このキーワード
友達に教える
URLをコピー

リビアとは?

リビア国
دولة ليبيا



(国旗) | (国章に準ずるマーク)
国の標語:なし
国歌:ليبيا ليبيا ليبيا(アラビア語)
リビア、リビア、リビア
公用語 アラビア語
首都 トリポリ
最大の都市 トリポリ
政府
議会議長
(大統領格) ファイズ・サラージ(統一政府)
アグイラ・サーレハ・イッサ(トブルク政府)
首相 ファイズ・サラージ(統一政府)
アブドゥッラー・アッ=スィニー(トブルク政府)
オマル・アル=ハーシー(革命評議会)
【大統領評議会副議長】
アハマド・マイティーク
面積
総計 1,759,540km(17位)
水面積率 極僅か
人口
総計(2016年) 6,653,210人(109位)
人口密度 3.7人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2008年)】
1,223億リビア・ディナール
GDP (MER)
【合計(2008年)】
1,000億ドル(64位)
GDP (PPP)
合計(2008年) 902億ドル(83位)
【1人あたり】
14,520ドル
独立
イタリアより 1947年2月10日
2011年リビア革命
(革命記念日) 2011年2月17日

通貨 リビア・ディナール (LYD)
時間帯 UTC (+2)(DST:なし)
ISO 3166-1 LY / LBY
ccTLD .ly
国際電話番号 218

リビア国(アラビア語: دولة ليبيا‎, Dawlat Lībyā英語: State of Libya)、通称リビア(リービヤー、ليبيا, LībiyāLibya)は、北アフリカに位置する共和制国家。東にエジプト、南東にスーダン、南にチャドニジェール、西にアルジェリア、北西にチュニジアと国境を接し、北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国イタリアが存在する。首都はトリポリである。

アフリカ世界地中海世界アラブ世界の一員であり、アフリカ連合アラブ連盟に加盟している。アラブ・マグレブ連合にも加盟しており、広義のマグリブ諸国に含まれる。主要な宗教はイスラム教(スンナ派)で、イスラム圏の一部である。

目次

  • 1 国名
  • 2 歴史
    • 2.1 古代から植民地時代まで
    • 2.2 独立からカダフィ政権
    • 2.3 カダフィ政権崩壊後
  • 3 政治
    • 3.1 元首
    • 3.2 行政
    • 3.3 立法
    • 3.4 司法
  • 4 軍事
  • 5 国際関係
  • 6 治安
  • 7 地方行政区分
    • 7.1 主要都市
  • 8 地理
  • 9 経済
  • 10 交通
  • 11 国民
    • 11.1 民族
    • 11.2 言語
    • 11.3 宗教
    • 11.4 教育
  • 12 文化
    • 12.1 世界遺産
    • 12.2 祝祭日
  • 13 国の象徴
    • 13.1 国旗・国章
  • 14 脚注
  • 15 参考文献
  • 16 関連項目
  • 17 外部リンク

国名

2011年の内戦時に結成されたリビア国民評議会は国名をリビア(Libya)への改称を宣言し、これを受けて国際連合(UN)は同年9月の決議66/1にて代表権を「リビア・アラブ ジャマーヒリーヤ国(Libyan Arab Jamahiriya)」から「リビア(Libya)」へ移譲している。また国際標準化機構(ISO)でも名称が変更されている。

2013年に旧国民議会 (2012 - 2014)リビア国へ改称を決定しており、2017年12月22日に国連のリビア代表部は正式国名がリビア国(State of Libya)へ変更していることを正式に国連へ通達した。しかしながら、イスラム協力機構(OIC)や中央情報局(CIA)、日本の外務省などでは単にリビア(Libya)と呼ばれている。

各言語の国名に共通する Libya は、ギリシャ神話の登場人物リビュエーに由来し、古代ギリシアで北アフリカの地中海沿岸地域(エジプトより西)をまとめて Libya と呼んでいたことに由来する。さらにこの語は、アフリカ大陸全体を指す場合もあったが、現在この意味では使用されていない。

その後、現在のリビアの領域はイフリキアと呼ばれ、北西部が首都トリポリ(アラビア語名:タラーブルス)の名をとってトリポリタニア(タラーブルス)、北東部がバルカ(太古の時代からの呼称、キュレナイカとも呼ばれた)、南部内陸部がフェッザーンなどの地域からなっている。16世紀にこの地を併合したオスマン帝国はこの地域全体を西タラーブルス州としていたが、1911年イタリア王国がオスマン帝国からこの地を奪った際に、古名を復活させて「リビア」とした。

歴史

リビアの歴史


リビアの先史時代 (前120c-前10c)

キュレネ植民都市(アポイキア)

(前630頃?–前323)
トリポリ(オエア)植民都市 (前7c-前2c)
プトレマイオス朝領 (前630頃?–前76)

共和制ローマ領 (アフリカ属州)

クレタ・キレナイカ属州

(前323–前27)

【前76:旧プトレマイオス朝領-前27】
ローマ帝国領 (前27–395)
セウェルス朝 (193-235)
ヴァンダル王国領 (434–533)

東ローマ帝国領(アエギュプトゥス)

(533–643)
イスラーム化(643–661)
ウマイヤ朝領 (661-750)
アッバース朝領 (750-800)
アグラブ朝領 (800–909)
ファーティマ朝領 (909-973)
ズィール朝領 (973-1135)
シチリア王国領 (1135-1159)
ムワッヒド朝領 (1159-1207)

ムハンマド・イブン・アブー・ハフス (Muhammad ibn Abu Hafs)による統治

(1207-1221)
ハフス朝領 (1229-1510)

スペイン・ハプスブルク朝領

(1510-1530)
聖ヨハネ騎士団領 (1530-1551)

オスマン帝国領

(オスマン・トリポリタニア)

(1551-1711)
カラマンリー朝 (1711-1835)

オスマン帝国領

(オスマン・トリポリタニア)

(1835-1912)
イタリア領リビア(1911-1943)
トリポリタニア共和国 (1918-1922)

連合軍占領下のリビア

(1943-1951)
リビア王国 (1951-1969)
アラブ共和国連邦 (1972-1977)

大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国

(1977-2011)
リビア国民評議会 (2011-2012)
リビア (2012-現在)

詳細は「リビアの歴史」を参照

古代から植民地時代まで

伊土戦争にてリビアを爆撃するイタリア王国飛行船
抗イタリア戦争の英雄、オマル・ムフタール

古代リビュアフェニキア人カルタゴ古代ローマ東ローマ帝国の支配を受けた。

7世紀アラブ人ウマイヤ朝に征服され、イスラム教が広がった。その後、16世紀オスマン帝国に併合された(オスマン・トリポリタニア)。1711年に土着化したトリポリ総督のトルコ系軍人が自立し、カラマンリー朝が成立した。19世紀初頭にカラマンリー朝はアメリカ合衆国第一次バーバリ戦争を繰り広げた。その後、イギリスフランスによるこの地への干渉が始まったため、オスマン帝国はリビアを再征服し、1835年にカラマンリー朝は滅亡した。

20世紀初頭の伊土戦争により、1911年にはイタリア王国がリビアを植民地化した。植民地化後はイタリア人が入植したが、サヌーシー教団オマール・ムフタールベルベル人による激しい抵抗が繰り広げられた。1926年からイタリアロドルフォ・グラツィアーニによる厳しい弾圧が行われたが、特にフェザーンでの抵抗は激しく、リビアの完全平定は1932年にまでもつれこんだ。

第二次世界大戦中には連合国(イギリス)と枢軸国(イタリアナチス・ドイツ)の間で激戦が繰り広げられた(北アフリカ戦線)。イタリアの敗戦により、戦後は英仏の共同統治領とされた。

独立からカダフィ政権

カダフィ
大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の国旗
詳細は「リビア王国」、「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国」、および「2011年リビア内戦」を参照

1949年の国連決議により、1951年キレナイカ首長国(キレナイカ)、トリポリタニアフェッザーンの3州の連邦制によるリビア連合王国として独立した。キレナイカの首長であり、サヌーシー教団の指導者だったイドリース1世が国王に即位した。1963年連邦制は廃止され、リビア王国が成立した。

1969年9月1日、ナーセル主義者だった27歳のムアンマル・アル=カッザーフィー(カダフィ)らによるクーデターにより、イドリース1世は亡命。カダフィを事実上の元首とする共和国が成立した。

カダフィはイスラーム主義社会主義ナーセル主義、カダフィが著した『緑の書』に基づく国家の建設を目指し、対外的にはソビエト連邦に接近して援助を受けた。1970年代から1990年代まで数々のテロを支援、アメリカイギリスなどの欧米諸国と敵対した。1985年の西ヨーロッパでの一連のテロ事件により経済制裁を受け、1986年にはアメリカ軍によって空爆(リビア爆撃)されたが、その報復として1988年にパンナム機を爆破(パンアメリカン航空103便爆破事件)した。またチャド内戦に介入し、敗退した(トヨタ戦争)。

2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降はアメリカと協調路線をとる一方、成果を出せない親アラブ外交から親アフリカ外交へとシフトし、アフリカ連合内で主導権を握ろうとしていた。カダフィ政権時代には革命時に外国資本を抑えることによって確保した豊富な石油収入を国民に分配し、教育や医療など国民の生活水準はアフリカ屈指となった。

2011年、カダフィ打倒を旗印にしたリビア国民評議会とカダフィ政権側の間で内戦が勃発した。一時期はカダフィ政権側が評議会側の拠点だったベンガジ進攻寸前まで至ったが、NATO(北大西洋条約機構)などから軍事的な支援を受けた評議会軍が同年8月23日に首都トリポリを制圧。10月20日にカダフィがスルトで殺害され、42年間続いた政権は崩壊した(2011年リビア内戦)。

カダフィ政権崩壊後

ISILの実効支配地域(2014年10月)。リビアの一部(デルナ県にあたる)が実効支配されている。
ISILの実効支配地域
2014年リビア内戦」も参照

2012年7月7日に60年ぶりに行われた国民全体会議選挙(定数200)で、120議席が無所属に、80議席が政党に配分された。国民勢力連合が39議席、ムスリム同胞団系の公正建設党が17議席、残りの議席は各中小政党が獲得した。国民評議会は同年8月8日に権限を全体国民会議に移譲し解散した。以後、選挙によって選ばれた議員で構成された議会に承認された内閣行政権を継承し、そしてこの議会が制憲議会としてリビアの新憲法を制定し、1年以内の正式政府発足を目指して統治機構を調えることとなる。

9月11日、米領事館襲撃事件が発生し、J・クリストファー・スティーブンス大使はじめ関係者4人が死亡した。

9月12日、リビア全体国民会議は、ムスタファー・アブーシャーグールを首相に指名したが期限内に組閣を果たせず、首相不信任案を可決し解任した。リビア国民評議会時代の暫定首相であるアブドッラヒーム・アル=キーブが引き続き暫定政権を率いた。10月14日、国民議会は元外交官のアリー・ゼイダーンを首相に選出した。

内戦終了後、旧カダフィ政権を支持する緑のレジスタンスが活動を開始。ミスラタ刑務所を襲撃して145人の守衛を殺害した。

2014年、各地でイスラム系武装勢力の攻勢が活発化し、政府の支配権が弱まった(2014年リビア内戦)。特に2014年6月25日に行われたリビア国民議会選挙の結果で世俗派が圧勝して以降は、結果を不服とするイスラム勢力が攻勢をかけることとなった。同年7月14日にはそれまで民兵が掌握していたトリポリ国際空港がイスラム勢力に奪取され、その後も空港周辺において双方がロケット砲を打ち合う大がかりな戦闘が続いた。戦闘の結果、100人前後が死亡し400人以上の負傷者を出した。同月28日には、市街地と空港を結ぶ道路の途中にある大型石油貯蔵施設が被害を受け、大規模な火災が発生した。また7月31日にはベンガジ特殊部隊本部が陥落した。一連の戦闘の結果、世俗派政府・議会は首都トリポリにおける実効支配権を喪失し、東部の港湾都市トブルクに退去した。一方新たに首都を掌握したイスラム勢力は独自の政府・議会を設立し、これ以降国内に二つの政府・議会が並立し正当性を争う事態となっている。

また、この政治の空白をついて過激派組織が勢力を拡大させている。2014年10月上旬には、過激派組織ISILの旗をはためかせた20台近くの四輪駆動車が同国東部の市街地を行進し、勢力を誇示した。また2015年2月には、エジプトから出稼ぎに来ていたコプト教徒21人を斬首する映像を公開した。

2015年時点、リビア国内はトリポリを拠点とするイスラム勢力系の新国民議会トブルクを拠点とする世俗派のリビア国民代議院による二つの政府・議会が存在し、それぞれから元首、首相を選出している。国際社会からはトブルク政府が正当性を認められているのに対し、トリポリ政府はトルコやカタールの支援を受けていると指摘されている。また東部のキレナイカ地方は独自の自治政府「キレナイカ暫定評議会」(CCL)により統治されており、中央政府の支配が行き届いていない。さらにはISILアルカイダ等のイスラーム過激派が勢力を伸張させたことから各地で内戦が激化しており、事実上の無政府状態となっている。2015年12月になって双方の政治家が交渉を行い、リビア統一政権の樹立が目指されることとなり、新首相としてファイズ・サラージ(日本のマスメディアでは「シラージュ」表記が多い)が指名されたものの、両方の議会で批准を得られず、政権発足は足踏み状態となった。2016年3月31日になって新国民議会はサラージ率いる大統領評議会に権限を移譲するとしたが、もう一方の国民代議院(トブルク政府)は統一政府を承認していない。

2016年10月14日ハリーファ・アル=グワイル率いる国民議会派クーデター未遂事件を起こし、トリポリの国家評議会の建物を占拠した。

サラージ(シラージュ)が率いる暫定政権が拠点とする西部のトリポリに向けて、2019年4月、東部のベンガジなどを支配するハフタル将軍(カダフィの元側近)傘下のリビア国民軍が進撃を開始。戦闘が行われ、アントニオ・グテーレス国際連合事務総長や、リビア国民軍を支援するエジプトも自制を求めた。こうした混乱は、リビアを経由した中東・アフリカ各地から欧州への難民流出の背景にもなっている。

政治

 | 
この節の加筆が望まれています。

2016年末時点で、リビアには以下の勢力が存在する。


名称 代表 下位組織・勢力 支援国・組織 成立日
前身
リビア国民代議院(トブルク政府)
 | アグイラ・サーレハ・イッサ(議会議長)
アブドゥッラー・アッ=スィニー(首相) | リビア軍ジンタン旅団、Warshefana民兵、正義と平等運動(JEM、2016年より)
緑のレジスタンス | エジプト(限定的関与)、アラブ首長国連邦(限定的関与)、フランスアメリカ合衆国イギリスヨルダンロシアチャド | 2014年8月4日
リビア国民評議会国民議会 (2012-2014)
国民合意政府(リビアの夜明け、統一政府)
 | ファイズ・サラージ(議会議長 兼 首相) | 大統領評議会国家最高評議会
大統領警備隊、ミスラタ旅団、サブラタ軍事評議会(革命旅団)、石油施設防衛隊、リビア海軍ガートのトゥアレグ族民兵リビアにおけるトゥーブゥー人救済戦線 | アメリカ合衆国イタリア国際連合(UN) 、欧州連合(EU) | 2016年
新国民議会 (2014-2016)
国民救済政府
 | ハリーファ・アル=グワイル(首相) | Libya Shield Forceリビア革命指揮所(LROR)、国家警備隊、アマーズィーグ民兵 | スーダンカタールトルコ | 2014年9月6日
新国民議会 (2014-2016)
ISIL
 | Abu Nabil al-Anbari (リビア支部長)
Abu Hudhayfah al-Muhajir(「トリポリタニア州」知事) | 「バルカ州」、「トリポリタニア州」、「フェザーン州」 | イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構(AQIM) | 2014年
ベンガジ革命派シュラ評議会
デルナのムジャーヒディーン・シュラ評議会
アジュダービヤー・シュラ評議会
 | Abu Khalid al Madani
(アンサール・アル=シャリーア指導者)
モフタール・ベルモフタール
(Al-Mourabitoun司令官、死亡したと思われる)
Mohamed al-Zahawi
(元アンサール・アル=シャリーア指導者)
Wissam Ben Hamid
(Libya Shield 1司令官)
Salim Derby
(アブ・サリム殉教者旅団司令官) | アンサール・アル=シャリーアLibya Shield 12月17日殉教者旅団Rafallah al-Sahati Brigade、ベンガジ防衛旅団、Jaysh al-Mujahidin、Brega Martyrs Brigade
アンサール・アル=シャリーア (デルナ)アブ・サリム殉教者旅団 |  | 2014年6月20日
地方の「自治政府」など
 |  |  |  | 
ガートのトゥアレグ族民兵
 |  |  |  | 2014年

元首

詳細は「リビアの元首一覧」を参照

国連の支持を受けている統一政府の元首は大統領評議会議長のファイズ・サラージであるが、トブルクを拠点とする国民代議院の支持を得られていない。

 | 
この節の加筆が望まれています。

行政

詳細は「リビアの首相」を参照

閣僚として、副首相・財務大臣・石油大臣・国防大臣などが置かれている。国連の支持を受けている統一政府の首相は大統領評議会議長のファイズ・サラージであるが、トブルクを拠点とする国民代議院の支持を得られていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/07/07 20:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「リビア」の意味を投稿しよう
「リビア」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

リビアスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リビア」のスレッドを作成する
リビアの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail