このキーワード
友達に教える
URLをコピー

リゲインとは?

リゲイン(Regain)はドリンク剤(栄養ドリンク)を中心としたブランドネームである。

ドリンク剤は第一三共ヘルスケア(旧・三共)から発売されているが、一部の商品では発売元が異なる(後述)。

商品沿革

1988年6月武田薬品工業(当時、現在は武田コンシューマーヘルスケア)の『アリナミンV』に対抗する形で発売。三共が開発した薬用成分で、これまで他の大衆薬や医家向け医薬品に多く配合されていた「ビオタミン(ベンフォチアミン、ビタミンB1誘導体)」をドリンク剤で初めて配合。以降ミニドリンク市場ではアリナミンVシリーズやエーザイの『チョコラBBドリンクシリーズ(女性向け)』、佐藤製薬の『ユンケルシリーズ』、大正製薬の『ゼナ/リポビタン/アルフェシリーズ(女性向け)』、エスエス製薬の「エスカップシリーズ」、大鵬薬品工業の「チオビタシリーズ」、常盤薬品工業の「ビタシーシリーズ」などとシェアを競っている。

また、商品の知名度向上に大きく貢献し20年以上たった今でもアレンジやキャッチコピー等で使用され続けているCMソング勇気のしるし」(歌ったのは初代CMキャラクターである時任三郎の扮する牛若丸三郎太。作詞:黒田秀樹、作曲:近藤達郎)は後にCD化され各社通信カラオケ着メロサイトでも配信されている。歌の中にも出てくる『24時間戦えますか』というキャッチフレーズは特に有名であり、中外製薬(当時。現在はライオン)「グロンサン強力内服液」の「5時から男」と共に流行語にもなった。

この歌および当時のCMはバブル期サラリーマン(歌詞中ではビジネスマン)を題材にしているが奇しくもこの頃からバブル期は終焉に向かって動き出すことになる。そして、バブル崩壊後の不況が慢性化した時期にはその世相を反映する形で、CM曲として坂本龍一のピアノによる「energy flow」が使われ、「勇気のしるし」とは正反対と言える静謐なメロディーのピアノソロ曲はOA当時に支持を集めた。また、この時期に佐藤浩市扮するサラリーマンが電柱、銅像など至るものにぶつかったり、下車駅で降り損ねる、ゴミの代わりにカバンを捨ててしまうなどロクな目に遭わないCMも放送され、『24時間戦えますか』の時代とは正反対の当時の世相を反映していた。 1999年4月、薬事法の改正で規制緩和され、一部の商品を除き「医薬品」から「医薬部外品」となり、薬局、薬店のみならず、コンビニエンスストアスーパー駅売店等でも発売されるようになった。

2000年代に入り国内景気が若干上向いたあたりから「勇気のしるし」が再度使われているが、歌詞は若干変更されている。

「リゲイン」独自のシュリンクボトルは「ドリンク剤=おじさんの飲み物」というイメージを払拭したデザインで、「リゲイン」と「J-リゲイン」が2代目にフルモデルチェンジした際に導入された。改良当初はキャップ部分まで覆うタイプだったが、現在は、ボトル全体を覆う「セミシュリンクボトル」となっており、「リゲインZERO」と「リゲインSTYLE」に採用している。なお、この「セミシュリンクボトル」は環境にも配慮されており、ラベルにミシン目が入っているため、キャップ・ラベル・ビンを分別することが可能である。

キャップはこれまで金色・黄色を使用していたが、社名が「第一三共ヘルスケア」になった2006年4月以降、「MJ-リゲイン」・「リゲインR(販売終了品)」のキャップも金色に変更された。

2008年9月に「リゲイン24DRY」が発売されたのを機にアイテム整理を行い、一部を除き、商品名にキャッチコピーである「24時間、戦えますか。」をイメージさせる「24」が付くラインナップとなった。これに伴って、発売当初からの主力製品であった2代目「リゲイン(販売名:リゲインII)」は「リゲイン24(販売名:リゲイン)」へ移行のため、一旦製造を終了した。

2009年9月に栄養ドリンク剤では珍しい糖類0設計の「リゲインZERO」が発売された。カロリーは「リゲイン24(販売名:リゲイン)」に比べ、91%カットの3.5kcal(1本あたり)を実現した。パッケージはリゲインでなじみのある黄色のラベルではなく、黒いラベルを使用している。

また、2011年3月に発売された「リゲインSTYLE」では、ラベルだけでなく、キャップもピンク色で統一されており、これまでの「リゲイン」とは異なるデザインとなっている。

2012年3月には主にコンビニエンスストアなどに向けた製品として「リゲインX」、同年4月には主に薬局やドラッグストアなどに向けた製品として3代目「リゲイン(販売名:リゲインS1)」を発売。初代「リゲイン」のデザインを踏襲したパッケージを採用しており、ラベルも紙製となっている。また、添加物としてグルタミン酸Naとイノシン酸Naが配合されており、「リゲイン」特有の風味に改良を施した。なお、3代目「リゲイン」の発売に伴い、「リゲイン24」は製造終了となった。

2014年7月1日にはタウリンをシリーズ内で最大量となる3,000mgを配合したコンビニエンスストア向け製品「リゲインs」を発売し、同時に、炭酸飲料規格の「リゲイン エナジードリンク」を発売した。「リゲイン エナジードリンク」は第一三共ヘルスケアとライセンス契約を締結したサントリー食品インターナショナルを通じてサントリーフーズが販売する(詳細は後述)。CMソングは「勇気のしるし」のアレンジながらも、歌詞が「24時間戦うなんてしんどい」や「それぞれのエナジー」とされ、キャッチコピーも「3、4時間戦えますか」になるなど、「24時間、戦えますか。」の時代とは異なる世相を反映したものとなっている。同年11月4日には3種類のビタミン(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6)を1日分(日本人の食事摂取基準(2010年版)推奨量(成人)に基づく)、アルギニンを「リゲイン エナジードリンク」の2倍量にあたる2,000mgを配合し、カフェインを約1.4倍、ブラックジンジャーエキスも2倍配合。パッケージの背景色はドリンク剤の「リゲインZERO」と同じ黒とした「リゲイン エナジードリンク2000」を発売し、「リゲイン エナジードリンク」もカフェインを従来比110%に増量、パッケージを変更してリニューアルした。

2015年8月4日には、サントリー食品インターナショナルが扱う炭酸飲料を刷新し、テアニンを配合した「集中リゲイン」と「スーパー集中リゲイン200」を発売(現在は共に製造終了済み)。

2017年3月7日には、コンビニエンスストアファミリーマートとの共同取組として、同社オリジナルのドリンク剤「スイッチリゲイン」シリーズ2種を、ファミリーマート、サークルK、サンクスで発売を開始した。

2019年2月には、第一三共ヘルスケアのグループ会社で、通信販売事業を行うアイムが通信販売向けの「リゲイン」ブランドを扱うようになり、第1弾として「リゲイン トリプルフォース」を。同年10月には第2弾となる「リゲイン メディラクト」が発売された。

リゲインのロゴデザインは2度変更されており、「MJ-リゲイン」が初代のロゴフォントを継続している。初代と2代目ではロゴフォントが小変更されている程度なので、一見すると新旧ロゴフォントの見分けがつきにくい。なお、3代目「リゲイン」・「リゲインX」からは3代目ロゴフォントが使われており、2代目のロゴフォントをベースにブランド名の由来である「再び、獲得する(取り戻す)」というメッセージを力強く表現するために、「Re」が赤に変更されている。

リゲインブランドのドリンク剤は、全て田村薬品工業に製造を委託している。

「リゲイン」の商標は1968年に登録されている(第787385号)。

歴代広告キャラクター

【リゲインエナジードリンク】

歴代広告キャッチコピー

※リゲイン エナジードリンクのコピー

取扱商品

ミニドリンク剤

リゲイン(販売名:リゲインS1)【指定医薬部外品
2012年4月発売。初代「リゲイン」の処方をベースに、独自成分のリバオールと2種類の生薬(当帰黄精)をプラスした第3世代品。
リゲインZERO(販売名:リゲインZ1)【指定医薬部外品】
2009年9月発売。糖類0・超低カロリー設計のドリンク。リバオールとビオタミンに加え、生薬の枸杞子生姜を配合。
リゲインSTYLE(販売名:リゲインZ2)【指定医薬部外品】
2011年3月発売。成分は「リゲインZERO」と同一。なお、女性向けの製品として区別するため、ピンクのパッケージデザインとしており、フルーツ系の風味に変更されている。

ドリンク剤

MJ-リゲイン【指定医薬部外品】
すっきりした飲み心地のよい味に仕上がっている。タウリン1,000mg配合。

販売先限定製品

以下は、ファミリーマート、サークルK、サンクスで販売されている。いずれも100ml入り。

スイッチリゲインA(販売名:アミノリゲイン)【指定医薬部外品】
アミノ酸(BCAA(L-バリン・L-イソロイシン・L-ロイシン)、L-アルギニン)を配合。本品は以前発売されていた「スタートアップリゲイン」の実質的な後継製品で、配合されている有効成分並びに含有量は「スタートアップリゲイン」と同一である。
スイッチリゲインK(販売名:リゲイン2000)【指定医薬部外品】
タウリン2,000mgを配合。本品は以前発売されていた「リゲイン24DX」の実質的な後継製品で、配合されている有効成分並びに含有量は「リゲイン24DX」と同一である。

特納用製品

リゲインs(販売名:リゲイン3000)【指定医薬部外品】
タウリンを他の「リゲイン」シリーズ(リゲイン、MJ-リゲイン)の3倍量にあたる3,000mg(シリーズ最大量)を配合するとともに、ビタミンB1誘導体のビオタミンとビタミンB6を「リゲイン」と同量配合。さらに、独自成分のリバオールも配合している。発売当初はコンビニエンスストアで発売されていたが、2015年に特納用仕様が発売され、コンビニエンスストアでの販売終了後に特納用へ移行した。

通信販売限定品

以下の製品は、第一三共ヘルスケアが発売元となり、グループ会社のアイムを通じて通信販売限定で発売されている。また、チャック付パウチ包装としている。

リゲイン トリプルフォース【指定医薬部外品】
独自成分のリバオールとビオタミンにパンテチンを配合した錠剤タイプのビタミン含有保健剤(販売元:アイム、製造販売元:滋賀県製薬)。
リゲイン メディラクト【指定医薬部外品】
胞子乳酸菌(ラクボン)と2種類の消化酵素(膵臓性消化酵素TA、ビオヂアスターゼ1000)が配合されたブランド初の整腸・消化薬。割線(5歳以上8歳未満は割線を割り1/2錠を服用)を有する錠剤タイプ(販売元:アイム、製造販売元:明治薬品)。

製造終了品

関連情報

ゲームとのコラボレーション

Regain Rejapan プロジェクト

発売24年目を機に「日本の元気を取り戻そう!」をキーメッセージに、CMソングである「勇気のしるし」を本プロジェクトのために新たに書き下ろされた2012年バージョンとしてTVCM放映するほか、専用のキャンペーンサイトではボーカロイドを活用したオリジナルCMソングの作成、iPhone専用アプリを利用したオリジナルCMの作成、MTVとのメディアタイアップが行われた。

また、東日本大震災復興支援の一環として、プロジェクト開始日の2012年4月19日から2013年3月31日までの期間、リゲインシリーズのドリンク剤1本につき1円が東日本大震災の義援金として拠出される。その後、対象期間中の売り上げから拠出された義援金は1,050万9,529円となり、日本赤十字社へ寄付された。

登録商標の専用使用権設定と他社への使用許諾締結

2014年4月2日に登録商標である「リゲイン」の専用使用権を設定し、独占的な使用許諾契約をサントリーホールディングスの飲料・食品事業における子会社であるサントリー食品インターナショナルと締結したことを同年5月21日に発表した。同社と使用許諾を締結した専用使用権は日本国内での清涼飲料の分野が設定範囲となる。

これにより、「リゲイン」は第一三共ヘルスケアが開発・販売する医薬品や医薬部外品のブランドとして残しながら、新たに、サントリー食品インターナショナル株式会社が開発・プロモーションを行う清涼飲料のブランド名を兼ねるようになった。なお、「リゲイン」ブランドの清涼飲料の販売は同社子会社のサントリーフーズが担う。この契約に基づき、同年7月1日にサントリー食品インターナショナルの製品として、「リゲインエナジードリンク」が発売された。

なお、第一三共ヘルスケアの親会社である第一三共は、旧第一製薬時代にサントリー(現在のサントリーホールディングス)の医薬事業部が開発した抗不整脈治療剤「サンリズム」の販売提携を手始めに、両社の共同出資による合弁会社第一サントリーファーマ(アスビオファーマを経て、2018年4月に第一三共へ吸収合併)を設立するなど、長きにわたって医薬分野におけるビジネスパートナーとしての関係を築いてきた経緯がある。

脚注

  1. ^ 「勇気のしるし」 J-Liryc.net
  2. ^ “ファミリーマート×第一三共ヘルスケア 初のコラボ 働き方改革!働き盛りの“アタマ”と“カラダ”をスイッチON! 選べる「スイッチリゲイン」シリーズを発売” (プレスリリース), 株式会社ファミリーマート, (2017年3月3日), http://www.family.co.jp/company/news_releases/2017/20170303_01.html 2017年3月8日閲覧。
  3. ^ リゲイン トリプルフォース販売開始”. 株式会社アイム (2019年2月27日). 2019年5月5日閲覧。
  4. ^ リゲイン メディラクト販売開始のお知らせ”. 株式会社アイム (2019年10月9日). 2019年10月9日閲覧。
  5. ^ なお坂本はリゲインのCM起用以前の1990年にアリナミンA25錠のCMに起用されていたことがある。
  6. ^ 春秋”. 日本経済新聞 (2014年7月20日). 2014年9月20日閲覧。
  7. ^ ユニクロ、リゲイン、『アサシン クリード』、アッキーナ! 大作ならではのビッグコラボ ファミ通.com 2008年5月13日
  8. ^ 「Regain Rejapan プロジェクト」実施のお知らせ - 第一三共ヘルスケア株式会社 ニュースリリース 2012年4月19日(2012年5月19日閲覧)
  9. ^ 登録商標「リゲイン」の使用許諾に関するお知らせ - 第一三共ヘルスケア株式会社 ニュースリリース 2014年5月21日

外部リンク


サントリーホールディングス

代表銘柄


清涼飲料
ソフトドリンク

BOSS - Roots - 伊右衛門 - 黒烏龍茶 - リプトン - ペプシコーラ - C.C.レモン - セブンアップ - マウンテンデュー - なっちゃん - デカビタC - ニチレイアセロラドリンク - 桃の天然水 - 鉄骨飲料 - ゲータレード - DAKARA - オランジーナ


ミネラルウォーター

サントリー天然水 - ヴィッテル - コントレックス - ペリエ - サンペレグリノ


その他

リゲインエナジードリンク



酒類
ビール・発泡酒等

モルツ - ザ・プレミアム・モルツ - カールスバーグ - 金麦 - ジョッキ生 - ダイエット生 - サントリーファインゼロ - サントリーオールフリー


ウイスキー

- 山崎 - 白州 - 知多 - - サントリー角瓶 - トリスウイスキー - レッド - ホワイト - オールド - リザーブ - ローヤル - ラフロイグ - バランタイン - ティーチャーズ - ボウモア - ザ・マッカラン - ジム・ビーム - メーカーズマーク - ノブ クリーク - ワイルドターキー - カネマラ


その他(ワイン・ジン・ウォッカ・焼酎等)

赤玉スイートワイン - 樹氷/大樹氷 - ROKU - HAKU - ザ・カクテルバー - -196℃ ストロングゼロ




関連企業


親会社

寿不動産


酒類関連

サントリー酒類(二代目法人) - サントリースピリッツ(旧・サントリー酒類(初代法人)) - サントリービール - サントリーワインインターナショナル - サントリービア&スピリッツ - サントリーアライド - 沖縄サントリー - 九州サントリーテクノプロダクツ - サントリー知多蒸溜所 - ファインズ - 岩の原葡萄園 - モンテ物産 - ビーム サントリー


食品関連

サントリー食品インターナショナル - サントリーフーズ - サントリービバレッジサービス - ジャパンビバレッジホールディングス - サントリーフーズ沖縄 - サントリープロダクツ(サントリー食品工業 - サントリー天然水 - サントリー天然水南アルプス - 日本ペプシコーラ製造) - ハーゲンダッツジャパン


サプリメント・
化粧品関連

サントリーウェルネス


外食・加食・
花・サービス

ダイナック - プロントコーポレーション - 日本サブウェイ - 井筒まい泉 - ミュープランニング&オペレーターズ - エイチ・ビー・アイ - サントリーフラワーズ - サントリーミドリエ - サントリーマーケティング&コマース - サントリーパブリシティサービス - サン・アド - アドギア



文化・スポーツ活動


文化施設・活動

サントリーホール - サントリー美術館 - サントリーミュージアム - サントリー芸術財団 - サントリー文化財団 - サントリー1万人の第九 - サントリー音楽賞 - サントリー学芸賞 - サントリーミステリー大賞 - サントリー東伏見アイスアリーナ


スポーツ

サントリーサンゴリアス - サントリーサンバーズ - サントリーフーズサンデルフィス - 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント


社会活動

サントリー愛鳥基金 - サントリー生物有機化学研究所 - サントリー不易流行研究所 - 邦寿会 - 学校法人雲雀丘学園


歴代キャンペーンガール
サントリービールキャンペーンガール
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

※2004年をもって終了。
無印はサントリー生ビールキャンペーンガール サントリーモルツ生ビールキャンペーンガール
サントリースーパーホップスキャンペーンガール サントリーマグナムドライキャンペーンガール



関連人物


鳥井信治郎 - 佐治敬三 - 鳥井道夫 - 鳥井信一郎 - 佐治信忠 - 鳥井信吾 - 竹鶴政孝 - 鳥井信宏 - 開高健 - 山口瞳 - 柳原良平


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/05 09:23

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「リゲイン」の意味を投稿しよう
「リゲイン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

リゲインスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リゲイン」のスレッドを作成する
リゲインの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail