このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロシア帝国とは?

ロシア帝国
Российская империя
Rossiyskaya Imperiya
 | 1721年 - 1917年 | 





(国旗) | (国章)
国の標語: Съ нами Богъ!
(ロシア語 : 神は我らと共に!)
国歌: 神よツァーリを護り給え

1866年のロシア帝国の最大版図
領土
勢力圏
公用語
ロシア語
首都
サンクトペテルブルク
(1713年 - 1728年)
モスクワ
(1728年 - 1730年)
サンクトペテルブルク
(1730年 - 1914年)
ペトログラード
(1914年 - 1917年)
皇帝(インペラートル)
【1688年 - 1725年】
ピョートル1世
【1894年 - 1917年】
ニコライ2世
大臣会議議長
【1905年 - 1906年】
セルゲイ・ヴィッテ
【1917年 - 1917年】
ニコライ・ゴリツィン
面積
【1914年】
22,800,000km2
人口
【1914年】
165,700,000人
変遷
【成立】
1547年
革命により滅亡 1917年9月14日

通貨
ロシア・ルーブル
ロシアの歴史


ヴォルガ・ブルガール (7c–13c)
ハザール (7c–10c)
キエフ大公国 (9c–12c)
ウラジーミル・スーズダリ大公国 (12c–14c)
ノヴゴロド公国 (12c–15c)
タタールの軛 (13c–15c)
モスクワ大公国 (1340–1547)
ロシア・ツァーリ国 (1547–1721)
ロシア帝国 (1721–1917)
ロシア臨時政府/ロシア共和国 (1917)
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国/ソビエト社会主義共和国連邦 (1917–1991)
ロシア連邦 (1992-現在)

ロシア帝国(ロシアていこく、ロシア語: Российская империя ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランドリボニアリトアニアベラルーシウクライナポーランドカフカーズ中央アジアシベリア外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。

目次

  • 1 概要と呼称
  • 2 国土
    • 2.1 植民地
  • 3 歴史
  • 4 政府
    • 4.1 皇帝
      • 4.1.1 歴代皇帝(インペラートル)
    • 4.2 国家評議会
    • 4.3 ドゥーマ
    • 4.4 大臣委員会と大臣会議
    • 4.5 宗務院
    • 4.6 元老院
    • 4.7 参議会と省庁
    • 4.8 官等表
  • 5 司法制度
  • 6 地方行政
    • 6.1 行政区分
    • 6.2 地方自治機関
      • 6.2.1 ミールとヴォロースチ
      • 6.2.2 ゼムストヴォ
      • 6.2.3 都市ドゥーマ
  • 7 軍事
    • 7.1 陸軍
    • 7.2 海軍
    • 7.3 航空隊
  • 8 宗教
    • 8.1 正教会
      • 8.1.1 ロシア正教会
      • 8.1.2 ロシア正教会以外
    • 8.2 正教会以外のキリスト教
    • 8.3 非キリスト教
      • 8.3.1 イスラム教
      • 8.3.2 ユダヤ教
  • 9 文化
    • 9.1 文学
    • 9.2 美術
    • 9.3 音楽
    • 9.4 バレエ
      • 9.4.1 関連画像
    • 9.5 建築
    • 9.6 関連画像
    • 9.7 思想
    • 9.8 自然科学
  • 10 社会
    • 10.1 貴族
    • 10.2 聖職者
    • 10.3 名誉市民
    • 10.4 商人・町人・職人
    • 10.5 カザーク
    • 10.6 農民
      • 10.6.1 農奴
    • 10.7 異族人
    • 10.8 民族構成
  • 11 脚注
    • 11.1 注釈
    • 11.2 出典
  • 12 参考文献
  • 13 関連図書
  • 14 関連項目
  • 15 外部リンク

概要と呼称

君主がツァーリを名乗ったそれ以前のロシア・ツァーリ国においても「ロシア帝国」と翻訳されることがあるが、ロシア語では「ツァーリ」(本来は東ローマ皇帝を指したが、やがて一部の国のハーンなどを指す語となった)と「インペラートル」(西欧に倣った皇帝を指す語)は異なる称号であるため、留意を要する。

帝政は1721年にツァーリ・ピョートル1世皇帝(インペラートル)を宣言したことに始まり、第一次世界大戦中の1917年に起こった二月革命でのニコライ2世の退位によって終焉する。

領土は、19世紀末の時点において、のちのソヴィエト連邦の領域にフィンランドポーランドの一部を加えたものとほぼ一致する面積2000万km超の広域に及び、1億を越える人口を支配した。首都は、1712年まで伝統的にモスクワ国家の首府であったモスクワからサンクトペテルブルクに移され、以降帝国の終末まで帝都となった。

政治体制は皇帝による専制政治であったが、帝政末期には国家基本法(憲法)が公布され、国家評議会ドゥーマからなる二院制議会が設けられて立憲君主制に移行した。20世紀はじめの時点で陸軍の規模は平時110万人、戦時450万人でありヨーロッパ最大であった。海軍力は長い間、世界第3位であったが、日露戦争で大損失を出して以降は世界第6位となっている。

宗教はキリスト教正教会(ロシア正教会)が国教ではあるが、領土の拡大に伴い大規模なムスリム社会を内包するようになった。そのほかフィンランドやバルト地方のルター派、旧ポーランド・リトアニアカトリックそしてユダヤ人コミュニティも存在した。

ロシア帝国の臣民は貴族聖職者名誉市民商人・町人・職人カザークそして農民といった身分に分けられていた。貴族領地の農民は人格的な隷属を強いられる農奴であり、ロシアの農奴制は1861年まで維持された。シベリア先住民中央アジアのムスリムそしてユダヤ人は異族人に区分されていた。

ロシア帝国ではロシア暦(ユリウス暦)が使用されており、文中の日付はこれに従う。ロシア暦をグレゴリオ暦(新暦)に変換するには17世紀は10日、18世紀は11日、19世紀は12日そして20世紀では13日を加えるとよい。

国土

1866年のロシア帝国
領域
勢力圏

20世紀はじめ時点のロシア帝国の規模は世界の陸地の1/6にあたる約 22,800,000km (8,800,000 sq mi)に及び、イギリス帝国の規模に匹敵した。しかしながら、この当時は人口の大半がヨーロッパロシアに居住していた。100以上の異なる民族がおり、ロシア人は人口の約43%を占めている。

現代のロシア連邦のほぼ全領土に加えて、1917年以前のロシア帝国はウクライナの大部分(ドニプロ・ウクライナクリミア)、ベラルーシモルドバ(ベッサラビア)、フィンランド(フィンランド大公国)、アルメニアアゼルバイジャングルジア(ミングレリアの大部分を含む)、中央アジア諸国のカザフスタンキルギスタンタジキスタントルクメニスタンウズベキスタン(トルキスタン総督府)、リトアニアエストニアラトビア(バルト諸州)の大部分だけでなく、ポーランド(ポーランド王国)とアルダハンアルトヴィンウードゥルカルスの相当の部分、そしてオスマン帝国から併合したエルズルムの北東部を含んでいた。

1860年から1905年にかけて、ロシア帝国はトゥヴァ(1944年に併合)、カリーニングラード州(第二次世界大戦後にドイツより併合)そしてクリル列島(第二次世界大戦後に実効支配)を除く現在のロシア連邦の全領土を支配した。サハリン州南部(南樺太、第二次世界大戦後に実効支配)は1905年のポーツマス条約により日本に割譲されている。

植民地

歴史

詳細は「ロシア帝国の歴史」を参照
「全ロシアの皇帝」の称号を贈られるピョートル1世。
Boris Chorikov画。

1613年に全国会議(ゼムスキー・ソボル)がミハイル・ロマノフをツァーリに選出したことによって300年続くことになるロマノフ朝が開かれた。その孫にあたるピョートル1世(1682年 - 1725年)は近代化改革を断行して、専制体制を確立させた。1721年、大北方戦争(1700年 - 1721年)に勝利したピョートル1世に対して元老院宗務院が「皇帝」(インペラートル)の称号を贈り、国体を正式に「帝国(インペラートルの国)」と宣言し、対外的な国号を「ロシア帝国(インペラートルの国)」と称したことにより、ロシア帝国が成立する。

ピョートル1世の死後、女帝幼帝が続き、保守派によって改革が軌道修正されることもあったが、ロシアの領土と国力は着実に増しており、エリザヴェータ(在位1741年 - 1761年)の時代に参戦した七年戦争(1756年 - 1763年)ではプロイセンを破滅寸前に追い込んでいる。

エカチェリーナ2世。
Vigilius Eriksen画

クーデターにより、夫ピョートル3世(在位1761年 - 1762年)を廃位して即位したエカチェリーナ2世(1762年 - 1796年)は啓蒙主義に基づく統治を志したが、結果的には貴族の全盛時代をもたらす施策を行っており、農奴制を強化している。彼女の治世にロシアは西方ではポーランド分割に参加し、南方ではオスマン帝国との戦争に勝利してクリミア半島を版図に加え、ロシア帝国の領土を大きく拡大した。

次のパーヴェル1世(1796年 - 1801年)は母帝を否定する政策をとったが、クーデターによって殺害された。皇位を継承したアレクサンドル1世(1801年 - 1825年)は自由主義貴族やスペランスキーを起用して改革を志したが、保守層の抵抗を受けて不十分なものに終わっている。彼の治世はフランス革命戦争ナポレオン戦争の時期であり、列強国となっていたロシアも欧州の戦乱に巻き込まれた。ロシアに侵攻したナポレオンに壊滅的な打撃を与えたアレクサンドル1世は神聖同盟を提唱し、戦後ウィーン体制を主導している。

アレクサンドル1世の急死によって即位したニコライ1世(1825年 - 1855年)はその直後にデカブリストの乱に直面した。乱を鎮圧したニコライ1世は「専制、正教、国民性」の標語を掲げて国内の革命運動・自由思想を弾圧し、国外でも反革命外交政策をとった。オスマン帝国との戦争に勝利してバルカン半島への影響力を広げたが、治世末期のクリミア戦争(1853年 - 1856年)ではの介入を招く結果となった。

ニコライ1世は戦争中に死去しており、帝位を継いだアレクサンドル2世(1855年 - 1881年)は不利な内容のパリ条約の締結を余儀なくされた。アレクサンドル2世はロシアの後進性を克服するための改革を志し、1861年農奴解放令を発布したが、地主貴族に配慮した不十分なもので社会問題は解消されなかった。これ以外にも地方行政・司法・教育・軍制の諸改革が実施され、一連の改革は大改革と呼ばれる。オスマン帝国との露土戦争 (1877年-1878年)に勝利してバルカン諸国の独立を実現させるとともに、バルカン半島への影響力も拡大するが、警戒した列強国の干渉を受け、ベルリン会議で譲歩を余儀なくされている。国内の知識人の間では革命思想が広がり、ナロードニキ運動が起こった。政府はこれを弾圧するが、アレクサンドル2世は革命派の爆弾テロ暗殺された。

皇帝専用列車内で大臣や将軍らに退位を表明するニコライ2世。

父の暗殺によって即位したアレクサンドル3世(1881年 - 1894年)は反動政策を行い、革命運動を弾圧したが、彼の時代にロシア経済は大きな躍進を遂げている。最後の皇帝となるニコライ2世(1894年 - 1917年)は専制政治を維持したが、日露戦争(1904 - 1905年)の敗北によって1905年革命が起こり、国民に大幅な譲歩をする十月詔書への署名を余儀なくされた。十月詔書によってドゥーマ(国会)が開設され、ロシアは国家基本法の下で立憲君主制に移行したものの、依然として皇帝権が国会に優越したものだった。

ストルイピン首相が強権を伴う国内改革を断行したが、中途で暗殺されて終わり、ロシアは国内が不安定なまま第一次世界大戦(1914年 - 1918年)を迎えることになる。ロシア軍は緒戦で惨敗を喫し、ドイツ軍がロシア領に深く侵攻した。ロシアはドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン帝国との総力戦を戦い、2年間の戦闘で530万人もの犠牲者を出している。国民と兵士に厭戦気分が広まり、1917年に首都ペトログラード労働者が蜂起する二月革命が起こった。兵士は労働者の側について労兵ソビエトを組織し、権力掌握に動いた国会議員団はニコライ2世に退位を勧告した。ニコライ2世はこれを受諾し、ロシアの帝政は終焉した。

政府

皇帝

全ロシアの皇帝かつ専制者であると表示しているロシア帝国の大紋章。
詳細は「ロシア皇帝」および「ロマノフ家」を参照

1613年にミハイル・ロマノフがツァーリに推戴されて以降、1917年に帝政が終焉するまでのおよそ300年にわたりロマノフ家がロシアの君主であり続けた。ホルシュタイン=ゴットルプ公だったピョートル3世(在位1761年 - 1762年)が即位して以降はホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝(Гольштейн-Готторп-Романовская)とも呼ばれる。

1721年にピョートル1世(在位1721年 - 1725年)は称号をツァーリから変えて「全ロシアの皇帝」(インペラートル:Император)たるを宣言した。彼の後継者たちも1917年の二月革命で帝政が打倒されるまで、この称号を保ったが、一般的にはツァーリとも呼称されていた。1905年の十月詔書以前、皇帝は絶対君主として君臨しており、基本法(Свод законов)第一条は「ロシア皇帝は独裁にして無限の権を有する君主であり、主権の全体は帝の一身に集中する」と規定している。皇帝は(既存の体制を維持するための)次の2つの事項にのみ制約されていた。一つは皇帝とその配偶者はロシア正教会に属さねばならない。もう一つはパーヴェル1世(在位1796年 - 1801年)の時に定められた帝位継承法に従わねばならないことである。これ以外のことではロシアの専制君主の統治権は如何なる法律にも制約されず事実上無制限であった。

この状況は1905年10月17日に変化した。1905年革命の結果出された十月詔書以降、皇帝の称号は依然として「全ロシアの皇帝かつ専制者」であり続けるが、1906年4月28日に制定された国家基本法は「無制限」の語を取り除いている。皇帝は自主的に立法権を制限し、いかなる法案も国会(ドゥーマ)の承認なく法制化できなくなった。しかしながら、皇帝は国会の解散権を有しており、彼は一度ならずこれを実行している。加えて皇帝は全ての法案に対する拒否権を有しており、国家基本法を自ら改正することも出来た。大臣は皇帝に対してのみ責任を負っており、国会は問責はできるが解任はできない。このため、皇帝権はある程度は制限されたものの、帝政が終焉するまで強大であり続けた。

ロシア皇帝はフィンランド大公(1809年以降)およびポーランド国王(1815年以降)を兼ねていた。国家基本法第59条はロシア皇帝の正式名称として君臨する50以上の地域名を列挙している(ロシア皇帝を参照)。

歴代皇帝(インペラートル)

ロマノフ朝の系図
サンクトペテルブルクの冬宮は1732年から1917年までロシア帝国の皇宮であった。現在はエルミタージュ美術館の一部になっている。
Vasily Sadovnikov画。1840年代。
1913年に盛大に祝われたロマノフ朝300年祭。この4年後にロマノフ朝は滅亡した。
【歴代】
【皇帝】
【在位】
【備考】

初代 | ピョートル1世 | 1721年 - 1725年 | ツァーリ即位は1682年。元老院と宗務院より、インペラートルとともに大帝(Великий)の称号も受ける。
第2代 | エカチェリーナ1世 | 1725年 - 1727年 | ピョートル1世の皇后。
第3代 | ピョートル2世 | 1727年 - 1730年 | ピョートル1世の孫、廃太子アレクセイの子。
第4代 | アンナ | 1730年 - 1740年 | ピョートル1世の異母兄イヴァン5世の子。クールラント公フリードリヒ・ヴィルヘルムの未亡人。
第5代 | イヴァン6世 | 1740年 - 1741年 | イヴァン5世の曾孫。宮廷クーデターにより廃位。1764年に殺害。
第6代 | エリザヴェータ | 1741年 - 1761年 | ピョートル1世とエカチェリーナ1世の子。
第7代 | ピョートル3世 | 1761年 - 1762年 | エリザヴェータの甥。ホルシュタイン=ゴットルプ公宮廷クーデターにより廃位、後に殺害される。
第8代 | エカチェリーナ2世 | 1762年 - 1796年 | ピョートル3世の皇后。プロイセンアンハルト=ツェルプスト侯家出身。大帝の称号を受ける。
第9代 | パーヴェル1世 | 1796年 - 1801年 | ピョートル3世とエカチェリーナ2世の子。宮廷クーデターにより殺害。
第10代 | アレクサンドル1世 | 1801年 - 1825年 | パーヴェル1世の子。
第11代 | ニコライ1世 | 1825年 - 1855年 | パーヴェル1世の子、アレクサンドル1世の弟。
第12代 | アレクサンドル2世 | 1855年 - 1881年 | ニコライ1世の子。「人民の意志」派の爆弾テロにより暗殺される。
第13代 | アレクサンドル3世 | 1881年 - 1894年 | アレクサンドル2世の子。
第14代 | ニコライ2世 | 1894年 - 1917年 | アレクサンドル3世の子。二月革命により退位。1918年に家族とともに殺害される(ロマノフ家の処刑)。


国家評議会

国家評議会。1906年撮影。
詳細は「ロシア帝国国家評議会」を参照

アレクサンドル1世(在位1801年 - 1825年)の時代にスペランスキーの改革の一つとして1811年に設置された国家評議会(Государственный Совет:枢密院とも訳す)は法律の立案および頒布に関して君主に参与すべき審議官である。国家評議会が法案を審議し、皇帝は多数決によるその意見を「傾聴し、決定する」ことになっていたが、実際には決定は皇帝の意思に依った。1890年時点の国家評議会は勅選議員60名から構成され、議長は皇帝もしくは大臣委員会議長その他勅選された者が務めた。

1906年2月20日の国家基本法施行により、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/06/11 11:53

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ロシア帝国」の意味を投稿しよう
「ロシア帝国」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ロシア帝国スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ロシア帝国」のスレッドを作成する
ロシア帝国の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail