このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ラジオ日本ジャイアンツナイターとは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2015年4月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2015年4月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2015年4月)
【ラジオ日本ジャイアンツナイター】

【ジャンル】
プロ野球中継(巨人戦)
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1959年 -
【放送時間】
火曜 - 日曜 17:55 - 試合終了
【放送局】
RFラジオ日本
【ネットワーク】
ぎふチャン
ラジオ関西(共に火曜 - 金曜のみ)
【公式サイト】
公式サイト

ラジオ日本ジャイアンツナイター』(ラジオにっぽんジャイアンツナイター、Radio Nippon Giants Nighter)は、アール・エフ・ラジオ日本(RFラジオ日本)が放送しているプロ野球ナイトゲーム中継番組である。文字通り、読売ジャイアンツ(巨人)の試合を専門としている。

本項では、巨人戦専門となる前の同局のプロ野球中継についても記述していく。ネット局であるぎふチャンの「ゴールデンナイター」、ラジオ関西の「ラジオ関西ジャイアンツナイター」は各ページも参照されたし。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 テーマソング
  • 2 放送時間
    • 2.1 制作担当局
  • 3 レインコート番組
    • 3.1 過去
      • 3.1.1 1970-80年代
      • 3.1.2 2005・06年度
      • 3.1.3 2007年度
      • 3.1.4 2008年度
      • 3.1.5 2009年度
      • 3.1.6 2010年度・2011年度
      • 3.1.7 2012年度
      • 3.1.8 2013年度
      • 3.1.9 2014年度
      • 3.1.10 2015・16年度
      • 3.1.11 2017年度
      • 3.1.12 2018年度
  • 4 リスナー参加企画
  • 5 出演者
    • 5.1 解説者
    • 5.2 実況アナウンサー・リポーター
  • 6 過去の出演者
    • 6.1 過去の解説者
    • 6.2 ゲスト解説者
    • 6.3 過去の実況アナウンサー・リポーター
  • 7 球場内企画
  • 8 JRN・NRNとの関係
    • 8.1 大洋戦放送権本格獲得
    • 8.2 バッチリナイターからジャイアンツナイターへ
    • 8.3 TBSとの連携へ
    • 8.4 NRNへの開放
    • 8.5 横浜売却問題以後のRFとNRN
    • 8.6 JRN単独局発の裏出し制作
    • 8.7 TBS・RF提携復活
    • 8.8 TBSナイター放送撤退以降
  • 9 脚注・出典
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

1958年12月、ニュース・スポーツ・音楽を編成の三本柱とした開局したラジオ関東(当時)が、翌1959年シーズンより在京局に先駆けて完全中継を行って以来の同局の看板番組。第1回は同年5月2日平和台野球場で開催された西鉄ライオンズ大毎オリオンズ。この年は巨人戦48試合を中心にしたセ・リーグ55試合、パ・リーグ48試合、その他オールスター2試合の合計105試合を送った。

1977年10月に同局が読売新聞ニュースを放送する見返りとして、読売ジャイアンツ主催ゲームを独占中継する事となり、1979年シーズンより番組タイトルを従来の「ラジオ関東バッチリナイター( - かんとう - 、Radio Kanto Bacchiri Nighter)」から「ラジオ関東ジャイアンツナイター」へ改称。巨人軍を徹底的に追い掛ける番組となった。2005年までは「絶対巨人主義!!」をキーワードに、ニッポン放送文化放送が独占中継権を持つヤクルト主催ゲームを除く巨人戦のほぼ全試合を完全中継した。2006年以降はビジターの試合中継数は減少している。なお、祝日にデーゲームを生放送する場合でもタイトルの変更はせず、「ジャイアンツナイター」のまま放送する。

クライマックスシリーズに関しては巨人が出場するステージのみ放送するが、シーズンと同様の放映権の制約があるうえ、巨人が関与していてもビジター扱いとなるステージは中継しないこともある。また、巨人主催の場合でも、デーゲーム開催の場合はシーズン中と同様競馬中継を優先する(体育の日の祝日デーゲームの場合も、競馬が開催される場合は競馬中継を特番として放送する)。

2009・10年はライブチャット配信サイト「スティッカムJAPAN」で、2011年はUstreamにラジオ日本のIDを立ててジャイアンツナイターをインターネットラジオで放送した(デーゲーム試合開催時は、サイト上でライブ配信を行い、ラジオでの放送は中央競馬実況中継と重なるため録音での放送となる)。

2006年8月には、ラジオ業界初の試みとして、アメリカグアムのFM局FM104での生中継を実施した。

2009年シーズンより基本的に土曜・日曜の巨人ビジターゲームは中継せずレインコート番組を放送するようになった(2011年以後は金曜日から始まる3連戦が巨人ビジターとなる場合は対戦相手に関わらず金曜日も放送されず、レインコート番組を編成。2015年度は火-木曜に巨人ビジターカードが組まれる場合であっても放送されない試合が増えていた)。また土・日曜の巨人主催デーゲームはぎふチャンへ裏送り生中継を開始した。さらに甲子園球場大阪ドームなどの関西地区の試合もラジオ日本制作となった。ただし、2014年まではラジオ日本の実況+ラジオ関西と契約した解説者の組み合わせとなることはあった。

また2015年度以降、土・日・祝日に巨人主管のデーゲームがある場合のRF自社製作による録音ナイターと、GBS向けの事前の裏送り生中継は実施しないようになった。したがって巨人主管のデーゲームが行われる場合は、放送不可となるビジターの試合日とほぼ準じる形でレインコート番組を組むことになる。このため、関東地区において巨人戦の放送を聞くことができない場合が発生するようになった(この場合、対戦相手の球団の本拠地に当たる地域のラジオ局で中継していれば、有料会員制「radikoプレミアム」で聴取できる)。

なお、RFでは2016年・2017年はTBSラジオおよびJRN加盟各局で放送する巨人戦中継の制作に協力し、RFの自社制作による巨人のホームゲーム中継の一部をJRN加盟各局に送出した。またTBS以外のJRN加盟各局が制作する巨人のビジターゲーム中継の一部を同時ネットした。このため、当番組で放送する巨人戦の試合数は、この2年間は一時的に増加した(後述)・。

しかし、2017年限りでTBSラジオがナイター中継放送から撤退したため、提携も終了。2018年は中継体制が2015年以前に近い形に戻ることになった。後述。

テーマソング

過去に「ロレーヌ行進曲」という楽曲が使用されていた。この曲は直前番組「ナイター見どころ聴きどころ」のテーマソングとしても使われ、こちらは当時の岐阜放送へもそのままネットされていた。現在使用している曲は、前テーマ後テーマとも、ラジオ日本ジャイアンツナイターオリジナルテーマソングである。

放送時間

一時期は「日本一(放送開始時間が)早いナイター中継」と題し、事前番組を17:20から放送開始していた事もあった。
2004年シーズンまではBSデジタルラジオ「BS日テレラジオ445」でも巨人主催のホームゲームのみだが放送されていた。

中継終了時にエンディングBGMがある。このBGMは2018年まではぎふチャンやラジオ関西(共に飛び降り時を除く)、RF制作の中継をネットする局(2018年のみ、一部ネット局を除く)にも流れていた。21:30までに試合終了した場合はクッションプログラム「ジャイアンツ・タイムズ(Giants Times)」を放送。また21:30以後も試合が続いた場合、日曜日以外は以後の番組の時間スライドはせず休止、ないしは時間短縮となる。

ゲーム別放送状況(2019年7月 -)
放送局 火~金 土・日 備考
巨人主催 巨人ビジター カード無し 巨人主催 巨人ビジター カード無し
ナイトゲーム デーゲーム ナイトゲーム デーゲーム ナイトゲーム デーゲーム
対ヤクルト 対中日・日本ハム 他球団
ラジオ日本 ◎ | ※1 | R | ◎ | ※2 | R | ◎ | R | R | R | RFは月曜日に巨人戦がある場合(交流戦・祝日など)にナイター中継を行う場合がある。
デーゲームについては2015年度以降土日は生中継、録音ナイターとも放送をしない。
地方球場での巨人主催試合の場合、放送せずRとする場合がある
また巨人戦が基から組まれておらず、かつロッテ戦の試合が予定されている場合はRFのみ「マリーンズナイター」を放送する日もある
ぎふチャン R | M | ぎふチャンはRFが巨人戦を放送する場合でも独自にRとする場合がある。
ラジオ関西 ×
凡例
◎=RFは試合終了まで、GBSは最大延長21:30まで、CRKは21:00まで生放送(ビジターはカードにより現地局制作、またはRの場合あり)
R=レインコート番組(後述)を放送
M=GBSローカルのレインコート番組「ぎふチャン Music Sharing」を放送
※1=火〜金曜日で祝日の場合はデーゲームでも中継する事がある(生中継の場合、ナイター枠の時間帯はRとなる)
※2=原則としてR(一部の試合は◎)
×=レインコート番組を含めて放送無し

制作担当局

※2016年・2017年のもの

【地域(球団)/曜日】
【月】
【火・水・木】
【金】
土・日
【基本系列】
JRN
北海道() HBC
宮城() TBC
関東(西) RF
東海() CBC
関西() 【MBS
ABC
【MBS】
ABC/MBS
広島() RCC
福岡(ソ) RKB
  1. ^ 月・水・木・金の場合、TBCは自社放送分をNRNネットとするため裏送りとなる。
  2. ^ 土・日の当該ビジターゲームのナイターはLF-MBSライン予備兼用となり、LF(ニッポン放送)も加えた変則ネットになることがある。
  3. ^ ヤクルト主催試合の放送はできない(日本シリーズおよび本拠地球場開催のオールスターゲームを除く。ヤクルトのビジターゲームは放送可能)。
  4. ^ TBSは巨人、在阪2局は阪神の試合を優先するため、DeNAとパ・リーグが主管に関係する試合はセ・パ交流戦を除いて裏送り供給となる試合が多い。
  5. ^ RFについては、原則として巨人主管試合のみで年間20試合程度をJRN向けに制作(その逆で、RF/GBS/CRK向けにJRN各局が制作した巨人戦、及び巨人戦中止時の予備カードを放送する)。TBSは土・日に自社での放送を行わないが、相手球団の地元局への中継供給は行う。日本ハム・ソフトバンク主催試合が関東で開催された際は、要員の都合によりHBC・RKBに代わってTBSが担当することがある。また楽天主催試合が関東で開催され、かつTBCがNRN向けを自社で放送する曜日はTBSが担当することがある。2016年度より一部試合をRF製作によりJRN系列各局向けに放送する試合(TBS向けは火-金曜のみ)、及びTBS製作、ないしはJRN系列地方各局製作のものをRF・GBS・CRK(GBSは月曜以外の毎日。CRKは火-金曜のみ)に放送する試合がある。
  6. ^ 中日主管試合はGBS向けには放送しない。またCBCラジオが中日戦以外のJRNナイターをRF・CRKに放送する場合も同様にGBSに放送しない。このため、「巨人対中日」戦(巨人主管)である場合はGBSへの配慮としてJRNナイターとしてはTBSが制作したものをCBC他各局に配信、RFは別制作でGBSとCRKに配給する。ただし、2017年度から、GBSでは土・日のナイターは定時放送では行わないことになったため、RF製作のナイターでの「巨人対中日」戦をCBCがネット受けする試合もある
  7. ^ 過去にABC、RCC、RKB製作(または技術協力)でRF向け裏送りがあった
  8. ^ 水 - 金の場合、RCCは自社放送分をNRNネットとするため裏送りとなる。

レインコート番組

以前は放送予定カードが雨天中止となった場合、ラジオ日本で放送できる範囲内の試合(ヤクルト主催試合以外。かつてはヤクルト・横浜主催試合以外が対象だった)であれば予備カードの補充が行われ、予備カードが全部中止となった場合に「ナイタースタジオ特集」を放送していたが、2007年 - 2014年は他に試合予定があっても予備カードはシーズン終盤の極わずかな例外以外原則設定していなかった。

荒天等による中継予定カードの中止時、TBSナイター中継撤退後も個別に提携関係を続けるJRN系列局から予備試合がネットできる場合は予備試合を設定するが、そうでない場合、あるいは元々巨人戦の開催予定がない日、巨人戦ビジターゲームの放送をしない・できない試合、および土曜・日曜の巨人ビジターゲーム等に「ナイタースタジオ特集」を放送する。

曜日・局別レインコート番組放送一覧(2019年7月以降)
【曜日】
【RFラジオ日本】
【ぎふチャンラジオ】
【ラジオ関西】
備考(注参照)
【基から放送がない日】
【ナイター中継中止の日】
【基から放送がない日】
【ナイター中継中止の日】
【基から放送がない日】
ナイター中継中止の日
月 (定時番組) | ,
火 17:55-21:00 60TRY部 | 17:55 - 21:00 ジャイアンツナイター・麻布台スタジアム
当番組実況アナウンサーの持ち回り | 17:57 - 18:00 インフォメーション
18:00 - 21:00 Nine oh! for you | 17:57 - 21:00 ジャイアンツナイター・麻布台スタジアム | 18:00-21:00 KOBE JAZZ-PHONIC RADIO | 17:59-21:00 ジャイアンツナイター・麻布台スタジアム | ,
水 18:00-21:00 名曲ラジオ 三浦紘朗です
木 18:00-21:00 木村三恵のアイドルパラダイス
金 18:00-21:00 アナログ・コネクション
土 17:55 - 20:00 タブレット純 音楽の黄金時代
20:00 - 21:00 山本さゆりのミュージックパーク | 17:55 - 20:00 タブレット純 音楽の黄金時代
20:00 - 21:00 山本さゆりのミュージックパーク
または17:55 - 21:00 ぎふチャン Music Sharing
(18:55 - 19:00はNEWSぎふチャンのため中断) | (定時番組) | ,
日 17:55 - 18:55 宮治惇一のラジオ名盤アワー
18:55-19:00 ラジオ日本ニュース・天気予報
19:00-20:00 THE BEATLES 10
20:00 - 21:00 クリス松村の「いい音楽あります。」 | 17:55 - 18:55 宮治惇一の名盤アワー
18:55-19:00 NEWSぎふチャン・天気予報
19:00-20:00 THE BEATLES 10
20:00 - 21:00 クリス松村の「いい音楽あります。」
または17:55 - 21:00 ぎふチャン Music Sharing
(18:55 - 19:00はNEWSぎふチャンのため中断)

過去

1970-80年代

2005・06年度

2007年度

2008年度

全時間を「The Golden 50s」という統一したテーマをつけた。RFラジオ日本開局50年記念という位置づけでこの表題にした。

2009年度

ナイターオフシーズンで放送していた「マガジン」番組を編成。

2010年度・2011年度

この年から変革された事項

(但し6月放送分から内部的に2部制復活)
ラジオ関西のみの予備番組(ナイター放送予定がない日)
(2010年度)
※水・金曜日はラジオ日本の番組をネット
(2011年度)
以下はラジオ関西では定時番組のため放送せず

2012年度

ラジオ関西のみの予備番組(ナイター放送予定がない日)
以下はラジオ関西では定時番組のため放送せず

2013年度

以下はラジオ関西では定時番組のため放送せず

2014年度

※ナイターが元から放送されない日のラジオ関西独自の予備番組は2012年度に同じ。
以下はラジオ関西では定時番組のため放送せず

2015・16年度

2017年度

2018年度

リスナー参加企画

出演者

解説者

実況アナウンサー・リポーター

ナゴヤドーム対中日戦の出演者については「CBCドラゴンズナイター#実況アナウンサー・リポーター」を参照
ラジオ日本アナウンサー
フリーアナウンサー
上記の中から若干名は2014年の火曜日-金曜日の雨天中止時の予備番組「ジャイアンツナイター・麻布台スタジアム」を持ち回りで担当する(2013年度は火曜日を除き「僕も私もジャイアンツナイター」も担当)
以下はナイターナビゲーターのみ(全員局アナではなく契約スタッフでの出演)

過去の出演者

※「〜バッチリナイター」時代の出演者も含む。

過去の解説者

2010Happy Mail