また現役引退後、イタリア代表のヘッドコーチを務めた。既にW杯出場を決めていることもあり、カーワンに求められたのは本戦での実績。これについて、カーワンは、フィジーとカナダには少なくとも勝つことを主眼におき、決勝トーナメント (各プール2位まで)には残れなくとも、3位以内 (同位以内であれば、次回のW杯予選が免除される)には確実に入る算段を目論んでいた。しかし、IRBパシフィック・ネイションズ・カップでは1勝4敗で最下位。8月18日にイタリアサン=ヴァンサンで行われたイタリア戦も12-36で敗退した。ワールドカップ開幕直前になって、エースの大畑大介山本貢安藤栄次の3選手が怪我により帰国したため、急遽替わりのメンバーが招集されるといった事態にも見舞われた。カーワンは、確実に2勝するため、同じプールBに入った強豪のオーストラリア、ウェールズにはいわばリザーブ主体の選手で挑み、フィジー、カナダにはレギュラー級で戦うという、「二刀流」を試みた。したがって、初戦のオーストラリアには3-91で大敗したが、カーワンには「想定の範囲内」のようだった。しかし、続くフィジー戦では、フィジーのフィットネスが後半になって急激に低下する形になったにもかかわらず、31-35で惜敗。さらにウェールズにも18-72で大敗し、6大会連続の予選プール敗退決定。加えて、1995年W杯のウェールズ戦から数えて13連敗となってしまった。そして、最終戦のカナダに例え勝ったとしても、最低限の目標である3位以内もきわめて難しくなった。そんな状況で迎えたカナダ戦。日本はノーサイド直前まで5-12でリードされていたことから、4大会連続の全敗が確実視されていたが、ロスタイムに平浩二が右隅にトライを決めて2点差まで迫ると、その後、大西将太郎がゴールキックを決め同点となり、ここでノーサイドの笛。この結果日本は14試合ぶりに敗戦を免れ、また、4大会ぶりに予選プール最下位を免れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/01/25 13:50

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ラグビー日本代表」の意味を投稿しよう
「ラグビー日本代表」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ラグビー日本代表スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ラグビー日本代表」のスレッドを作成する
ラグビー日本代表の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail