このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三十年戦争とは?

三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が神聖ローマ帝国国外以外にも波及。当時のヨーロッパでは大国として大きな影響力を持っていたデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。

プロテスタント派
スペイン・ハプスブルク
オーストリア・ハプスブルク
(1)1620-1623:ボヘミアとプファルツ選帝侯の敗北。(2)1625-1629:デンマークの参戦。(3)1630-1632:スウェーデンの参戦。(4)1635-1643:フランスの介入。(5)1645-1648:テュレンヌ将軍とスウェーデンのドイツ戦役。

戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。

背景

シュマルカルデン戦争とアウクスブルクの和議

宗教改革が始まってからはプロテスタントとカトリックの対立が続き、教皇は改革に対抗して、イエズス会を設置し、16世紀末までにはバイエルン、オーストリア、フランス、ポーランド、チェコがカトリックの勢力圏に入った。

1546年には神聖ローマ皇帝カール5世とルター派諸侯のシュマルカルデン同盟との間でシュマルカルデン戦争が勃発した。皇帝側が新教諸侯に勝利しカトリックに有利なアウクスブルク仮信条協定が定められたが、寝返ったザクセン選帝侯モーリッツとのパッサウ条約を経て、1555年アウクスブルク宗教平和令が公布された。この令では、カトリックとルター派は信仰を理由とした暴力の禁止(カルヴァン派やツヴィングリ派は異端とされ除外)、諸侯の信仰は自由であり、自領の信仰(ルター派かカトリック教会)を選ぶことができ、そして領民にはその信仰に従わせるとされた(領邦教会)。アウクスブルクの和議は教皇はあまり関わらず皇帝と諸侯の間で交わされたもので、その後も新旧両派は自らの勢力拡大に努めた。

周辺諸国の情勢

神聖ローマ帝国に隣接する諸国のうち、スペインは帝国の西部国境にスペイン領ネーデルラントを領しており、イタリア内の諸邦からネーデルラントに至るスペイン回廊を通じてつながっていることから、ドイツ諸邦に関心を持っていた。1560年代にはネーデルラント人による反乱が頻発しており、反乱の過程で親スペインの南部10州(後のベルギールクセンブルク)と反スペインの北部7州(後のオランダ)に分割、これが1609年の和平協定まで続く八十年戦争となる。

また、16世紀中葉から17世紀中葉までフランスは、南はルーション、東南ではジェノバとミラノ、東ではフランシュ・コンテとネーデルラントと、スペインと神聖ローマ帝国の2つのハプスブルク家に囲まれており、これはハプスブルク家による意図的な包囲政策の結果であった。フランスはこの打破をめざしていた。フランス王家の関心は宗教のそれを上回り、結果としてカトリックのフランスがプロテスタント側で参戦することになる。アンリ4世は1609年に包囲打破に取り組み、その後宰相(首席大臣)リシュリューが、そして枢機卿マザランが受け継いだ。

オランダ(ネーデルラント17州)にとって三十年戦争は八十年戦争(1568-1648)の一部を成す。オランダは海運、貿易、植民すべてにわたってスペインを凌駕し、オランダは反ハプスブルクの中心となった。1625年のデンマークとのハーグ条約は、デンマークの支柱となり、またフランスをオランダは外交と援助金によって支援し、スウェーデン軍の勝利をもたらした。

スウェーデンデンマークバルト海の制海権を巡って対立しており、デンマークの東部バルト海域の基地はスウェーデンに奪われるなどしていた。デンマークが没落するのに対してスウェーデンは勃興し、スウェーデン王グスタフ・アドルフはバルト海周辺の領域の環をつなぐ計画をもっていたところ、皇帝軍の挑戦によってドイツ問題に参戦せざるを得なくなった。また、「古ゴート主義」も参戦する動機の一つとなった。

神聖ローマ帝国は各々に割拠する独立性の高い諸邦の集まりであったが、帝位を持つハプスブルク家自身は帝国の大きな部分(オーストリア大公領ボヘミアそしてハンガリー)を直接支配していた。オーストリアは800万人を統治する列強国であった。帝国はまたバイエルン、ザクセン、ブランデンブルク、プファルツ、ヘッセン方伯トリーア大司教ヴュルテンベルク(各々の人口は50万人から100万人)といった地域勢力を含んでいた。その他にも公領、自由都市、修道院、司教領主そして小領主(中には領地が1村だけのものもある)といった膨大な数の諸邦があった。オーストリアとバイエルンを除いて、これらの諸邦には国家レベルの政治に関与する能力はなく、子孫への分割相続によって生じた一族関係による同盟が普通である。

ケルン戦争

アウクスブルクの和議は幾人かの改宗司教が彼らの教区を放棄することを拒み、加えてスペインと神聖ローマ帝国におけるハプスブルク家及び他のカトリック君主達がこの地域にカトリックを復活させようと図ったために崩れ始めた。1570年代初めになるとカトリック側がイエズス会を支柱とした宗教改革への本格的な反撃を開始し、新旧教対立は深刻化した。バイエルンではアルブレヒト5世によって新教派は潰滅し、1574年にはマインツ大司教も反宗教改革に乗り出した。イエズス会は大学教授に就職して教会再建のために後進を育成し、また帝国の司法もカトリックに支配された。

1577年、ケルン大司教領主のゲプハルト・トゥルホゼス・フォン・ヴァルトブルクがカルヴァン派に改宗してアグネス・フォン・マンスフェルト=アイスレーベンと結婚すると言い出した。教皇はアウクスブルク宗教平和令の聖職者にかんする留保への侵犯であるとしてゲプハルトを罷免し、後任にバイエルン公子エルンスト(バイエルン公ヴィルヘルム5世の弟)がすえられた(ケルン戦争)。このときプロテスタント諸侯は傍観していたが、反宗教改革が聖俗諸領邦へと押し寄せたことによって宗教対立が高まっていった。

フェルディナント1世はドイツとボヘミアのカトリックのために両形色の聖体拝領を認めるためのトリエント公会議を開催させた。

ルター派はプファルツ選帝侯領(1560年)、ナッサウ(1578年)、ヘッセン=カッセル(1603年)、そしてブランデンブルク(1613年)といった諸侯のカルヴァン派への離脱をも目にさせられた。

このため、17世紀初めにはラインラントドナウ川南方はカトリックになり、ルター派は北部において優勢で、カルヴァン派は中西部、スイス、ネーデルラントなど他の地域で優勢となった。しかし、いずれの地域にも少数派はおり、幾つかの領地や都市ではカルヴァン派、カトリックそしてルター派はほぼ均衡していた。

一方、ルター派のスウェーデンとデンマークは帝国内のプロテスタントを援助して政治的経済的影響力を得ようと考えていた。

ユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国の継承戦争とプロテスタント同盟・カトリック連盟の結成

ユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国。ユーリヒ、クレーフェ、ベルクの、マルク伯領、ラーフェンスベルク伯領

1607年1608年バイエルン選帝侯マクシミリアン1世が、ルター派の帝国都市ドナウヴェルトをカトリックに改宗させて併合した。1608年の帝国議会は両派が激突し、5月にはルター派諸侯はプファルツ選帝侯フリードリヒ4世を盟主に仰ぎ、新教同盟(ウニオン)を結成した。新教同盟にはオランダが協力し、フランスとの交渉を開始した。

ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヨハン・ウィルヘルムが1609年3月25日に死去すると、継承問題が持ち上がった。ユーリヒ公国クレーフェ公国ベルク公国マルク伯領を連合させた領邦国家であるユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国は、ブランデンブルク選帝侯ヨーハン・ジギスムントプファルツ=ノイブルク公ヴォルフガング・ヴィルヘルムだけでなく周辺の大国の欲望を喚起させて介入されることとなった。

プロテスタント同盟に対抗してカトリック側は1609年7月10日にバイエルン選帝侯マクシミリアン1世を盟主とするカトリック連盟(リーガ)を結成し、スペインの支持をあてにしていた。フランス、オランダ、イギリスはこれに反対した。ブランデンブルク選帝侯ヨーハン・ジギスムントは新教に改宗し、プロテスタント同盟に加盟、プファルツ=ノイブルク公ヴォルフガング・ヴィルヘルムはローマ教会に入ってカトリック連盟に加盟した。さらにフランスがプロテスタント同盟に、皇帝がカトリック連盟の陣営についた。

スペイン、オーストリア、オランダは繰り返しユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国に侵入したが、フランスのアンリ4世が暗殺され、大きな戦争とはならなかった。1610年10月24日にプロテスタント同盟とカトリック連盟は講和し、他の要求者を排除して1614年のクサンテン条約でブランデンブルクがクレーフェ=ベルクを、プファルツ=ノイブルク公がユーリヒ=ベルクを分割相続した。

経過

三十年戦争は4つの段階に分類することができる。

また、シグフリード・スタインバーグは、三十年戦争を休戦や和平によって中断された12の戦争とする。

ボヘミア・プファルツ戦争(ベーメン・プファルツ戦争):1618-1622

プラハ窓外投擲事件

オーストリア・ハプスブルク家では1612年に新皇帝となったマティアスは仲裁者型で意志が弱かった。シュタイアーマルク公フェルディナントが1617年にフェリペ3世とエルザスをスペインに譲るのと引き換えに帝位継承権を獲得することを、マティアスは阻止できなかった。

ボヘミアではプロテスタント等族が優勢であり、マティアスの兄であり前皇帝であるルドルフ2世 (神聖ローマ皇帝)が公布していた勅許状をめぐり紛争となっていた。マティアスはフェルディナントとボヘミア王の王位を譲ったが、フェルディナントはイエズス会の教育を受けた熱心なカトリックであり、プロテスタント弾圧を開始した。

神聖ローマ皇帝フェルディナント2世
フリードリヒ5世(冬王)

1618年5月23日、弾圧に反発した急進派の貴族が皇帝代官マルティニツとスラヴァタをプラハ王宮の窓から突き落とすというプラハ窓外投擲事件事件が起きた。これが三十年戦争の始まりである。

ボヘミア王フェルディナントはまだ皇帝ではなかったが事実上のハプスブルク家全世襲領の所有者であったため、ボヘミア鎮圧を決定したが、資金が不足していた。翌年3月にマティアスは死亡し、8月にフランクフルトでフェルディナントは「フェルディナント2世」として皇帝となった。

しかし、ボヘミアの等族は新皇帝を認めず、1619年8月、新教同盟のプファルツ選帝侯フリードリヒ5世を新国王にした。フリードリヒ5世はイングランド王ジェームズ1世の娘エリザベス・ステュアートと結婚していたため、ボヘミア等族はイングランドからの支援を期待していたが、イングランド内戦直前によって期待は裏切られた。

一方、フェルディナント2世はスペイン・ハプスブルク家やバイエルン公マクシミリアン1世などのリーガ諸侯との同盟の結成に成功し、プロテスタントながらフリードリヒ5世と反目していたザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世さえも味方につけ、ティリー伯を司令官とする軍を派遣した。これに対するボヘミア諸侯は新教同盟ウニオンから援軍を得られなかった。

ティリー率いるカトリック連盟軍はオーストリア身分制議会軍を破り、1620年11月8日白山の戦いで反乱軍は大敗した。

一方、スペインはオランダを再征服するためにライン川沿いの陸路を確保しようとしており、スピノラが率いるスペイン軍は1620年9月にプファルツを占領した。戦況の悪化により1621年5月にはプロテスタント同盟が解消した。カトリック連盟軍は1621年秋にオーバープファルツを占領し、1622年にスペインと合流、ティリーはマンスフェルトクリスティアンも一蹴した。1622年10月25日にグラーツが攻略され、ボヘミア王の領域は完全に鎮圧された。

スペインと旧教連盟によって鎮圧されたボヘミアの反乱勢力は処刑され、以後ボヘミアはカトリック化政策が断行された。これ以後、ハプスブルク家のボヘミア支配は強固なものとなった。1627年の新領法条例によってボヘミアはハプスブルク家の属領となった。これにより、多くのボヘミア貴族やプロテスタントがヨーロッパ各地に亡命した。フリードリヒ5世は領土を失ったためオランダへ亡命し、バイエルン公マクシミリアン1世はプファルツ選帝侯位を獲得した。スペインは対オランダ戦争に向けての重要なルート(スペイン街道)を確保した。バイエルン公のプファルツ選帝侯位獲得は金印勅書に反するものであったため、諸侯の怒りを買った。プファルツ侵攻後もティリーはハルバーシュタット司教領に攻撃をかけ、ドイツ北部にも戦線が拡大した。

カトリック連盟とハプスブルク家によるプファルツ侵攻に脅威を感じたフランスのリシュリュー1624年、オランダ、イングランド、スウェーデン、デンマークと「ハーグ同盟(対ハプスブルク同盟)」を結成し、カトリック連合を牽制した。またフランス、サヴォイアヴェネツィアがスペインのハプスブルク家への支援ルートを阻んでいた。


グラウビュンデン戦争:1620-1639

一方、ミラノからアルプス、チロルへ抜けるバルテリナ(ヴァルテッリーナ)は、オーストリアとスペイン領イタリアを結ぶ最短陸路であったため、ハプスブルク家は支配を望んでいた。バルテリナはスイスと結ばれたゆるやかな諸州同盟グラウビュンデンに従属していた。フランスとヴェネツィアはハプスブルク家に対抗し、ゲオルク・イェーナッチュを中心に派閥争いが起こったところ、1620年、スペインがバルテリナを占領した。その後1624年フランスが占領したが、1626年のモンゾン条約でスペインとフランスの共同保護領となった。しかし1628年からのマントバ継承戦争の際、再びハプスブルク軍が占領、1635年にはフランスが奪回し、1639年にはグラウビュンデンがフランスに反撃して、1639年9月3日のミラノ講和でグラウビュンデンはスペインへの従属となった。

デンマーク戦争

クリスチャン4世
ティリー伯

デンマーククリスチャン4世は、オランダからボヘミア・プファルツ戦争への支援を要請されていたが中立を守った。しかし、デンマーク王はもともと北ドイツへの勢力拡大とバルト海北海の覇権確立を狙っており、王国参事会の反対を無視して介入を決定した。1625年、デンマーク王がニーダーザクセン帝国管区(クライス)長官として、長らく空位になっている2つの帝国内の司教職に自分の息子を就任させる要望を出したところ、ティリー伯の軍がニーダーザクセンに進駐して皇帝に露骨に拒絶された。これによりデンマーク王は介入への口実を得た。ハーグ条約によって、イギリスとオランダからの支援を受けた。

反ハプスブルク家のプロテスタント連合は、さらにトランシルヴァニア侯ガブリエル・ベトレン、オスマン・トルコ、カトリックのフランスと共鳴して、ブラウンシュヴァイクのクリスティアンがウエストファリアと下ラインラントのウィッテルスバハ家所領を制圧し、デンマーク王はニーダーザクセンを奪取し、連合軍最高司令官マンスフェルトがハンガリーからのベトレンと合流してボヘミアとシュレジエンとモラビアに侵入する計画であった。

スウェーデンは同盟による支援を受けて1625年5月に主戦場ニーダーザクセンに進軍した。

これに対して皇帝軍は、ティリー率いるカトリック連盟軍に加えて、ボヘミアの傭兵隊長ヴァレンシュタインを皇帝軍総司令官に登用し、10万人の軍を率いた。

デンマークは当初はスウェーデンとの共同介入であったが、両者の主導権争いの結果、スウェーデンはポーランド問題に注力し、デンマーク単独での介入となった。デンマーク王の参戦に対してイングランドは資金を提供し、エルンスト・フォン・マンスフェルト(総司令官)、クリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルの2人の傭兵隊長の軍を援軍として派遣したが、デンマーク軍と傭兵部隊の間では戦略についての主導権争いが発生し、ついに別行動を取るようになる。これは皇帝軍の各個撃破の好餌となり、マンスフェルトは1626年4月デッサウの戦いで敗北した。マンスフェルトはベネチアに支援を求める途中で死んだ。

ブラウンシュヴァイク公クリスティアンは1626年6月16日に病死し、6月27日ルッターの戦いでティリー皇帝軍はデンマーク軍に勝利し、ホルシュタインまで追撃し、それに呼応してヴァレンシュタインもユトランド半島まで追った。デンマークが帝国内に領有していたポンメルン、デンマーク側に加担していたメクレンブルク領も皇帝軍が占領した。

1628年夏、ヴァレンシュタインが帝国海軍基地確保のためにポンメルンシュトラールズント港を包囲するに至り、スウェーデンは介入を決定した。

しかし、ヴァレンシュタイン軍を追撃しようとクリスチャン4世が再上陸して返り討ちに遭い(ヴォルガストの戦い)、1629年5月22日に「リューベックの和約」が皇帝との間で成立し、領土は没収されずに維持されたものの、帝国への介入を禁じられた。これによってデンマークは北欧の覇者としての地位がゆらぐこととなった。

なお、イングランドも当初はドイツに軍を派遣したり、フランスとハーグ同盟を結んだり、マンスフェルトに資金提供したりして三十年戦争に介入していたが、フリードリヒ5世の義父だったイングランド王ジェームズ1世が1625年に亡くなりチャールズ1世が即位すると、側近のバッキンガム公ヴィリアーズはフランスとの協調外交で反ハプスブルクとプファルツ救援を掲げてスペインのカディスに艦隊を派遣した。ところが、マンスフェルトの大敗及びカディスの遠征失敗でバッキンガムは人望を失い、1627年にフランスに宣戦布告したがフランス・スペインの同盟締結でフランスも敵に回してしまい、ラ・ロシェル包囲戦の敗北でバッキンガムは更に権威を失墜、議会から失敗を責められ、1628年にバッキンガムが暗殺されるとチャールズ1世は1629年にフランスと、1630年にスペインと和睦して三十年戦争から手を引いた。このとき、スペインからイングランドへ大量のメキシコ銀が流入した。以後チャールズ1世は財政再建を進めようと専制政治を行い、それが元で議会と衝突して1642年清教徒革命を引き起こし、三十年戦争終結後の1649年に処刑されイングランド共和国の成立に繋がった。

復旧勅令

デンマークを破った皇帝フェルディナント2世の権威は、1629年3月6日の復旧勅令発令で1552年以降プロテスタント諸侯に没収された教会領地をカトリック側に返還することを命じた。また、皇帝の許可の無い同盟の締結も禁止された。これは皇帝権のピークであり、皇帝絶対主義を意味した。ただし、これはカトリック教会の再建というよりも、ハプスブルク家門勢力の増大が意図されたものだった。

しかし、領土削減の危機に立たされたプロテスタントのザクセン選帝侯はおろか、カトリック選帝侯バイエルン公も反対に回り、1630年8月のレーゲンスブルク選帝侯会議ではヴァレンシュタイン軍の横暴であるため罷免を求め、復旧勅令はハプスブルク家によって利用されていると批判した。皇帝は復旧勅令については譲歩しなかったが、ヴァレンシュタイン罷免には同意した。この時、すでにスウェーデン軍はポメルンに上陸していた。

マントバ継承戦争

 | 
この節の加筆が望まれています。


スウェーデン戦争

ブライテンフェルトの戦いにおけるグスタフ2世アドルフ
ヴァレンシュタイン
詳細は「三十年戦争におけるスウェーデンの介入」を参照

ヴァレンシュタインがバルト海・大西洋提督に任命されたことは、スウェーデンのバルト海の覇者としての地位を脅かした。スウェーデン王グスタフ・アドルフが1631年1月にフランスと同盟を組み(ベールヴァルデ条約)、フランスからの資金援助を受けて3万の軍を率いて参戦し、ポメルン、メクレンブルクから皇帝軍を駆逐した。しかし、新教諸侯のブランデンブルク、ザクセン選帝侯は参戦をためらい、マクデブルクは陥落した(マクデブルクの戦い)。ティリーが復旧勅令執行のためザクセンに進軍すると、皇帝派だったザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルグはスウェーデン側に寝返った。スウェーデン軍は1631年9月17日ライプツィヒの北方、ブライテンフェルトで皇帝軍と対峙し、新式の軍制、装備、戦術を有するスウェーデン軍の圧倒的勝利に終わった(ブライテンフェルトの戦い)。さらにスウェーデン軍はヴュルツブルクを攻略し、11月にはアルニム率いるザクセン軍がプラハを攻略した。ブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムも、スウェーデン軍と同盟を結ぶに至った。

1632年2月にスウェーデン軍はミュンヘンへ南下、4月15日にはレヒ川の戦いで皇帝派のバイエルン軍に対し、砲兵の効果的な運用で再びスウェーデン軍が圧勝した(レヒ川の戦い)。負傷した総司令官ティリー伯はまもなく戦死し、皇帝軍は大きな損害を被った。

皇帝側はボヘミアに引退していたヴァレンシュタインを再び総司令官に任命して4万の軍を編成し、巻き返しをはかった。1632年夏ヴァレンシュタインはボヘミアに進駐するザクセン軍を駆逐し、ニュルンベルクでスウェーデン軍を破り、ザクセンへ向かった。11月16日、両者はライプツィヒ郊外のリュッツェンで戦闘を開始した。会戦当初、戦局は皇帝軍に不利に動き、援軍の指揮官パッペンハイムも来着直後に戦死したが、スウェーデン王グスタフも戦死した。「スウェーデン王戦死」の報は皇帝軍の士気を上げたが、スウェーデン軍は傭兵隊長ベルンハルト・フォン・ザクセン=ヴァイマルが指揮を引き継ぎ、結局皇帝軍はこの戦闘に敗れた(リュッツェンの戦い)。

スウェーデンの王都ストックホルムでは、王女クリスティーナが国王に即位する。幼い女王の下スウェーデンの実権は宰相オクセンシェルナが引き継いだ。しかし、スウェーデン軍とプロテスタント諸侯との分裂を引き起こした。オクセンシェルナは1633年4月に、ドイツ諸侯の自由の回復を求めていた南ドイツの帝国クライス、クーアライン、オーバーライン、シュヴァーベン、フランケンとの間にハイルブロン同盟を締結した。これを受けてフランスのリシュリューは、プロテスタント諸侯へのフランスの影響力を保持するためスウェーデンと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/15 09:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三十年戦争」の意味を投稿しよう
「三十年戦争」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三十年戦争スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三十年戦争」のスレッドを作成する
三十年戦争の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail