このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ルビー・チューズデイとは?

ルビー・チューズデイ」(Ruby Tuesday)は、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ1967年、シングル「夜をぶっとばせ」と両A面シングルとして発表された。

目次

  • 1 解説
  • 2 コンサートパフォーマンス
  • 3 カバー
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

解説

イギリスでは1967年1月13日、アメリカではその翌日の1月14日にリリースされた。元々この曲はシングルのB面として扱われたが、A面の「夜をぶっとばせ」が歌詞に性的な表現があり、アメリカの放送局でオンエアされなくなる恐れがあったため、マネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムの機転で、両A面シングルとして発売することになった。アメリカのビルボードでは「夜を…」が55位止まりなのに対し、この曲は1位となり、ゴールドディスクも獲得している。イギリスでは3位を記録。

録音は1966年11月16日、ロンドンオリンピック・スタジオで行われた。ピアノリコーダーブライアン・ジョーンズが担当している(ピアノはジャック・ニッチェという説もある)。不安定な音のコントラバスは、キース・リチャーズとビル・ワイマンが二人がかりで弾いたもの(ワイマンが弦を押さえ、リチャーズが弓を弾いた)。

ジャガーは「俺はこの曲の作詞・作曲のどちらにも関わっていない」と語っているため、リチャーズ単独で書かれたものと思われる。リチャーズはこの曲について、彼が1960年代中頃に交際していたリンダ・キースとの破局を書いたものだとしており、彼女と別れた日がちょうど火曜日だったという。ジャガーは「メロディも歌詞もすごくいい」と、この曲を気に入っているようだが、1970年代には「もうこの曲はやりたくない。何か馬鹿陽気になっちゃうんでね」とも語っていた 。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」で、303位にランクインした。

コンサートパフォーマンス

リリース当時の1967年にはコンサートのレパートリーに入れられており、また当時のテレビ出演時にもよく披露されていた。しかしその後20年以上にわたりセットリストから外され、1989年の「スティール・ホイールズ・ツアー」から再び披露されるようになった。1991年のライブアルバム『フラッシュポイント』に、1990年の日本公演の模様が収録されており、さらにシングルカットもされた。

カバー

脚注

  1. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p380
  2. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p165
  3. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  4. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p382
  5. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  6. ^ Ruby Tuesday:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  7. ^ SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)p50
  8. ^ アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコー・ミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6) p61
  9. ^ ローリングストーン誌の選ぶオールタイムグレイテストソング500” (日本語). 2016年8月21日閲覧。

外部リンク

先代:
バッキンガムズ
「カインド・オブ・ア・ドラッグ」 | Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1967年3月4日(1週) | 次代:
スプリームス
恋ははかなく
ローリング・ストーンズ
ミック・ジャガー | キース・リチャーズ | チャーリー・ワッツ | ロン・ウッド
ブライアン・ジョーンズ | イアン・スチュワート | ディック・テイラー | ミック・テイラー | ビル・ワイマン
ブロンディ・チャップリン | リサ・フィッシャー | バーナード・ファウラー | ニッキー・ホプキンス | ダリル・ジョーンズ | ボビー・キーズ | チャック・リーヴェル | イアン・マクレガン | ビリー・プレストン | ジム・プライス
UK スタジオ・アルバム
1964–1967 | 

ザ・ローリング・ストーンズ (1964) ザ・ローリング・ストーンズ No.2 (1965) アウト・オブ・アワ・ヘッズ (1965) アフターマス (1966) ビトウィーン・ザ・バトンズ (1967)

US スタジオ・アルバム
1964–1967 | 

イングランズ・ニューエスト・ヒットメーカーズ (1964) 12×5 (1964) ザ・ローリング・ストーンズ・ナウ! (1965) アウト・オブ・アワ・ヘッズ (1965) ディッセンバーズ・チルドレン (1965) アフターマス (1966) ビトウィーン・ザ・バトンズ (1967)

スタジオ・アルバム
1967–現在 | 

サタニック・マジェスティーズ (1967) ベガーズ・バンケット (1968) レット・イット・ブリード (1969) スティッキー・フィンガーズ (1971) メイン・ストリートのならず者 (1972) 山羊の頭のスープ (1973) イッツ・オンリー・ロックン・ロール (1974) ブラック・アンド・ブルー (1976) 女たち (1978) エモーショナル・レスキュー (1980) 刺青の男 (1981) アンダーカヴァー (1983) ダーティ・ワーク (1986) スティール・ホイールズ (1989) ヴードゥー・ラウンジ (1994) ブリッジズ・トゥ・バビロン (1997) ア・ビガー・バン (2005) ブルー&ロンサム (2016)

UK コンパクト盤 | 

ザ・ローリング・ストーンズ (1964) ファイヴ・バイ・ファイヴ (1964) ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (1965)

ライブ・アルバム | 

ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット! (1966) ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト (1970) ラヴ・ユー・ライヴ (1977) スティル・ライフ (1982) フラッシュポイント (1991) ストリップド (1995) ノー・セキュリティ (1998) ライヴ・リックス (2004) シャイン・ア・ライト (2008)

コンピレーション | 

ビッグ・ヒッツ (ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス) (1966) フラワーズ (US) (1967) スルー・ザ・パスト・ダークリー (ビッグ・ヒッツ Vol.2) (1969) メイド・イン・ザ・シェイド (1975) サッキング・イン・ザ・70s (1981) リワインド 1971-1984 (1984) ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ (1993) フォーティ・リックス (2002) レアリティーズ 1971-2003 (2005) GRRR! (2012) オン・エア (アルバム) (2017)

アブコ編集盤 | 

ホット・ロックス (1971) モア・ホット・ロックス (1972) メタモーフォシス (1975) シングル・コレクション (ザ・ロンドン・イヤーズ) (1989) ロックンロール・サーカス (1996) シングルズ 1963-1965 (2004) シングルズ 1965-1967 (2004) シングルズ 1968-1971 (2005) ロールド・ゴールド・プラス~ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ (2007)

デッカ編集盤 | 

ストーン・エイジ (1971) ギミー・シェルター (1971) マイルストーンズ (1972) ロックン・ローリング・ストーンズ (1972) ノー・ストーン・アンターンド (1973) ロールド・ゴールド〜ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ (1975)

その他のアルバム | 

ジャジューカ (1971) ジャミング・ウィズ・エドワード (1972)

ライブ・ツアー | 
アメリカン・ツアー 1969 | ヨーロピアン・ツアー 1970 | UKツアー 1971 | アメリカン・ツアー 1972 | パシフィック・ツアー 1973 | ヨーロピアン・ツアー 1973 | ツアー・オブ・アメリカ '75 | ツアー・オブ・ヨーロッパ '76 | USツアー 1978 | アメリカン・ツアー 1981 | ヨーロピアン・ツアー 1982 | スティール・ホイールズ/アーバン・ジャングル・ツアー | ヴードゥー・ラウンジ・ツアー | ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー | ノー・セキュリティ・ツアー | リックス・ツアー | ア・ビガー・バン・ツアー

映像作品 | 
ロックンロール・サーカス | ワン・プラス・ワン | ザ・ローリング・ストーンズ・イン・ハイド・パーク・コンサート | チャーリー・イズ・マイ・ダーリン | ギミー・シェルター | レディース&ジェントルメン | レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー | ビデオ・リワインド | ローリング'63〜'89 | アット・ザ・マックス | ヴードゥー・ラウンジ・インタラクティヴCD-ROM | ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー | フォー・フリックス | ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト | サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス'78 | クロスファイア・ハリケーン

マネージャー | 
アンドリュー・ルーグ・オールダム | アラン・クレイン

プロデューサー | 
エリック・イーストン | アンドリュー・ルーグ・オールダム | ジミー・ミラー | グリマー・ツインズ | クリス・キムゼイ | スティーヴ・リリーホワイト | ドン・ウォズ

代表曲 | 
カム・オン | 彼氏になりたい | ノット・フェイド・アウェイ | テル・ミー | ラスト・タイム | サティスファクション | 一人ぼっちの世界 | アズ・ティアーズ・ゴー・バイ (涙あふれて)|19回目の神経衰弱 | 黒くぬれ! | マザーズ・リトル・ヘルパー | アンダー・マイ・サム | ゴーイン・ホーム | アウト・オブ・タイム | マザー・イン・ザ・シャドウ | 夜をぶっとばせ | ルビー・チューズデイ | この世界に愛を | シーズ・ア・レインボー | 2000光年のかなたに | ジャンピン・ジャック・フラッシュ | ストリート・ファイティング・マン | 悪魔を憐れむ歌 | ホンキー・トンク・ウィメン | 無情の世界 | ギミー・シェルター | ミッドナイト・ランブラー | ブラウン・シュガー | ワイルド・ホース | シスター・モーフィン | ダイスをころがせ | ハッピー | 悲しみのアンジー | スター・スター | イッツ・オンリー・ロックン・ロール | エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ | 愚か者の涙 | メモリー・モーテル | ミス・ユー | スタート・ミー・アップ | 友を待つ | アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト | トゥー・マッチ・ブラッド | ワン・ヒット

関連項目 | 
作品 | ジャガー/リチャーズ | ナンカー・フェルジ | ローリング・ストーンズ・レコード | ローリング・ストーンズ (小惑星) | ハイドパーク・フリーコンサート | オルタモント・フリーコンサート | コックサッカー・ブルース | モービル・ユニット | グレイト・ギタリスト・ハント | ヘルズ・エンジェルス | イミディエイト・レコード | ザ・ダーティー・マック | ニュー・バーバリアンズ | ジ・エクスペンシヴ・ワイノーズ | スーパーヘヴィ

関連人物 | 
チャック・ベリー | マディ・ウォーターズ | アレクシス・コーナー | ジャック・ニッチェ | デヴィッド・ボウイ | ジェフ・ベック | ピーター・トッシュ | ドクター・ジョン | アニタ・パレンバーグ | マリアンヌ・フェイスフル | ジャン=リュック・ゴダール | マーティン・スコセッシ | アンディ・ウォーホル | ハル・アシュビー | ゲレッド・マンコヴィッツ | デヴィッド・ベイリー | ガイ・ピラート | ピーター・コリストン | アーメット・アーティガン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/18 12:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ルビー・チューズデイ」の意味を投稿しよう
「ルビー・チューズデイ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ルビー・チューズデイスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ルビー・チューズデイ」のスレッドを作成する
ルビー・チューズデイの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail