このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロジャーズ・カップとは?

【ロジャーズ・カップ】

【開催国】
カナダ
トロント/モントリオール
【開催会場】
アビバ・センター (トロント開催)
スタッドIGA (モントリオール開催)
【サーフェス】
ハード / 屋外
ATP World Tour


【大会グレード】
マスターズ1000
【ドロー】
56S / 28Q / 24D
【賞金総額】
$5,701,945
WTA Tour


【大会グレード】
プレミア 5
【ドロー】
56M / 48Q / 28D
【賞金総額】
$2,529,250

ロジャーズ・カップ(英語:Rogers Cup)は、7月から8月にかけて開催されるカナダで開かれる男女共催の国際テニス競技大会。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴代優勝者
    • 2.1 男子シングルス
    • 2.2 男子ダブルス
    • 2.3 女子シングルス
    • 2.4 女子ダブルス
  • 3 外部リンク

概要

男子はATPツアー・マスターズ1000・女子はWTAプレミアトーナメントに規格されており、世界ランキング上位選手に出場義務が課せられている。大会は隔年ごとにモントリオールトロント市で開催され、男子トーナメントがモントリオールで開催される場合、女子トーナメントはトロントで行われる。翌年には、男女の開催地を逆にして行われる。以前は「カナディアン・オープン」として知られていた大会で、2000年までは「デュモーリエ・オープン」という名称であった。トロント・トーナメントはアビバ・センター(ヨーク大学内)で、モントリオール・トーナメントはスタッドIGAで開催される。開催国名に因むカナダ・マスターズ(Canada Masters)の名称でも知られている。

この大会には長い歴史があり、男子は1881年から、女子は1892年に最初のトーナメントが開催された。

1995年のカナダ・マスターズで、刺傷事件による2年間のブランクから復帰したモニカ・セレシュが、復帰後の第1戦を優勝で飾った。

歴代優勝者

トロント会場(2011年)
モントリオール会場(2009年)

本大会の公式サイトでは、男女シングルス・ダブルスとも第1回大会からすべての優勝者を掲載しているが、準優勝者と決勝結果は記載されていない。本記事では国際テニス連盟(ITF)サイト内にある「トーナメント検索」機能で全部門の記録を調査した。男子シングルス・ダブルスは1971年以後、女子シングルス・ダブルスは1980年以後の記録がITFサイトに残っている。それ以前の詳細な記録については(男子は1970年、女子は1979年以前)オンラインで確認できないため、優勝者のみを記載する。

男子シングルス

1971年以後
年 優勝 準優勝 試合結果 開催地
1971年 |  ジョン・ニューカム |  トム・オッカー | 7-6, 3-6, 6-2, 7-6 | トロント
1972年 |  イリ・ナスターゼ |  アンドリュー・パティソン | 6-4, 6-3 | トロント
1973年 |  トム・オッカー |  マニュエル・オランテス | 6-3, 6-2, 6-1 | トロント
1974年 |  ギリェルモ・ビラス |  マニュエル・オランテス | 6-4, 6-2, 6-3 | トロント
1975年 |  マニュエル・オランテス |  イリ・ナスターゼ | 7-6, 6-0, 6-1 | トロント
1976年 |  ギリェルモ・ビラス |  ヴォイチェフ・フィバク | 6-4, 7-6, 6-2 | トロント
1977年 |  ジェフ・ボロウィアク |  ハイメ・フィヨル | 6-0, 6-1 | トロント
1978年 |  エディ・ディッブス |  ホセ・ルイス・クラーク | 5-7, 6-4, 6-1 | トロント
1979年 |  ビョルン・ボルグ |  ジョン・マッケンロー | 6-3, 6-3 | トロント
1980年 |  イワン・レンドル |  ビョルン・ボルグ | 4-6, 5-4 (途中棄権) | トロント
1981年 |  イワン・レンドル |  エリオット・テルチャー | 6-3, 6-2 | モントリオール
1982年 |  ビタス・ゲルレイティス |  イワン・レンドル | 4-6, 6-1, 6-3 | トロント
1983年 |  イワン・レンドル |  アンダース・ヤリード | 6-2, 6-2 | モントリオール
1984年 |  ジョン・マッケンロー |  ビタス・ゲルレイティス | 6-0, 6-3 | トロント
1985年 |  ジョン・マッケンロー |  イワン・レンドル | 7-5, 6-3 | モントリオール
1986年 |  ボリス・ベッカー |  ステファン・エドベリ | 6-4, 3-6, 6-3 | トロント
1987年 |  イワン・レンドル |  ステファン・エドベリ | 6-4, 7-6 | モントリオール
1988年 |  イワン・レンドル |  ケビン・カレン | 7-6, 6-2 | トロント
1989年 |  イワン・レンドル |  ジョン・マッケンロー | 6-1, 6-3 | モントリオール
1990年 |  マイケル・チャン |  ジェイ・バーガー | 4-6, 6-3, 7-6 | トロント
1991年 |  アンドレイ・チェスノコフ |  ペトル・コルダ | 3-6, 6-4, 6-3 | モントリオール
1992年 |  アンドレ・アガシ |  イワン・レンドル | 3-6, 6-2, 6-0 | トロント
1993年 |  ミカエル・ペルンフォルス |  トッド・マーティン | 2-6, 6-2, 7-5 | モントリオール
1994年 |  アンドレ・アガシ |  ジェイソン・ストルテンバーグ | 6-4, 6-4 | トロント
1995年 |  アンドレ・アガシ |  ピート・サンプラス | 3-6, 6-2, 6-3 | モントリオール
1996年 |  ウェイン・フェレイラ |  トッド・ウッドブリッジ | 6-2, 6-4 | トロント
1997年 |  クリス・ウッドラフ |  グスタボ・クエルテン | 7-5, 4-6, 6-3 | モントリオール
1998年 |  パトリック・ラフター |  リカルト・クライチェク | 7-6, 6-4 | トロント
1999年 |  トーマス・ヨハンソン |  エフゲニー・カフェルニコフ | 1-6, 6-3, 6-3 | モントリオール
2000年 |  マラト・サフィン |  ハレル・レビ | 6-2, 6-3 | トロント
2001年 |  アンドレイ・パベル |  パトリック・ラフター | 7-6, 2-6, 6-3 | モントリオール
2002年 |  ギリェルモ・カナス |  アンディ・ロディック | 6-4, 7-5 | トロント
2003年 |  アンディ・ロディック |  ダビド・ナルバンディアン | 6-1, 6-3 | モントリオール
2004年 |  ロジャー・フェデラー |  アンディ・ロディック | 7-5, 6-3 | トロント
2005年 |  ラファエル・ナダル |  アンドレ・アガシ | 6-3, 4-6, 6-2 | モントリオール
2006年 |  ロジャー・フェデラー |  リシャール・ガスケ | 2-6, 6-3, 6-2 | トロント
2007年 |  ノバク・ジョコビッチ |  ロジャー・フェデラー | 7-6, 2-6, 7-6 | モントリオール
2008年 |  ラファエル・ナダル |  ニコラス・キーファー | 6-3, 6-2 | トロント
2009年 |  アンディ・マレー |  フアン・マルティン・デル・ポトロ | 6-7, 7-6, 6-1 | モントリオール
2010年 |  アンディ・マレー |  ロジャー・フェデラー | 7-5, 7-5 | トロント
2011年 |  ノバク・ジョコビッチ |  マーディ・フィッシュ | 6-2, 3-6, 6-4 | モントリオール
2012年 |  ノバク・ジョコビッチ |  リシャール・ガスケ | 6-3, 6-2 | トロント
2013年 |  ラファエル・ナダル |  ミロシュ・ラオニッチ | 6-2, 6-2 | モントリオール
2014年 |  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ |  ロジャー・フェデラー | 7–5, 7–6(3) | トロント
2015年 |  アンディ・マレー |  ノバク・ジョコビッチ | 6-4, 4-6, 6-3 | モントリオール
2016年 |  ノバク・ジョコビッチ |  錦織圭 | 6-3, 7-5 | トロント
2017年 |  アレクサンダー・ズベレフ |  ロジャー・フェデラー | 6-3, 6-4 | モントリオール
2018年 |  ラファエル・ナダル |  ステファノス・シチパス | 6-2, 7-6(4) | トロント

男子ダブルス

1971年以後
年 優勝 準優勝 試合結果 開催地
1971年 |  トム・オッカー
マーティー・リーセン |  アーサー・アッシュ
デニス・ラルストン | 6-3, 3-6, 6-1 | トロント
1972年 |  イリ・ナスターゼ
イオン・ティリアック |  ヤン・コデシュ
ヤン・クカル | 7-6, 6-3 | トロント
1973年 |  ロッド・レーバー
ケン・ローズウォール |  ジョン・ニューカム
オーウェン・デビッドソン | 7-5, 7-6 | トロント
1974年 |  ギリェルモ・ビラス
マニュエル・オランテス |  ユルゲン・ファスベンダー
ハンス・ユルゲン・ポーマン | 6-1, 2-6, 6-2 | トロント
1975年 |  クリフ・ドリスデール
レイモンド・ムーア |  ヤン・コデシュ
イリ・ナスターゼ | 6-4, 5-7, 7-6 | トロント
1976年 |  ラウル・ラミレス
ボブ・ヒューイット |  マニュエル・オランテス
フアン・ヒスベルト | 6-2, 6-1 | トロント
1977年 |  ラウル・ラミレス
ボブ・ヒューイット |  フレッド・マクネアー
シャーウッド・スチュワート | 6-4, 3-6, 6-2 | トロント
1978年 |  トム・オッカー
ヴォイチェフ・フィバク |  コリン・ダウデスウェル
ハインツ・ギュンタード | 6-3, 7-6 | トロント
1979年 |  ジョン・マッケンロー
ピーター・フレミング |  ボブ・ヒューイット
ハインツ・ギュンタード | 6-7, 7-6, 6-1 | トロント
1980年 |  ブライアン・ティーチャー
ブルース・マンソン |  サンディ・マイヤー
ハインツ・ギュンタード | 6-3, 3-6, 6-1 | トロント
1981年 |  ラウル・ラミレス
ファーディ・テイガン |  ジョン・マッケンロー
ピーター・フレミング | 2-6, 7-6, 6-4 | モントリオール
1982年 |  マーク・エドモンドソン
スティーブ・デントン |  ジョン・マッケンロー
ピーター・フレミング | 6-7, 7-5, 6-2 | トロント
1983年 |  サンディ・マイヤー
ファーディ・テイガン |  トム・ガリクソン
ティム・ガリクソン | 6-3, 6-4 | モントリオール
1984年 |  ジョン・マッケンロー
ピーター・フレミング |  ジョン・フィッツジェラルド
キム・ウォーウィック | 6-4, 6-2 | トロント
1985年 |  ケン・フラック
ロバート・セグソ |  ステファン・エドベリ
アンダース・ヤリード | 5-7, 7-6, 6-3 | モントリオール
1986年 |  チップ・フーパー
マイク・リーチ |  ボリス・ベッカー
スロボダン・ジボイノビッチ | 6-7, 6-3, 6-3 | トロント
1987年 |  パット・キャッシュ
ステファン・エドベリ |  ピーター・ドゥーハン
ローリー・ウォーダー | 6-7, 6-3, 6-4 | モントリオール
1988年 |  ケン・フラック
ロバート・セグソ |  アンドリュー・キャッスル
ティム・ウィルキソン | 7-6, 6-3 | トロント
1989年 |  ケリー・エバーンデン
トッド・ウィッツケン |  チャールズ・ベックマン
シェルビー・キャノン | 6-3, 6-3 | モントリオール
1990年 |  ポール・アナコーン
デビッド・ウィートン |  ブロデリック・ダイク
ピーター・ルンドグレン | 6-1, 7-6 | トロント
1991年 |  パトリック・ガルブレイス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/21 18:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ロジャーズ・カップ」の意味を投稿しよう
「ロジャーズ・カップ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ロジャーズ・カップスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ロジャーズ・カップ」のスレッドを作成する
ロジャーズ・カップの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail