このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ヴィレッジヴァンガード_(書籍・雑貨店)とは?

種類
株式会社
【市場情報】
東証JQ 2769
2003年4月10日上場

【略称】
ヴィレヴァン、ヴィレッジ、VV、ビレバン
【本社所在地】
日本
465-0025
愛知県名古屋市名東区上社1丁目901番地
北緯35度10分23.4秒
東経137度0分19.1秒
座標: 北緯35度10分23.4秒 東経137度0分19.1秒
【設立】
1998年(平成10年)5月13日
業種
小売業
法人番号
7180001067799
【事業内容】
雑貨、書籍、CD等の販売
【代表者】
代表取締役会長 菊地敬一
代表取締役社長 白川篤典
【資本金】
22億46百万円
(2017年5月31日現在)
【発行済株式総数】
769万9,400株
【売上高】
連結:356億80百万円
単体:346億89百万円
(2017年5月期)
【営業利益】
連結:2億15百万円
単体:2億71百万円
(2017年5月期)
【経常利益】
連結:95百万円
単体:1億19百万円
(2017年5月期)
【純利益】
連結:△6億18百万円
単体:△4億59百万円
(2017年5月期)
【純資産】
連結:69億42百万円
単体:71億7百万円
(2017年5月期)
【総資産】
連結:249億1百万円
単体:246億78百万円
(2017年5月期)
【従業員数】
単体 484名、連結 506名
(2017年5月31日現在)
【決算期】
5月31日
【主要株主】
菊地敬一23.15%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505224 6.18%
菊地真紀子 5.61%
(2017年5月31日現在)
【主要子会社】
株式会社Village Vanguard Webbed 100%
【外部リンク】
http://www.village-v.co.jp/

ヴィレッジヴァンガード (Village Vanguard) は、愛知県名古屋市名東区に本社を置く株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション (Village Vanguard Co., Ltd.) によって展開されている書店である。

略称は「ヴィレヴァン」「ヴィレッジ」。

概要

書籍以外にも幅広い雑貨を扱う複合型書店であり、売れ筋商品と共に趣味性の高い商品を中心に扱う。「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を融合的に陳列して販売する。

2003年、JASDAQに上場。

2019年5月、名古屋テレビ放送(メ~テレ)にて岡山天音が主演を務めるヴィレッジヴァンガードを舞台にしたドラマ『ヴィレヴァン! 名古屋が生んだ奇跡のギリギリな物語』が放送された。撮影地には名古屋、都内の店舗が使われている。ドラマの設定上は、愛知県名古屋市天白区の本店が舞台であるが、店内ロケは主に東京都三軒茶屋店で行われた。

創業

ヴィレッジヴァンガード本店(2015年6月)

創業者であり現会長の菊地敬一が「自分が客だったら」という発想で愛知県名古屋市天白区で開店したものが始まりである。

開業にあたって範とされたのは、かつて大和田康司(俳優の大和田伸也大和田獏の兄)が1977年から名古屋市名東区で経営していた書店、「ブックショップ大和田」である。 東京の出版社に勤務の大和田の後輩でもあった菊地敬一は、「ヴィレッジヴァンガード」を始める以前に、出版社を脱サラして大和田の誘いで名古屋の「ブックショップ大和田」に入社し、働きながら陳列の仕方など本屋のノウハウを学び、1980年に2号店の店長を任された。大和田から2号店を「自分で自由に好きなように経営していい」と言われた菊池は、木造りのカントリー調の外見の店に仕上げたり、車やアウトドアなど趣味性の高い本を数多く揃えたり、BGMにジャズを流したり、本だけではなく雑貨を置くなど、個性的な店づくりを行った。これが、後の「ヴィレッジヴァンガード」の経営で生かされる。

夫婦で始めた天白区の1号店は中古の農業用の倉庫を利用したロフト風だったが、これは菊地が当時名古屋市内にあった「MGミゼット」と言う喫茶店を訪れたとき、倉庫のような大きな空間にMGミゼットの車などが置かれ、広い天井にシーリングファンが取り付けられた店の雰囲気が気に入ったことによる。倉庫を利用したビリヤード台やジュークボックスやコミックや雑貨など置いて、いつかMGミゼットの車も譲り受け、インテリアとして店内に置き、自由で開放的なロフト風の本屋をやりたいと思ったのである。また中古の農業用の倉庫は格安であり、店を始めるうえで、当初お金がなかった菊地には好都合の物件であったと言う。

なお店名の名前の由来はジャズ好きでもある菊地が、当初、本屋でジャズのライブをやるのが夢だったことから、ニューヨークにあるジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」の名から名付けられた。また菊地が好んだジャズ・ミュージシャンのソニー・ロリンズの『ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』やビル・エヴァンスの『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』などのライブ・アルバムの名からも影響も受けている。

当初店内でドラムを叩いたとき、ドラムの音が倉庫造りの店内に大きく反響し失敗してしまう。店でジャズのライブの催行こそ断念したものの“ヴィレッジヴァンガード”の店名や、ジャズのBGMを店内で流すなど、「ジャズのある店」の雰囲気は残した。

特色

書店でありながら、書籍と文房具だけではなく業種の異なる商材を並べて陳列する売り方は、今でこそ珍しくなくなったが、この会社が創業した1986年当時としてはかなり斬新なアイディアだったといえる。業態の模範となったのは前述の通り「ブックショップ大和田」であるが、創業者菊地の生まれ育った北海道新得町には酒屋がタバコやお菓子といっしょに書籍も売っているという業態の店しかなかったことも関係している。

菊地はヴィレッジヴァンガードの店のコンセプトを表すキーワードは「サブカルチャー」、「アコースティック」、「アンプラグド」、「アナログ」、「ネイチャー」、「アメリカンポップカルチャー」、「ノスタルジー」、「おしゃれ」などとしており、キーワードのひとつ「ノスタルジー」では、古いジャズや、オールディーズなどの音楽を演出効果をあげるためにBGMで店で流したり、昔の懐かしいアメリカのものを置いたり、雑誌などではカーグラフィックのバックナンバーを並べたり、中心にあるのは洗練されたものばかり集めた「ミュージアムショップ」で、さらに、サブカルチャーとか、ノスタルジーとか、おしゃれとか、幾つかのキーワードで表現される「ヴィレッジヴァンガード」テイストがコアになっており、「気持ちの悪いもの」やある種の「ダサさ」が商売には必要で、その方が面白くなり、洗練されたものと気持ち悪いものの線の引き方が、「ヴィレッジヴァンガード」のノウハウだと言う。

店舗

一般的な店舗外観
(東京・阿佐ヶ谷店、2010年10月撮影。閉店し現存しない)

1号店を始め名古屋市内及び愛知県内にあった初期店舗は主に倉庫を利用したロフト風だった。ジュークボックスやビリヤード台などが置かれ、ジャズやブルースなどの音楽、映画、車、オートバイ、登山関連、アメリカンカウンターカルチャー、マニアックなコミックなど普通の書店ではあまり見かけないような趣味性の高い本、BRUTUSモノ・マガジンなどの雑誌から、色んな雑貨を扱っていた。

また当時、社員やアルバイト店員は元は客であった。商品は担当者の裁量による装飾的な陳列をされ、店舗ごとに異なったレイアウトになっている。後述するPOPや陳列方法で来店意欲を高めている。下北沢店や吉祥寺店などはサブカルチャー殿堂のような佇まいで、ヴィレッジを象徴する店舗と言われる。現在はショッピングモールを中心にテナント出店を進めている。

他品目の商材を混在させた陳列

店内において「書籍コーナー」、「SPICEコーナー」、「ニューメディアコーナー」のようにその品目別に売場を構成するのではなく、「映画コーナー」、「クルマコーナー」、「インテリアコーナー」等、ジャンル別に売場を構成しそのジャンルにふさわしい各品目の商品を混在させて陳列、販売。

商品の関連性を重視した陳列

書籍は出版社やシリーズ、文庫や新書等の版形、SPICEに関してはキーホルダーやTシャツ等といった、その商品形態に縛られた陳列を行っていない。「何に関する本なのか」あるいは「何をモチーフにしたキーホルダーなのか」等といったように、その商品の内容を重視し、その内容にふさわしい商材を複合的に陳列して販売。

「楽しさ」を感じさせる売場空間の創造

顧客に対してより効果的に商品特性を伝えるためのPOP(各店員の個性・感性によって各人が工夫を凝らして手書きする商品説明書)を作成することで、その商品の魅力を伝えるだけではなく、顧客が店舗そのものに対しても楽しさを感じられるような売場空間の創造に尽力。

人材採用

顧客から、従業員になることを強く希望するアルバイト従業員を採用。その後、アルバイト従業員に対する様々なOJTにより店舗運営に必要な知識を身に付けた者を正社員候補のアルバイト従業員と認定。さらに、その中から優秀な人材をアルバイト店長として採用し、その中から充分な実績を残した者を正社員として採用。

人材育成システム

現場が顧客ニーズを最も正確に把握していると考えているため、仕入や商品構成など店舗運営に関わる重要な権限の大部分を店長に委譲。このことにより、チェーンストアでありながら店舗ごとに個性(店舗のバリエーション)を持つことが可能となっている。その反面、店長には書籍やSPICEなどの多種多様な商品知識や、店舗運営者としての高い判断能力が必要となる。

特徴的な仕入れ法

かつては「POS無し、値引きなし」を標榜し、担当者の経験を頼りに仕入れを行い、大量仕入れによる値引きは行われないという方式が取られていた。2012年5月からはPOSシステムが導入され、店舗ごとの販売データをマーケティングに活用している。

SPICE

ヴィレッジヴァンガード独自の呼称であり、輸入雑貨、玩具、服飾品、生活雑貨等の、書籍及びニューメディア(CD・DVD類)以外の商品を指す。「SPICE」とは、SELECT…えり抜きの・選ばれた、POP…ポピュラーな・華々しい、INTELLIGENCE…知性的な、CULTURE…文化的な、ENTERTAINMENT…楽しみ・楽しませる、という雑貨類を形容する5語の頭文字を組み合わせた造語。また主要商品である書籍を引き立てるためのスパイスであるという意味も持たせている。

書籍

書籍販売が主業ではあるが、売上げの割合では多くない。店舗にもよるが、書籍は全売上げの3割までに留まっている。一般的な書店と違い、新刊、雑誌の類を極力置かず、各部門の担当者の嗜好による仕入れが行われ、「遊べる本屋」を体現する一面となっている。サンクチュアリ・パブリッシング幻冬舎、いろは出版等の大手出版社以外の書籍が多く扱われる傾向がある。通常の書店と同じく、取り寄せ注文が可能。

雑貨

CDを含めた雑貨は、全売上げの7割以上を占める重要な取り扱い商品である。加えて、書籍とは違い粗利率が高い商品も多く、一般的な書籍専門店よりも収益性が高い要因ともなっている。

インテリア、アパレル、菓子、玩具などを扱い、幼児から高齢者まで幅広い顧客へ普段見ることのない商品を提供する。取り扱う商品は、高級嗜好よりもキッチュな物を売りにしているものが多い。

POP

黄色地に緑色の縁取り、右下にロゴマークの入った専用の用紙に描かれた独特のユーモラスな文章で商品の特徴を端的に説明する。このPOPはヴィレヴァンの最も特徴的な一面であり、商品を高く評価するものから販売しておいてディスるものまでさまざまで非常に人気がある。提示される内容は、商品を見た担当者の印象に基づく。

菊地敬一は1号店を始める前からPOPが決め手になると考え、どの様に商品を陳列して商品を伝えるのかに注力していた。POPは全て菊地が書くのではなく社員に任せ、「とにかく面白い事を書いて、楽しく儲けよう」とだけ伝えている。菊地曰く、心に響くPOP を書くコツは「短く・考えるな・書を入れろ」で、多少ふざけていてもポイントをついて、商品の説明がきちんとしていればいいとしている。

1号店創設当初のエピソードとして、まずくて食べられないようなあるアメリカのお菓子を店に置いた時、半ばやけくそで「まずい!めちゃくちゃまずくて罰ゲーム用」と書いたら飛ぶように売れたという。

沿革

【創業期~成長期】

【衰退期(赤字転落以降)~】

株式会社ヴィレッジヴァンガードによる新業態

ヴィレッジヴァンガードダイナー

業態の多角化を企図して、2003年(平成15年)2月に飲食店事業に参入。東京都杉並区阿佐ケ谷駅前にハンバーガーショップ「ヴィレッジヴァンガードダイナー」1号店をオープン。2017年(平成29年)4月現在、長久手吉祥寺荻窪西荻窪代田町田越谷レイクタウン横浜の計7店舗がある。

new style

たな卸資産回転率と粗利益率の向上を目的とした商品構成及び陳列方法を再構築したアパレル、時計、雑貨等の店舗。テーマは「大人になっても遊びたい!!」。

QK

2006年(平成18年)3月に子供向け絵本・玩具・DVDや母親向け育児書などを組み合わせたファミリー層向けの新業態の店舗「QK」をイオンナゴヤドーム前ショッピングセンター(現・イオンモールナゴヤドーム前)に開店。

ヴィンテージヴァンガード

2012年(平成24年)9月15日に、主に「売れ残り品」や「仕入れたのにほとんど売れなかった商品」を格安で販売するアウトレット店舗「ヴィンテージヴァンガード」(VINTAGE VANGUARD)をイオンモール名古屋みなとに開店。その後、「ヴィレッジヴァンガードアウトレット」「ヴィレッジヴァンガードZ」を出店。

関連会社および関連会社の新事業

株式会社チチカカ

中南米やアジア各国の民芸品や雑貨の販売と、これらの地域の衣服デザインを日本向けにアレンジしたオリジナル衣料雑貨の製造・販売を手掛けていた。2007年5月グループ入りし、2016年8月1日に金融情報配信会社フィスコ(ジャスダック上場)の親会社であるネクスグループに売却した。

株式会社ヴィレッジヴァンガードウェブド

オンライン事業の株式会社ヴィレッジヴァンガードウェブド(Village Vanguard Webbed)を設立。 クリエイター商品・限定商品が好調。 (対前年120.2% 公式通販は151.9%)。

ヴィレッジ不動産

2013年(平成25年)5月7日に「インターネットで僕らが本当に住みたい部屋を探せるようにする」をコンセプトに、株式会社Village Vanguard Webbedによって運営開始。2015年9月に株式会社シースタイルへ事業譲渡。

関連書籍

脚注・出典

注釈

  1. ^ 2007年5月期で、18.3%、2008年5月期で15.6%、2009年5月期で13.5%といった具合に現在では3割以下となっている。
  2. ^ 元々静岡銀行の支店だった建物。

出典

  1. ^ (株)ヴィレッジヴァンガードコーポレーション第24期有価証券報告書
  2. ^ 会社概要”. 2015年2月10日閲覧。
  3. ^ ヴィレヴァンがまさかのドラマ化!” (2019年2月25日). 2019年5月14日閲覧。
  4. ^ 「ヴィレッジヴァンガードコーポレーション、書籍・雑貨販売(新進気鋭)」 日本経済新聞2005年5月2日朝刊、11ページ
  5. ^ ウェアハウススタイル(エイ出版社、2015年)69ページ
  6. ^ ヴィレッジヴァンガード、大赤字脱却なるか
  7. ^ 菊地敬一『ヴィレッジヴァンガードで休日を』(新風舎文庫)112-115p
  8. ^ 対談「自分の物語が見つかる本屋さん」菊地敬一さん(ヴィレッジ・ヴァンガード代表取締役)× 井澤知旦都市研究所スペーシア|RUBADUB1999
  9. ^ ウェアハウススタイル(エイ出版社、2015年)
  10. ^ 平成17年5月期 決算短信
  11. ^ 平成19年5月期 決算短信
  12. ^ ヴィレッジヴァンガードコーポがPOS戦略で個性化、全390店に導入へ 中部経済新聞 2012年 8月11日 [1]
  13. ^ 平成17年5月期 決算短
  14. ^ 「ユニークな品ぞろえの書店、ヴィレッジヴァンガード――文句があるか(異能経営)」 日経流通新聞1999年9月28日、28ページ
  15. ^ ウェアハウススタイル(エイ出版社、2015年)
  16. ^ 「ヴィレッジV、不況でも健闘――現場に裁量、創意工夫導く(マネジメントスキル)」 日経産業新聞2009年3月12日、20ページ
  17. ^ 2004年度(2005年5月期)中間決算説明資料
  18. ^ 2006年5月期 決算説明会資料
  19. ^ 「ヴィレッジヴァンガード オンライン」をリニューアルオ ープン 株式会社アイ・エム・ジェイ
  20. ^ 「ヴィレッジヴァンガード、9月1.4%減、増収90ヵ月で途切れる。」 日本経済新聞2008年10月4日地方経済面(中部)、7ページ
  21. ^ 「ヴィレッジヴァンガード、海外1号店、11月にも香港に。」日本経済新聞2009年8月15日朝刊、10ページ
  22. ^ 2011年度(2012年5月期)決算説明会資料
  23. ^ チームラボ制作、ヴィレッジヴァンガードのECサイト「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」がリニューアルオープン!
  24. ^ ヴィレッジヴァンガードコーポがPOS戦略で個性化、全390店に導入へ 中部経済新聞 2012年 8月11日 [2]
  25. ^ 特別損失の計上及び業績予想との差異に関するお知らせ
  26. ^ 平成26年5月期決算短信
  27. ^ 2013年度(平成26年5月期)決算短信
  28. ^ ㈱ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 組織変更及び人事異動に関するお知らせ http://www.village-v.co.jp/wp-content/files_mf/1422599915%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%A4%89%E6%9B%B4%E5%8F%8A%E3%81%B3%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E7%95%B0%E5%8B%95_20150130.pdf
  29. ^ 2014年度(平成27年5月期)決算短信
  30. ^ 2015年度(平成28年5月期)決算短信
  31. ^ ニュースリリース 2015.09.15 [3]
  32. ^ 特別損失の計上(個別)及び平成 28 年5月期通期業績予想の修正に関するお知らせ
  33. ^ 子会社の異動(株式及び貸付債権譲渡)および特別損失の発生
  34. ^ 平成28年5月期 決算説明資料
  35. ^ ヴィレッジヴァンガード急落に学ぶ「株主優待改悪」の株価破壊力
  36. ^ 定款一部変更に関するお知らせ
  37. ^ シンジケートローン契約締結に関するお知らせ
  38. ^ Home Coming(ホームカミング) 665こととやbyHOME COMING
  39. ^ HOME COMNG GOGO
  40. ^ 東洋経済 会社四季報
  41. ^ ヴィレッジV、今期経常を83%下方修正
  42. ^ クラウドファンディングを活用した商品企画募集開始!CAMPFIRE×VillageVanguard
  43. ^ 当社連結子会社に対する訴訟の提起に関するお知らせ
  44. ^ 当社フード事業の会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ
  45. ^ 「ヴィレッジV、不況でも健闘――現場に裁量、創意工夫導く(マネジメントスキル)」 日経産業新聞2009年3月12日、20ページ
  46. ^ ヴィレッジヴァンガード、大赤字脱却なるか 雑貨チチカカを売却でも見えぬ復活の道筋東洋経済オンライン(2016年08月27日),2016年12月1日閲覧
  47. ^ 会社概要 沿革 [4]
  48. ^ 2017年5月期2Q決算説明会資料”. 2015年2月10日閲覧。

関連項目

外部リンク

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションに関するカテゴリ:
  • 日本の小売業者
  • 名東区の企業
  • 日本のサービス業
  • ジャスダック上場企業
  • 2003年上場の企業
  • 1998年設立の企業
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/07 19:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ヴィレッジヴァンガード_…」の意味を投稿しよう
「ヴィレッジヴァンガード_(書籍・雑貨店)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ヴィレッジヴァンガード_(書籍・雑貨店)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヴィレッジヴァンガード_(書籍・雑貨店)」のスレッドを作成する
ヴィレッジヴァンガード_(書籍・雑貨店)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail