このキーワード
友達に教える
URLをコピー

リトルトーキョーとは?

(リトルトーキョーから転送)
 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年5月)


Little Tokyo Historic District

アメリカ合衆国国家歴史登録財

アメリカ合衆国国定歴史建造物地区



【所在地】
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
【座標】
北緯34度03分04秒 西経118度14分20秒 / 北緯34.051度 西経118.239度 / 34.051; -118.239
【建築家】
エドガー・クライン(Edgar Cline)他
【NRHP登録番号】
86001479
【指定・解除日】

NRHP指定日 1986年8月22日
【NHLD指定日】
1995年6月12日

リトル・トーキョー(: Little Tokyo)は、ロサンゼルスダウンタウン内にあるアメリカ最大の日本人街通称である。「Lil' Tokyo」、「小東京」などとも呼ばれている。転じて、日本国外にある日本人街全般の事を指すこともある。

リトルトーキョーの東端、全米日系人博物館そばの外壁には「ロサンゼルスの小東京は、我々の心の故郷です」と書かれた壁画が描かれている。

目次

  • 1 年表
  • 2 歴史
  • 3 概要
    • 3.1 記念碑・像・ランドマーク
    • 3.2 公的施設
    • 3.3 文化施設
    • 3.4 ホテル
    • 3.5 格安ホテル
    • 3.6 買い物
    • 3.7 レストラン・飲食
    • 3.8 銀行
    • 3.9 その他店舗・施設
    • 3.10 新築住居・アパート・コンド・ロフト
    • 3.11 イベント
    • 3.12 日系新聞・情報誌
  • 4 交通
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク
  • 7 脚注
  • 8 参考文献

年表

「アラメダ・ストリート」(1918年)
強制収容される日系人(1942年)
ウェラーコート
ヤオハン

歴史

19世紀末に数万人の日本人がこの地に移住。この地域は19世紀中期はドイツ系移民が数多く住んでいた為、「リトル・ベルリン」等とも呼ばれていた。リトルトーキョーの基となったのは日本人漁民だった「チャールズ・カメ」こと茂田濱之助と云う人物が日本食店「カメ・レストラン」を開店。ここから日本人移民がこのエリアに移住して来たと云われる。

学校、教会等、当時の日本人の必要とされている物品等を売っている店舗等が徐々に増えていった。現在のリトルトーキョー、小東京と呼ばれる様になったのは20年後の1905年頃と云われている。20世紀に入り移民が急増したことにより、1930年代には35,000人もの日本人がロサンゼルスに移住、その多くはここに居住していた。なお、リトル・トーキョーに隣接するボイル・ハイツ地区は日系移民やユダヤ系の住居が数多くあり、「生活の場はボイル・ハイツ、職場はリトル・トーキョー」と云うのが一般的であった。

1941年12月に日米間で開戦されると、人種差別を背景にした政令が施行されたために全米の日系人は強制収容され、資産も没収されたためにリトル・トーキョーに日本人の姿を見る事はなくなり、代わりにアフリカ系アメリカ人の姿が目立つ様になる。数人のアフリカ系アメリカ人ビジネスマンは、商工会議所をこのエリアに設立、名称を「リトル東京」から「ブロンズヴィル」に変更。日系人の街からアフリカ系アメリカ人の街に変貌した。戦後、日系人がこのエリアに戻って来ると、土地の値段が上昇、アフリカ系アメリカ人達は立ち退きを余儀なくされた。

第二次世界大戦後の1940年代後半には、リトル・トーキョー周辺には数多くの日本人、日系人が定住、映画館も「ラブレア東宝」、「富士館」等5軒程あり、日活東映東宝松竹等、日本のメジャー各社が劇場を運営、こうした邦画専門館は「日本とアメリカのへその緒」とも云われ、遠い祖国へ想いを馳せる日系人の憩いの場となった。1960年代には、寿司カウンターを備えた日本食レストランが誕生、アメリカにおける寿司文化発祥の地ともされる[1][2]

3世、4世に世代の中心が移りアメリカ社会に同化し、さらに高学歴かつ裕福な層が増加した新世代の日系人達は、地価が高く治安も良く、さらに「アメリカ・トヨタ自動車販売」や「ホンダ・オブ・アメリカ」、「リコー・アメリカズ・コーポレーション」などの多くの日系企業がオフィスを構えるロサンゼルスの南部に位置するオレンジ郡やサウスベイ地区(トーランス市ガーデナ市)、北側に隣接するグレンデール市などに住居を構える者が増え、それに併せて日本企業の駐在員もこれらの地域に住居を構えるものが増えた。また日系人向け、日本人向けのレストランや店舗もそれらの地域に移り、リトル・トーキョー地区の日系人口が減少して行った。これらの動きを受けて、1990年代には「加州毎日」や「新日米」、「クロスロード」等の老舗日系新聞メディアが次々と日系社会から姿を消した上に、総領事館ダウンタウンに移転した。

21世紀に入ると、周辺に新居住区計画として、数多くのアパート、マンション等が乱立していくが、購入者の大半が韓国系である事が最近分かった。このようなアジア系人口の増加を受けリトルトーキョーの人口は数年後に4倍になるとも云われている。

韓国や台湾、中国等と違い、日本政府、行政との交流がほとんどないことや、高学歴かつ裕福な層が増加したこともあり、上記のように現在日系人(日本生まれの新日系人を含む)や駐在員でここに居住する者は余り見られず、リトルトーキョーには日本人や日系人の数は極めて少ない。韓国系や中国系のビジネスオーナーの姿が目立ち、東南アジア系の客の姿も少なくない。このため、チャイナタウン等のようなロビー活動等がまったく行われていない。また、リトルトーキョーを訪れる日本人観光客も減少している。 しかしながら、人口増加を受けて2010年代にスターバックス・コーヒーや日本発のラーメンチェーンなど深夜営業の店舗が多く出店したことなどで、深夜まで多くの客で賑わいを見せるようにもなり、かつてのような閑散とした様子とは様変わりしつつある。

概要

ロサンゼルス通り、アラメダ通り、一番街、三番街、という4つの大きな通りに囲まれ、リトル・トーキョー周辺部だけでなく、ロサンゼルス南部に位置するトーレンス地区やガーデナ地区に住む日本人日系アメリカ人に日本の娯楽や食事、仕事を提供する場となっている。また、日本人向けの銀行病院弁護士事務所なども多い。

リトル東京地区に隣接するアート地区(アーツ・ディストリクトArts District)には既に数千人のアーティストが居住しており、こうした住人も新しいリトル・トーキョーの利用者となりつつある。現在はアメリカ人向けの日本的な街に変化しつつある。なお近年、アーツ・ディストリクトのロフトがオシャレであるということで、裕福層の間で人気が高まり家賃が高騰するジェントリフィケーション現象が起こっている。無名アーティストが居住することが難しくなっており、実際の芸術家が流出していると言われている。

1999年から新たに始まったロサンゼルス市の「LAルネッサンスプロジェクト」は見事にロサンゼルスのダウンタウンを新しい町に作り変えた。ロサンゼルスのダウンタウンはこれにより、多くの地域に分かれ、リトル・トーキョーは、「Little Tokyo Disctrict(リトル・トーキョー地区)」と呼ばれるようになった。

2006年現在このプロジェクトの効果もあって、リトル・トーキョー内に5つのコンドミニアムプロジェクトが進行しており、1棟が完成、完成前に完売しているコンドミニアムも見られる。こうした動きのなかで、地元3大スーパーマーケットもこぞってリトル・トーキョー内に店舗を開店、100円ストアや日本のアンティークなどを置く店も出来ている。

また、新しい傾向として、スターバックス・コーヒークイズノス・サンドイッチサブウェイ・サンドイッチアメリカンアパレルなど日本食以外のチェーン店も軒を並べるようになった。しかしながら、一番街の北側の建物は、歴史的建造物に指定されており、西本願寺羅府別院など市指定の重要文化財や国定史跡に名を連ねるものもある。

2009年、全米日系博物館の向かい側にメトロ・ゴールドラインリトルトーキョー/アーツ・ディストリクト駅が完成した。ゴールドラインは現在パサディナ市とダウンタウンのユニオン駅を結んでいるが、将来的にはイーストロサンゼルスへと延伸する予定である。現在、17カ所の駐車場を完備しているが、人口の急激な増加には対応し切れておらず、これを理由にリトルトーキョーに足が遠のいているのも実情である。

ロサンゼルス市は、人口の流入が治安維持のキーポイントとなるとして、リトル・トーキョー内に交番を配置し、リトル・トーキョー防犯協会が地区内を巡回し、より安全な街づくりを手がけている。なお、南隣のスキッド・ロウは非常に治安が悪い地域である。

記念碑・像・ランドマーク

公的施設

文化施設

高野山真言宗米国別院

ホテル

格安ホテル

買い物

レストラン・飲食

現在、リトルトーキョーには約70のレストラン飲食店が営業している。

銀行

その他店舗・施設

新築住居・アパート・コンド・ロフト

イベント

日系新聞・情報誌

以下の刊行物は全てリトルトーキョーで入手可能。

交通

 |  | 
リトルトーキョーを走るゴールドライン
 |  | 
リトルトーキョー/アーツ・ディストリクト駅

関連項目

外部リンク

脚注

  1. ^ National Park Service (2008-04-15). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service.
  2. ^ Dr. James B. Gardner (1979) and revised by James H. Charleton (May 7, 1993). "National Historic Landmark Designation Nomination: Little Tokyo Historic District" (PDF). National Park Service.
  3. ^ "National Historic Landmarks Program: Little Tokyo Historic District". National Park Service. June 21, 2011閲覧.
  4. ^ 桑港在留の邦人『新聞集成明治編年史. 第五卷』 (林泉社, 1940)
  5. ^ 石毛, 直道; 小山, 修三; 山口, 昌伴; 栄久庵, 祥二 (1985), ロスアンジェルスの日本料理店―その文化人類学的研究, ドメス出版, pp. 28–33 (Wank et al. (2015)、第5章で引用。)
  6. ^ 日系チャプスイレストランにおけるフォーチュンクッキーの受容 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine. 中町泰子、神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター年報非文字資料研究 (5), 173-186, 2009-03
  7. ^ 『北米踏査大観. 上巻(加州日本人発展地之部)』柏村桂谷 (一介) 著 (竜文堂, 1911)
  8. ^ 日系移民 S. John Nitta 氏からの聴き取りインタビュー “Downtown: The Old Meets the New”. (1971年10月10日). https://www.newspapers.com/newspage/164896816/ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/08/10 22:23

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「リトルトーキョー」の意味を投稿しよう
「リトルトーキョー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

リトルトーキョースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リトルトーキョー」のスレッドを作成する
リトルトーキョーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail