このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ラルフ・カイナーとは?

移動先: 案内検索
ラルフ・カイナー
Ralph Kiner
1953年

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
ニューメキシコ州サンタリタ
【生年月日】
1922年10月27日
【没年月日】
(2014-02-06) 2014年2月6日(91歳没)
身長
体重 6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
1941年
【初出場】
1946年4月12日
【最終出場】
1955年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アメリカ野球殿堂
殿堂表彰者

【選出年】
1975年
【得票率】
75.41%
【選出方法】
全米野球記者協会による投票
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ラルフ・マクファーラン・カイナー(Ralph McPherran Kiner, 1922年10月27日 - 2014年2月6日)はアメリカ合衆国ニューメキシコ州サンタリタ出身の元プロ野球選手(外野手)。右投右打。

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 獲得タイトル・表彰
  • 3 脚注
  • 4 出典・外部リンク

経歴

1946年ピッツバーグ・パイレーツでデビュー。いきなり本塁打王に輝き、そこから7年連続本塁打王を獲得。1947年1949年は50本の大台を突破。(2度の50本台はベーブ・ルース以来史上2人目)特に1949年の54本は当時6位タイをマークした。しかし、その後は背中の痛みで思うような打撃ができず、1953年途中にシカゴ・カブスへ、1955年クリーブランド・インディアンスへ移籍し、32歳の若さで引退した(カブスにトレードされる際、当時パイレーツGMブランチ・リッキーに「君の本塁打があってもチームは最下位だったから、君がいなくともチームは最下位になれる」と言われたエピソードがある)。現役が長ければベーブ・ルースの記録を破っていたと言われている。

また、当時パイレーツ本拠地フォーブス・フィールドにあった、彼の名を冠した特別席「カイナーズ・コーナー」は、かつてカイナーが新人時代にチームメイトだったハンク・グリーンバーグのために左翼フェンス際に作られた特別席、「グリーンバーグ・ガーデン」がカイナーの活躍から名前が変わったものであった。これは左翼フェンスまでの長さを405フィート(111m)から335フィート(102m)まで縮め、右打者のグリーンバーグに有利にするための席であったが、グリーンバーグはパイレーツ移籍後一年限りで引退し、恩恵を授かったのはカイナーであった。カイナーのカブス移籍後はこの席は撤去され、球場は元のサイズに戻っている。

1975年アメリカ野球殿堂入り。引退後はテレビ司会やニューヨーク・メッツのテレビ中継解説スタッフとして活動した。1987年には古巣パイレーツで、自身の現役時代の背番号4」を永久欠番に指定されている。

『ホームランヒッターはキャデラックに乗る。シングルヒッターはフォードに乗る (Home-run hitters drive Cadillacs; single hitters drive Fords.)』という発言は強打者としての矜持を示すものとして有名。

2014年2月6日に老衰のため死去、91歳没。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S

1946 | PIT | 144 | 579 | 502 | 63 | 124 | 17 | 3 | 23 | 216 | 81 | 3 | -- | 2 | -- | 74 | -- | 1 | 109 | 15 | .247 | .345 | .430 | .775
1947 | 152 | 666 | 565 | 118 | 177 | 23 | 4 | 51 | 361 | 127 | 1 | -- | 1 | -- | 98 | -- | 2 | 81 | 12 | .313 | .417 | .639 | 1.056
1948 | 156 | 670 | 555 | 104 | 147 | 19 | 5 | 40 | 296 | 123 | 1 | -- | 0 | -- | 112 | -- | 3 | 61 | 15 | .265 | .391 | .533 | .924
1949 | 152 | 667 | 549 | 116 | 170 | 19 | 5 | 54 | 361 | 127 | 6 | -- | 0 | -- | 117 | -- | 1 | 61 | 10 | .310 | .432 | .658 | 1.090
1950 | 150 | 672 | 547 | 112 | 149 | 21 | 6 | 47 | 323 | 118 | 2 | -- | 0 | -- | 122 | -- | 3 | 79 | 22 | .272 | .408 | .590 | .998
1951 | 151 | 670 | 531 | 124 | 164 | 31 | 6 | 42 | 333 | 109 | 2 | 1 | 0 | -- | 137 | -- | 2 | 57 | 10 | .309 | .452 | .627 | 1.079
1952 | 149 | 633 | 516 | 90 | 126 | 17 | 2 | 37 | 258 | 87 | 3 | 0 | 0 | -- | 110 | -- | 7 | 77 | 6 | .244 | .384 | .500 | .884
1953 | 41 | 175 | 148 | 27 | 40 | 6 | 1 | 7 | 69 | 29 | 1 | 0 | 0 | -- | 25 | -- | 2 | 21 | 1 | .270 | .383 | .466 | .849
CHC | 117 | 491 | 414 | 73 | 117 | 14 | 2 | 28 | 219 | 87 | 1 | 1 | 1 | -- | 75 | -- | 1 | 67 | 10 | .283 | .394 | .529 | .923
【'53計】
158 | 666 | 562 | 100 | 157 | 20 | 3 | 35 | 288 | 116 | 2 | 1 | 1 | -- | 100 | -- | 3 | 88 | 11 | .279 | .391 | .512 | .903
1954 | 147 | 643 | 557 | 88 | 159 | 36 | 5 | 22 | 271 | 73 | 2 | 0 | 5 | 3 | 76 | -- | 2 | 90 | 17 | .285 | .371 | .487 | .858
1955 | CLE | 113 | 390 | 321 | 56 | 78 | 13 | 0 | 18 | 145 | 54 | 0 | 0 | 0 | 4 | 65 | 1 | 0 | 46 | 8 | .243 | .367 | .452 | .819
【通算:10年】
1472 | 6256 | 5205 | 971 | 1451 | 216 | 39 | 369 | 2852 | 1015 | 22 | 2 | 9 | 7 | 1011 | 1 | 24 | 749 | 126 | .279 | .398 | .548 | .946
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰

  • ナショナルリーグ最多本塁打:7回(1946年 - 1952年)
  • ナショナルリーグ最多打点:1回(1949年)
  • 最多得点:1回(1951年)

脚注

  1. ^ ラルフ・カイナー氏死去=7年連続本塁打王-米大リーグ 時事通信 2014年2月7日閲覧

出典・外部リンク


アメリカ野球殿堂表彰者 左翼手


ナショナルリーグ本塁打王
1870年代 | 

1880年代 | 

1890年代 | 

1900年代 | 
  • 00 ハーマン・ロング
  • 01 サム・クロフォード
  • 02 トミー・リーチ
  • 03 ジミー・シェッカード
  • 04 ハリー・ラムリー
  • 05 フレッド・オドウェル
  • 06 ティム・ジョーダン
  • 07 デーブ・ブレイン
  • 08 ティム・ジョーダン
  • 09 レッド・マレー

1910年代 | 

1920年代 | 

1930年代 | 

1940年代 | 

1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


ナショナルリーグ打点王
1870年代 | 

1880年代 | 

1890年代 | 

1900年代 | 

1910年代 | 

1920年代 | 

1930年代 | 

1940年代 | 

1950年代 | 
2010Happy Mail