このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三子教訓状とは?

毛利元就が教訓状を書いた勝栄寺

三子教訓状(さんしきょうくんじょう)は、中国地方戦国大名毛利元就1557年(弘治3年)に3人の子(毛利隆元吉川元春小早川隆景)に書いた文書。これを含む「毛利家文書」は重要文化財に指定されており、毛利家文書405号・毛利元就自筆書状として山口県防府市毛利博物館に収蔵されている。

目次

  • 1 概要
  • 2 三矢の教え
  • 3 内容(現代語訳)
  • 4 三矢の教えに由来するもの
  • 5 脚注
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

概要

1557年(弘治3年)11月25日に周防富田(現・山口県周南市)の勝栄寺で書いた元就の自筆書状。60歳を越えていた元就が、3人の息子たちに(他の子どもたちを含めて)一致協力して毛利宗家を末永く盛り立てていくように後述の14条に渡って諭している。元就は長文の書状を作成することでよく知られているが、本書の長さは約3mに及んでいる。

1546年(天文15年)に元就は隠居を表明して、長男の隆元が家督相続をしていたが、これは形式的なものであり、実質的な毛利家当主は引き続き元就が務めていた。そして、防長経略周防国長門国を勝ち得た1557年には毛利家の実権を隆元に譲ろうとしたものの、隆元が「防長まで拡大した領国を治めるには、父の後見が必要」として元就の隠居に強く反対して翻意を促し続けた。やがて、同年11月初旬に周防で大内残党が挙兵したため、隠居を思いとどまった元就は、隆元を後見して親子で防長に出陣(大内輝弘の乱)。元就らが周防に到着した頃には、反乱は既に内藤隆春らの働きでほぼ鎮圧されていたものの、大内氏残党のみならず尼子氏大友氏との戦いが続くであろう毛利家の今後を案じた元就は、陣中で教訓状をまとめた。

この教訓状は文字通り3人の息子たち宛てに書かれたものではあるが、一族協力を説いた倫理的な意味だけでなく、安芸の一国人領主から、五ヶ国を領有する中国地方の領主に成り上がった毛利氏にとって、戦国大名としては独自の「毛利両川体制」とも呼ぶべき新体制をとることを宣言した政治的性格をおびている。それで、「兄弟が結束して毛利家の維持に努めていくことの必要性を説き、元就の政治構想を息子たちに伝えた意見書であり、単なる教訓とは異なる」「毛利家の公式文書としての色合いが強い」とされる。

元就からの手紙に対し、元就と共に出陣して周防に滞在していた隆元は翌日には返書している。しかし、三兄弟でよく話し合って協力して欲しいというのが趣旨であるため、これが逆に不満の素になったと推察され、教訓状の続きとなる短い書状(毛利家文書406号)が隆元宛てに書かれた。この書状では、「当家のことをよかれ思うものは、他国はもとより、当国にもいない」「毛利家中にも(中略)当家をよく思わない者もいる」「兄弟の仲が悪くなれば(毛利家は)滅亡すると思うように」などと書かれている。

このような教訓状を、わざわざ子どもたちに書き与えた背景としては、以下のような理由が考えられている。

1563年(永禄6年)には元就に先んじて隆元が、1571年(元亀2年)には元就が没するが、教訓状で説かれた兄弟・一族結束の教えは毛利家に受け継がれ、元春と隆景が隆元の子である毛利家当主・輝元を最後まで支え続ける毛利両川体制は、毛利家の屋台骨となった。毛利氏が戦国時代から幕末に至るまでその家名を保ち続けることができたのは、教訓状の教えを守り続けてきた努力の結果とされる。

三矢の教え

安芸高田少年自然の家にある三矢の訓碑

三子教訓状が基になって造られたとされる三矢の教え(さんしのおしえ)と呼ばれる逸話が知られている(戦前小学校教科書などに「毛利元就の三本の矢の教え」として掲載されていた)。この逸話のエピソードは、概ね次の通りである。

晩年の元就が病床に伏していたある日、隆元・元春・隆景の3人が枕許に呼び出された。元就は、まず1本の矢を取って折って見せるが、続いて矢を3本を束ねて折ろうとするが、これは折る事ができなかった。そして元就は、「1本の矢では簡単に折れるが、3本纏めると容易に折れないので、3人共々がよく結束して毛利家を守って欲しい」と告げた。息子たちは、必ずこの教えに従う事を誓った

このように、三子教訓状と似通っている訓戒ではあるが、教訓状には「三本の矢」については記述がない。そもそも史実では、元就が死の間際に3人の息子に教訓を残すことは不可能な状況であった(隆元は元就より8年も早く亡くなり、元春は山中幸盛らの率いる尼子再興軍との戦い出雲国で在陣中であり、元就の死を見届けたのは隆景と輝元のみ)。

この逸話に関する古い文献としては、江戸時代に編纂された「前橋旧蔵聞書」があり、死に際の元就が大勢の子どもたちを呼び集めて「1本の矢では簡単に折れるが、多数の矢を束ねると容易に折れないので、皆がよく心を一つにすれば毛利家が破られることはない」と教えたとされる。この話では、史実と合致して隆元や元春がその場に登場しないことから、このエピソードが三矢の教えの逸話へと変化して伝えられた可能性がある。

なお、三本の矢の逸話については世界中に類似した話があり、中国の「西秦録」(十六国春秋)に登場する吐谷渾阿豺(とよくこんあさい)の故事や、モンゴル帝国を築いたチンギス・カンが幼い頃に兄弟争いをした際に母から与えられた教訓などがアジアでは早くから知られていた。また、イソップ寓話にも「3本の棒」という類似の話があり、アフリカ東部のソマリアにも類似の話がある。三矢の教えについては、元就が吐谷渾阿豺の故事を引用したとも、偶然同じ教えを残したとも言われている。

内容(現代語訳)

毛利元就肖像画
毛利隆元肖像画
吉川元春肖像画
小早川隆景肖像画
第一条
第二条
第三条
第四条
第五条
第六条
第七条
第八条
第九条
第十条
第十一条
第十二条
第十三条
第十四条

三矢の教えに由来するもの

【画像外部リンク】

サンフレッチェ広島エンブレム
en:file:SanfrecceHiroshima.png
陸上自衛隊第13旅団部隊章
名称やシンボルのモチーフにしているもの
ドラマ等の作品に教訓を採り入れているもの
その他

脚注

  1. ^ 目で見る 毛利家あれこれ 〜毛利博物館収蔵資料と歴史ばなし〜 第421回(毛利博物館館長代理 柴原直樹) - 地域情報新聞ほっぷ(2018年11月23日号)
  2. ^ 河合正治「元就教訓状と毛利両川体制の形成」、『日本歴史』333号、1976年
  3. ^ 河合 1986, 「三子教訓状と毛利両川体制」.
  4. ^ 収蔵品/毛利元就自筆書状(三子教訓状) - 毛利博物館公式サイト
  5. ^ 吉田龍司 「プロローグ「三本の矢」の影」『毛利元就「猛悪無道」と呼ばれた男』 新紀元社、2010年
  6. ^ 目で見る 毛利家あれこれ 〜毛利博物館収蔵資料と歴史ばなし〜 第420回(毛利博物館館長代理 柴原直樹) - 地域情報新聞ほっぷ(2018年11月16日号)
  7. ^ 歴史群像シリーズ特別編 毛利戦記 - 「毛利両川」役割分担の機微(文・利岡俊昭)
  8. ^ 歴史群像シリーズ9 毛利元就 - 「三矢の教え」と元就の素顔(文・童門冬二)
  9. ^ 歴史群像シリーズ9 毛利元就 - 元春と隆景の栄光と軋轢(文・古川薫)
  10. ^ 毛利元就「猛悪無道」と呼ばれた男 - 第三章 "鷲の羽"を継いだ次男坊
  11. ^ 三矢の訓と表記する場合もあり(読みは同じ)。
  12. ^ Faa'iidada ay isku duubnaantu leedahay” (英語). 2015年11月16日閲覧。
  13. ^ 金斗昇 『池田勇人政権の対外政策と日韓交渉 内政外交における「政治経済一体路線」』 明石書店 p.118–120
  14. ^ アベノミクスの今昔 : 今を読む:政治 : Biz活 : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

参考文献

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/16 01:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三子教訓状」の意味を投稿しよう
「三子教訓状」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三子教訓状スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三子教訓状」のスレッドを作成する
三子教訓状の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail