このキーワード
友達に教える
URLをコピー

リアム・ギャラガーとは?

【基本情報】

【出生名】
William John Paul Gallagher
【生誕】
(1972-09-21) 1972年9月21日(46歳)
【出身地】
イングランド マンチェスター バーネイジ
【ジャンル】
ロック
ブリットポップ
オルタナティヴ・ロック
【職業】
ミュージシャン
シンガーソングライター
ファッションデザイナー
【担当楽器】
ボーカル
ギター
ピアノ
タンバリン
ハーモニカ
【活動期間】
1991年 -
【レーベル】
クリエイションソニーBMGビック・ブラザーワーナー・ブラザーズ
【共同作業者】
オアシスビーディ・アイ

ウィリアム・ジョン・ポール・ギャラガー(William John Paul Gallagher、1972年9月21日 - )は、イギリスミュージシャン。元オアシス、元ビーディ・アイのリード・ボーカリスト。身長178cm。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第11位。

目次

  • 1 概説
  • 2 生い立ち
  • 3 ソングライティング
  • 4 ライブパフォーマンス
    • 4.1 声質
    • 4.2 その他
  • 5 家族
  • 6 人物・エピソード
    • 6.1 嗜好
    • 6.2 父親として
    • 6.3 トラブルメーカー
    • 6.4 ファッション
    • 6.5 その他
  • 7 ディスコグラフィー
    • 7.1 アルバム
    • 7.2 シングル
  • 8 出典
  • 9 外部リンク

概説

1990年代のブリットポップ・ムーブメントにおいて中心的人物であり、音楽だけでなく、奔放な言動や不遜な態度などでもプレスを賑わせて来た。1990年代以降のブリティッシュ・ミュージックシーンにおいて最も認知されているロックシンガーの一人。

ロックスターらしいワイルドな立ち振る舞い、インタビューの際に気に入らない他のバンドを名指しで酷評するなどの過激ともとれる発言でも有名だが、子煩悩であり、父親になってからは子供たちのためにロックンロールライフを放棄したと話している。良き父親というだけでなく、ジョギングのために毎日朝6時に起きるなどヘルシーな生活を送っている。

同バンドのリーダーで兄のノエル・ギャラガーとの兄弟喧嘩は有名でそのエピソードは枚挙に暇がない。喧嘩が原因でノエルがバンドを一時離脱するなど幾度となくバンドが解散の危機に晒された。2009年にオアシスが実質的に解散したのも兄弟喧嘩が主要な原因の一つである。

生い立ち

1972年、マンチェスターのバーネイジで、アイルランド系の両親、母ペギーと父トミーの間に生まれる。

長男・ポールが1966年、次男・ノエルが1967年生まれで、リアムとノエルは6歳の差があるものの、2人は同じ部屋を共有させられた。アルコール中毒の傾向があり、家族内暴力を起こしていた父に怯え、片親同然で育った幼少期を送ったが、ポールとノエルに比べリアムにはそれほど暴力は振るわなかったとされる。その一方で、当時から現在に至るまで常に母を大切に思っている。幼い頃は社交的だったノエルが他人との精神的な繋がりを求めない性格になったのは、父からの暴力が原因であると言われている。子供の頃は、兄2人が外出している間、1人で留守番をしていることが多かったため、惨めったらしい思い出ばかりだったと語っており、自分の子供達には同じ思いを絶対させたくないとも発言している。

ギャラガー兄弟はしばしば学校をずる休みする生徒であり、当時からよく警察の世話になっていた。リアムは、6歳の頃に受けもった彼の担任の先生に「リアムのおかげで毎晩精神安定剤のお世話になっている」と言われるほどの悪童で、15歳の時にはケンカなどの行いが原因で中学校の退学処分を受けたが、その後母の懇願もあって復学し何とか卒業まで漕ぎ着けた。他人の家の庭に忍び込んでは気に入った服を盗んだり、ドラッグを買うために自転車や芝刈り機などを盗んで売りさばいていたという。

ローティーンの頃にギターを始めてから作曲をするなど音楽に入り浸っていたノエルとは違い、リアムは18歳頃まではほとんど音楽に関心がなかったが、ストーン・ローゼズのライブを見たことで音楽に目覚める。初期のオアシスにはストーン・ローゼズからの影響が色濃い楽曲が存在し、大口を叩くところや悠々と闊歩するステージでの歩き方(『The Masterplan』のPVは、オアシスのメンバーが登場するアニメとなっているが、リアムの歩き方がそっくりに再現されている。)などはイアン・ブラウンのそれと似ており、よく比較される。音楽に開眼した後はザ・キンクスザ・フーザ・ジャムT・レックス、そしてビートルズなどを熱心に聴くようになり、最も影響を受けているであろうジョン・レノンを知る。その後、学校の友人であったギグジーことポール・マッギーガンからの誘いを受けボーカリストとして、バンド"ザ・レイン"に加入する。このザ・レインがノエルの加入によりオアシスとなる。

以降はオアシスの歴史の項を参照のこと。

ソングライティング

かつてはノエルが書く曲を歌うだけであったが、4thアルバムにリアムが初めて作詞作曲をした『Little James』が収録されて以降、現在の最新アルバムまでリアム作曲の楽曲がコンスタントに収録されるようになった。ちなみにリアムは基本的なコードで作曲しており、楽曲はシンプルな構成であることが多い。例えば『Songbird』では2つのコードしか使われていない。しかしノエル曰く「書いた奴に関係なく名曲だ」との事。ベスト・アルバムの曲解説でノエルが上記の発言をして『Songbird』について語ろうとすると、「そんな話はよせ」と照れていた。

ライブパフォーマンス

声質

カリフォルニアにて(2005年)

彼の声質は度々「ジョン・レノンとジョン・ライドンの融合」等と表現されてきた。

初期の頃は高音域まで発声することが出来ており、曲によってはファルセット(裏声)すらも用いていた。(例えば『Up In The Sky』などではファルセットを多用している)。しかし、透き通っていた声質も次第に変化し、しゃがれたハスキーボイスへと変わっていった。基本的にはファルセットを用いることはまずない(しかし、2008年のリハーサルライブや2010年以降ビーディ・アイでの活動に入ってからは声質そのものは変化したものの高く透き通った声で歌うようになっており、さらに近年、稀ではあるがファルセットを使用しているところが確認されている)。1994年7月からライブでの「リヴ・フォーエヴァー」は、ファルセットのパートを放棄し始め、9月以降のライブでのファルセットのパートはノエルが代わりに歌っていたことから、意図的に出さないのではなく、出せなくなってしまったと予測されるが、リアム本人は、「昔は自分のボーカルってもんがよく分かってなかったから、ノエルに言われたら何でも歌ってたけど、(今は)男が裏声で歌うってのは生理的に嫌い」、「(昔の)アルバムに入ってる俺の声は大っ嫌いだ。当時は良かったんだよ。でも、いまの声のほうが好きだ。」などと発言している。さらに、2007年のブリット・アワーズでのパフォーマンスで、ベストとは程遠い歌声に対して不満を爆発させたノエルは、リアムに「声をどうにかしないなら、次のアルバムはレコーディングしない」と言った。

特に近年、ライブでの歌声には波があり傾向としては声が低くなり、なおかつ伸びないという状態が多く、喉の調子が悪くなったらライブ途中でも歌うのを放棄して退場することがある。(日本でも過去、福岡公演で途中退場したことが2度ある。)その場合、その後はノエルが代わりに歌うことになる。近年の喉の不調の原因は定かではないが、酒、煙草、ドラッグの影響や、95年から97年にかけて毎年100以上のライブをこなしつつアルバムを制作し、喉を酷使していたことも影響しているといわれている。

その他

家族

マンチェスターにて(2011年)後ろはドラマーのクリス・シャーロック

人物・エピソード

嗜好

父親として

トラブルメーカー

ファッション

ウィーンにて(2006年)

その他

ディスコグラフィー

アルバム

年 タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
AUS
BEL
IRE
NLD
NZ

2017 | As You Were |  | 1 | 9 | 13 | 1 | 15 | 13 | 

他アーティストとの競演(正式音源のみ)

シングル

Title Year Peak chart positions Album
UK
FRA
IRE

"Wall of Glass" 2017 | 21 | 44 | 13 | As You Were
"Chinatown" 56 | — | —
"For What It's Worth" 46 | — | 27
"Greedy Soul" — | — | —

出典

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ ノエルのインタビュー映像。父からの暴力について若干コメントしている[1]
  3. ^ ロッキングオン2008年1月号インタビュー
  4. ^ ドキュメンタリー映画「LIVE FOREVER」内のインタビューより
  5. ^ ロッキングオン2008年1月号インタビュー
  6. ^ BARKS[2]
  7. ^ BARKS[3]
  8. ^ oops![4]
  9. ^ しかしながら他のミュージシャンもこういった生活を送っているものの、リアムのような変化は起きていないことから、その説の信憑性は低いとされている。また1998年に、医者から「君の喉はその歌い方を改善しない限り2年と持たない」と診断されている。
  10. ^ BARKS[5]
  11. ^ オアシスのリアム、ピートを野次る Barks 2005-08-22
  12. ^ リアム、「ピートはライト級」 Barks 2006-10-31
  13. ^ リアム・ギャラガー、妻は別れても犬とは別れたくない Barks 2013年10月12日
  14. ^ BARKS[6]
  15. ^ 音楽サイト RO69 [7]
  16. ^ [8]
  17. ^ 2009年3月27日OA テレビ朝日 ミュージックステーション
  18. ^ BARKS[9]
  19. ^ https://rockinon.com/blog/kojima/37706
  20. ^ [10]
  21. ^ BARKS[11]
  22. ^ BARKS[12]
  23. ^ インタビュー映像[13]
  24. ^ インタビュー映像[14]
  25. ^ Houyhnhnm(フイナム)インタビュー記事[15]
  26. ^ BARKS[16]
  27. ^ Liam Gallagher - UK Charts”. Official Charts Company. 2017年6月10日閲覧。
  28. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2017年10月16日). 2017年10月14日閲覧。
  29. ^ Peak chart positions in Belgium:
  30. ^ Discography Liam Gallagher”. irish-charts.com. Hung Medien. 2017年6月10日閲覧。
  31. ^ Discografie Liam Gallagher”. dutchcharts.nl. Hung Medien. 2017年10月14日閲覧。
  32. ^ Discography Liam Gallagher”. charts.org.nz. Hung Medien. 2017年10月13日閲覧。
  33. ^ White, Jack (2017年10月13日). “Liam Gallagher’s As You Were charges in at Number 1 on the Official Albums Chart and sets new vinyl record”. Official Charts Company. 2017年10月14日閲覧。
  34. ^ lescharts.com – Discographie Liam Gallagher”. Hung Medien. 2017年6月10日閲覧。

外部リンク

オアシス
リアム・ギャラガー - ノエル・ギャラガー - ゲム・アーチャー - アンディ・ベル - クリス・シャーロック
ザック・スターキー - アラン・ホワイト - ポール・ "ボーンヘッド" ・アーサーズ - ポール・ "ギグジー" ・マッギーガン - トニー・マッキャロル
シングル | 
1.スーパーソニック - 2.ロックンロール・スター - 3.シェイカーメイカー - 4.リヴ・フォーエヴァー - 5.シガレッツ・アンド・アルコール - 6.ホワットエヴァー - 7.サム・マイト・セイ - 8.ロール・ウィズ・イット - 9.モーニング・グローリー - 10.ワンダーウォール - 11.ドント・ルック・バック・イン・アンガー - 12.シャンペン・スーパーノヴァ - 13.ドゥ・ユー・ノウ・ワット・アイ・ミーン? - 14.スタンド・バイ・ミー - 15.オール・アラウンド・ザ・ワールド - 16.ドント・ゴー・アウェイ - 17.アクイース - 18.ゴー・レット・イット・アウト! - 19.フー・フィールズ・ラヴ? - 20.サンデー・モーニング・コール - 21.ホェア・ディド・イット・オール・ゴー・ロング? - 22.ヒンドゥ・タイムズ - 23.ストップ・クライング・ユア・ハート・アウト - 24.リトル・バイ・リトル/シー・イズ・ラヴ - 25.ソングバード - 26.ライラ - 27.インポータンス・オヴ・ビーイング・アイドル - 28.レット・ゼア・ビー・ラヴ - 29.ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン - 30.ショック・オブ・ザ・ライトニング - 31.アイム・アウタ・タイム - 32.フォーリング・ダウン

アルバム | 
オリジナル | 
1.オアシス - 2.モーニング・グローリー - 3.ビィ・ヒア・ナウ - 4.スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ - 5.ヒーザン・ケミストリー - 6.ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース - 7.ディグ・アウト・ユア・ソウル

ベスト | 
1.ザ・マスタープラン - 2.ストップ・ザ・クロックス - 3.タイム・フライズ…1994-2009

ライブ | 
1.ファミリアー・トゥ・ミリオンズ

ビデオ | 
1.ライヴ・バイ・ザ・シー - 2.ゼア・アンド・ゼン - 3.ファミリアー・トゥ・ミリオンズ - 4.ディファニトリー・メイビー - 5.ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン - 6.タイム・フライズ…1994-2009


関連項目 | 
オアシスの作品 - クリエイション・レコーズ - エピック・レコード - コロムビア・レコード - ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/11 00:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「リアム・ギャラガー」の意味を投稿しよう
「リアム・ギャラガー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

リアム・ギャラガースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リアム・ギャラガー」のスレッドを作成する
リアム・ギャラガーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail