このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロマーノ・プロディとは?

(ロマーノ・プロディから転送)
ロマーノ・プローディ
Romano Prodi
ロマーノ・プローディ

【生年月日】
(1939-08-09) 1939年8月9日(79歳)
【出生地】
エミリア=ロマーニャ州
レッジョ・エミリア県
スカンディアーノ
【出身校】
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
【所属政党】
民主党(PD)
【配偶者】
フラヴィア・ フランツォーニ
【公式サイト】
Romano Prodi
第80代 首相(閣僚評議会議長)

【内閣】
第2次プローディ内閣
【在任期間】
2006年5月17日 - 2008年5月8日
大統領
ジョルジョ・ナポリターノ
法務大臣

【内閣】
第2次プローディ内閣
【在任期間】
2008年1月17日 - 2008年2月6日
第10代 欧州委員会委員長

【在任期間】
1999年9月16日 - 2004年10月30日
第76代 首相(閣僚評議会議長)

【内閣】
第1次プローディ内閣
【在任期間】
1996年5月17日 - 1998年10月21日
【大統領】
オスカル・ルイージ・スカルファロ
商工大臣

【内閣】
第4次アンドレオッティ内閣
【在任期間】
1978年11月25日 - 1979年3月20日
第33回主要国首脳会議(ハイリゲンダムサミット)にて、右から2番目(2007年)

ロマーノ・プローディ( Romano Prodi1939年8月9日 - )は、イタリア経済学者政治家

首相(第7680代)、下院議員(2期)、民主党議長(初代)、欧州委員会委員長(第10代)、商工大臣(第2次ジュリオ・アンドレオッティ内閣)、レッジョ・エミリア市議会議員を歴任。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 大学教授から政界へ
    • 1.2 オリーブの木
    • 1.3 ルニオーネ
    • 1.4 政界引退後
  • 2 プローディ内閣
  • 3 プローディ委員会
  • 4 略歴
    • 4.1 経歴
    • 4.2 政歴
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

概要

大学教授から政界へ

エミリア=ロマーニャ州レッジョ・エミリア県スカンディアーノ出身。ミラノカトリック大学を卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。1963年からボローニャ大学において産業政策の講師となり、1966年には同助教授、1971年から教授として活動する。

1978年、産業政策の実績を買われ、第4次アンドレオッティ内閣で商工大臣に就任。

オリーブの木

1995年2月、シルヴィオ・ベルルスコーニ首相率いる与党・フォルツァ・イタリアに対抗する中道左派勢力の首相候補として名乗りを上げ、下院(代議院)選挙への出馬を表明。中道左翼連合「オリーブの木」を結成し議長に就任した。

1996年4月の総選挙で勝利し、5月17日首相に就任。約2年半後の1998年10月9日、共産主義再建党の閣外協力が得られなくなったことをうけて内閣総辞職した。その後活動の場を欧州委員会に移し、1999年9月から2004年11月まで欧州委員会委員長を務めた。

ルニオーネ

2005年、オリーブの木を発展させた中道左派連合「ルニオーネ」を結成。2006年の総選挙ではルニオーネを率いてベルルスコーニ政権の中道右派連合「自由の家」に挑み、僅差で勝利。再び首相に就任した。

しかし左派からキリスト教民主主義政党までを含む9会派連立政権の運営には苦心し続け、2007年2月21日にはイタリア共和国軍のアフガニスタン駐留延長を含む外交方針案が一部の与党議員による造反によって否決された事を受け、ナポリターノ大統領に辞表を提出。野党連合は総選挙を求めたが、大統領は辞表を正式には受理せず続投を要請。翌月両院の信任を受けて危機を乗り切った。

その後中道左派政党を結集すべく、ルニオーネの中心政党でイタリア共産党の流れをくむ左派「左翼民主主義者」と中道右派「マルゲリータ」を合流させ、新党・「民主党」を結成し議長に就任した。

2008年1月、ルニオーネに所属していた「欧州民主連合・人民」書記長のクレメンテ・マステッラ(司法大臣)が自身への汚職捜査に対する不満と小選挙区制の復活を柱にする選挙制度案への危機感から連立離脱を表明。政権は上院で少数与党となった。

これをうけて2008年1月24日、上院内閣信任決議案の投票が行われたが、その結果は賛成156、反対161、棄権1、で決議案は否決されたため、プローディは内閣総辞職を大統領に通知、政権は崩壊した。大統領は暫定政権の構築を試みたが調整がつかず、結局2月6日に議会を解散した。プローディはその直後の記者会見で今度の’総選挙には出馬せず、政界から引退すると発表した。(なお憲法の規定に基づき、大統領が次期首相を指名するまでプローディは首相の職務を遂行した)。

政界引退後

2013年5月15日にジョルジョ・ナポリターノ大統領の任期が切れることに伴い、フランコ・マリーニ元上院議員とともにプローディも候補として名前が挙がった。しかし両者は必要な票数を獲得できなかった。

プローディ内閣

プローディ委員会

略歴

ジョージ・W・ブッシュ(米大統領)、ヨーラン・ペーション(スウェーデン首相)と談笑(2001年)

経歴

政歴

脚注

  1. ^ “伊民主党、大統領にプローディ氏擁立-妥協策を断念”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2013年4月19日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MLH60J6K50ZP01.html 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ “議会、第1回投票で大統領選出できず マリーニ元上院議長の得票数必要数下回る”. ロイター (ロイター). (2013年4月18日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT837362320130418 2013年4月20日閲覧。
  3. ^ “伊大統領、異例の続投へ…4回目投票も決まらず”. 読売新聞. (2013年4月20日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130420-OYT1T00847.htm 2013年4月20日閲覧。

関連項目

外部リンク

公職
先代:
マヌエル・マリン
(代行) |  欧州委員会委員長
第10代:1999 - 2004 | 次代:
ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ
先代:
ランベルト・ディーニ
シルヴィオ・ベルルスコーニ |  イタリア共和国首相
(閣僚評議会議長)

第76代:1996 - 1998
第80代:2006 - 2008 | 次代:
マッシモ・ダレマ
シルヴィオ・ベルルスコーニ
先代:
クレメンテ・マステラ (en) |  イタリア共和国法務大臣
(代行)2008 | 次代:
ルイージ・スコッティ (en)
先代:
カルロ・ドナ・カッティン (it) |  イタリア共和国商工大臣
1978 - 1979 | 次代:
フランコ・ニコラッツィ (en)
党職
先代:
(結党) | 民主党党首
初代:2007 - 2008 | 次代:
ロージー・ビンディ
歴代欧州委員会委員長
EEC | 
ハルシュタイン (1958)
 | 

ECs | 
レイ (1967) - マルファッティ (1970) - マンスホルト (1972) - オルトリ (1973) - ジェンキンス (1977) - トルン (1981) - ドロール (1985)

EU | 
ドロール (1993) - サンテール (1995) - マリン (1999) - プローディ (1999) - バローゾ (2004) - ユンケル (2014)


イタリアの首相
王政 | 

カミッロ・カヴール1861 / ベッティーノ・リカーソリ1861-1862 / ウルバーノ・ラッタッツィ1862 / ルイージ・ファリーニ1862-1863 / マルコ・ミンゲッティ1863-1864 / アルフォンソ・マルモラ1864-1866 / ベッティーノ・リカーソリ1866-1867 / ウルバーノ・ラッタッツィ1867 / フェデリーコ・メナブレーア1867-1869 / ジョヴァンニ・ランツァ1869-1873 / マルコ・ミンゲッティ1873-1876 / アゴスティーノ・デプレーティス1876-1878 / ベネデット・カイローリ1878 / アゴスティーノ・デプレーティス1878-1879 / ベネデット・カイローリ1879-1881 / アゴスティーノ・デプレーティス1881-1887 / フランチェスコ・クリスピ1887-1891 / アントニオ・ルディニ1891-1892 / ジョヴァンニ・ジョリッティ1892-1893 / フランチェスコ・クリスピ1893-1896 / アントニオ・ルディニ1896-1898 / ルイージ・ペルー1898-1900 / ジュゼッペ・サラッコ1900-1901 / ジュゼッペ・ザナルデッリ1901-1903 / ジョヴァンニ・ジョリッティ1903-1905 / トンマーゾ・ティットーニ1905 / アレッサンドロ・フォルティス1905-1906 / シドニー・ソンニーノ1906 / ジョヴァンニ・ジョリッティ1906-1909 / シドニー・ソンニーノ1909-1910 / ルイージ・ルッツァッティ1910-1911 / ジョヴァンニ・ジョリッティ1911-1914 / アントニオ・サランドラ1914-1916 / パオロ・ボセッリ1916-1917 / ヴィットーリオ・オルランド1917-1919 / フランチェスコ・ニッティ1919-1920 / ジョヴァンニ・ジョリッティ1920-1921 / イヴァノエ・ボノーミ1921-1922 / ルイージ・ファクタ1922 / ベニート・ムッソリーニ1922-1943 / ピエトロ・バドリオ1943-1944 / イヴァノエ・ボノーミ1944-1945 / フェルッチョ・パッリ1945 / アルチーデ・デ・ガスペリ1945-1946

共和政 | 

アルチーデ・デ・ガスペリ1946-1953 / ジュゼッペ・ペッラ1953-1954 / アミントレ・ファンファーニ1954 / マリオ・シェルバ1954-1955 / アントニオ・セーニ1955-1957 / アドネ・ツォーリ1957-1958 / アミントレ・ファンファーニ1958-1959 / アントニオ・セーニ1959-1960 / フェルナンド・タンブロニ1960 / アミントレ・ファンファーニ1960-1963 / ジョヴァンニ・レオーネ1963 / アルド・モーロ1963-1968 / ジョヴァンニ・レオーネ1968 / マリアーノ・ルモール1968-1970 / エミリオ・コロンボ1970-1972 / ジュリオ・アンドレオッティ1972-1973 / マリアーノ・ルモール1973-1974 / アルド・モーロ1974-1976 / ジュリオ・アンドレオッティ1976-1979 / フランチェスコ・コッシガ1979-1980 / アルナルド・フォルラーニ1980-1981 / ジョヴァンニ・スパドリーニ1981-1982 / アミントレ・ファンファーニ1982-1983 / ベッティーノ・クラクシ1983-1987 / アミントレ・ファンファーニ1987 / ジョヴァンニ・ゴリーア1987-1988 / チリアーコ・デ・ミータ1988-1989 / ジュリオ・アンドレオッティ1989-1992 / ジュリアーノ・アマート1992-1993 / カルロ・アツェリオ・チャンピ1993-1994 / シルヴィオ・ベルルスコーニ1994-1995 / ランベルト・ディーニ1995-1996 / ロマーノ・プローディ1996-1998 / マッシモ・ダレマ1998-2000 / ジュリアーノ・アマート2000-2001 / シルヴィオ・ベルルスコーニ2001-2006 / ロマーノ・プローディ2006-2008 / シルヴィオ・ベルルスコーニ2008-2011 / マリオ・モンティ2011-2013 / エンリコ・レッタ2013-2014 / マッテオ・レンツィ2014-2016 / パオロ・ジェンティローニ2016-2018 / ジュゼッペ・コンテ2018-現職



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/22 10:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ロマーノ・プロディ」の意味を投稿しよう
「ロマーノ・プロディ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ロマーノ・プロディスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ロマーノ・プロディ」のスレッドを作成する
ロマーノ・プロディの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail