このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三宮駅とは?

 | この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
【三宮駅
神戸三宮駅】

駅外観

さんのみや / こうべさんのみや
Sannomiya / Kobe-Sannomiya

【所在地】
神戸市中央区
所属事業者
阪神電気鉄道(駅詳細)
阪急電鉄(駅詳細)
神戸新交通(駅詳細)
神戸市交通局(駅詳細)
【乗換】
JR神戸線(三ノ宮駅)
地下鉄海岸線(三宮・花時計前駅)

三宮駅(さんのみやえき)、神戸三宮駅(こうべさんのみやえき)は、兵庫県神戸市中央区にある神戸新交通神戸市交通局および阪神電気鉄道(阪神)・阪急電鉄(阪急)のである。

概要

神戸市の都心・三宮に位置するターミナル駅である。西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線(JR神戸線)の三ノ宮駅を含め各線と接続する交通の要衝となっており、各社線とも兵庫県内で最も利用客が多い。

当初は「神戸駅」と名付けられた駅もあるように、神戸側のターミナル駅として建設された経緯があり、戦前の神戸中心部であった新開地から三宮へ都心が移る要因のひとつともなった。「私鉄王国」と呼ばれていた地域に位置することもあり、神戸新交通を除く各路線が東西に並行するように走っている。各路線のホームや駅舎の規模を合わせると、県下最大規模の駅である姫路駅を上回る。

当地区は神戸市の都心・三宮の再整備プロジェクトの中心とされており、これまで市、鉄道各社、有権者を交えた再開発の検討が行われている。市が発表した「神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画」では、「三宮クロススクエア」として三宮駅周辺のフラワーロード、中央幹線への一般車両乗り入れを無くし歩行者専用空間に改造するとされており、各駅ビル等の再開発が進められている。2013年・2014年の阪神・阪急三宮駅の駅名改称により、JR、新交通・地下鉄、阪神・阪急がそれぞれ違う駅名を称している当駅だが、同計画では各社6つの駅があたかも一つの大きな「えき」となるような空間を目指しており、各社ばらばらとなっている駅名を「神戸三宮駅」に統一したい意向を示している。

利用可能な鉄道路線

各鉄道路線の三宮駅の駅位置を正縮尺で描いた地図。

山陽電気鉄道(山陽)の列車が神戸高速線を介して阪神・阪急両方の駅に発着する関係上、神戸高速線では、阪神・阪急の神戸三宮駅を区別する意味で社名を冠して「阪神神戸三宮駅」「阪急神戸三宮駅」と案内している。

接続路線

当駅は下記の路線との乗り換えが可能となっている。

歴史

三ノ宮駅#歴史」も参照

併用軌道による阪神電鉄の開業

現在、一般的に三宮と呼ばれる地に駅を設けた最初の路線は、1905年(明治38年)開業の阪神本線である。それに先駆けて、1874年(明治7年)には後の東海道本線となる官営の鉄道が阪神間に開業していたものの、同線における三ノ宮駅は現在地より西に600mほどの場所(後に元町駅が設けられる地)に置かれていた。

阪神は当初、市街電車と同じ軌道法準拠で敷設された都市間電車(インターアーバン)であった。それゆえ、神戸市街においては岩屋駅以西で併用軌道を用いて路線が敷設されており、東海道本線に並行する形で雲井通八丁目(現在の三宮ターミナルホテル付近)に同線の終端として、この地に駅が設置された。このときは同線の神戸側終端であったため、神戸駅ないし神戸雲井通駅と呼ばれていた。後に現在のJRと同じ駅名である三ノ宮駅に変更された。

阪神は当初、集客のため神戸雲井通から先、神戸市街を循環する路線の敷設を計画していたが、神戸市街への路面電車敷設を目論む他出願者との競願となったことから協議が行われ、最終的に神戸市街の路線は神戸電気鉄道(後に市営化)が敷設することを決定、阪神は同社との提携で雲井通から200m南下した所(当時は滝道と呼ばれ現在は国際会館が設けられている地)に路線を延伸し、同地で接続を図ることとなった。その工事は1912年(明治45年)に完成し、同地に新たな神戸駅(滝道駅)が開設され、元の神戸駅(神戸雲井通駅)は三ノ宮駅と改称された。

阪神の地下化と阪急の乗入れ

国鉄三ノ宮駅前で拡張工事の進む国道2号、1933年(昭和8年)頃、映っているビルが「三宮阪神ビル」(そごう神戸店が入居)で、国道の地下に阪神の三宮駅が建設された

大正時代になると、阪神に続いて阪神間の都市間輸送に参入する事業者が現れた。大阪市の梅田を起点に北方へ向かう路線、現在の阪急宝塚本線などを当時運営していた箕面有馬電気軌道(箕有)である。同社は阪神が滝道に延伸されたのと同じ年、神戸と西宮を結ぶ環状線敷設のための特許を収得していた灘循環電気軌道という業者に着目し、阪神との駆け引きの末これを買収、社名も箕面有馬電気軌道から阪神急行電鉄(阪急)と改め、阪神間新線の建設に取り掛かった。現在の阪急神戸本線である。

このとき、同社は当初から三宮の地に乗り入れることを計画していたといわれ、その方法を阪急は高架線にするものとしていたが、市では市街地の分断を憂慮して地下化を要請したことから対立し、工事に着手することが不可能となった。このため阪急では、とりあえず市電が延伸されてきていた上筒井の地に暫定ターミナルの神戸駅を設置し、当地への延長については引き続き市と協議を行うこととした。

詳細は「阪神急行電鉄#三宮高架乗り入れ騒動」を参照

一方、阪神では阪急という競合相手の出現を危惧し、神戸市街と御影付近に存在した併用軌道を解消して、スピードアップを行い対抗することを画策した。阪神は1929年(昭和4年)に御影付近の高架化を完成させ、神戸市街の併用軌道も同様の手法で解消しようと考えていたが、阪急の時と同様に神戸市が難色を示したことから、阪神側は併用軌道の解消を優先的に考えて譲歩し、地下線化に計画を変更した。こうして1933年(昭和8年)に岩屋駅 - 三宮駅 - 神戸駅(滝道駅)間の併用軌道線は廃止され、代わって岩屋から三宮までの地下線が開業した。新たな地下ターミナルは頭端式ホームを採用し、阪神では神戸側の拠点駅となったことから、この新たな地下駅を神戸駅と命名した。

一方、阪神の地下線工事が進む中、1931年(昭和6年)には鉄道省東海道本線の高架化が完成し、三ノ宮駅が現在地に移転した。この頃、市の都市計画の一環として同駅周辺に新たな街を形成する指針が示されており、今日に至る繁華街の下地が造られ始めていたのである。

そして阪神の地下線が完成する頃には、阪急も国鉄と同様に高架線で三宮に乗り入れることがようやく認められ、工事に着手しようとしていた。これに対して阪神は、1934年(昭和9年)に阪神間で省線電車の運転が開始されたこともあり、阪急や国鉄との競争にさらされる中で輸送シェアを保つためにはさらなる対抗措置が必要であると考え、三宮から元町湊川方面へ延伸するための免許を収得、頭端式で開業した三宮の神戸駅を急遽中間駅構造に改造し、突貫でとりあえず元町まで延伸することにした。

阪急の三宮延伸と阪神の元町延伸は、どちらが先に開業するか神戸市民の注目を集めていたといわれており、結局は阪神が一足早く1936年(昭和11年)3月18日に元町延伸を果たし、阪急は2週間遅れで同年4月1日に当地への延長を果たした。これに伴い、阪神では神戸側のターミナルが分散したことから神戸駅を三宮駅と改称し、一方で阪急は三宮が新たな神戸側における唯一の拠点駅となったため、阪神に代わって神戸駅を名乗ることになった。

戦後の動き

太平洋戦争により、神戸の市街地は三宮も含めて焦土と化すが、戦災復興都市計画の中で戦前の段階で既に繁華街となっていた三宮の地を、新開地に代わって行政の中心地にもする事が定められ、市役所が湊川から三宮に移転するなど、戦後の駅周辺は神戸の中心地として栄えるようになった。

1968年(昭和43年)、市電の代替となる高速鉄道路線の形成および神戸周辺を通る私鉄線(阪神・阪急・山陽・神戸電鉄)同士の連絡を図る目的で、神戸高速鉄道が開業した。これに伴い、頭端式構造で三宮に設けられた阪急の神戸駅も阪神と同様に通過駅構造となり、阪神同様にターミナル機能が分散したことから、三宮駅へ改称された。

1981年(昭和56年)には神戸新交通、1985年(昭和60年)には神戸市営地下鉄も三宮に乗り入れ、おおむね今日の様相となった。

平成期の動き

1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災により、阪急の駅ビルが甚大な被害を受けた。駅の施設は5ヶ月ほどで復旧され、駅ビルは2023年度竣工を目処に再建を進んでいる。

2009年(平成19年)3月20日 、阪神西大阪線が近鉄難波駅まで延伸(阪神なんば線と改称)し、同日より阪神三宮駅からほぼ終日、大阪ミナミおよび奈良方面行きの直通列車が運行されるようになった。

2013年(平成25年)4月30日阪急阪神ホールディングスは、傘下企業にある2つの三宮駅について改称を発表し、阪急は2013年12月21日に、阪神も2014年4月1日に、それぞれ神戸三宮駅に改称した。

年表

神戸新交通

駅構造

【神戸新交通 三宮駅】

駅舎

さんのみや
Sannomiya

(0.8km) 貿易センター P02

【所在地】
神戸市中央区雲井通八丁目
北緯34度41分40.23秒 東経135度11分42.9秒 / 北緯34.6945083度 東経135.195250度 / 34.6945083; 135.195250

駅番号
P01
所属事業者
神戸新交通
【所属路線】
ポートアイランド線(ポートライナー)
【キロ程】
0.0km(三宮起点)
【駅構造】
高架駅
ホーム
島式1面2線
【乗車人員
-統計年度-】
36,526人/日(降車客含まず)
-2017年-
【開業年月日】
1981年(昭和56年)2月5日
神戸新交通三宮駅
配線図
凡例

貿易センター駅


1 | 2 |  | 
 |  | 



 |  |  | 
 |  | 
 |  |  | 
 |  | 
 |  |  | 
 |  | 
 |  |  | 
 |  | 
 |  |  | 
 |  | 

島式ホーム1面2線を有する高架駅。駅番号P01

2階部分がコンコース、3階部分がホームとなっている。駅東側に3基の分岐器が設置されている。軌道の車止めは三宮ターミナルビルに食い込むような形で設置されていたが、ビル解体に伴い車止めの位置が駅舎内に変更され、2018年5月19日から駅到着時に徐行運転が実施される。

改札口は駅南側のペデストリアンデッキと直結しており、阪神神戸三宮駅東口や、ミント神戸サンシティビル・中央区総合庁舎(区役所)などに接続されている。駅舎内のエスカレーターを経由することでJR三ノ宮駅の東口と直結しており、三ノ宮駅舎を経由して各社駅と乗り換えできる。2階改札外にはインフォメーションセンターと定期券売り場、駅長事務室が、駅舎下1階には神戸市総合インフォメーションセンターがある。改札外・改札内それぞれにエスカレーター・エレベーターが設置されているほか、改札内に多目的トイレAEDコインロッカーなどがある。

1981年の路線開通とともに開業。開業と同時に三宮ターミナルビルや駅前広場・地下駐車場などが整備されている。AGT路線であることから、開業当時からフルスクリーンタイプのホームドアが設置されており、軌道上への侵入は困難な構造となっている。ポートアイランド内に進出する企業の増加、相次ぐ大学キャンパスの開設、神戸空港の開港により朝・夕のラッシュ時は著しく混雑し、神戸新交通全駅だけでなく日本のAGT路線全駅の中で乗客数が最も多い駅である。現在6両編成で運行されているが、8両編成化が検討されており駅の拡張が検討されている。また、過去にはJR三ノ宮駅ビルの建て替え計画があることおよび、将来の新神戸駅への延伸のため、ミント神戸付近に移設が検討されていた。震災前には現ミント神戸の位置の新たなビルに駅舎が取り込まれ建設される構想もあった。神戸市営地下鉄海岸線が当初AGT路線として検討されていた際には、当駅を2層構造とし4階部分に海岸線ホームが設置される構想がたてられていた。

のりば

【番線】
【路線】
行先
1・2 ポートライナー | 神戸空港方面/北埠頭方面

日中は主に1番線から北埠頭行きが、2番線から神戸空港行きが発車している。

朝・夕の激しい混雑に備え、2009年10月から当駅の列車待ち整列を以前の2列から3列に変更している。 また、2013年6月に改札口にLCD発車標の設置、同年12月にエレベーター・エレベーターの更新、2014年にはホーム東部にあった駅員室の撤去が行われた。


神戸市交通局

駅構造

【地下鉄 三宮駅】

東改札口コンコース

さんのみや
Sannomiya

S02 新神戸 (1.3km)
(0.9km) 県庁前 S04

【所在地】
神戸市中央区北長狭通一丁目
北緯34度41分40.5秒 東経135度11分37.51秒 / 北緯34.694583度 東経135.1937528度 / 34.694583; 135.1937528

駅番号
S03
所属事業者
神戸市交通局(神戸市営地下鉄)
【所属路線】
西神・山手線
(正式路線名は山手線)
【キロ程】
1.3km(新神戸起点)
谷上から8.8km
【駅構造】
地下駅
ホーム
単式2面2線(2層式)
【乗車人員
-統計年度-】
61,204人/日(降車客含まず)
-2017年-
【開業年月日】
1985年(昭和60年)6月18日
神戸市交通局三宮駅
配線図
凡例

新神戸駅


 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 

県庁前駅



単式ホーム1面1線×2層構造の地下駅である。駅番号はS03。駅イメージテーマは「国際性と未来志向」。

当駅 - 大倉山駅間は幅員の狭い生田新道の地下を通るため、地下1階に改札口、地下2階に1番線(新神戸・谷上方面行き)、地下3階に2番線(西神中央方面行き)ホームがある。改札口は東改札口・西改札口と2つあり、それぞれ東出口1 - 8番、西出口1 - 3番がある。東改札口は阪急への乗り換え口と直結しているほか、阪神・地下鉄海岸線(さんちか経由)方面への乗り換えは地下連絡通路を通り地上へ上がらず到達することが可能である。また、ステラビル、北野坂壱番館ビル、Uライン三宮ビル、東急ハンズ三宮店などと直結する。東出口3、7、8と、東改札口内にエレベーターがある。2018年2月23日から西改札口内のエレベーター設置工事が行われており、同年12月末に完成予定。

駅名標には、2013年4月1日から広告として近隣の温浴施設である「神戸サウナ&スパ前」が付記されていたが、2019年3月31日に契約期間が終了しており、以後の更新については発表されていない。

地下鉄海岸線へは、一旦改札を出てさんちかを介して三宮・花時計前駅で乗り換えとなる。連続して乗車する場合、区間を通算して乗車券を購入して乗り継ぐことができ、その場合は当駅の改札内を出場してから90分以内に三宮・花時計前駅の改札内に入場する必要がある。

1985年に大倉山駅 - 新神戸駅間が延伸開業した際に開業し、西神・須磨ニュータウンから都心へ繋がる市民の足として利用されており、神戸市営地下鉄の全駅の中で乗客数が最も多い駅である。開業時に5両編成の運行が開始されたが、将来的な8両化を見越した構造となっているため、1989年に6両編成化された際もスムーズに行われた。現在、阪急神戸本線との相互乗り入れが検討されており、三宮駅での接続が候補のひとつとして挙げられている(後述)。

2018年には、ホームからの転落を防止するための可動式ホーム柵が神戸市営地下鉄で初めて設置された。

のりば

【番線】
【路線】
行先
1 西神・山手線 | 新神戸谷上方面
2 名谷総合運動公園西神中央方面


阪神電気鉄道(神戸三宮駅)

駅構造

【神戸三宮駅(阪神)】

三宮阪神ビル

こうべさんのみや
Kobe-Sannomiya

HS 31 春日野道 (1.3km)
(0.9km) 元町 HS 33

【所在地】
神戸市中央区小野柄通八丁目1番8号
北緯34度41分35.42秒
東経135度11分43.98秒

駅番号
HS 32
所属事業者
阪神電気鉄道
【所属路線】
本線
【キロ程】
32.1km(大阪梅田起点)
【駅構造】
地下駅
ホーム
島式2面3線
【乗車人員
-統計年度-】
56,044人/日(降車客含まず)
-2017年-
【開業年月日】
1905年(明治38年)4月12日
* 改称経歴
- 1912年 神戸雲井通駅→三ノ宮駅
- 1933年 三ノ宮駅→神戸駅
- 1936年 神戸駅→三宮駅
- 2014年 三宮駅→神戸三宮駅

阪神電気鉄道神戸三宮駅
配線図
凡例

春日野道駅


1 | 2 | 3
 |  | 



 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/26 14:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三宮駅」の意味を投稿しよう
「三宮駅」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三宮駅スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三宮駅」のスレッドを作成する
三宮駅の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail