このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロビン・セーデリングとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Robin Bo Carl Söderling
【国籍】
スウェーデン
【出身地】
同・ティブロ
【生年月日】
(1984-08-14) 1984年8月14日(35歳)
【身長】
193cm
【体重】
87kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
2001年
【引退年】
2015年
【ツアー通算】
11勝
【シングルス】
10勝
【ダブルス】
1勝
【生涯通算成績】
343勝213敗
【シングルス】
310勝170敗
【ダブルス】
33勝43敗
【生涯獲得賞金】
$10,423,124
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
4回戦(2011)
全仏
準優勝(2009・10)
全英
ベスト8(2010)
全米
ベスト8(2009・10)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
1回戦(2004)
全仏
1回戦(2004・06・08)
全英
2回戦(2005)
全米
2回戦(2004・05)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
4位(2010年11月15日)
【ダブルス】
109位(2009年5月9日)
テンプレート プロジェクト テニス

ロビン・ボー・カール・セデ-リング(Robin Bo Carl Söderling, スウェーデン語発音: [ˈrɔbːɪn ˈsøːdɛɭɪŋ]; 1984年8月14日 - )は、スウェーデンティブロ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス10勝、ダブルス1勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス109位。日本語ではソダーリングソダーリンソーダリンソーデリンソデルリング等の表記揺れも見られる。

グランドスラム準優勝2回、マスターズ1000優勝1回。特に2009年全仏オープン男子シングルスでは4連覇中のラファエル・ナダルに勝利。2005年から2014年までの10年間でナダルが唯一敗北した選手である。

また2010年全仏オープン男子シングルス準々決勝では、2004年ウィンブルドン以降6年近くにわたりグランドスラム23大会連続準決勝進出していたロジャー・フェデラーに勝利し、フェデラーの連続記録ストップに成功した選手でもある。

2011年7月を最後にツアーから遠ざかっていたが2015年12月23日正式に現役引退。

目次

  • 1 選手経歴
    • 1.1 プロ転向-2004年
    • 1.2 2005年-2008年
    • 1.3 2009年 全仏準優勝・ツアーファイナルベスト4
    • 1.4 2010年 2年連続全仏準優勝・マスターズ優勝
    • 1.5 2011年~ 病気により休場・引退へ
  • 2 プレースタイル等
  • 3 主要大会決勝
    • 3.1 グランドスラム決勝
      • 3.1.1 シングルス:2(0タイトル 2準優勝)
    • 3.2 マスターズ1000決勝
      • 3.2.1 シングルス:1(1タイトル)
  • 4 ATPツアー決勝進出結果
    • 4.1 シングルス: 20回 (10勝10敗)
    • 4.2 ダブルス: 2回 (1勝1敗)
  • 5 成績
    • 5.1 4大大会シングルス
    • 5.2 大会最高成績
    • 5.3 世界ランキング
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

選手経歴

プロ転向-2004年

5歳からテニスを始め、2001年にプロ入り。2002年全米オープン4大大会にデビューし、マルセロ・リオスとの2回戦に進出する。2003年ウィンブルドン選手権ティム・ヘンマンとの3回戦に進み、地元のストックホルム・オープンでツアー大会初の決勝戦に進出した。この時はマーディ・フィッシュに5-7, 6-3, 6-7(4)で敗れ、最初のチャンスを逃している。2004年、彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップスウェーデン代表選手に初選出され、同年のアテネ五輪代表にも選ばれた。初めてのオリンピックではシングルス・ダブルスとも1回戦敗退に終わり、シングルス1回戦はスペインフェリシアーノ・ロペスに敗れ、トーマス・エンクビストと組んだダブルスでもイスラエルジョナサン・エルリック/アンディ・ラム組に敗れた。オリンピックの2か月後、10月のリヨン・グランプリ決勝でグザビエ・マリスを6-2, 3-6, 6-4で破り、ツアー初優勝を果たす。

2005年-2008年

2005年1月末のミラノ・インドア決勝で、セーデリングはラデク・ステパネクに6-3, 6-7(2), 7-6(5)で競り勝ち、ツアー2勝目を獲得した。それからしばらく低迷ぎみの時期があったが、2008年にシングルスで4大会の決勝戦に進み、2度目のオリンピックにも出場した。2008年ウィンブルドン選手権終了直後のスウェーデン・オープンで、セーデリングは同国の先輩選手ヨナス・ビョルクマンと組んでダブルス初優勝を果たした。8月の北京五輪もシングルス・ダブルス共に1回戦敗退に終わり、シングルスジル・シモンに敗れ、ビョルクマンとのダブルスもスペインラファエル・ナダル/トミー・ロブレド組に敗退した。10月のストックホルム・オープンでは準決勝で錦織圭を6-1, 6-0で圧倒し、決勝でダビド・ナルバンディアンに2-6, 7-5, 3-6で敗れて準優勝。リヨン・グランプリの決勝では地元フランスのジュリアン・ベネトーを6-3, 6-7, 6-1で破り、同大会で4年ぶり2度目の優勝を決めた。こうして、セーデリングは3年半ぶりのツアーシングルス3勝目を獲得した。

2009年 全仏準優勝・ツアーファイナルベスト4

2009年全仏オープンにて

全豪オープンで、セーデリングは2回戦で3年前の準優勝者マルコス・バグダティスに6-3, 5-7, 3-6, 3-6で敗れた。この年前半はなかなか勝てなかったものの、全仏オープンで旋風を起こし、4回戦で大会5連覇を目指した第1シードのラファエル・ナダルを6-2, 6-7(2), 6-4, 7-6(2)で破る勝利を挙げた(2005年全仏オープンでの初出場から初優勝したナダルにとっては、これは全仏初黒星だった)。さらに準々決勝でニコライ・ダビデンコを、準決勝でフェルナンド・ゴンサレスを破り決勝進出。決勝では第2シードのロジャー・フェデラーに1-6, 6-7(1), 4-6で敗れて準優勝になり、スウェーデン勢として1988年マッツ・ビランデル以来21年ぶりとなる全仏優勝は成らなかった。初優勝したフェデラーは、セーデリングの前で宿願のキャリア・グランドスラムを達成した。

ウィンブルドン選手権以後、彼の名前はスウェーデン語読みにより近い「ロビン・セーデリング」と表記されるようになる。ここでは4回戦でフェデラーに4-6, 6-7(5), 6-7(5)のストレートで敗れた。この後、彼は7月にスウェーデン・オープンの決勝でフアン・モナコを6-3, 7-6(4)で破り、ツアー4勝目を獲得した。2009年は前半の10大会でわずか9勝しかあげられなかったが、全仏オープン以降は地元スウェーデンの大会で優勝するなど40勝10敗と驚異的なペースで勝ち星を重ね、ランキングを9位まで上げる。アンディ・ロディックが負傷により辞退したために、その年のランキング上位8名しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルにも繰り上がりで出場する。大会では最下位シードながらも世界2位ナダル、世界3位ノバク・ジョコビッチをストレートで破り、グループBを1位で通過する。準決勝ではフアン・マルティン・デル・ポトロに逆転で敗れた。

2010年 2年連続全仏準優勝・マスターズ優勝

年初の全豪オープンでまさかの初戦敗退を喫したが、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントミハイル・ユージニーの途中棄権により優勝。全仏オープンでは準々決勝でフェデラーを下し、フェデラーが続けていたグランドスラムの連続準決勝以上進出記録を「23」で止めたが、決勝でナダルに敗れ、2年連続の準優勝となった。ウィンブルドンでも準々決勝でナダルに敗れた。BNPパリバ・マスターズではガエル・モンフィスに6–1, 7–6で勝利して初のマスターズ1000のタイトルを獲得。ランキングを自己最高の4位に上げた。

2011年~ 病気により休場・引退へ

開幕戦のブリスベン国際アンディ・ロディックを6–3, 7–5で破りツアー7勝目を挙げた。全豪オープンは4回戦でアレクサンドル・ドルゴポロフに6-1, 3-6, 1-6, 6-4, 2-6で敗退。2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントジョー=ウィルフリード・ツォンガを6–3, 3–6, 6–3で破り連覇、ツアー8勝目を挙げた。翌週のオープン13でもマリン・チリッチを6–7(8), 6–3, 6–3で破り優勝した。全仏オープンは準々決勝で去年の決勝の再現となったナダルに4-6, 1-6, 6-7(3)で敗れた。7月のスウェーデン・オープンでは決勝でダビド・フェレールを6–2, 6–2で勝利し地元でシングルス10勝目を挙げた。しかしこの試合を最後に、伝染性単核球症のためツアーから離脱する。以降は単核症の症状に苦しみツアーに復帰できず、事実上の引退状態となっていたが、2015年12月23日正式に現役引退を発表した。

プレースタイル等

パワフルなグラウンドストローカー。 両手バックハンドは正確性を重視するが、フォアハンドはツアー屈指の威力があった。サーブも最速220キロ以上と強力であり、ハードコート、クレーコートを得意としていた。

主要大会決勝

グランドスラム決勝

シングルス:2(0タイトル 2準優勝)

結果 年 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 | 2009年 |  全仏オープン | クレー |  ロジャー・フェデラー | 1–6, 6–7(1), 4–6
準優勝 | 2010年 |  全仏オープン | クレー |  ラファエル・ナダル | 4–6, 2–6, 4–6

マスターズ1000決勝

シングルス:1(1タイトル)

結果 年 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 | 2010年 |  パリ | ハード (室内) |  ガエル・モンフィス | 6–1, 7–6(1)

ATPツアー決勝進出結果

シングルス: 20回 (10勝10敗)

大会グレード
グランドスラム (0-2)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (1-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (2-4)
ATPワールドツアー・250シリーズ (7-4)
 | 
サーフェス別タイトル
ハード (5-6)
クレー (2-4)
芝 (0-0)
カーペット (3-0)
 | 
サーフェス別タイトル
屋外 (3-4)
室内 (7-6)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 2003年10月20日 |  ストックホルム | ハード (室内) |  マーディ・フィッシュ | 5–7, 6–3, 6–7(4)
準優勝 | 2. | 2004年2月23日 |  マルセイユ | ハード (室内) |  ドミニク・フルバティ | 6–4, 4–6, 4–6
優勝 | 1. | 2004年10月4日 |  リヨン | カーペット (室内) |  グザビエ・マリス | 6–2, 3–6, 6–4
優勝 | 2. | 2005年1月31日 |  ミラノ | カーペット (室内) |  ラデク・ステパネク | 6–3, 6–7(2), 7–6(5)
準優勝 | 3. | 2006年2月20日 |  メンフィス | ハード (室内) |  トミー・ハース | 3–6, 2–6
準優勝 | 4. | 2008年2月18日 |  ロッテルダム | ハード (室内) |  ミカエル・ロドラ | 7–6(3), 3–6, 6–7(4)
準優勝 | 5. | 2008年2月25日 |  メンフィス | ハード (室内) |  スティーブ・ダルシス | 3–6, 6–7(5)
準優勝 | 6. | 2008年10月6日 |  ストックホルム | ハード (室内) |  ダビド・ナルバンディアン | 2–6, 7–5, 3–6
優勝 | 3. | 2008年10月26日 |  リヨン | カーペット (室内) |  ジュリアン・ベネトー | 6–3, 6–7(5), 6–1
準優勝 | 7. | 2009年6月7日 |  全仏オープン | クレー |  ロジャー・フェデラー | 1–6, 6–7(1), 4–6
優勝 | 4. | 2009年7月19日 |  ボースタード | クレー |  フアン・モナコ | 6–3, 7–6(4)
優勝 | 5. | 2010年2月14日 |  ロッテルダム | ハード (室内) |  ミハイル・ユージニー | 6–4, 2–0 途中棄権
準優勝 | 8. | 2010年4月25日 |  バルセロナ | クレー |  フェルナンド・ベルダスコ | 3–6, 6–4, 3–6
準優勝 | 9. | 2010年6月6日 |  全仏オープン | クレー |  ラファエル・ナダル | 4–6, 2–6, 4–6
準優勝 | 10. | 2010年7月18日 |  ボースタード | クレー |  ニコラス・アルマグロ | 5–7, 6–3, 2–6
優勝 | 6. | 2010年11月14日 |  パリ | ハード (室内) |  ガエル・モンフィス | 6–1, 7–6(1)
優勝 | 7. | 2011年1月9日 |  ブリスベン | ハード |  アンディ・ロディック | 6–3, 7–5
優勝 | 8. | 2011年2月13日 |  ロッテルダム | ハード (室内) |  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ | 6–3, 3–6, 6–3
優勝 | 9. | 2011年2月20日 |  マルセイユ | ハード (室内) |  マリン・チリッチ | 6–7(8), 6–3, 6–3
優勝 | 10. | 2011年7月17日 |  ボースタード | クレー |  ダビド・フェレール | 6–2, 6–2

ダブルス: 2回 (1勝1敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2008年7月7日 |  ボースタード | クレー |  ヨナス・ビョルクマン |  ヨハン・ブルンストロム
ジャン=ジュリアン・ロイヤー | 6–2, 6–2
準優勝 | 1. | 2009年7月19日 |  ボースタード | クレー |  ロベルト・リンドステット |  ヤロスラフ・レビンスキー
フリップ・ポラーシェク | 6–1, 3–6, [7–10]

成績

4大大会シングルス

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
2010
2011
通算成績
全豪オープン | A | LQ | 2R | 1R | A | 1R | A | 2R | 1R | 4R | 5–6
全仏オープン | A | LQ | 1R | 2R | 1R | 1R | 3R | F | F | QF | 19–8
ウィンブルドン | A | 3R | 1R | 1R | 1R | 3R | 2R | 4R | QF | 3R | 14–9
全米オープン | 2R | 1R | 2R | 3R | 2R | A | 1R | QF | QF | A | 13–8

大会最高成績

大会 成績 年
ツアーファイナル | SF | 2009
インディアンウェルズ | SF | 2010
マイアミ | SF | 2010
モンテカルロ | QF | 2007
マドリード | QF | 2011
ローマ | QF | 2011
カナダ | 3R | 2008, 2010
シンシナティ | 3R | 2004, 2006, 2008, 2010
上海 | QF | 2009, 2010
パリ | W | 2010
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/20 04:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ロビン・セーデリング」の意味を投稿しよう
「ロビン・セーデリング」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ロビン・セーデリングスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ロビン・セーデリング」のスレッドを作成する
ロビン・セーデリングの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail