このキーワード
友達に教える
URLをコピー

リーンダー・パエスとは?

【基本情報】

【国籍】
インド
【出身地】
同・コルカタ
【生年月日】
(1973-06-17) 1973年6月17日(45歳)
【身長】
177cm
【体重】
77kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1991年
【ツアー通算】
56勝
【シングルス】
1勝
【ダブルス】
55勝
【生涯獲得賞金】
8,476,078 アメリカ合衆国ドル
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
2回戦(1997・2000)
全仏
2回戦(1997)
全英
2回戦(2001)
全米
3回戦(1997)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(2012)
全仏
優勝(1999・2001・09)
全英
優勝(1999)
全米
優勝(2006・09・13)
【優勝回数】
8(豪1・仏3・英1・米3)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全豪
優勝(2003・10・15)
全仏
優勝(2016)
全英
優勝(1999・2003・10・15)
全米
優勝(2008・15)
【優勝回数】
10(豪3・仏1・英4・米2)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
73位(1998年8月24日)
【ダブルス】
1位(1999年6月21日)
【獲得メダル】

男子 テニス
オリンピック
 | 1996 アトランタ | シングルス

2017年4月5日現在
テンプレート プロジェクト テニス

リーンダー・パエス(Leander Paes, タミル語: লিয়েন্ডার পেজ, 1973年6月17日 - )は、インドコルカタ出身の男子プロテニス選手。同じインドのマヘシュ・ブパシと同じく、ダブルスを得意とする選手。4大大会でも男子ダブルス8勝、混合ダブルス10勝を挙げている。これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルス55勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス73位、ダブルス1位。身長177cm、体重77kg、右利き。

目次

  • 1 来歴
  • 2 4大大会ダブルス優勝
  • 3 ダブルス成績
    • 3.1 男子ダブルス
    • 3.2 混合ダブルス
  • 4 外部リンク

来歴

パエスの家族は、父親がホッケーインド代表選手として1972年ミュンヘン五輪の銅メダルを獲得した経歴を持ち、母親はバスケットボール選手であった。息子のリーンダーは17歳の時の1990年ウィンブルドン選手権男子ジュニアシングルス部門で優勝し、1991年にプロ入りした。1996年アトランタ五輪で、パエスは男子シングルス準決勝でアメリカのアンドレ・アガシに敗れたが、3位決定戦でブラジルのフェルナンド・メリジェニを3-6, 6-2, 6-4の逆転で破って銅メダルを獲得した。これはインドのスポーツ選手として、1980年モスクワ五輪以来のメダル獲得であり、個人競技でのメダルは1952年ヘルシンキ五輪以来であった。

パエスは1997年からマヘシュ・ブパシと組んで、男子テニスツアーで多数のダブルス優勝を記録し始める。1999年、パエスとブパシはすべての4大大会男子ダブルスで決勝戦に勝ち残り、全仏オープンウィンブルドン選手権で男子ダブルス連続優勝を達成した。2000年シドニー五輪で、パエスはインド代表として開会式の旗手を務めた。2001年3月26日、パエスとブパシは2人一緒にインドの最高名誉賞である「パドマ・シュリー」(Padma Shri)を政府から授与された。

2003年、パエスはダブルスに復帰したマルチナ・ナブラチロワと混合ダブルスのペアを組み、全豪オープンウィンブルドン選手権の混合ダブルスで優勝を飾った。それから、2006年マルティン・ダムとペアを組んで全米オープン男子ダブルス初優勝を達成する。2008年から2010年まで、パエスはルーカス・ドロウヒーと組んで大半のトーナメントに出場するようになる。パエスとドロウヒーは、2009年全仏オープン全米オープン優勝により、4大大会男子ダブルス年間2冠を獲得した。パエスにとっては、全仏オープンは8年ぶり3度目、全米オープンは3年ぶり2度目の優勝となる。

2010年はカーラ・ブラックと組み混合ダブルスで全豪オープンウィンブルドンに優勝した。

2011年はパエスはブパシと組み、2011年全豪オープン男子ダブルスで準優勝した。

2012年からはラデク・ステパネクと組み、全豪オープン男子ダブルス決勝に2年連続で進出した。決勝では4連覇を狙ったブライアン兄弟を7–6(1), 6–2で破り初優勝した。4大大会男子ダブルス7勝目であり、キャリア男子ダブルスグランドスラムを達成した。そして翌年の2013年全米オープン男子ダブルスの準決勝で年間グランドスラムがかかったブライアン兄弟を3-6, 6-3, 6-4で破り、決勝戦でアレクサンダー・ペヤ/ブルーノ・ソアレス組を6-1, 6-3で下しペアとしては2度目のグランドスラム優勝を果たした。

シングルスでのパエスは、2002年以後はデビスカップのシングルス戦と地元インドチェンナイ・オープンのみに出場を絞り、男子ツアー大会のシングルスにはほとんど出場していない。4大大会では、1997年全米オープンセドリック・ピオリーンと対戦した3回戦進出が最高成績である。

2006年8月、パエスは国際テニス連盟からテニスに貢献した選手の賞(Awards for Services to the Game)を授与された。一緒に受賞した選手は総計13名で、その中にはジュジャ・ケルメツィクルト・ニールセン加茂公成ジーナ・ガリソンアンナ・スマシュノワバルバラ・シェットなどがいる。

2015年2月、パエスはダブルスに復帰したマルチナ・ヒンギスと混合ダブルスのペアを組み、全豪オープンで優勝した。これによりパエスは、女子テニス界に名を残す2人のマルチナとグランドスラムを制したこととなった。

2015年全米オープン混合ダブルスを制し混合ダブルス30年ぶりとなる年間3冠を達成した。

4大大会ダブルス優勝

ダブルス成績

男子ダブルス

【大会】
【1993】
【1994】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
【2009】
【2010】
【2011】
【2012】
【2013】
【2014】
【2015】
【2016】
【2017】
【SR】
W–L
全豪オープン | A | 2R | QF | A | 1R | SF | F | 1R | 1R | 2R | QF | 1R | A | F | 3R | 2R | SF | QF | F | W | 1R | QF | 2R | 1R | 1R | 1/22 | 47–21
全仏オープン | A | A | A | A | 2R | SF | W | 1R | W | SF | SF | 2R | QF | 1R | 2R | 3R | W | F | 2R | 2R | 2R | A | 3R | QF |  | 3/19 | 51–16
ウィンブルドン | 1R | 3R | A | 2R | 1R | 2R | W | A | 1R | 1R | SF | 2R | QF | SF | QF | SF | 1R | 2R | 2R | 3R | SF | SF | 3R | 2R |  | 1/22 | 44–21
全米オープン | SF | 2R | 1R | A | SF | SF | F | 1R | 1R | 2R | A | F | 1R | W | 1R | F | W | 1R | QF | F | W | 3R | 2R | 1R |  | 3/22 | 58–19

混合ダブルス

【大会】
【1994】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
【2009】
【2010】
【2011】
【2012】
【2013】
【2014】
【2015】
【2016】
【2017】
SR
全豪オープン | A | A | A | A | A | 1R | 1R | F | 2R | W | F | A | SF | QF | 2R | 2R | W | 2R | F | 2R | QF | W | QF | QF | 3/18
全仏オープン | A | A | A | 2R | 3R | QF | 3R | QF | 2R | 2R | 2R | F | QF | QF | 1R | 2R | QF | QF | SF | 2R | A | 2R | W |  | 1/19
ウィンブルドン | 3R | A | 1R | QF | QF | W | A | 3R | QF | W | 3R | A | QF | QF | 2R | F | W | QF | F | 2R | 2R | W | 3R |  | 4/20
全米オープン | A | 1R | A | 1R | 1R | 2R | 1R | F | 2R | A | SF | QF | 1R | F | W | F | QF | SF | QF | A | QF | W | 2R |  | 2/19

外部リンク

男子テニスダブルス世界ランキング1位

  • (開始年/終了年 – 週)
  • 2017年10月16日付


  • リーンダー・パエス 獲得タイトル
    全豪オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1960年代 | 

    1970年代 | 
  • 70 スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • 71 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 72 ケン・ローズウォール&オーウェン・デビッドソン
  • 73 ジョン・ニューカム&マルコム・アンダーソン
  • 74 ロス・ケース&ジェフ・マスターズ
  • 75 ジョン・アレクサンダー&フィル・デント
  • 76 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 77.1 アーサー・アッシュ&トニー・ローチ
  • 77.12 レイ・ラッフェルズ&アラン・ストーン
  • 78 ヴォイチェフ・フィバク&キム・ウォーウィック
  • 79 ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー

  • 1980年代 | 
  • 80 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 81 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 82 ジョン・アレクサンダー&ジョン・フィッツジェラルド
  • 83 マーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー
  • 84 マーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート
  • 85 ポール・アナコーン&クリスト・バン・レンスバーグ
  • 86 大会開催なし
  • 87 ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • 88 リック・リーチ&ジム・ピュー
  • 89 リック・リーチ&ジム・ピュー

  • 1990年代 | 
  • 90 ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • 91 スコット・デービス&デビッド・ペイト
  • 92 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 93 ダニー・ヴィッサー&ローリー・ウォーダー
  • 94 ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • 95 ジャレッド・パーマー&リッチー・レネバーグ
  • 96 ステファン・エドベリ&ペトル・コルダ
  • 97 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 98 ヤッコ・エルティン&ヨナス・ビョルクマン
  • 99 ヨナス・ビョルクマン&パトリック・ラフター

  • 2000年代 | 
  • 00 リック・リーチ&エリス・フェレイラ
  • 01 ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • 02 マーク・ノールズ&ダニエル・ネスター
  • 03 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 04 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 05 ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • 06 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 07 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 08 ジョナサン・エルリック&アンディ・ラム
  • 09 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン

  • 2010年代 | 
  • 10 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 11 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 12 リーンダー・パエス&ラデク・ステパネク
  • 13 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 14 ルカシュ・クボット&ロベルト・リンドステット
  • 15 ファビオ・フォニーニ&シモーネ・ボレッリ
  • 16 ジェイミー・マリー&ブルーノ・ソアレス
  • 17 ヘンリ・コンティネン&ジョン・ピアース
  • 18 オリバー・マラチ&マテ・パビッチ

  • 全豪テニス選手権(1905–1968)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    全仏オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1960年代 | 

    1970年代 | 
  • (1970年)イリ・ナスターゼ&イオン・ティリアック
  • (1971年)アーサー・アッシュ&マーティー・リーセン
  • (1972年)ボブ・ヒューイット&フルー・マクミラン
  • (1973年)ジョン・ニューカム&トム・オッカー
  • (1974年)ディック・クリーリー&オニー・パルン
  • (1975年)ブライアン・ゴットフリート&ラウル・ラミレス
  • (1976年)シャーウッド・スチュワート&フレッド・マクネアー
  • (1977年)ブライアン・ゴットフリート&ラウル・ラミレス
  • (1978年)ジーン・マイヤー&ハンク・プフィスター
  • (1979年)ジーン・マイヤー&サンディ・マイヤー

  • 1980年代 | 
  • (1980年)ビクトル・アマヤ&ハンク・プフィスター
  • (1981年)ハインツ・ギュンタード&バラージュ・タロツィ
  • (1982年)シャーウッド・スチュワート&ファーディ・テイガン
  • (1983年)アンダース・ヤリード&ハンス・シモンソン
  • (1984年)ヤニック・ノア&アンリ・ルコント
  • (1985)マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • (1986年)ジョン・フィッツジェラルド&トマシュ・スミッド
  • (1987年)アンダース・ヤリード&ロバート・セグソ
  • (1988年)アンドレス・ゴメス& ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/12/19 10:21

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「リーンダー・パエス」の意味を投稿しよう
    「リーンダー・パエス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    リーンダー・パエススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「リーンダー・パエス」のスレッドを作成する
    リーンダー・パエスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail