このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロジャー・マリスとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
ミネソタ州ヒビング
【生年月日】
1934年9月10日
【没年月日】
(1985-12-14) 1985年12月14日(51歳没)
【身長
体重】
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
1953年
【初出場】
1957年4月16日
【最終出場】
1968年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ロジャー・ユージーン・マリス(Roger Eugene Maris1934年9月10日 - 1985年12月14日)はアメリカ合衆国ミネソタ州ヒビング出身のプロ野球選手(外野手)である。右投左打。

1961年、それまでベーブ・ルースが34年間保持してきた年間最多本塁打記録を破ったことで知られる。現在もアメリカンリーグ年間最多本塁打記録保持者。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 少年時代
    • 1.2 若手時代
    • 1.3 ベーブ・ルース越え
    • 1.4 残りの野球人生
    • 1.5 引退後
  • 2 その他
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 獲得タイトル・表彰・記録
  • 4 脚注
  • 5 参考文献
  • 6 外部リンク

経歴

少年時代

Roger Eugene Maras(後に名字をMarisに変更)はクロアチア移民の息子として米国ミネソタ州ヒビングに生まれる。ノースダコタ州グランドフォークスで育った彼は同州ファーゴのシャンリー高校に通い、野球を始めとするさまざまな競技で才能を発揮していった。

マリスは早い時期から個性的な一面を有しており、オクラホマ大学にアメリカンフットボールの選手としてスカウトされた際もバスから降り大学側からの出迎えがないのを見ると、失望したマリスはファーゴに帰ってしまった。

若手時代

1957年クリーブランド・インディアンスでメジャーデビュー。翌年カンザスシティ・アスレチックスにトレードされ、1959年虫垂手術で45試合欠場するものの自身初のMLBオールスターゲーム出場を果たす。

同年12月、7人もの選手とのトレードでニューヨーク・ヤンキースに移籍(この時の交換相手の一人にドン・ラーセンがいる)。当時のアスレチックスは実力選手を頻繁にヤンキースにトレードに出すことで知られ、マリスも例外ではなかった。

ヤンキースでの初めてのシーズンであった1960年は、ニューヨーク特有の辛辣なメディアからのプレッシャーを他所に大活躍の年となった。長打率・打点・長打でリーグ1位に輝き、本塁打数でも同僚のミッキー・マントルに1本差で続く2位であった。素晴らしい守備も評価され、ゴールドグラブ賞も受賞。同年のアメリカンリーグMVPに輝いた。

ベーブ・ルース越え

1961年、アメリカンリーグは新規球団の加盟を認可し、それまでの8球団から10球団に増えた。これにより結果的にリーグ全体の投手の質は低下し、ヤンキースの本塁打数は記録的なペースで積み上げられていった。この年に撮られた有名な写真はミッキー・マントル、マリス、ヨギ・ベラら6人のヤンキース選手を並べたもので、最終的にはこの6人合計で207本もの本塁打を打った打線は「殺人打線(Murderer's Row)」として他球団の投手陣から恐れられた。

マリスがシーズン初本塁打を放った4月27日にMM砲の一方である4番打者マントルは既に7本を記録していたが、5月半ばにマリスが12試合で9本打ってから2人のホームラン競争は激化した(5月末の時点でマリス12本、マントル14本)。シーズンも半ばに入ると6人の中でもマリスかマントル、あるいは両者がルースの34年間保持してきた年間最多本塁打記録を更新する事は確実な情勢になってきていた。好意を持って報じられたマーク・マグワイアサミー・ソーサによる1998年のシーズン最多本塁打記録争いとは異なり、当時のスポーツ記者は2人の不仲を騒ぎ立てるような記事を多く書き立てていった(ベラは後年のインタビューで両者の不仲を否定)。

ルースの記録はニューヨークの保守的記者にしてみればまさに「聖域」であった。また、その他にも当時のメディアは生え抜きで記者との関係も良好だったマントルを応援する風潮になっていたのに対しマリスは外様であり無口だったため「真のヤンキースの一員ではない」などの批判にさらされ、悪者扱いする人たちも少なからずいた。また、マリスの本塁打はヤンキー・スタジアムにおあつらえ向きのフェンスギリギリの低いライナーの当たりが多かったこと、また打率が2割7分前後と平凡だったことで「ルースの記録を破るにふさわしい人物ではない」との評判もあった。

そんなマリスを更に逆風が襲う。ルースの時代では154試合で60本を達成したのに対マリスの時には現行の162試合制であったことから、ルースのゴーストライターで当時MLBコミッショナーを務めていたフォード・フリックはルースの記録をマリスが154試合以内で破らない限り両者の記録は併記され、参考記録扱いになると発表した。その他にも「次打者がマントルであるため敬遠されることが少ないのでルースより有利な条件だ」という理由で、たとえマリスがルースの記録を数字の上で破ってもその記録は認めるべきでない、という意見もあったが、いずれもルースの記録を不可侵なものと認識する保守的なファンの苦しいこじつけであった。

40号、50号をマントルよりも早く達成し、迎えた154試合目の9月20日に59号を放つものの60号は打てず、9月26日に60号を記録した。10月1日にヤンキー・スタジアムでのシーズン最終戦対ボストン・レッドソックス4回裏にトレイシー・スタラードから第61号本塁打を放ち、記録更新を達成。しかし、この時の記憶は彼にとって決して好ましいものとはならなかった。記録達成が近づいたころからはホーム球場で本塁打を打っても地元ファンからブーイングを受けるという、前代未聞の屈辱と苦しみを受けさせられることとなった。後年インタビューでマリスはまるで自分が悪いことをやっているかのように報じられ、大変なストレスが溜まったと述べている。また、他のインタビューでは記録を破るどころか近づかない方がよかったのかも知れないとも語っている。当時のヤンキースファンは本塁打を打つたびに、明るくホームインして大拍手のマントルを善玉、ニコリともしないマリスを悪玉として扱っていた。この1961年に初めてMM砲という言葉も生まれている。

同年は本塁打・打点の二冠王(打点はボルチモア・オリオールズジム・ジェンタイルと同点)に輝き、2年連続となるアメリカンリーグMVPを受賞。

右:ジョン・F・ケネディ大統領のためにボールにサインをするマリス(1962年)

残りの野球人生

1962年に4年連続、そして最後となるオールスター出場を果たす。本塁打記録のイメージが強いため彼の守備能力は軽視されがちだが、同年のワールドシリーズ最終戦9回では同点タイムリーを防ぐ強肩ぶりを発揮しヤンキースの世界一に貢献する。

しかし、ケガがマリスの野球人生を以後4年間に渡って停滞させる。特に医者の診断ミスにより手の中の骨折が判明した際は1965年シーズンのほとんどを棒に振る結果となってしまった。また、その2年前に全国放送されていたミネアポリスでの試合でトンネルをした後に野次る観客に向け中指を立て、悪いイメージを米国中に植えつけてしまった。結局マリスは1966年シーズン終了後にヤンキースを去らざるを得なくなり、追われるようにセントルイス・カージナルスにトレードされた。

だが、愚直とも言われる中西部気質のマリスは都会にいた時とは異なりセントルイスのファンに暖かく受け入れられた。マリスも「ニューヨーク? あんなイヤなところはなかった。この町は最高にいいよ」と語っている。現役最後の2年間をセントルイスで過ごしたマリスは1967年1968年のカージナルスのナショナルリーグ制覇に貢献し、その内の1967年にはプレーオフで打率.385を記録し、ワールドシリーズ制覇も達成。それらに感動した球団オーナーでビール会社アンハイザー・ブッシュのオーナーでもあったグッシー・ブッシュはマリスに引退後ビール配送業者としての第2の人生を斡旋した。

1968年8月7日にこのシーズン限りで引退することを表明した。8月30日から9月1日までの対ニューヨーク・メッツ3連戦でカージナルスはシェイ・スタジアムに乗り込んだ。マリスは初めの2試合には出場したが、9月1日の試合には相手が右投手だったにも関わらず、出場しなかった。「英雄マリスのニューヨーク最後の試合」と電光掲示板が盛り立てている中で、マリスはダッグアウトの一番端に座ってフィールドを見つめたまま。この事について伊東一雄はマリス自身の口からよく「俺はニューヨークが大嫌いだ」と聞かされていたので、そのニューヨークに対する抵抗だったのではないかと推測している。

引退後

ヤンキースの永久欠番。マリスの背番号「9」

ヤンキースは1984年7月21日に背番号9の永久欠番を発表し、ヤンキー・スタジアムレフトスタンド後方にあるモニュメント・パークにマリスの業績を称えるレリーフを設置。そこには「名選手であり、大リーグの歴史の中に最も印象深い章の一つを刻んだ筆者」との文字が書かれている。

マリスは1983年悪性リンパ腫と診断され、これをきっかけにの研究治療費の寄付を目的とした毎年恒例ロジャー・マリス有名人ゴルフ大会を立ち上げる。1985年12月14日ヒューストンで死去。51歳没。

1974年から1988年まで、資格喪失となる15年目まで連続で得票率5%以上をキープしてアメリカ野球殿堂の候補に挙がったが、最高は1988年の43.1%で選出ラインとなる75%を超えることができなかった。

1991年にマリスのシーズン61本塁打は公式記録に変更され、1998年に更新されるまでマリスの記録のみが記載され彼の死後、2001年にはマリスとマントルの本塁打記録への挑戦を描いた映画『61*』が公開。その中にはマリスが実際受けた嫌がらせの数々やストレスによる抜け毛が描写されている。マリス役はバリー・ペッパーにより演じられ2005年、マリスを越える61本塁打以上を放った3選手(マグワイア、ソーサ、バリー・ボンズ)にアナボリックステロイド使用疑惑が浮上した際、ノースダコタ州議会はマリスの記録が正当な記録であると迫る文書をMLB機構に送った。現在でも、正当なシーズン本塁打記録はマリスの61本だと信じるファンも多い。

その他

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1957 | CLE | 116 | 424 | 358 | 61 | 84 | 9 | 5 | 14 | 145 | 51 | 8 | 4 | 3 | 2 | 60 | 5 | 1 | 79 | 6 | .235 | .344 | .405 | .749
1958 | 51 | 202 | 182 | 26 | 41 | 5 | 1 | 9 | 75 | 27 | 4 | 2 | 0 | 3 | 17 | 2 | 0 | 33 | 0 | .225 | .287 | .412 | .699
KCA | 99 | 435 | 401 | 61 | 99 | 14 | 3 | 19 | 176 | 53 | 0 | 0 | 2 | 2 | 28 | 1 | 2 | 52 | 2 | .247 | .298 | .439 | .737
'58計 150 | 637 | 583 | 87 | 140 | 19 | 4 | 28 | 251 | 80 | 4 | 2 | 2 | 5 | 45 | 3 | 2 | 85 | 2 | .240 | .294 | .431 | .725
1959 | 122 | 498 | 433 | 69 | 118 | 21 | 7 | 16 | 201 | 72 | 2 | 1 | 0 | 4 | 58 | 5 | 3 | 53 | 4 | .273 | .359 | .464 | .824
1960 | NYY | 136 | 578 | 499 | 98 | 141 | 18 | 7 | 39 | 290 | 112 | 2 | 2 | 1 | 5 | 70 | 4 | 3 | 65 | 6 | .283 | .371 | .581 | .952
1961 | 161 | 698 | 590 | 132 | 159 | 16 | 4 | 61 | 366 | 141 | 0 | 0 | 0 | 7 | 94 | 0 | 7 | 67 | 16 | .269 | .372 | .620 | .993
1962 | 157 | 687 | 590 | 92 | 151 | 34 | 1 | 33 | 286 | 100 | 1 | 0 | 1 | 3 | 87 | 11 | 6 | 78 | 7 | .256 | .356 | .485 | .840
1963 | 90 | 351 | 312 | 53 | 84 | 14 | 1 | 23 | 169 | 53 | 1 | 0 | 1 | 1 | 35 | 3 | 2 | 40 | 2 | .269 | .346 | .542 | .887
1964 | 141 | 584 | 513 | 86 | 144 | 12 | 2 | 26 | 238 | 71 | 3 | 0 | 1 | 2 | 62 | 1 | 6 | 78 | 7 | .281 | .364 | .464 | .828
1965 | 46 | 186 | 155 | 22 | 37 | 7 | 0 | 8 | 68 | 27 | 0 | 0 | 1 | 1 | 29 | 1 | 0 | 29 | 4 | .239 | .357 | .439 | .795
1966 | 119 | 391 | 348 | 37 | 81 | 9 | 2 | 13 | 133 | 43 | 0 | 0 | 0 | 4 | 36 | 3 | 3 | 60 | 8 | .233 | .307 | .382 | .689
1967 | STL | 125 | 472 | 410 | 64 | 107 | 18 | 7 | 9 | 166 | 55 | 0 | 0 | 1 | 5 | 52 | 3 | 4 | 61 | 10 | .261 | .346 | .405 | .751
1968 | 100 | 340 | 310 | 25 | 79 | 18 | 2 | 5 | 116 | 45 | 0 | 0 | 1 | 4 | 24 | 3 | 1 | 38 | 3 | .255 | .307 | .374 | .681
通算:12年 1463 | 5846 | 5101 | 826 | 1325 | 195 | 42 | 275 | 2429 | 850 | 21 | 9 | 12 | 43 | 652 | 42 | 38 | 733 | 75 | .260 | .345 | .476 | .822

獲得タイトル・表彰・記録

脚注

  1. ^ 伊東一雄 『メジャー・リーグ紳士録』 ベースボール・マガジン社1997年、202-203頁。ISBN 978-4583034119。
  2. ^ 伊東一雄、吉川達郎(監修) 『メジャーリーグこそ我が人生 パンチョ伊東の全仕事』 [産経新聞出版、2003年、412頁。ISBN 978-4594041175。

参考文献

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)

外部リンク

獲得タイトル・記録
アメリカンリーグMVP
チャルマーズ賞 | 

リーグ表彰 | 
  • 22 ジョージ・シスラー
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 ウォルター・ジョンソン
  • 25 ロジャー・ペキンポー
  • 26 ジョージ・バーンズ
  • 27 ルー・ゲーリッグ
  • 28 ミッキー・カクレーン

  • 以下、全米野球記者協会(BBWAA)による表彰

    1930年代 | 

    1940年代 | 
  • 40 ハンク・グリーンバーグ
  • 41 ジョー・ディマジオ
  • 42 ジョー・ゴードン
  • 43 スパッド・チャンドラー
  • 44 ハル・ニューハウザー
  • 45 ハル・ニューハウザー
  • 46 テッド・ウィリアムズ
  • 47 ジョー・ディマジオ
  • 48 ルー・ブードロー
  • 49 テッド・ウィリアムズ

  • 1950年代 | 
  • 50 フィル・リズート
  • 51 ヨギ・ベラ
  • 52 ボビー・シャンツ
  • 53 アル・ローゼン
  • 54 ヨギ・ベラ
  • 55 ヨギ・ベラ
  • 56 ミッキー・マントル
  • 57 ミッキー・マントル
  • 58 ジャッキー・ジェンセン
  • 59 ネリー・フォックス

  • 1960年代 | 
  • 60 ロジャー・マリス
  • 61 ロジャー・マリス
  • 62 ミッキー・マントル
  • 63 エルストン・ハワード
  • 64 ブルックス・ロビンソン
  • 65 ソイロ・ベルサイエス
  • 66 フランク・ロビンソン
  • 67 カール・ヤストレムスキー
  • 68 デニー・マクレイン
  • 69 ハーモン・キルブルー

  • 1970年代 | 
  • 70 ブーグ・パウエル
  • 71 ヴァイダ・ブルー
  • 72 ディック・アレン
  • 73 レジー・ジャクソン
  • 74 ジェフ・バロウズ
  • 75 フレッド・リン
  • 76 サーマン・マンソン
  • 77 ロッド・カルー
  • 78 ジム・ライス
  • 79 ドン・ベイラー

  • 1980年代 | 
  • 80 ジョージ・ブレット
  • 81 ローリー・フィンガーズ
  • 82 ロビン・ヨーント
  • 83 カル・リプケン・ジュニア
  • 84 ウィリー・ヘルナンデス
  • 85 ドン・マッティングリー
  • 86 ロジャー・クレメンス
  • 87 ジョージ・ベル
  • 88 ホセ・カンセコ
  • 89 ロビン・ヨーント

  • 1990年代 | 
  • 90 リッキー・ヘンダーソン
  • 91 カル・リプケン・ジュニア
  • 92 デニス・エカーズリー
  • 93 フランク・トーマス
  • 94 フランク・トーマス
  • 95 モー・ボーン
  • 96 フアン・ゴンザレス
  • 97 ケン・グリフィー・ジュニア
  • 98 フアン・ゴンザレス
  • 99 イバン・ロドリゲス

  • 2000年代 | 
  • 00 ジェイソン・ジアンビ
  • 01 イチロー
  • 02 ミゲル・テハダ
  • 03 アレックス・ロドリゲス
  • 04 ブラディミール・ゲレーロ
  • 05 アレックス・ロドリゲス
  • 06 ジャスティン・モルノー
  • 07 アレックス・ロドリゲス
  • 08 ダスティン・ペドロイア
  • 09 ジョー・マウアー

  • 2010年代 | 
  • 10 ジョシュ・ハミルトン
  • 11 ジャスティン・バーランダー
  • 12 ミゲル・カブレラ
  • 13 ミゲル・カブレラ
  • 14 マイク・トラウト
  • 15 ジョシュ・ドナルドソン
  • 16 マイク・トラウト
  • 17 ホセ・アルトゥーベ


  • アメリカンリーグ本塁打王
    1900年代 | 

    1910年代 | 
  • 10 ジェイク・スタール
  • 11 フランク・ベーカー
  • 12 フランク・ベーカートリス・スピーカー
  • 13 フランク・ベーカー
  • 14 フランク・ベーカー
  • 15 ブラッゴ・ロス
  • 16 ウォーリー・ピップ
  • 17 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/08/13 15:33

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ロジャー・マリス」の意味を投稿しよう
    「ロジャー・マリス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ロジャー・マリススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ロジャー・マリス」のスレッドを作成する
    ロジャー・マリスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail