このキーワード
友達に教える
URLをコピー

リック・リーチとは?

 | リック・リーチ
Rick Leach
 | 

リック・リーチ(2009年)

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
同・カリフォルニア州
アルカディア
【生年月日】
(1964-12-28) 1964年12月28日(53歳)
【身長】
187cm
【体重】
84kg
【利き手】

【ツアー経歴】

【デビュー年】
1984年
【引退年】
2006年
【ツアー通算】
669勝448敗
【シングルス】
21勝58敗
【ダブルス】
648勝390敗
【生涯通算成績】
46勝
【シングルス】
0勝
【ダブルス】
46勝
【生涯獲得賞金】
US$4,293,689
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
2回戦(1988)
全仏
出場なし
全英
1回戦(1990・92)
全米
2回戦(1987-90)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(1988・89・2000)
全仏
準優勝(1991)
全英
優勝(1990)
全米
優勝(1993)
【優勝回数】
5(豪3・英1・米1)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全豪
優勝(1995・97)
全仏
準優勝(1989)
全英
優勝(1990)
全米
優勝(1997)
【優勝回数】
4(豪2・英1・米1)
【国別対抗戦最高成績】

デビス杯
優勝(1990)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
110位(1987年9月28日)
【ダブルス】
1位(1990年3月26日)
テンプレート プロジェクト テニス

リック・リーチ(Rick Leach, 1964年12月28日 - )は、アメリカカリフォルニア州アルカディア出身の元男子プロテニス選手。長年にわたり、アメリカを代表するダブルスのスペシャリストとして活動してきた選手である。リーチのツアー経歴は1984年から2006年まで20年以上に及び、その間にATPツアーでダブルス46勝を挙げた。4大大会では男子ダブルス5勝・混合ダブルス4勝を挙げたが、どちらも全仏オープンのみ優勝できなかった。日本ジャパン・オープンでも、1992年1993年2001年の3度優勝がある。左利き。自己最高ランキングはシングルス110位、ダブルス1位。

リーチ家はアメリカでも名門のテニス一家として知られ、父親のディック・リーチ(リチャード・リーチ・シニア)が3人の息子たちを指導した。リックは3人兄弟の次男で、長兄のマイク・リーチは男子ツアーでダブルス4勝を挙げた(自己最高ランキング:シングルス29位・ダブルス15位)。末の弟ジョナサン・リーチがリンゼイ・ダベンポートと結婚したことから、リックはダベンポートの義理の兄になる。次男のリックは1984年から男子ツアー大会に出場し始め、南カリフォルニア大学卒業後の1987年にプロテニス選手となった。

リーチはプロ転向後、ダブルス第1戦となった1987年6月の「クイーンズ・クラブ選手権」(ウィンブルドン前哨戦の1つ)で決勝戦に進み、その後2勝を獲得した。1988年、リーチは同じアメリカのジム・ピューとのコンビで大幅な躍進を遂げ、ダブルスで年間8勝を挙げた。1988年全豪オープンの男子ダブルスで、リーチは最初の4大大会優勝を達成する。全豪ダブルス決勝でジェレミー・ベイツ(イギリス)&ピーター・ルンドグレン(スウェーデン)組を 6-3, 6-2, 6-3 で破った2人だが、全米オープンではエミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル(ともにスペイン)との決勝戦に出場できず、不戦敗で準優勝になる。サンチェスとカサルには、年間最終戦のマスターズ・ダブルス決勝で雪辱した。1989年全豪オープンで男子ダブルス2連覇を果たすが、ウィンブルドン男子ダブルスと全米オープン混合ダブルスで準優勝があった。

1990年、リーチはウィンブルドンで男子ダブルス・混合ダブルスの2冠制覇を果たす。男子ダブルスはピューと組み、混合ダブルスはジーナ・ガリソンと組んで優勝を決めたが、ウィンブルドンでは両部門とも唯一の優勝になった。1991年、リーチとピューは全仏オープン男子ダブルス決勝でアンダース・ヤリード&ジョン・フィッツジェラルド組に 0-6, 6-7 で敗れて準優勝になった。2人は同年の全米オープン2回戦敗退を最後に、4年間続けたコンビを解消した。

ピューと別れた後、リーチは1993年3月までケリー・ジョーンズとペアを組んだ。1992年はジョーンズとのコンビで、全豪オープン全米オープンの男子ダブルス準優勝があった。1992年1993年当時、ジャパン・オープンは春の4月に開催されていた。1993年全米オープンにおいて、リーチはついに全米男子ダブルスのタイトルを獲得する。パートナーはケン・フラックと組み、決勝でチェコペアのカレル・ノバチェク&マルティン・ダム組を 6-7, 6-4, 6-2 の逆転で下した。1995年全豪オープンでは、混合ダブルスでナターシャ・ズベレワと組んで初優勝し、リーチにとっては1990年ウィンブルドン以来の4大大会混合ダブルス優勝となった。

その後もリーチはダブルスで優勝を積み重ね、1997年全豪オープン全米オープンマノン・ボーラグラフ(オランダ)と組み、混合ダブルス年間2冠を獲得した。1999年には全仏オープンで混合ダブルス準優勝があり、パートナーはラリサ・ネーランド(ラトビア)であった。8年前の1991年ジム・ピューと組んだ男子ダブルス決勝以来の舞台で、彼はついに全仏オープンだけは優勝できずに終わった。2000年にはエリス・フェレイラ(南アフリカ)と組んで全豪オープン優勝・全米オープン準優勝を記録し、リーチは1989年以来11年ぶり3度目の全豪男子ダブルス優勝を飾った。2001年には、開催時期が10月に変更されたジャパン・オープンで、E・フェレイラと組んで優勝している。

リック・リーチはプロ入りした1987年から2001年まで「15年連続」男子ツアーのダブルス大会で優勝してきたが、その彼にも年齢的な衰えが訪れ始め、2002年2003年は年間未勝利に終わった。2004年、40歳に近づいたリーチはブライアン・マクフィーとペアを組み、2月末のスコッツデール大会で久々のツアー優勝を果たす。この年は他に3大会の決勝進出があった。2005年7月、リーチはマクフィーと組んでロサンゼルス大会に優勝し、「40歳7か月」の年齢で最後のタイトルを獲得した。最後の決勝戦では、イスラエルペアのジョナサン・エルリック&アンディ・ラム組を 6-3, 6-4 のストレートで下した。20年以上の長きにわたり、ダブルスのスペシャリストとして一時代を築いた名選手は、2006年7月のワシントンD.C.大会でラモン・デルガド(パラグアイ)と組んだ2回戦敗退を最後に、41歳半の高齢で現役を引退した。

4大大会ダブルス優勝

(全仏オープン男子ダブルス準優勝:1991年/混合ダブルス準優勝:1999年)

外部リンク

リック・リーチ 獲得タイトル
全豪オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1960年代 | 

1970年代 | 
  • 70 スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • 71 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 72 ケン・ローズウォール&オーウェン・デビッドソン
  • 73 ジョン・ニューカム&マルコム・アンダーソン
  • 74 ロス・ケース&ジェフ・マスターズ
  • 75 ジョン・アレクサンダー&フィル・デント
  • 76 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 77.1 アーサー・アッシュ&トニー・ローチ
  • 77.12 レイ・ラッフェルズ&アラン・ストーン
  • 78 ヴォイチェフ・フィバク&キム・ウォーウィック
  • 79 ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー

  • 1980年代 | 
  • 80 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 81 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 82 ジョン・アレクサンダー&ジョン・フィッツジェラルド
  • 83 マーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー
  • 84 マーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート
  • 85 ポール・アナコーン&クリスト・バン・レンスバーグ
  • 86 大会開催なし
  • 87 ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • 88 リック・リーチ&ジム・ピュー
  • 89 リック・リーチ&ジム・ピュー

  • 1990年代 | 
  • 90 ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • 91 スコット・デービス&デビッド・ペイト
  • 92 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 93 ダニー・ヴィッサー&ローリー・ウォーダー
  • 94 ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • 95 ジャレッド・パーマー&リッチー・レネバーグ
  • 96 ステファン・エドベリ&ペトル・コルダ
  • 97 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 98 ヤッコ・エルティン&ヨナス・ビョルクマン
  • 99 ヨナス・ビョルクマン&パトリック・ラフター

  • 2000年代 | 
  • 00 リック・リーチ&エリス・フェレイラ
  • 01 ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • 02 マーク・ノールズ&ダニエル・ネスター
  • 03 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 04 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 05 ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • 06 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 07 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 08 ジョナサン・エルリック&アンディ・ラム
  • 09 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン

  • 2010年代 | 
  • 10 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 11 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 12 リーンダー・パエス&ラデク・ステパネク
  • 13 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 14 ルカシュ・クボット&ロベルト・リンドステット
  • 15 ファビオ・フォニーニ&シモーネ・ボレッリ
  • 16 ジェイミー・マリー&ブルーノ・ソアレス
  • 17 ヘンリ・コンティネン&ジョン・ピアース
  • 18 オリバー・マラチ&マテ・パビッチ

  • 全豪テニス選手権(1905–1968)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    ウィンブルドン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • (1980年)ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー
  • (1981年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1982年)ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー
  • (1983年・84年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1985年) ハインツ・ギュンタード&バラージュ・タロツィ
  • (1986年)マッツ・ビランデル&ヨアキム・ニーストロム
  • (1987年・88年)ケン・フラック&ロバート・セグソ
  • (1989年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード

  • 1990年代 | 
  • (1990年)リック・リーチ&ジム・ピュー
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ジョン・マッケンロー&ミヒャエル・シュティヒ
  • (1993年-97年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (1998年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1999年)マヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス

  • 2000年代 | 
  • (2000年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (2001年)ドナルド・ジョンソン&ジャレッド・パーマー
  • (2002年-04年)ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • (2005年)ステファン・フース&ウェスリー・ムーディ
  • (2006年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2007年)アルノー・クレマン&ミカエル・ロドラ
  • (2008年・09年)ダニエル・ネスター&ネナド・ジモニッチ

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ユルゲン・メルツァー&フィリップ・ペッシュナー
  • (2011年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2012年)ジョナサン・マレー&フレデリク・ニールセン
  • (2013年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2014年)バセク・ポシュピシル&ジャック・ソック
  • (2015年)ジャン=ジュリアン・ロジェ&ホリア・テカウ
  • (2016年)ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ
  • (2017年)マルセロ・メロ&ルカシュ・クボット
  • (2018年)マイク・ブライアン&ジャック・ソック

  • ウィンブルドン(1884–1967)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    全米オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1960年代 | 

    1970年代 | 
  • (1970年)ピエール・バルト&ニコラ・ピリッチ
  • (1971年)ジョン・ニューカム&ロジャー・テーラー
  • (1972年)クリフ・ドリスデール&ロジャー・テーラー
  • (1973年)ジョン・ニューカム&オーウェン・デビッドソン
  • (1974年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1975年)ジミー・コナーズ&イリ・ナスターゼ
  • (1976年)トム・オッカー&マーティー・リーセン
  • (1977年)ボブ・ヒューイット&フルー・マクミラン
  • (1978年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1979年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング

  • 1980年代 | 
  • (1980年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1981年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1982年)ケビン・カレン&スティーブ・デントン
  • (1983年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1984年)ジョン・フィッツジェラルド&トマシュ・スミッド
  • (1985年)ケン・フラック&ロバート・セグソ
  • (1986年)アンドレス・ゴメス&スロボダン・ジボイノビッチ
  • (1987年)ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • (1988年)エミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル
  • (1989年)ジョン・マッケンロー&マーク・ウッドフォード

  • 1990年代 | 
  • (1990年)ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ジム・グラブ&リッチー・レネバーグ
  • (1993年)ケン・フラック&リック・リーチ
  • (1994年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1995・96年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (1997年)エフゲニー・カフェルニコフ&ダニエル・バチェク
  • (1998年)サンドン・ストール&シリル・スーク
  • (1999年)セバスチャン・ラルー&アレックス・オブライエン

  • 2000年代 | 
  • (2000年)レイトン・ヒューイット&マックス・ミルヌイ
  • (2001年)ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • (2002年)マヘシュ・ブパシ&マックス・ミルヌイ
  • (2003年)トッド・ウッドブリッジ&ヨナス・ビョルクマン
  • (2004年) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/11/15 13:00

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「リック・リーチ」の意味を投稿しよう
    「リック・リーチ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    リック・リーチスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「リック・リーチ」のスレッドを作成する
    リック・リーチの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail