このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロマンス語とは?

(ロマンス語から転送)

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2014年8月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年11月)
  • 正確性に疑問が呈されています。(2010年10月)
ロマンス語

Linguae Romanicae
【話される国】
イタリアフランススペインポルトガルルーマニアなど
【地域】
ヨーロッパなど
【話者数】

言語系統
インド・ヨーロッパ語族

【言語コード】

ISO 639-1
なし
ISO 639-3

ロマンス諸語の使用地域。

ロマンス諸語(ロマンスしょご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派ラテン・ファリスク語群に属する言語のうち、ラテン語の口語である俗ラテン語に起源をもつ言語の総称である。ロマン諸語ロマンス語ロマン語とも言う。

また、ラテン・ファリスキ語群のことをロマンス語群、イタリック語派のことをロマンス語派と言うこともある。

方言連続体についての論議の際、しばしばロマンス系諸語の近似性について言及される。これは近代言語学の父・フェルディナン・ド・ソシュール一般言語学講義の中でフランス語イタリア語は一つの方言連続体であり、「明確な境界線を引くことは難しい」と記している事からも窺える。ロマンス諸語は個々の言語である前にラテン語方言であるともいえる。

分類について

20世紀のヨーロッパにおけるロマンス諸語の分布
ロマンス諸語の分布: スペイン語, フランス語, ポルトガル語, イタリア語, ルーマニア語.
系統図(Atlas of Romance languages、2001)

言語学的にはロマンス語は、俗ラテン語を祖とする諸言語という以上の意味合いは持たず、その分類は政治的に行われてきた。分類法に関する学術的な検証は近年になって行われ始めたに過ぎず、言語系統についての議論は絶えない。イタロ・西ロマンス語やガロ・イベリア語などの細分化された分類についてはまだ確定されたものではない。

言語分類表

イタリアの方言。黄色~薄黄緑の部分がガロ・イタリア語圏。なお、tirolese (茶色、ドイツ語の一種)、sloveno (灰色、スロベニア語)だけはロマンス諸語に含まない。
フランスの方言。南仏一帯に広がる赤~桃色の部分がオック語圏。なお、紫色の各言語のうち、flamand, francique, alsacien, breton, basque は系統が異なり、ロマンス諸語に含まれない。
ベルギーワロン地域における方言。赤系色の部分がワロン語圏。
スペインの言語。
スペイン語(カスティーリャ語)、スペイン全土で公用語
カタルーニャ語(ヴァレンシア語を含む)、地方公用語
バスク語、地方公用語
ガリシア語、地方公用語
アラン語、地方公用語
バルカン半島周辺の方言。ルーマニア語(緑)、アルマーニア語(桃)。

西ロマンス語

南ロマンス語

東ロマンス語

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク

イタリック語派
オスク・
ウンブリア
語群


ラテン・
ファリスク
語群

ラテン語
ロマンス諸語

古ラテン語
俗ラテン語
古典ラテン語
中世ラテン語
南ロマンス語

イタロ・
ダルマチア語

イタリア語


西ロマンス語
ガロ・
ロマンス語

オイル語
フランス語


レト・
ロマンス語


ガロ・
イタリア語



オクシタニー・
カタロニア語

カタルニア語

オック語


イベロ・
ロマンス語

アストゥリアス
・レオン語


ガリシア・
ポルトガル語

ポルトガル語


スペイン語



東ロマンス語
ルーマニア語




上記は分類の一例。†は死語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/24 18:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ロマンス語」の意味を投稿しよう
「ロマンス語」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ロマンス語スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ロマンス語」のスレッドを作成する
ロマンス語の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail