このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ラーマ5世とは?

移動先: 案内検索
ラーマ5世
รัชกาลที่ ๕
シャム国王
ラーマ5世

【在位】
1868年10月1日 - 1910年10月23日
【戴冠】
1868年11月11日、於大宮殿
1873年11月16日、於大宮殿
【別名】
จุฬาลงกรณ์
チュラーロンコーン(幼名)
鄭隆(漢名)
【王朝】
チャクリー王朝
【出生】
(1853-09-20) 1853年9月20日
シャムバンコク
【死亡】
(1910-10-23) 1910年10月23日(57歳没)
シャムバンコク
【埋葬】

シャムバンコク大宮殿
【父】
ラーマ4世
【母】
テブシリン
【配偶者】
スナンタークマーリーラット
スクマーンマーラシー
サワーンワッタナー
サオワパーポーンシー
【居所】
大宮殿
【宗教】
上座部仏教

ラーマ5世(タイ語: รัชกาลที่ ๕)は、チャクリー王朝の第5代のシャム国王チュラチョームクラオ、ピヤマハーラートや、幼名であるチュラーロンコーン(タイ語: จุฬาลงกรณ์, ラテン文字転写: Chulalongkorn)の名でも呼ばれる。

チャクリー改革などを通してタイを近代化させた名君として現在も同国で評価が高い。タイ国外においても、1944年の小説『アンナとシャム王(Anna and the King of Siam)』の影響で、奴隷解放を行った名君として知られる(詳細は後述)。

かつて発行されていた10バーツ紙幣の裏面に騎馬像が、また100バーツ紙幣の裏面ではラーマ6世と共に肖像が使用されていた。

目次

  • 1 生涯
    • 1.1 内政
    • 1.2 外交
  • 2 家族
  • 3 アンナとシャム王(王様と私)
  • 4 関連項目

生涯

内政

詳細は「チャクリー改革」を参照

即位するとすぐに欧米に視察旅行をしてタイの立ち後れを実感し、チャクリー改革と呼ばれる数々の改革を行った。タイ三大王のうちの一人で今でも国民から人気が高く、肖像画が首飾りやポスターになったり、像が仏壇に置かれたりしている。1999年にはアメリカの『タイム』誌で、「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の1人にタイ人から唯一選ばれた。チャクリー改革の主たる内容は以下のようなものである。

外交

当時、ビルママレーシアイギリスに、ベトナムフランスにそれぞれ占領されていた。シャムも狙われていたが、ラーマ5世はイギリスにマレー半島の一部を割譲し、フランスにはラオスカンボジアを割譲する事で、独立を保った。この背景には、ラーマ5世によってある程度近代化されていたシャムをあからさまに占領するのは問題があったことや、シャムを緩衝地帯として独立させておくことが望ましいと考えた英仏両国の事情などがあった。

家族

正妻・副妻に異母の姉妹を持ち、側室を入れた妻の数は160人以上、子供の数は77人と歴代最高だったため、ワット・プラケーオに併設された宮殿だけでは事足りず、ドゥシットに宮殿を造った。これはドゥシット宮殿(Phra Thinang Dusit Maha Prasat)と呼ばれているが、今は、ドゥシット公園動物園、ドゥシット公園師範学校、ウィマーンメーク宮殿タイ王国国会議事堂アナンタサマーコム宮殿チットラダー宮殿などに、その一部を見ることができる。

アンナとシャム王(王様と私)

欧米では1944年の小説『アンナとシャム王(Anna and the King of Siam)』(マーガレット・ランドン作)や、それを原作とするミュージカルや映画(特に『アンナとシャム王』(1946年)や『王様と私』(1956年))によって、少年時代に王宮の御雇い教師だったアンナの影響からラーマ5世が西洋化を志したと知られている。特に奴隷解放政策に関してアンナが読ませた『アンクル・トムの小屋』が影響を与えたという逸話が有名で広く信じられている。ただ、これらは俗説に過ぎず、原作小説や映画には誇張があることが知られており、タイでは不敬罪として上演されない。

関連項目

タイ国王(1868年 - 1910年)
スコータイ王朝 | 
シーインタラーティット1220-1238 / バーンムアン1238-1279 / ラームカムヘーン1279-1300 / プーサイソンクラーム(即位せず)1300-1323 / ルータイ1323-1341 / グワナムトゥム1341-1347 / リタイ1347-1368 / サイルータイ1368-1399 / マハータンマラーチャー3世1399-1419 / マハータンマラーチャー4世1419-1438

アユタヤ王朝 | 
ラーマーティボーディー1世1351-1369 / ラーメースワン1369-1370 / ボーロマラーチャーティラート1世1370-1388 / トーンラン1388 / ラーメースワン(復位)1388-1395 / ラーマラーチャーティラート1395-1409 / インタララーチャー1世1409-1424 / ボーロマラーチャーティラート2世1424-1448 / ボーロマトライローカナート1448-1488 / インタララーチャー2世1488-1491 / ラーマーティボーディー2世1491-1529 / ボーロマラーチャーティラート4世1529-1533 / ラッサダーティラートクマーン1533-1534 / チャイヤラーチャーティラート1534-1547 / ヨートファー1547-1548 / シーシン1548 / ウォーラウォンサーティラート1548 / チャクラパット1548-1569 / マヒンタラーティラート1569 / サンペット1世1569-1590 / サンペット2世1590-1605 / サンペット3世1605-1610 / サンペット4世1610-1611 / ボーロマラーチャー1世1611-1628 / ボーロマラーチャー2世1628-1629 / アーティッタヤウォン1629 / サンペット5世1629-1656 / サンペット6世1656 / サンペット7世1656 / ラーマーティボーディー3世1656-1688 / ペートラーチャー1688-1703 / サンペット8世1703-1709 / サンペット9世1709-1733 / ボーロマラーチャーティラート3世1733-1758 / ボーロマラーチャーティラート4世1758 / ボーロマラーチャー3世1758-1767

トンブリー王朝 | 
タークシン1767-1782

チャクリー王朝 | 
ラーマ1世1782-1809 / ラーマ2世1809-1824 / ラーマ3世1824-1851 / ラーマ4世1851-1868 / ラーマ5世1868-1910 / ラーマ6世1910-1925 / ラーマ7世1925-1935 / ラーマ8世1935-1946 / ラーマ9世1946-2016 / ラーマ10世2016-


【典拠管理】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/24 23:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ラーマ5世」の意味を投稿しよう
「ラーマ5世」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ラーマ5世スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ラーマ5世」のスレッドを作成する
ラーマ5世の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail