このキーワード
友達に教える
URLをコピー

一橋大学とは?

【大学設置】
1920年
【創立】
1875年
【学校種別】
国立
【設置者】
国立大学法人一橋大学
【本部所在地】
東京都国立市2丁目1番地
【キャンパス】
国立(東京都国立市)
千代田(東京都千代田区、学術総合センタービル内)
小平国際(東京都小平市)
【学部】
商学部
経済学部
法学部
社会学部
【研究科】
経営管理研究科
経済学研究科
法学研究科
社会学研究科
言語社会研究科
【ウェブサイト】
一橋大学公式サイト

一橋大学(ひとつばしだいがく、英語: Hitotsubashi University)は、東京都国立市2丁目1番地に本部を置く日本国立大学である。1920年に設置された。

目次

  • 1 概観
    • 1.1 大学全体
    • 1.2 建学の精神(校訓・理念・学是)
    • 1.3 教育および研究
    • 1.4 学風および特色
  • 2 沿革
    • 2.1 年表
  • 3 基礎データ
    • 3.1 所在地
  • 4 教育および研究
    • 4.1 組織
      • 4.1.1 学部
      • 4.1.2 大学院
      • 4.1.3 附属機関
        • 4.1.3.1 附属図書館
    • 4.2 研究
      • 4.2.1 21世紀COEプログラム
      • 4.2.2 グローバルCOEプログラム
      • 4.2.3 その他
    • 4.3 教育
      • 4.3.1 国際色ある教育・留学制度
      • 4.3.2 奨学金・授業料減免制度、学生寮
      • 4.3.3 理科系科目等の履修
      • 4.3.4 飛び級制度
      • 4.3.5 主な競争的資金の獲得状況
  • 5 学生生活
    • 5.1 学園祭
      • 5.1.1 KODAIRA祭
        • 5.1.1.1 最近のテーマ
      • 5.1.2 一橋祭(いっきょうさい)
    • 5.2 スポーツ
      • 5.2.1 商東戦(東商戦)
  • 6 大学関係者と組織
    • 6.1 大学関係者組織
    • 6.2 大学関係者一覧
  • 7 施設
    • 7.1 キャンパス
      • 7.1.1 国立キャンパス
        • 7.1.1.1 西地区
        • 7.1.1.2 東地区
        • 7.1.1.3 文化財
        • 7.1.1.4 講堂
        • 7.1.1.5 その他
      • 7.1.2 千代田キャンパス
      • 7.1.3 小平国際キャンパス
      • 7.1.4 サテライトキャンパス
      • 7.1.5 海外事務所
      • 7.1.6 学外研修施設
      • 7.1.7 廃止・閉鎖された施設
  • 8 対外関係
    • 8.1 地方自治体との協定
    • 8.2 他大学との協定
      • 8.2.1 海外協定機関
    • 8.3 企業等との協定
  • 9 社会との関わり
    • 9.1 申酉事件
  • 10 脚注
  • 11 Wiki関係他プロジェクトリンク
  • 12 公式サイト

概観

大学全体

大学本館

一橋大学は森有礼1875年(明治8年)に開いた商法講習所を源流とする日本で最も古い社会科学系の大学である。第二次世界大戦前には商学専門の官立大学(旧制東京商科大学)として開設されていた。森有礼は、幕末期ロンドン大学に学び、のち初代米国代理公使としてワシントンに滞在した。英米両国では実業家官僚政治家に劣らず活動していること、国家独立の基礎は経済の富強にあって、そのためには経済人の育成が急務だと痛感したこと、それらが学校設立の端緒となっている。

建学の精神(校訓・理念・学是)

沿革から、産業界の指導者を育成するという建学理念を持つ。19世紀イギリスの論客トーマス・カーライルの著作『過去と現在』("Past and present") から採られた言葉「キャプテンズ・オブ・インダストリー (Captains of Industry)」という言葉は一橋大学における事実上の校是となっている。

教育および研究

少人数教育

一橋大学では少人数教育を重視している。

全学部の入学定員の合計は1学年950人強。1875年開設以来の卒業生の数は7万人程度と比較的少ない。

現在でも、あまり規模が大きくない大学であるが、1980年以前頃までは、さらに少ない学生数であった。戦前の学生数は大学本科1学年280名前後、大学予科1学年200名前後、付属専門部1学年200名前後、商業教員養成所1学年35名前後であり、大学本科全体で合わせて700人から1000人程度、学園全体で2400人程度であった。

戦後は付属大学予科や付属専門部を吸収して拡張し、1学年440名(1959年)から490名(1963年)程度に増加した。他の国立大学文系学部と同様に団塊世代が大学に進学する1965年以降大幅に定員が増え、現在では学部生1学年約950人程度となっている。

ゼミナール

少人数教育における特色としては、特に必修のゼミナール制度が挙げられる。このゼミナール制度はベビーブームの時代にも教員一人に対して10人前後の学生という形態を変更しなかった。現在も10人前後でのゼミが行われている。

またこのゼミナールでは、学問だけでなく全人格的指導を行っているのも特徴であるとされる。学生は3, 4学年の2年間を通じて、同じゼミに所属することとなる。課外でのレクリエーション、ゼミ合宿、卒業後の定期的な会合などが行われるゼミも多い。

学部間の壁が薄い

戦前は東京商科大学という単科大学であったこともあって、学部間の壁があまりない。そのため一般の授業については、他学部の科目を原則自由に履修することができる。さらに他学部の専攻を副専攻とすることができる副専攻プログラムや、他学部への転学部制度もある。

ゼミナールについても、副ゼミナール制度などを利用することにより、他学部のゼミを履修することができる。

また学部によって、使用される建物が違うということもなく、使用されるシラバス・時間割も全学部共通のものである。1年次の語学のクラスも全学部の学生により構成され、他学部の学生と交流する機会も多い。

国際色ある教育

戦前から外国人教師を任用するなど国際色ある教育が伝統で、現在500名を超える留学生が在籍しており、文部科学省大学国際戦略本部強化事業にも採択されている。

大学に在学しながら、海外の大学に留学し、その際授業料・旅費・生活費が全額給付されるという一橋大学海外留学奨学金制度もある。また授業の一環として夏休み等に海外の大学に語学留学する講義も開講されている。

学風および特色

官学化に反する学風
東本館(国登録有形文化財)

上述のように、産業界の指導者を育成するという建学理念があり、そして実際にも卒業生の多くが産業界で活躍し、従来官界、法曹界に進むものは多くはなかった。また1909年には東京帝国大学(現東京大学)に統合し、東京帝国大学法科大学商科とすると決定した文部省に対し、学生、教員、同窓会が抗議、緒方竹虎武井大助らがリーダーとなり学生が総退学決議をなし、これに折れた文部省が決定を撤回し、その結果、現在も一橋大学が存続しているという経緯がある(申酉事件)。そこで、卒業生は「官僚等の養成を目的に設立された旧帝国大学とは違う」という考え方を持っている。ただ、現在では法曹界や官界に進む卒業生も増えてきている。特に法科大学院ができてからは大学の公式のプログラムにより法曹養成が行われており、公共政策大学院も設置されている。

学生の自由を重んじる

現在の大学の名称が学生の投票により決められ、また学長選において学生の投票を最後まで認めていた大学であるという事実等から関係者は「学生の自由を重んじる校風をもっている」と考えており、現在でも学長選・副学長選では学生による参考投票が行われている。

沿革

旧制時代については東京商科大学 (旧制)も参照

年表

基礎データ

所在地

教育および研究

組織

学部

大学院

以下、特記していない専攻は博士課程(修士課程、博士後期課程)である。

各専攻の修士課程は研究者養成コースと専修コースからなる。専修コースには、専門職業人養成プログラムとして、「公共政策」、「統計・ファイナンス」、「地域研究」の3プログラムがある。
  • 経済理論・経済統計専攻
  • 応用経済専攻
  • 経済史・地域経済専攻
  • 比較経済・地域開発専攻

附属機関

附属図書館
附属図書館

一橋大学附属図書館は文部科学省から人文・社会科学系外国雑誌センター館の指定を受けている。またEUからEU資料センターに指定されている。

一橋大学附属図書館の蔵書数は約175万冊。なお一橋大学では附属図書館以外にも国際企業戦略研究科図書室、経済研究所資料室、経済研究所属日本経済統計情報センター、社会科学古典資料センター、イノベーション研究センター資料室等にも図書等が所蔵されており、全学の蔵書数は約245万冊である。

一橋大学が社会科学の総合大学であるという特色から、全蔵書の5割は社会科学系である。また原則として同じ本を複数所蔵していない。したがって蔵書数という量的な面にとどまらず、質的な内容の充実度においても優位性が認められる。

一橋大学ではもともと単科大学であったことから、伝統的に中央図書館制が取られており、大学で購入された図書は基本的に中央図書館である一橋大学附属図書館に集中配置される。そのため一つの図書館である一橋大学附属図書館に蔵書約175万冊が集中的に所蔵されている。またその175万冊の図書のうち、100万冊が開架となっており、開架図書数は、他の国立大学図書館に比べ極めて多い。このように図書へのアクセス性が高いため、貸出数が多くなっている。

中国人民大学東京医科歯科大学東京外国語大学東京工業大学東京学芸大学東京農工大学電気通信大学慶應義塾大学早稲田大学国際基督教大学津田塾大学との間で、図書館の相互利用協定が締結されている。また上智大学との間で、相互貸出協定が締結されている。

一橋大学附属図書館に隣接する社会科学古典資料センターには、カール・メンガーの蔵書を集めたメンガー文庫やオットー・フォン・ギールケの蔵書を集めたギールケ文庫など各種文庫がある他、トマス・ホッブズの『リヴァイアサン』の初版(1651年)や、『百科全書』の初版(1751年)、トマス・ロバート・マルサスのサイン入り『人口論』初版(1798年)や、ジャン=バティスト・セイの書き込みがある、マルサスの『経済学の諸定義』(1827年)といった貴重書も所蔵している。図書以外にも、ヴィクトル・ユーゴーオノレ・ド・バルザックらの書簡、一橋大学ゆかりの経済学者である福田徳三ヨーゼフ・シュンペーターの手稿、古文書、紙幣、コイン等が所蔵されている。これらのコレクションの保存は、社会科学古典資料センターの修復工房の専門家が行っている。

一橋大学附属図書館は1998年、2002年、2003年には朝日新聞社による"大学図書館ランキング”で総合順位1位となっている。

研究

21世紀COEプログラム

21世紀COEプログラムとして、4件のプロジェクトが採択されている。

グローバルCOEプログラム

グローバルCOEプログラムとして、2件のプロジェクトが採択されている。

その他

文部科学省大学国際戦略本部強化事業に採択されている。

EUインスティテュート・イン・ジャパンにて、日本の研究教育拠点校として指定されている。

この他、以下のような競争的資金の獲得がなされている。

教育

国際色ある教育・留学制度

関係者は「伝統的に国際色ある教育が特色」と考えており、文部科学省よる大学国際戦略本部強化事業への採択やEUインスティテュート・イン・ジャパンによる日本の研究教育拠点校の指定などがなされている。

留学制度としては、世界各国の40以上の大学や期間との間で協定の締結がなされ、グローバルリーダー育成海外留学制度や一橋大学海外派遣留学制度などの留学支援制度が設けられている。

グローバルリーダー育成海外留学制度では、選考を経て、ケンブリッジ大学ハーヴァード大学オックスフォード大学ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスへ、資金援助を受け留学する。

一橋大学海外留学奨学金制度では、社団法人如水会や卒業生が起業した企業等からの支援を受け授業料・旅費・生活費が全額給付され毎年40名超が留学をしている。

この他英語ドイツ語の授業の一環としてスタンフォード大学の短期語学研修プログラムまたはカリフォルニア大学デービス校付属外国語学校や、ドイツ・バウハウス大学で、夏休みの期間に研修を受ける講義も開講されており、一橋基金からこの研修の経費の一部につき援助がある。短期海外研修として、北京大学、オーストラリア・モナシュ大学、スペイン・ベルへ社、韓国・西江大学校で春休みに4週間研修を受ける授業も開講されている。

奨学金・授業料減免制度、学生寮

給付奨学金制度である一橋大学学業優秀学生奨学金制度は、学部在学生および卒業生を対象とし、経済状況に関わらず、成績が優秀な者に、年間96万円支給される。

このほか経済的事情で授業料を払えない場合には、授業料が免除または減額されることがある授業料免除制度等もあり、全学生の9パーセント弱が授業料を免除されている。

学生の経済的負担を軽減するための学生寮としては、国立キャンパス付近および小平国際キャンパス内に、周辺家賃相場に比し安価な学生用宿舎である国際学生宿舎が大学施設として設置運営されている。また、国立キャンパスに隣接して一橋大学基督教青年会によるYMCA一橋寮がある。

理科系科目等の履修

四大学連合の協定により、東京医科歯科大学東京工業大学東京外国語大学で医学、理工学、外国語学等の授業を履修、単位取得することができる他、編入学、複数学士号の取得も可能である。また多摩地区大学協定により東京農工大学東京学芸大学等で農学、教育学等の授業を履修、単位取得することもできる。 その他お茶の水女子大学などとの単位互換制度も存在する。

飛び級制度

商学部・商学研究科、経済学部・経済学研究科、法学部・法学研究科には、大学院に飛び級して入学し修士号や専門職学位を取得できる制度がある。

主な競争的資金の獲得状況

学生生活

学園祭

KODAIRA祭

KODAIRA祭(コダイラサイ)は国立キャンパス東地区で毎年6月に開かれる、新入生のための大学祭。4月から開催される様々な新歓イベントの集大成として位置づけられている。一橋大学の学部1年生と2年生で組織される、KODAIRA祭実行委員会により運営・実行されている。もともとは小平キャンパスにて「小平祭」として開催されていたが、一橋大学小平分校(教養課程)の廃止に伴い、国立キャンパスでの開催となり、名称も「KODAIRA祭」へと変わった。略称はKODA祭(コダサイ)。

最近のテーマ

KODAIRA祭では学園祭のテーマと装飾テーマが分かれている年もある。

一橋祭(いっきょうさい)

一橋祭は11月初めに開催されている。国立市商工会青年部が主催する天下市および国立市が主催するくにたち秋の市民まつりとともに国立市では中核イベントとして位置付けられており、これら3つのイベントが連携して開催されている。学内向けイベントや一橋大学OB向けの企画の他に一般市民向けのイベントも開催される。模擬店数は100以上。学部生だけでなく、院生や大学職員も模擬店や屋内企画などで参加する。ミスコンはマスコミにも取り上げられたことがある。

スポーツ

商東戦(東商戦)

東京大学との対抗戦は、一橋大学の前身である東京商科大学時代から続いており、端艇部(ボート部)、陸上競技部、ゴルフ部、ホッケー部など様々な運動部で開催されている。両大学では東京大学の「東」と一橋大学の旧称である東京商科大学の「商」を取って、商東戦(東商戦)と呼ぶ。また、単に相手校の名を冠して東大戦(商大戦・一橋戦)と呼ぶこともある。特に端艇部(ボート部)の「東京大学一橋大学対校競漕大会」(東商レガッタ)は、2018年に第70回目を迎えた歴史ある対校戦であり、近年では2009年から2018年現在に至るまで一橋大学が10連勝中である。

大学関係者と組織

如水会館

大学関係者組織

一橋大学の同窓組織は一般社団法人如水会といい、文部科学省所管の公益法人となっていた。もともとは東京高等商業学校同窓会であったが、1909年に発生した申酉事件を契機に同窓組織の強化が唱えられ、1914年に母校防衛を基本理念とする如水会として改組された。国立大としてはめずらしく同窓組織が強い影響力をもつ大学である。如水会館は如水会のクラブ会館として建設された建物で、運営は ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/11/14 08:45

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「一橋大学」の意味を投稿しよう
「一橋大学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

一橋大学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「一橋大学」のスレッドを作成する
一橋大学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail