このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ロードアイランド州とは?

ロードアイランド州
State of Rhode Island and Providence Plantations



(州旗) | (州章)
州の愛称: 海洋の州
The Ocean State
州のモットー: 希望
Hope
州都
プロビデンス
【最大の都市】
プロビデンス
【州知事】
ジーナ・レイモンド
公用語
不文律: 英語
面積
- 総計
- 陸地
- 水域 全米第50位
4,002 km²
2,707 km²
1,295 km² (32.4%)
人口(2010年)
- 総計
- 人口密度 全米第43位
1,052,567
390.78人/km²
【合衆国加入
- 順番
- 加入年月日】

13番目
1790年5月29日
時間帯
UTC -5
DST -4
緯度
北緯41°9' - 42°1'
経度
西経71°7' - 71°53'
【東西の幅】
60 km
【南北の長さ】
77 km
標高
-最高標高
-平均標高
-最低標高
247 m
60 m
0 m
【略称 (ISO 3166-2:US)】
US-RI
【ウェブサイト】
ロードアイランド州政府
【上院議員】
ジャック・リード
シェルドン・ホワイトハウス

ロードアイランド州(: State of Rhode Island and Providence Plantations [ˌroʊd_ˈaɪlɨnd] または [rɵˈdaɪlɨnd])は、アメリカ合衆国東北部、ニューイングランド地方にあるである。州都および人口最大都市は州北部、ナラガンセット湾の湾奥に位置する港湾都市・学術都市プロビデンスである。州全土がプロビデンス大都市圏(大都市統計地域)に含まれている。

独立時の13州の1つである。全米50州の中で面積最小の州であり、日本における滋賀県と同程度の面積である(滋賀県の面積の大きさは日本国内の47都道府県中38番目と小さい)。Little Rhody(リトル・ローディ)という愛称を持つ。より一般的な愛称は、地形的な理由、すなわち、州内の陸地の奥深くまでナラガンセット湾が入り込んでいることから、観光用パンフレットでよく使われる The Ocean State であり、これは自動車ナンバープレートにも記されている。人口は50州の中で第43位だが、人口密度はニュージャージー州に次いで第2位である。西はコネチカット州に、北と東はマサチューセッツ州に接しており、南西のニューヨーク州ロングアイランドとは海上の州境がある。

【家庭で話される言語(ロードアイランド州) 2010】

 |  |  |  | 
英語 | 
 | 79.18%
スペイン語 | 
 | 10.41%
ポルトガル語 | 
 | 3.41%
【人種構成(ロードアイランド州) 2010】

 |  |  |  | 
白人 | 
 | 76.4%
ヒスパニック | 
 | 12.4%
黒人 | 
 | 5.7%
アジア系 | 
 | 2.9%
インディアン | 
 | 0.6%
混血 | 
 | 3.3%

目次

  • 1 州名の由来
  • 2 歴史
    • 2.1 植民地時代: 1636年-1770年
    • 2.2 独立戦争から南北戦争に向かう時代: 1770年-1860年
    • 2.3 南北戦争から進歩主義の時代: 1860年-1929年
    • 2.4 近代の成長: 1929年-現在
  • 3 政治と法律
    • 3.1 州法
  • 4 地理
    • 4.1 地質
    • 4.2 気候
  • 5 行政区分
    • 5.1 郡
    • 5.2 主要な都市及び町
  • 6 経済
    • 6.1 大規模雇用主
  • 7 住民
    • 7.1 人口動態
    • 7.2 人種及び祖先
    • 7.3 宗教
    • 7.4 インディアン部族
    • 7.5 インディアン・カジノ
    • 7.6 カーシエリ対サラザール法廷戦
  • 8 交通
    • 8.1 バス
    • 8.2 フェリー
    • 8.3 鉄道
    • 8.4 航空
    • 8.5 自動車専用道路
    • 8.6 自転車道
  • 9 教育
    • 9.1 単科/総合大学
  • 10 芸術・文化
    • 10.1 スポーツチーム
  • 11 その他
    • 11.1 同州出身者
    • 11.2 州の象徴など
    • 11.3 日本の姉妹都市
  • 12 映画
  • 13 脚注
  • 14 参考文献
    • 14.1 一次史料
    • 14.2 二次史料
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

州名の由来

ロードアイランド州の公式名称は、全米で最も長い State of Rhode Island and Providence Plantations である。日本語訳すると、「ロードアイランド及びプロビデンス・プランテーション州」となる。プランテーションを「植民地」や「農園」などと訳す人はいるが、ロードアイランドの方を「ロード島」と訳す人は見かけない。ロード島(別名:アクィドネック島)は、ナラガンセット湾の島で、現在はニューポート郡に属する。プロビデンス・プランテーションは、ロードアイランド州の起源となった植民地集落の名で、ここを中心に、ロードアイランドなどの周辺地域に農地を広げていった。

州名に「アイランド」がついているが、その大半はアメリカ合衆国本土にある。この州名は2つの開拓地の統合の結果で生じた。ロードアイランド植民地は、ナラガンセット湾に浮かぶ幾つかの島の中では最大のアクィドネック島と呼ばれる場所で、現在のニューポート市近くに設立された。プロビデンス・プランテーションは、現在プロビデンス市がある地域にロジャー・ウィリアムズが設立した植民地の名前である。

アクィドネック島がどのようにしてロード島と呼ばれるようになったかは不明だが、2つの学説がある。

ヴェラッツァーノ記念碑、プロビデンス市

アクィドネック島について「ロード島」という名前を使った初期の文書は、1637年のロジャー・ウィリアムズによるものである。その名前は1644年に公式に適用された。「アクスネックは今後、アイル・オブ・ロードスあるいはロード・アイランドと呼ぶことにする。」アイル・オブ・ロードスは1646年には既に法的文書で使われていた。オランダの地図では1659年のものでこの島を「レッド・アイランド」(Roodt Eylant)と表示していた。

ロジャー・ウィリアムズはマサチューセッツ湾植民地を追い出された神学者だった。信仰と政治の寛容さを求め、他の者達と共に自由な領主植民地として「プロビデンス・プランテーション」を設立した。「プロビデンス」は神の摂理を表し、「プランテーション」は英語で植民地を表す言葉だった。

2009年6月25日、ロードアイランド州議会はその長い名称を続けるか、あるいは奴隷制度に係わるという誤解を生みやすい「及びプロビデンス・プランテーション」を切り捨てるかを住民が選ぶことを認めた。2010年11月2日の選挙と同時に行われた住民投票の結果、78%対22%という圧倒的な差で現行名の存続が決まった。

歴史

詳細は「ロードアイランド州の歴史」を参照

植民地時代: 1636年-1770年

詳細は「ロードアイランド植民地」を参照
ロジャー・ウィリアムズが1638年に設立した信徒団が、1776年にプロビデンスの歴史的な教会を建設した
ロジャー・ウィリアムズと、なぜか平原インディアンの格好をしているナラガンセット族(A・H・Wray画、19世紀)

1636年1月、イギリス国教会およびアメリカ・インディアンの土地の強奪に対する強烈な批判を行ったためマサチューセッツ湾植民地を追放されたロジャー・ウィリアムズと4人の信奉者が、ナラガンセット湾の北部沿岸の土地をナラガンセット族とピクォートインディアンから「購入」して、集落を作った。この両部族はマサソイトが率いるワンパノアグ族に従属していた。ウィリアムズは、ここをバプテスト開拓者のための宗教的自由の地と宣言し、「逆境にある私に神の慈悲深い摂理を感じさせる」と言って、プロビデンス(神の摂理)と名付けた。

ロジャー・ウィリアムズが去ったマサチューセッツ湾植民地では、今度は、アン・ハッチンソンという女性が、反律法主義の立場から聖職者たちの地位を否定する信仰を説き、多くの民衆の心を掴んだため、聖職者や施政者から危険視され、ついには1638年3月に追放された。彼女は夫と数人の同調者と共に、プロビデンスへ向かったが、彼女の信仰は受け入れられず、アクィドネック島(当時はロード島と呼ばれていた)へ渡り、地元のインディアンから土地を購入した。この開拓地はポーツマスと名付けられ、ポーツマス盟約によって治められた。島の南部は、設立者の間に不和が生じた後で、ニューポートという別の開拓地になった。

その後、プロビデンスのロジャー・ウィリアムズらは、バプテストだけに限らず、広く信教の自由を認めるようになり、クエーカー教徒ユダヤ人カトリック教徒などを受け入れ、完全な信教の自由を保障する唯一の植民地として発展した。

1642年、サミュエル・ゴートンがシャウォメットでインディアンの土地を購入し、マサチューセッツ湾植民地との軍事的な紛争を引き起こした。1644年、プロビデンス、ポーツマス、ニューポートの開拓地は「ロードアイランド及びプロビデンス・プランテーション植民地」という名称で統合され、選別された委員と「プレジデント」によって統治された。ゴートンは1648年にその開拓地に対する勅許を取得し、その守護者に因んでウォリックと名付けた。

1663年7月8日、イギリス国王チャールズ2世は、ジョン・クラークに対して、4つの植民地を統合した「ロードアイランド及びプロビデンス植民地」の勅許状を与えた。

フィリップ王戦争(1675年-1676年)のとき、ジョサイア・ウィンスローが率いたマサチューセッツ、コネチカット、プリマスの民兵隊が、1675年12月19日、現在のキングスタウンにあったグレートスワンプの要塞化されたナラガンセット・インディアン集落を襲い、破壊した。インディアンはこれを虐殺だと言っている。植民地人が「フィリップ王」と呼んだ戦争指導者メタコメット指揮下のワンパノアグ族がプロビデンスを含め地域の町の幾つかに侵略し焼いた。プロビデンスは2度攻撃された。この戦争の終盤で、ベンジャミン・チャーチが現在のブリストルでフィリップ王を殺した。フィリップ王の首はプリモス・プランテーション入口に建てられた柱に掛けられ、長年インディアンに対する警告とされた。 この植民地は1686年にニューイングランド自治領に統合された。イングランド王ジェームズ2世がイギリス領北アメリカの自治植民地に王室の権限を強制しようとしたからだった。1688年の名誉革命の後、王室勅許の下に再度独立性を得た。この頃に奴隷が導入されたが、奴隷所有を合法化する法の記録は無かった。植民地ではラム酒を蒸留してアフリカで売り、カリブ海の奴隷や砂糖を輸入する、いわゆる三角貿易で利益を出して繁栄した。

"フィリップ王の玉座"、ブリストルのマウントホープにあるインデァインの集会所

独立戦争から南北戦争に向かう時代: 1770年-1860年

ロードアイランドの独立と反対意見を表明する伝統は、アメリカ独立戦争時に重要な役割を担った。1772年6月10日午前2時頃、プロビデンス住民の1隊が、ナラガンセット湾で不人気な貿易規制を強制するために寄港していたスクーナーHMSギャスピーを襲って燃やし、沈没させた。1776年5月4日、イギリス王室に対する忠誠を破棄したことでは、13植民地で最初の植民地になった。これは13州が独立宣言を発するちょうど2か月前のことだった。独立戦争の間、イギリス軍はニューポートを占領した。フランスとアメリカの連合軍がアクィドネック島からイギリス軍を追い出そうとした。ポーツマスでは最初のアフリカ系アメリカ人の部隊である第1ロードアイランド連隊が編成され、1778年8月29日のロードアイランドの戦いでアメリカのために戦った。フランス艦隊が到着したことで、イギリス軍はフランスに捕獲されるよりもその船舶を沈船させる道を選んだ。1781年のバージニアで、ヨークタウン包囲戦チェサピーク湾の海戦でイギリス軍を破り、戦争を終わらせることになったのは、ニューポートが始まりだった。アメリカ軍を率いたジョージ・ワシントン将軍と、フランス王ルイ16世が派遣したフランス軍を率いたロシャンボー伯爵の連合軍はここを出発点にした。2009年、このことが公式にアメリカ合衆国国立公園局に認定された。

中央集権化に反対するロードアイランドは、1787年合衆国憲法制定会議をボイコットした。合衆国成立後も憲法の批准をためらっていたが、連邦からは外国と宣告され、他州との交易品に関税が課せられることの危機感から、1790年5月29日に批准した。権利章典が憲法の一部になることが確定したからでもあった。

ロードアイランドで始まったワシントンとロシャンボーの革命の道を示す国立公園局の地図

独立戦争とその後の時代も、ロードアイランドは奴隷貿易に深く関わった。1774年、ロードアイランドの奴隷の人口比率は6.3%であり、ニューイングランドのどの植民地と比較しても2倍に近かった。独立後はアフリカ人奴隷の貿易で60%ないし90%を支配した。

19世紀半ばのプロビデンス

ロードアイランドは奴隷貿易に加えて産業革命にも深く関わった。1787年、トマス・サマーズがイングランドから輸入した繊維機械を模造したのがアメリカでの産業革命の始まりだった。サマーズはビバリー・コットン・マニュファクトリー立ち上げに貢献し、プロビデンスのモーゼス・ブラウンがこれに関わった。ブラウンはサミュエル・スレイターと組んでアメリカでは2番目の水力稼動綿糸工場を作った。産業革命で大量の労働者が都市に流入し、土地を持たない、それ故に投票権の無い階級が成長した。1829年時点、州内の60%の白人男性は投票権を持たなかった。この問題を解決するために幾つかの試みが失敗した後、1843年に新憲法が成立し、1ドルの人頭税を払えば、土地を持たない白人男性も投票できるようになった。

ニューポート郊外に放棄された工場、1968年

19世紀初期、ロードアイランドでは結核が流行し、吸血鬼に対するヒステリー状態になった。

南北戦争から進歩主義の時代: 1860年-1929年

南北戦争のとき、各州に対するエイブラハム・リンカーンの呼びかけに応えて、最初に軍隊を派遣したのがロードアイランド州だった。州内から25,236人が出征し、そのうち1,685人が死んだ。銃後にあって他の北部州と同様に工業生産能力を使い、軍需物資を供給した。海軍兵学校は戦争中にロードアイランドに移転していた。

1866年、全州の公立学校で人種差別を廃止した。

第一次世界大戦では州内から28,817人の兵士が出征し、そのうち612人が死んだ。戦後はスペインかぜで大打撃を受けた。

1920年代と1930年代、州内の田園部でクー・クラックス・クランが勃興したが、これは州内に大きな移民の波が殺到したからだった。シチュエイトにあるウォッチマン工業学校を焼いたのはクランの仕業だと考えられている。これはアフリカ系アメリカ人の子供のための学校だった。

近代の成長: 1929年-現在

世界恐慌の後、州内の政治は民主党が支配した。低収入家庭の子供には包括的健康保険制度があり、大型の社会的セイフティネットもある。都市部では子供の貧困率が高い。ボストンからの住民の移転のために、住宅費が上がり、ロードアイランドではホームレスが増えた。

2009年のプロビデンス

1986年8月31日、ロードアイランド設立350周年がクオンセット州立空港の滑走路で開催されたフリー・コンサートで祝われた。演奏者にはチャック・ベリー、トミー・ジェイムズ、および花形のボブ・ホープが含まれていた。

2003年、ウェストウォリックのナイトクラブで火事があり、100人が死亡し、その2倍近い人が負傷した。この火事は刑事事件になった。

2010年3月、大雨のために州内各地が記録的な洪水に見舞われた。3月半ば、最初の雨期では場所を限定した洪水があり、その2週間後、プロビデンス南の町など広い範囲が洪水になった。3月29日から30日に降った雨は多くの場所で14インチ(360 mm)を超え、特に州中央を流れるポータクセット川から浸水した。ポータクセット川の場合は洪水線より11フィート (3.3 m) 上にまで達し、下水処理場が水に浸かり、州間高速道路95号線は5マイル (8 km) にわたって閉鎖された。さらにウォリック、ウェストウォリック、クランストン、ウェスタリーのショッピングセンター、多くの企業、多くの家屋が浸水した。ニューヨーク、ボストン間のアムトラック列車も運休になった。この洪水の後、州内は2日間非常事態だった。アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が洪水の犠牲者を救援するために呼び出された。

政治と法律

州都はプロビデンスである。ロードアイランド州の現在の知事はリンカーン・チェイフィー(I)であり、アメリカ合衆国上院議員はジャック・リード(Jack Reed:D)及びシェルドン・ホワイトハウス(Sheldon Whitehouse:D)である。ロードアイランド州選出の2人のアメリカ合衆国下院議員はDavid Cicilline(D-1)並びにJim Langevin(D-2)である。 州知事官邸を持たない数少ない州の1つである。

関連項目:ロードアイランド州知事の一覧
大統領選挙の結果
共和党 民主党
2016年 | 38.90% 180,543 | 54.41% 252,525
2012年 | 35.24% 157,204 | 62.70% 279,677
2008年 | 35.21% 165,391 | 63.13% 296,571
2004年 | 38.67% 169,046 | 59.42% 259,760
2000年 | 31.91% 130,555 | 60.99% 249,508
1996年 | 26.82% 104,683 | 59.71% 233,050
1992年 | 29.02% 131,601 | 47.04% 213,299
1988年 | 43.93% 177,761 | 55.64% 225,123
1984年 | 51.66% 212,080 | 48.02% 197,106
1980年 | 37.20% 154,793 | 47.70% 198,342
1976年 | 44.10% 181,249 | 55.40% 227,636
1972年 | 53.00% 220,383 | 46.80% 194,645
1968年 | 31.80% 122,359 | 64.00% 246,518
1964年 | 19.10% 74,615 | 80.90% 315,463
1960年 | 36.40% 147,502 | 63.60% 258,032
1956年 | 58.30% 225,819 | 41.70% 161,790
1952年 | 50.90% 210,935 | 49.10% 203,293
ロードアイランド州会議事堂

州議会は定数75人の下院と々38人の上院の両院制である。2013年時点で両院とも民主党が多数派である。

ロードアイランド州の現人口からはアメリカ合衆国下院議員も大統領選挙人数も簡単には増えそうに無いので、人口の割には代表数が多いことになる。一人当たり選挙人数では50州の中で第8位、下院議員数では第2位になっている。また面積が狭いので、単位面積当たりの代表数はいずれも第1位である。

大統領選挙では、伝統的に民主党を支持してきており、民主党候補の支持率は最大級になっている。1908年の大統領選挙までは共和党を支持していたが、それ以降24回の大統領選挙で民主党候補が敗れたのは7度のみである。過去16回を見ても、共和党がロードアイランド州を制したのは1952年、1956年(何れもドワイト・D・アイゼンハワー)、1972年(リチャード・ニクソン)、1984年(ロナルド・レーガン)の4回のみである。1980年の場合はレーガンが取れなかった6州の1つだった。1984年にレーガンは49州を制したが、ロードアイランドでの支持率は2番目に低かった。レーガン以降の共和党候補は州内のどの郡1つも取れていない。1988年のジョージ・H・W・ブッシュも全郡が取れなかった唯一の州になった。1988年と2000年は民主党の最大支持率であり、1968年、1996年、2004年は第2位の支持率だった。過去に民主党が得た最大支持率は1964年のリンドン・B・ジョンソンであり、80%を超えた。2004年にはジョン・ケリーに20%以上の差を与え、39市町のうち36が支持した。2008年ではバラク・オバマに29%の差を与えた。39市町のうち、シチュエイトのみがとれなかった。2008年の選挙では投票率が83%となり、全米最大級だった。

関連項目:Political party strength in Rhode Island
有権者登録数、2011年3月15日
Party 活性有権者 非活性有権者 合計 比率
民主党 | 124,088 | 10,729 | 134,817 | 19.54%
共和党 | 72,033 | 7,392 | 79,425 | 11.51%
中道党 | 5,532 | 101 | 5,633 | 0.82%
無党派 | 430,123 | 39,953 | 470,076 | 68.13%
Total 631,776 58,175 689,951 100%

州法

現在、ロードアイランド州においては、死刑制度は廃止されている。最初に廃止したのがミシガン州であり、ロードアイランド州は2番目になった。売春を違法としたのは2番目に遅かった。2009年11月まで、屋内であれば売春を合法にしていた。同年の調査では安全な州のリストで第9位になっていた。

2011年、大麻の医療利用を認めた3番目の州になった。さらに7月2日にはシビルユニオンを認めた。同性結婚あるいはシビルユニオンのどちらかを認めた州としては8番目になった。2013年5月2日には同性結婚が合法となり、8月1日から有効となった。

ロードアイランド州は国内でも税率が高い州であり、特に資産税は第7位、不動産税は第6位である。

地理

ロードアイランド州地形図

ロードアイランド州は総面積で1,214平方マイル (3,144 km) であり、マサチューセッツ州と北及び東に接し、コネチカット州と西を接し、南はロードアイランド湾及び大西洋に接している。ブロック島ロングアイランドの間は、ニューヨーク州との狭い水上境界になっている。南から北へ州内に大きく食い込んだナラガンセット湾がこの州の地形の主要な特徴である。ビーチが有名なブロック島は、本土の南部海岸からおおよそ12マイル (19 km) 離れた、ロードアイランド湾をはさんだ所にあり外海に面している。

「海洋の州」と渾名されるように多くのオーシャンフロント・ビーチがある。山らしい山は無くほとんど平坦であり、州内自然の最高地点はジェリモス山の標高812フィート (247 m)、平均標高は200フィート (60 m) である。

ナラガンセット湾内部に、多くの市町村がある30以上の島が点在する。最大の島はニューポートミドルタウン、及びポーツマスの自治体によって共有された、アクィドネック島(Aquidneck Island、別名ロードアイランド)である。この湾内の主な大きな島はアクイドネック島とコナニカット島(Conanicut Island)、プルーデンス島(Prudence Island)の三つであり、ほかにホープ島(Hope)、及びディスペア島(Despair)などがある。

ニューイングランドアパラチア地域に位置し、東部はナラガンセット湾沿いの低地、西部はニューイングランド・アップランドの一部となっている。森林は北東部海岸森林生態系に属している。

地質

詳細は「ニューイングランドの地質」を参照

州内、特にカンバーランドの町ではカンバーランダイトと呼ばれる希な岩石が見られる。昔は鉱物資源が2か所あったが、鉄鉱石だったので、1か所はその鉄分含有量故に大々的に掘り尽くされた。イアペタス海の閉鎖以前に小大陸アヴァロニアの一部だったアヴァロン・テレインという地殻の上にある。

気候

ロードアイランド州は湿潤大陸性気候の一例であり、暖かく雨の多い夏と、冷涼な冬がある。過去最高気温は1975年4月2日にプロビデンスで記録された104°F (40 ℃) 、過去最低気温は1996年2月5日にグリーンで記録された-23°F (-31 ℃) である。月間平均気温は83°F (28 ℃) から20°F (-7 ℃) までである。

行政区分

州内各郡の位置図
詳細は「ロードアイランド州の郡一覧」を参照

州内には5つの郡がある。

  1. ブリストル郡: 1747年設置。植民地間の境界論争の結果、マサチューセッツ植民地のブリストル郡(1685年設置)の一部を取得。中心地は、ブリストル
  2. ケント郡: 1750年設置。プロビデンス・プランテーション郡から分割。中心地は、イーストグリニッジ
  3. ニューポート郡: 1703年設置。1729年に、ロードアイランド郡から改称。中心地は、ニューポート
  4. プロビデンス郡: 1703年設置。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/14 20:09

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ロードアイランド州」の意味を投稿しよう
    「ロードアイランド州」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ロードアイランド州スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ロードアイランド州」のスレッドを作成する
    ロードアイランド州の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail