このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ローソン・タマ・スタジアムとは?

移動先: 案内検索
ローソン・タマ・スタジアム


【施設情報】

【所在地】
ホニアラ
【位置】
南緯9度26分12秒 東経159度58分17秒 / 南緯9.43667度 東経159.97139度 / -9.43667; 159.97139
【開場】
1964年
【使用チーム、大会】

サッカーソロモン諸島代表
コロアレFC
コッサFC
マクルFC
マリストFC
ソロモン・ウォリアーズFC
ウェスタン・ユナイテッドFC
ランガーズ・ホニアラFC
【収容能力】

10,000 - 25,000

ローソン・タマ・スタジアム(Lawson Tama Stadium)とは、ソロモン諸島ホニアラにある多目的スタジアムであり、主にサッカーの試合で用いられている。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
  • 3 参考文献
  • 4 外部リンク

概要

このスタジアムは丘の斜面に建設されているため、公式な収容人数は存在しないもののスタジアム周辺の芝生には2万人程度の収容能力がある。1981年7月には第一回パシフィックミニゲームズの会場に、2012年OFCネイションズカップではメイン会場となった。

歴史

英領ソロモン諸島アマチュアスポーツ連盟が1961年8月に設立されると、政府は病院の近くの土地を割り当てた。ここに出来たグラウンドは当初、タウン・スポーツ・グラウンドと呼ばれており、1964年始めに建設準備が終了した。1965年にはパビリオンなどの設備を建設した。

ホニアラの町が発展するにつれて、このグラウンドは次第に中心部となっていった。その後改名が提案され、「ホスピタル・グラウンド」がその候補であったが、結局設立に大きく寄与したエリック・ローソンの名にちなんで、ローソン・タマ・スタジアムと名付けられた。

参考文献

  1. ^ http://www.oleole.com/media/main/images/blogs/images/group1/subgrp53/32616.jpg
  2. ^ INAUGURAL MINI SOUTH PACIFIC GAMES - HONIARA, SOLOMON ISLANDS - July 1981 Archived 2013年10月30日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Sports Grounds Solomon Islands Historical Encyclopaedia, 1893-1978
  4. ^ Lawson, Eric V. Solomon Islands Historical Encyclopaedia, 1893-1978

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/22 13:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ローソン・タマ・スタジアム」の意味を投稿しよう
「ローソン・タマ・スタジアム」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ローソン・タマ・スタジアムスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ローソン・タマ・スタジアム」のスレッドを作成する
ローソン・タマ・スタジアムの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail