このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロビーニョとは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2016年10月)
ロビーニョ


【名前】

【本名】
ロブソン・デ・ソウザ
Robson de Souza
【愛称】
ドリブルキング、フェイント百科辞典
【ラテン文字】
Robinho
【基本情報】

【国籍】
ブラジル
スペイン
【生年月日】
(1984-01-25) 1984年1月25日(34歳)
【出身地】
サン・ヴィセンテ
【身長】
172cm
【体重】
60kg
【選手情報】

【在籍チーム】
スィヴァススポル
【ポジション】
FW (ST, WG) / MF (OMF, SMF)
【背番号】
7
【利き足】
右足
【ユース】

1996-2002
サントス
【クラブ】


クラブ | 出場 | (得点)
2002-2005
サントス |  110  | (47)
2005-2008
レアル・マドリード |  101  | (25)
2008-2010
マンチェスター・シティ |  41  | (14)
2010
サントス (loan) |  2  | (0)
2010-2015
ミラン |  108  | (25)
2014-2015
サントス (loan) |  20  | (6)
2015
広州恒大 |  9  | (3)
2016-2017
アトレチコ・ミネイロ |  54  | (18)
2018-
スィヴァススポル |   | 
【代表歴】

2004
ブラジル U-23 | 8  | (3)
2003-
ブラジル | 99  | (28)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月3日現在。
2. 2015年8月30日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj
ブラジル代表でのロビーニョ(2006年)

ロビーニョ(Robinho)ことロブソン・デ・ソウザ(Robson de Souza, 1984年1月25日 - )は、ブラジルサンパウロ州サン・ヴィセンテ出身のサッカー選手スュペル・リグスィヴァススポル所属。ポジションはフォワードミッドフィールダー

攻撃的なポジションなら大抵こなすことができる。世界最高クラスのドリブルの名手であり、高い得点力とともに、シザーズなどのフェイントを得意とする。ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つ。ロビーニョとは「小さなロブソン」と言う意味である。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 クラブ
    • 1.2 代表
  • 2 エピソード
  • 3 個人成績
    • 3.1 クラブ
    • 3.2 代表
    • 3.3 代表でのゴール
  • 4 タイトル
    • 4.1 クラブ
    • 4.2 代表
      • 4.2.1 個人
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

クラブ

2002年サントスFCに入団。若手のサッカー選手の宝庫と呼ばれるブラジル国内で実力を発揮し、数々のユース世代の世界大会で注目を集めるようになる。

2004年のFIFAコンフェデレーションズカップ大会終了後、レアル・マドリードが本格的に獲得に動くが、クラブ間の交渉や移籍金を目当てとした実母の誘拐などで頓挫。2005-2006シーズンから移籍金2400万ユーロで移籍し、正式に加入する。背番号はフィーゴが着けていた10番ということもあり、期待が窺われた。クラブでは、フォワードよりもサイドハーフの位置で起用された。

2007-08シーズンはラウルファン・ニステルローイとともに3トップを形成しチームのリーガ2連覇に貢献。しかし、シーズンオフにはクラブが自身をクリスティアーノ・ロナウド獲得のための代替要員として扱ったことに激怒。結局、ロナウドの獲得は叶わなかったためクラブは彼を慰留するも、チェルシーが獲得に名乗りを挙げ、2008-09シーズンのリーグ開幕戦当日にチェルシーへの移籍願望を表明する記者会見を開くなど大きな問題となった。その後もシュスター監督をはじめチームは彼を説得するも、本人の意思は強く、最終的にマーケット締め切り日の9月1日に移籍金4200万ユーロでマンチェスター・シティに移籍することが発表された。

マンチェスター・シティでは攻撃の中心として活躍し、プレミアリーグ4位タイの14ゴールを挙げたが、2009年1月19日にスペインテネリフェで行われたクラブの合宿を無断離脱し、ブラジルへ一時帰国 。 同年1月27日、14日のリーズナイトクラブでの強姦の容疑で一時拘束されるなど素行に問題があり、マーク・ヒューズ監督とは衝突していた。また、チーム自体もプレミアリーグ10位に終わった。

2009-10シーズンは本調子からは遠く、出場機会が減少。1月には古巣・サントスFCへレンタル移籍した。

2010-11シーズンからセリエAACミランに移籍金1800万ユーロ、4年契約で移籍。9月11日のACチェゼーナ戦でミランでのデビューを飾り、10月6日のACキエーヴォ・ヴェローナ戦で移籍後初ゴールを挙げた。その後イブラヒモビッチアレシャンドレ・パト、途中加入のカッサーノらと共に、得点を量産。チームトップタイとなる14得点で、スクデット獲得に貢献した。

2011-12シーズンと2012-2013シーズンは、ケガなどで出場機会は少なく、目立った活躍もできなかった。

2013-14シーズンは、他のFWの活躍などで、出場機会に恵まれない状態が続いた。夏ごろに古巣・サントスFCへの移籍交渉が話題になったが、結果的には年俸の折り合いが付かずに破談となった。クラブは移籍でなければ残留との方針を示していたが、移籍の破談を受けて、2013年7月には2016年6月までの契約延長で合意・決定した。

2014年8月7日、古巣サントスFCにレンタル移籍で復帰した。

2015年5月13日、ミランとの契約を解除した。

2015年7月16日、中国スーパーリーグ広州恒大へ加入することを発表した。ミランとの契約が切れていたため、移籍金はかからなかった。契約期間は6ヶ月で、背番号は『60』を着用予定だったが『56』になった。AFCチャンピオンズリーグ2015は契約により登録外となった。2015年12月13日に行われたFIFAクラブワールドカップ2015クラブ・アメリカ戦に先発出場した。広州恒大では超級リーグ戦で9試合出場3得点、FIFAクラブワールドカップ2015で1試合の出場を記録した。その後契約を延長することはなく、2015シーズンをもって契約満了となった。

2016年2月11日、アトレチコ・ミネイロへの加入をクラブ公式HPで発表した。契約期間は2年間とのこと。サントス以外のブラジル国内クラブに在籍するのはキャリア初。サントスでデビューしたロビーニョは、欧州挑戦後にもサントスへのレンタル移籍を2度経験、大手メディア『ESPN』はサントスが再獲得に乗り出していると報じていたが、3度目の復帰は叶わなかった。

2018年1月23日、スィヴァススポルに移籍した。契約期間は1年半。

代表

2003年ブラジル代表に招集され、同年7月13日に行われた2003 CONCACAFゴールドカップメキシコ代表戦でデビュー。

2005年FIFAコンフェデレーションズカップ2005では全5試合に出場し、グループリーグのギリシャ代表戦と日本代表戦で1得点筒、合計2得点をあげてチームの優勝に貢献した。2006年ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップの代表にも選出され、4試合に出場したが無得点に終わり、チームも準々決勝のフランス代表戦で敗れた。

2010 FIFAワールドカップでは決勝トーナメント1回戦のチリ代表戦で自身W杯初得点を挙げ、勝利に貢献。この試合のマンオブザマッチに選出された。続く準々決勝のオランダ戦でも先制点を挙げたが、チームは逆転負けし敗退した。

エピソード

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2016年10月)

個人成績

クラブ

クラブ シーズン リーグ カップ リーグ 大陸別 その他 合計
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
得点
サントス | 2001 | 5 | 1 | – | – | – | – | 5 | 1
2002 | 30 | 10 | – | – | – | – | 30 | 10
2003 | 32 | 8 | – | – | 20 | 7 | – | 52 | 15
2004 | 37 | 21 | – | – | 8 | 4 | 10 | 7 | 55 | 32
2005 | 11 | 7 | – | – | 9 | 6 | 14 | 11 | 34 | 24
Total 【116】
【47】
【–】
【–】
【37】
【17】
【24】
【18】
【177】
82
R・マドリード | 2005–06 | 37 | 8 | 6 | 4 | – | 8 | 0 | – | 51 | 12
2006–07 | 32 | 6 | 4 | 1 | – | 7 | 1 | – | 43 | 8
2007–08 | 32 | 11 | 2 | 0 | – | 6 | 4 | 2 | 0 | 42 | 15
2008–09 | 0 | 0 | 0 | 0 | – | 0 | 0 | 1 | 0 | 1 | 0
Total 【101】
【25】
【12】
【5】
【–】
【21】
【5】
【3】
【0】
【137】
35
マンチェスター・C | 2008–09 | 31 | 14 | 0 | 0 | 0 | 0 | 10 | 1 | 0 | 0 | 41 | 15
2009–10 | 10 | 0 | 1 | 1 | 1 | 0 | – | – | 12 | 1
Total 【41】
【14】
【1】
【1】
【1】
【0】
【10】
【1】
【–】
【53】
16
サントス(loan) | 2010 | 2 | 0 | 8 | 6 | – | 0 | 0 | 12 | 5 | 22 | 11
Total 【2】
【0】
【8】
【6】
【–】
【0】
【0】
【12】
【5】
【22】
11
ミラン | 2010–11 | 34 | 14 | 4 | 1 | – | 7 | 0 | – | 45 | 15
2011–12 | 28 | 6 | 3 | 1 | – | 8 | 3 | 1 | 0 | 40 | 10
2012-13 | 23 | 2 | 1 | 0 | – | 3 | 0 | – | 27 | 2
2013-14 | 23 | 3 | 2 | 1 | – | 7 | 1 | – | 32 | 5
Total 【108】
【25】
【10】
【3】
【–】
【25】
【4】
【1】
【0】
【144】
32
サントス(loan) | 2014 | 16 | 4 | 5 | 5 | – | 0 | 0 | 0 | 0 | 21 | 9
2015 | 4 | 2 | 3 | 1 | – | 0 | 0 | 13 | 5 | 20 | 8
Total 【20】
【6】
【8】
【6】
【–】
【0】
【0】
【13】
【5】
【41】
17
広州恒大 | 2015 | 10 | 3 | 0 | 0 | – | 0 | 0 | 1 | 0 | 11 | 3
Total 【10】
【3】
【0】
【0】
【–】
【0】
【0】
【1】
【0】
【11】
3
アトレチコ・ミネイロ | 2016 | 17 | 9 | 1 | 1 | – | 7 | 1 | 10 | 9 | 35 | 20
Total 【17】
【9】
【1】
【1】
【–】
【7】
【1】
【3】
【9】
【35】
20
Career total 【415】
【129】
【38】
【22】
【1】
【0】
【100】
【28】
【67】
【37】
【658】
221
UEFAチャンピオンズリーグ, UEFAヨーロッパリーグ, コパ・リベルタドーレス.
スーペルコパ・デ・エスパーニャ, スーペルコッパ・イタリアーナ, カンピオナート・パウリスタ.

代表


ブラジル代表
国際Aマッチ

【年】
【出場】
【得点】

2003 | 5 | 0
2004 | 1 | 0
2005 | 11 | 5
2006 | 10 | 0
2007 | 17 | 6
2008 | 11 | 5
2009 | 12 | 3
2010 | 11 | 6
2011 | 7 | 1
2013 | 2 | 1
2014 | 3 | 0
2015 | 4 | 1
2017 | 1 | 0
【通算】
【100】
28

代表でのゴール

【#】
【開催年月日】
【開催地】
【対戦国】
【スコア】
【結果】
試合概要
1. | 2005年2月9日 |  銅鑼湾香港スタジアム | 香港 | 0-6 | 1-7 | 2005ルナー・ニューイヤー・カップ
2. | 2005年6月5日 |  ポルト・アレグレエスタジオ・ベイラ=リオ | パラグアイ | 4-1 | 4-1 | 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
3. | 2005年6月16日 |  ライプツィヒツェントラールシュタディオン | ギリシャ | 2-0 | 3-0 | FIFAコンフェデレーションズカップ2005
4. | 2005年6月22日 |  ケルンラインエネルギーシュタディオン | 日本 | 1-0 | 2-2
5. | 2005年6月5日 |  ブラジリアエスタジオ・マネ・ガリンシャ | チリ | 2-0 | 5-0 | 2006 FIFAワールドカップ・南米予選
6. | 2007年7月1日 |  マトゥリンエスタディオ・モヌメンタル・デ・マトゥリン | チリ | 1-0 | 3-0 | コパ・アメリカ2007
7. | 2-0
8. | 3-0
9. | 2007年7月4日 |  プエルト・ラ・クルスエスタディオ・オリンピコ・ルイス・ラモス | エクアドル | 1-0 | 1-0
10. | 2007年7月7日 |  プエルト・ラ・クルス、エスタディオ・オリンピコ・ルイス・ラモス | チリ | 0-3 | 1-6
11. | 0-4
12. | 2008年2月6日 |  ダブリンクローク・パーク | アイルランド | 0-1 | 0-1 | 親善試合
13. | 2008年5月31日 |  シアトルセンチュリーリンク・フィールド | カナダ | 2-3 | 2-3 | 親善試合
14. | 2008年9月7日 |  サンティアゴエスタディオ・ナシオナル・デ・チリ | チリ | 0-2 | 0-3 | 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
15. | 2008年10月12日 |  サン・クリストバルエスタディオ・ポリデポルティーボ・デ・プエブロ・ヌエボ | ベネズエラ | 0-2 | 0-4
16. | 0-4
17. | 2009年2月10日 |  ロンドンエミレーツ・スタジアム | イタリア | 0-2 | 0-2 | 親善試合
18. | 2009年6月10日 |  レシフェエスタディオ・ド・アルーダ | パラグアイ | 1-1 | 2-1 | 2010 FIFAワールドカップ・南米予選
19. | 2009年6月18日 |  プレトリアロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム | アメリカ合衆国 | 0-2 | 0-3 | FIFAコンフェデレーションズカップ2009
20. | 2010年3月2日 |  ロンドン、エミレーツ・スタジアム | アイルランド | 0-2 | 0-2 | 親善試合
21. | 2010年6月2日 |  ハラレナショナル・スポーツ・スタジアム | ジンバブエ | 0-2 | 0-3 | 親善試合
22. | 2010年6月7日 |  ダルエスサラームベンジャミン・ムカパ・ナショナルスタジアム | タンザニア | 0-1 | 1-5 | 親善試合
23. | 0-2
24. | 2010年6月28日 |  ヨハネスブルクエリス・パーク・スタジアム | チリ | 3-0 | 3-0 | 2010 FIFAワールドカップ
25. | 2010年7月2日 |  ポート・エリザベスネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアム | オランダ | 0-1 | 2-1
26. | 2011年8月10日 |  シュトゥットガルトメルセデス・ベンツ・アレーナ | ドイツ | 2-1 | 3-2 | 親善試合
27. | 2013年11月19日 |  トロントロジャーズ・センター | チリ | 2-1 | 2-1 | 親善試合
28. | 2015年6月27日 |  コンセプシオンエスタディオ・ムニシパル・デ・コンセプシオン | パラグアイ | 1-0 | 1-1
PK:3-4 | コパ・アメリカ2015

タイトル

クラブ

サントスFC
レアル・マドリード
ACミラン
広州恒大
アトレチコ・ミネイロ

代表

ブラジル代表

個人

脚注

  1. ^ Robson de Souza “Robinho” - International Appearances”. rsssf.com. 2016年10月21日閲覧。
  2. ^ ロビーニョ jiji.com
  3. ^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/16 21:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ロビーニョ」の意味を投稿しよう
「ロビーニョ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ロビーニョスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ロビーニョ」のスレッドを作成する
ロビーニョの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail