このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ローリー・フィンガーズとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
オハイオ州スチューベンビル
【生年月日】
(1946-08-25) 1946年8月25日(73歳)
【身長
体重】
6' 4" =約193 cm
195 lb =約88.5 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1964年
【初出場】
1968年9月15日
【最終出場】
1985年9月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アメリカ野球殿堂
殿堂表彰者

【選出年】
1992年
【得票率】
81.16%
【選出方法】
BBWAA選出
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


フィンガーズのブルワーズ在籍時の背番号「34」。
ミルウォーキー・ブルワーズの永久欠番1992年指定。
フィンガーズのアスレチックス在籍時の背番号「34」。
オークランド・アスレチックスの永久欠番1993年指定。

ローランド・グレン・フィンガーズ(Roland Glen Fingers, 1946年8月25日 - )は、MLBの元プロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国オハイオ州スチューベンビル出身。右投右打。

MLBにおけるクローザーの草分け的存在であり、1982年に史上初めて通算300セーブを達成した。1992年アメリカ野球殿堂入りを果たした。

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 打撃成績
    • 2.3 獲得タイトル・表彰・記録
  • 3 脚注
  • 4 出典・外部リンク

経歴

1964年12月24日カンザスシティ・アスレティックスと契約。1976年までオークランド・アスレチックスに在籍、当初は先発投手だったが、自らの慎重すぎる性格からなかなか才能が開花しなかったが、抑え投手に転向してからは才能が開花する。ヒゲはアスレチックスの当時のオーナー、チャーリー・O・フィンリーが選手に口髭を生やすことを奨励したことをきっかけに始めた。

1977年サンディエゴ・パドレスに移籍し最多セーブを2度記録。1980年オフに4対7のトレードで、一旦セントルイス・カージナルスに移籍。その4日後に、3対4のトレードでミルウォーキー・ブルワーズに移ることとなった。

そして、1981年には、3度目の最多セーブとともに、サイ・ヤング賞アメリカンリーグMVPのタイトルを獲得。ブルワーズとの契約には、登板数等に応じた出来高払い(インセンティブ)契約が結ばれていたそうで、当時の監督ウォーリー・バンバーガーは「フィンガーズが球団と、登板数に応じた契約を結んでいるのは知っていたが、自分の采配のために極力気にしないようにしていた。」と語っていた。

1985年オフにフリーエージェントとなり、翌1986年シーズンのプレイも希望していたところ、シンシナティ・レッズがフィンガーズの獲得に興味を持ったとされるが、レッズではヒゲを禁止しており、ヒゲ禁止については「例外を認めない」という姿勢だったため、現役を引退した。

1992年野球殿堂入り。殿堂のフィンガーズのプレートは最初にプレーしたアスレチックスの帽子を被っている。同年、殿堂入りを記念して最後にプレーしたブルワーズで、翌1993年に古巣アスレチックスでそれぞれ在籍時の背番号『34』を永久欠番に指定された。

フィンガーズのトレードマークとされる口髭は『ハンドルバー・マスタッシュ』と呼ばれるもので、自転車のハンドルバーのように湾曲し、尖端はやや上向きになったものであった。元南海ホークス阪神タイガースでエースとして活躍した江本孟紀は現役時代にひげを生やしていたが、これはフィンガーズの影響だったと、著書で語っている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1968 | OAK | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 9 | 1.1 | 4 | 1 | 1 | 0 | 1 | 0 | 1 | 0 | 4 | 4 | 27.00 | 3.75
1969 | 60 | 8 | 1 | 1 | 0 | 6 | 7 | 12 | -- | .462 | 503 | 119.0 | 116 | 13 | 41 | 5 | 4 | 61 | 1 | 1 | 60 | 49 | 3.71 | 1.32
1970 | 45 | 19 | 1 | 0 | 0 | 7 | 9 | 2 | -- | .438 | 608 | 148.0 | 137 | 13 | 48 | 5 | 2 | 79 | 5 | 0 | 65 | 60 | 3.65 | 1.25
1971 | 48 | 8 | 2 | 1 | 0 | 4 | 6 | 17 | -- | .400 | 503 | 129.1 | 94 | 14 | 30 | 3 | 8 | 98 | 1 | 0 | 46 | 43 | 2.99 | 0.96
1972 | 65 | 0 | 0 | 0 | 0 | 11 | 9 | 21 | -- | .550 | 437 | 111.1 | 85 | 8 | 32 | 7 | 1 | 113 | 2 | 1 | 35 | 31 | 2.51 | 1.05
1973 | 62 | 2 | 0 | 0 | 0 | 7 | 8 | 22 | -- | .467 | 521 | 126.2 | 107 | 5 | 39 | 6 | 4 | 110 | 2 | 0 | 41 | 27 | 1.92 | 1.15
1974 | 76 | 0 | 0 | 0 | 0 | 9 | 5 | 18 | -- | .643 | 483 | 119.0 | 104 | 5 | 29 | 6 | 1 | 95 | 1 | 1 | 41 | 35 | 2.65 | 1.12
1975 | 75 | 0 | 0 | 0 | 0 | 10 | 6 | 24 | -- | .625 | 493 | 126.2 | 95 | 13 | 33 | 5 | 6 | 115 | 6 | 0 | 43 | 42 | 2.98 | 1.01
1976 | 70 | 0 | 0 | 0 | 0 | 13 | 11 | 20 | -- | .542 | 559 | 134.2 | 118 | 3 | 40 | 10 | 7 | 113 | 2 | 0 | 40 | 37 | 2.47 | 1.17
1977 | SD | 78 | 0 | 0 | 0 | 0 | 8 | 9 | 35 | -- | .471 | 543 | 132.1 | 123 | 12 | 36 | 12 | 1 | 113 | 2 | 1 | 47 | 44 | 2.99 | 1.20
1978 | 67 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 13 | 37 | -- | .316 | 434 | 107.1 | 84 | 4 | 29 | 12 | 1 | 72 | 2 | 0 | 33 | 30 | 2.52 | 1.05
1979 | 54 | 0 | 0 | 0 | 0 | 9 | 9 | 13 | -- | .500 | 372 | 83.2 | 91 | 7 | 37 | 8 | 1 | 65 | 2 | 2 | 47 | 42 | 4.52 | 1.53
1980 | 66 | 0 | 0 | 0 | 0 | 11 | 9 | 23 | -- | .550 | 428 | 103.0 | 101 | 3 | 32 | 13 | 0 | 69 | 5 | 1 | 35 | 32 | 2.80 | 1.29
1981 | MIL | 47 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 3 | 28 | -- | .667 | 297 | 78.0 | 55 | 3 | 13 | 5 | 1 | 61 | 1 | 0 | 9 | 9 | 1.04 | 0.87
1982 | 50 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 6 | 29 | -- | .455 | 318 | 79.2 | 63 | 5 | 20 | 5 | 1 | 71 | 4 | 0 | 23 | 23 | 2.60 | 1.04
1984 | 33 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 23 | -- | .333 | 193 | 46.0 | 38 | 5 | 13 | 2 | 0 | 40 | 2 | 0 | 13 | 10 | 1.96 | 1.11
1985 | 47 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 17 | -- | .143 | 241 | 55.1 | 59 | 9 | 19 | 5 | 0 | 24 | 1 | 0 | 33 | 31 | 5.04 | 1.41
通算:17年 944 | 37 | 4 | 2 | 0 | 114 | 118 | 341 | -- | .491 | 6942 | 1701.1 | 1474 | 123 | 492 | 109 | 39 | 1299 | 40 | 7 | 615 | 549 | 2.90 | 1.16

打撃成績

獲得タイトル・表彰・記録

脚注

  1. ^ \メジャー屈指のクローザー!/ ローリー・フィンガーズの野球人生”. Baseball Crix. 2018年5月7日閲覧。

出典・外部リンク

アメリカ野球殿堂表彰者 投手


300セーブクラブ
太字は現役選手


業績
アメリカンリーグ サイ・ヤング賞
1956年-1966年 | 

1967年-1969年 | 
  • 67 ジム・ロンボーグ
  • 68 デニー・マクレイン
  • 69 マイク・クェイヤーデニー・マクレイン

  • 1970年代 | 
  • 70 ジム・ペリー
  • 71 ヴァイダ・ブルー
  • 72 ゲイロード・ペリー
  • 73 ジム・パーマー
  • 74 キャットフィッシュ・ハンター
  • 75 ジム・パーマー
  • 76 ジム・パーマー
  • 77 スパーキー・ライル
  • 78 ロン・ギドリー
  • 79 マイク・フラナガン

  • 1980年代 | 
  • 80 スティーブ・ストーン
  • 81 ローリー・フィンガーズ
  • 82 ピート・ブコビッチ
  • 83 ラマー・ホイト
  • 84 ウィリー・ヘルナンデス
  • 85 ブレット・セイバーヘイゲン
  • 86 ロジャー・クレメンス
  • 87 ロジャー・クレメンス
  • 88 フランク・バイオーラ
  • 89 ブレット・セイバーヘイゲン

  • 1990年代 | 
  • 90 ボブ・ウェルチ
  • 91 ロジャー・クレメンス
  • 92 デニス・エカーズリー
  • 93 ジャック・マクダウエル
  • 94 デビッド・コーン
  • 95 ランディ・ジョンソン
  • 96 パット・ヘントゲン
  • 97 ロジャー・クレメンス
  • 98 ロジャー・クレメンス
  • 99 ペドロ・マルティネス

  • 2000年代 | 
  • 00 ペドロ・マルティネス
  • 01 ロジャー・クレメンス
  • 02 バリー・ジト
  • 03 ロイ・ハラデイ
  • 04 ヨハン・サンタナ
  • 05 バートロ・コローン
  • 06 ヨハン・サンタナ
  • 07 C.C.サバシア
  • 08 クリフ・リー
  • 09 ザック・グレインキー

  • 2010年代 | 
  • 10 フェリックス・ヘルナンデス
  • 11 ジャスティン・バーランダー
  • 12 デビッド・プライス
  • 13 マックス・シャーザー
  • 14 コーリー・クルーバー
  • 15 ダラス・カイケル
  • 16 リック・ポーセロ
  • 17 コーリー・クルーバー
  • 18 ブレイク・スネル

  • 1966年まではナショナルリーグと合わせて1人だけ選出。このテンプレートではアメリカンリーグの選手のみを表記。

    アメリカンリーグMVP
    チャルマーズ賞 | 

    リーグ表彰 | 
  • 22 ジョージ・シスラー
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 ウォルター・ジョンソン
  • 25 ロジャー・ペキンポー
  • 26 ジョージ・バーンズ
  • 27 ルー・ゲーリッグ
  • 28 ミッキー・カクレーン

  • 以下、全米野球記者協会(BBWAA)による表彰

    1930年代 | 
    出典:wikipedia
    2019/10/20 04:37

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ローリー・フィンガーズ」の意味を投稿しよう
    「ローリー・フィンガーズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ローリー・フィンガーズスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ローリー・フィンガーズ」のスレッドを作成する
    ローリー・フィンガーズの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail