このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三文ゴシップとは?

三文ゴシップ』(さんもんゴシップ、英題:Superficial Gossip)は、2009年6月24日EMIミュージック・ジャパンより発売された日本シンガーソングライター椎名林檎の4作目のスタジオ・アルバム

目次

  • 1 概要
    • 1.1 アルバムのコンセプトとアートワーク
    • 1.2 プロモーション
  • 2 制作の背景
  • 3 収録曲
    • 3.1 楽曲解説
    • 3.2 楽曲クレジット
    • 3.3 演奏クレジット
  • 4 タイアップ
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 外部リンク

概要

「椎名林檎」名義としては、2007年に斎藤ネコとの共同名義で発表された『平成風俗』から約2年4ヶ月ぶり、純粋なソロ名義では2003年の『加爾基 精液 栗ノ花』から約6年4ヶ月ぶりのリリースとなる通算6作目のフルアルバム

さまざまな音楽家たちが多数参加・共演したアルバムで、以前にアレンジ違いがアルバム収録されている「カリソメ乙女」「丸の内サディスティック」を除き、全て書き下ろしのオリジナル曲を収録。本作発売直前にリリースされたソロ名義としては約5年ぶりのシングル『ありあまる富』は、本作の構成が出来上がった後に書き下ろされたために収録されなかった。そのためアルバムの先行シングルという扱いではないが、同シングルに収録されたカップリング曲の「SG〜Superficial Gossip〜」については本作の予告編のような曲であると語っている。「カリソメ乙女」は、2006年11月11日に配信限定で発売された「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」が収録されている。これまで椎名が発表してきたアルバムでは全編を通して基本的に同一のアレンジャー編曲を担当していたが、本作には合計10組ものアレンジャーが参加しているのが特徴。なおトータル・プロデュースは前作『加爾基 精液 栗ノ花』同様、椎名林檎と井上雨迩によるプロデュース・チーム、化猫キラーが手掛けている。

これまでの作品同様、7曲目「旬」を中心に曲目の字数がシンメトリーにされているほか、総合収録時間も50分5秒(50:05)に設定されている。収録曲のうち数曲にはミュージック・ビデオが製作され、「ありあまる富」のミュージック・ビデオとともにミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録され、本作から数曲をセレクトしたアナログ盤アルバム『サタデーナイト・ゴシップ』とともに同年8月26日に発売された。

初回生産分のみ、スリーブケース&素肌ブックレット仕様。

アルバムのコンセプトとアートワーク

『三文ゴシップ』というタイトルは『平成風俗』の完成前にすでに浮かんでいた。きっかけは、椎名がギブソンのギター・SGのルックスには惹かれるのに使ったことが無かったので、それを使ったアルバム・ジャケットの作品を作ってみたいと思ったこと。SGの"S"から三文、"G"からゴシップという椎名の好きな言葉が浮かび、タイトルが決まった。

本作とシングル『ありあまる富』のジャケットブックレット、また一連のアーティスト写真およびポスターは“ヌード”をコンセプトに、木村豊によって制作された。本作収録曲「旬」のミュージック・ビデオもこのコンセプトを基に製作されている。またブックレット等で抱えているギターは、肌色に塗装されたギブソン・SGである。

プロモーション

アルバムのリリースを記念して、iTunes Storeにて日本人アーティストとしては初となるArtist Weekを2009年6月30日まで展開。また同年6月22日から28日には期間限定でJR山手線東京メトロの主要駅に巨大ポスターが貼り出されたほか、NHKの音楽番組『SONGS』で2週に渡って特集されるなど、様々な媒体のメディアに出演した。

制作の背景

通勤通学やレジャーのお供など、日常生活で聴いてもらうことを想定して制作されたアルバム。参加した計10組のアレンジャーは、過去の作品で亀田誠治が行っていたようなデモの段階で使われている楽器や無秩序で乱雑な楽曲を整理して統一感を持たせるような仕事ではなく、曲単位でデモの内容に沿ったアレンジを行っている。

音楽的な部分では、デビュー当時は和製R&B全盛期だったためにあえて出すことを避けていたブラックミュージックの影響が色濃く表れている。ブロードウェイ・ミュージカル風の楽曲からロッククラシックジャズヒップホップラテンエレクトロニカまで、そのジャンルは多岐に渡る。

収録曲

楽曲解説

  1. 流行
    東京事変の元メンバーでありPE'Zヒイズミマサユ機が椎名と共同で編曲を担当し、ウーリッツァーピアノで演奏にも参加している。
    RHYMESTERMummy-D(坂間大介、Mr.Drunk)と竹内朋康がそれぞれラップギターで参加している。坂間と竹内も出演したミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
  2. 労働者
    池田貴史(レキシ)が編曲およびキーボードコーラスを担当。
  3. 密偵物語
    作曲家服部隆之が編曲および指揮を担当。
    椎名曰く、この楽曲は「真夜中は純潔」の続編とのこと。当初は続編を作ろうとは思っていなかったが、デモを聴いた英語詞担当のJack Brownがイラスト付きで『真夜中は純潔』の続編になる歌詞を書いて来た。作曲時のイメージとは少し違ったが良い物語だったので、採用することにした。
    アナログ盤サタデーナイト・ゴシップ』には、冒頭に「尖った手□」のラップを挿入した「密偵物語 Saturday Night Gossip Ver.」が別バージョンとして収録されている。また、椎名の楽曲で他者が作詞を担当するのは本楽曲が初となる。
  4. 〇地点から
    タイトルは「ゼロちてんから」と読むが、本来の「0」である部分は図形の丸印で表記されている。
    以前より椎名の作品やコンサートミュージックシーケンサーを担当していた中山信彦が編曲に参加している。
  5. カリソメ乙女
    椎名林檎×SOIL&"PIMP"SESSIONS名義で2006年11月11日より発売されていた配信限定シングル「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」を収録。このバージョンは初のCD音源化となる。
  6. 都合のいい身体
    斎藤ネコが編曲および指揮を担当。ミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
  7. 本作のリード曲。シングルカットはされていないが、6月1日に着うた、着うたフルで先行配信された。ミュージック・ビデオも製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
    SOIL&"PIMP"SESSIONS内のユニットJ.A.Mが編曲を担当している
  8. 二人ぼっち時間
    6月1日に着うた、着うたフルで先行配信された。
    2003年に発表された「りんごのうた」に続く2作目のNHK『みんなのうた』(2009年6月〜7月)提供楽曲。
  9. マヤカシ優男
  10. 尖った手□
    タイトルは「とがったてぐち」と読むが、本来の「口」である部分は図形の正方形で表記されている。
    1曲目の「流行」同様、Mummy-Dがラップで参加しており、この曲ではさらにMr.Drunk名義で編曲にも参加している。また同年8月26日に発売されたアナログ盤『サタデーナイト・ゴシップ』に収録の「密偵物語 Saturday Night Gossip Ver.」の冒頭に本曲のラップが挿入されている。
  11. 色恋沙汰
    ミュージック・ビデオが製作され、ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』に収録されている。
  12. 凡才肌
    伴奏はcobaによるアコーディオンのみ。
  13. 余興
    2008年に行われた「椎名林檎 (生)林檎博'08 〜10周年記念祭〜」のアンコールで新曲として披露され、『Ringo EXPO 08』に「余興(仮)」として収録されていたものが正式に音源化された。同コンサートでもエレキギターを担当していた名越由貴夫が編曲およびギターを担当している。
  14. 丸の内サディスティック(EXPO Ver.)
    1999年に発表された1作目のアルバム『無罪モラトリアム』収録曲のアレンジバージョン。歌詞の大部分が英語に変更されたほか、ディスクジャケットブックレットには「㋚」とも表記されている。
    東京事変から唯一参加している浮雲によってR&B調のアレンジが施されたトラックが制作された。また浮雲はコーラスも担当している。
    当初は椎名と浮雲、そして同じく東京事変の伊澤一葉の3人で作る予定だった。しかし伊澤が連絡してきた時にはすでに浮雲がレコーディングを始めてしまっていたため、椎名が断わりを入れて伊澤は不参加となった。
    元は「椎名林檎 (生)林檎博'08 〜10周年記念祭〜」のエンドロールの際に流れた曲であり、シンメトリーの構成からも外されているため、実質的にはボーナス・トラックとして収録された楽曲。ミュージック・ビデオ集『性的ヒーリング〜其ノ四〜』にはエンドロールとして収録されている。

楽曲クレジット

Disc1: CD
全作曲: 椎名林檎。
【#】
【タイトル】
【作詞】
【作曲・編曲】
【編曲】
管弦楽編曲 【時間】

1. | 「流行」 | 
 | 椎名林檎 | 
 |  | 
2. | 「労働者」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 池田貴史 |  | 
3. | 「密偵物語」 | Jack Brown | 椎名林檎 | 服部隆之 |  | 
4. | 「〇地点から」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 
  • 中山信彦
  • 化猫キラー
 |  | 
5. | 「カリソメ乙女」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | SOIL&"PIMP"SESSIONS |  | 
6. | 「都合のいい身体」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 斎藤ネコ |  | 
7. | 「旬」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | J.A.M | 斎藤ネコ(編曲) | 
8. | 「二人ぼっち時間」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 斎藤ネコ |  | 
9. | 「マヤカシ優男」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | SOIL&"PIMP"SESSIONS |  | 
10. | 「尖った手口」 | 
  • 椎名林檎
  • Mummy-D
 | 椎名林檎 | 
  • 中山信彦
  • Mr.Drunk
  • 化猫キラー
 |  | 
11. | 「色恋沙汰」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 服部隆之 |  | 
12. | 「凡才肌」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 
 |  | 
13. | 「余興」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 名越由貴夫 |  | 
14. | 「丸の内サディスティック (EXPO Ver.)」 | 椎名林檎 | 椎名林檎 | 浮雲 |  | 
合計時間:


演奏クレジット

流行
wutlitzer:ヒイズミマサユ機(PE'Z)
drums:(PE'Z)
bass:Nirehara Masahiro(PE'Z)
guitar:竹内朋康(マボロシ)
rap:坂間大介(Mummy-D)(マボロシ)
clap :全員
労働者
keybords&chorus:池田貴史(100s)
drums&percussions:玉田豊夢(100s)
bass :山口寛雄(100s)
密偵物語
organ:倉田信雄
guitar:古川昌義
wood bass:渡辺等
drums:鶴谷智生
latin percussions:川瀬正人
flute :高桑英世
trumpet:西村浩二、横山均
trombone:村田陽一
alto sax:ボブザング
tenor sax:小池修
baritone sax:竹野昌邦
vibraphone:香取良彦
conductor:服部隆之
〇地点から
programming&manipulate:中山信彦
piano&lead synth.:椎名林檎
e.sitar&guitars:名越由貴夫
flute,ocarina&bass ocarina:高桑英世
カリソメ乙女
performance:SOIL&"PIMP"SESSIONS
都合のいい身体
piano:市川秀男
guitar:中牟礼貞則
bass:高水健司
drums:村上"ポンタ"秀一
latin percussions:三沢またろう
classic percussions:高田みどり
trumpet:西村浩二、横山均、菅坡雅彦、木幡光邦
trombone:村田陽一、奥村晃、箱山洋樹、池城勉
alto sax:竹野昌邦、鈴木圭
tenor sax:白石幸司、庵原良司
baritone sax:山本拓夫
horn:藤田乙比古、萩原顕章、勝俣泰、木村俊介
tuba:佐藤潔
flute:高桑英世、清野真衣子
oboe:庄司さとし
clarinet:十亀正司
fagotto:福井蔵
harp:朝川朋之
concert master:グレート栄田
violin:滝沢幸二郎、金原千恵子、今野均、押鐘貴之、矢野晴子、中島弦一郎、阿部倫子、小倉達夫、桐山なぎさ、三木希生子、坂田佳奈子、栄田緑、白須今、越川歩、角田知寿子
viora:山田雄司、秋山俊樹、渡部安見子、高嶋麻由、大沼幸江、細川亜維子
cello:前田善彦、笠原あやの、阿部雅士、徳澤青弦向井航、横岡絵里香
contrabass:齋藤順、斎藤輝彦、一本茂樹、安東章夫
conductor:斉藤ネコ

 | 
piano:丈青 (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
wood bass:秋田ゴールドマン(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
drums :みどりん(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
concert master:グレート栄田
violin:滝沢幸二郎、金原千恵子、矢野晴子、押鐘貴之、入江茜、桑田嬢、阿部倫子、小倉達夫、桐山なぎさ、藤家泉子、栄田緑、三木希生子、白須今、越川歩、角田知寿子
viora::秋山俊樹、河野絵里子、島岡智子、得高真奈美、鈴木るか、高嶋麻由
cello:前田善彦、松葉春樹、重松正昭、小沢豊、藤沢俊樹、沖澤直子
contrabass:齋藤順、斎藤輝彦、谷中隆、千葉一樹
conductor:斉藤ネコ
二人ぼっち時間
guitar:中牟礼貞則、柳沢二三男
bass:高水健司
drums:山木秀夫
latin percussions:藤井珠緒、高橋結子
grocken:高田みどり
vibraphone:大石真理恵
trumpet:西村浩二、横山均、小林正弘田中充
trombone:村田陽一、奥村晃、佐藤洋樹、山城純子
alto sax:本田雅人、鈴木圭
tenor sax:竹野昌邦、吉田治
baritone sax:山本拓夫
conductor:斉藤ネコ
tap:熊谷和徳
マヤカシ優男
performance:SOIL&"PIMP"SESSIONS
尖った手□
programming&manipulate:中山信彦
e.sitar&guitars:名越由貴夫
rap:Mummy-D
色恋沙汰
rhodes:倉田信雄
wood bass:渡辺等
drums:鶴谷智生
guitar:古川昌義
latin percussions:川瀬正人
trombone:村田陽一
vibraphone :香取良彦
concert master :金原千恵子
violin :矢野晴子、大林典代、桑田嬢、伊能修、岩戸有紀子、グレート栄田、桐山なぎさ、真部裕、大久保祐子、押鐘貴之、藤家泉子
viora :山田雄司、榎戸崇浩、大沼幸江、渡部安見子
cello :植木昭雄、笠原あやの
conductor :服部隆之
凡才肌
accordion:coba
余興
guitars:名越由貴夫
bass:キタダマキ(Syrup 16g)
drums:白根賢一(GREAT3)
chorus&clap:杉山まゆみ、杉山優子、水島七恵、太田有美、川嶋真理、川瀧節子、平等理恵(黒猫堂)
丸の内サディスティック(EXPO Ver.)
chorus:浮雲
bass:三浦淳悟(ペトロールズ)
programming:井上雨迩


タイアップ

楽曲 タイアップ 起用年
「カリソメ乙女」 | 映画「さくらん」の主題歌 | 2007年
「二人ぼっち時間」 | NHKみんなのうた」(6〜7月のうた) | 2009年

脚注

注釈

  1. ^ 椎名林檎と井上雨迩によるユニット。
  2. ^ iTunes Artist Weekとは、1人または1組のアーティストが、iTunes Storeの特定ジャンルのトップバナー3つを全部占拠するというもので、日本ではGreen Dayオルタナティブジャンルで展開したのが初。椎名林檎の場合は、J-Pop内のトップバナー3つを使用した。
  3. ^ PE'Zのメンバーも2名、ヒイズミと共に演奏に参加している。
  4. ^ ちなみに椎名は同年3月に発表されていたマボロシのアルバム『マボロシのシ』収録曲の「あまいやまい feat. 椎名林檎」にフィーチャリングゲストとして、作詞作曲とボーカルで参加している。
  5. ^ その後、椎名は2011年3月に発表された池田のソロユニットレキシのアルバム『レキツ』収録曲の「きらきら武士 feat.Deyonna」にフィーチャリングゲストとして参加している。
  6. ^ 服部は2001年に発表された椎名のシングル『真夜中は純潔』にカップリング曲として収録されている「シドと白昼夢」、2003年に発表された「りんごのうた」の編曲も行っている。
  7. ^ なお、ジャケットや歌詞カードには「DEATH JAZZ ver.」といった表記はされていない。
  8. ^ J.A.Mとは、2008年に放送されたNHKトーク番組トップランナー』に出演した際にも共演している。
  9. ^ cobaとの共演は2001年に発売されたシングル『真夜中は純潔』のカップリング曲「愛妻家の朝食」以来、8年ぶり2作目となる。
  10. ^ レコーディングには浮雲が長岡亮介名義でボーカルとギターを担当するバンド・ペトロールズのメンバーである三浦淳悟もベースで参加している。
  11. ^ ただしライブ映像集『Ringo EXPO 08』には収録されておらず、歌詞も異なる。
  12. ^ すべてMummy-Dのこと。
  13. ^ 「カリソメ乙女 death jazz ver.」として使用。

出典

  1. ^ 『三文ゴシップ』がオリコン1位の椎名林檎、最新クリップはモード系”. BARKS (2009年7月6日). 2018年4月18日閲覧。
  2. ^ 椎名林檎6年4カ月ぶりのフルアルバム「三文ゴシップ」”. ナタリー (2009年4月17日). 2012年11月23日閲覧。
  3. ^ 椎名林檎、門外不出の写真を初公開”. BARKS (2009年4月20日). 2018年4月18日閲覧。
  4. ^ 椎名林檎『ありあまる富』オフィシャルインタビュー
  5. ^ 「特集:椎名林檎「音楽家のタブー」LONG INTERVIEW「音楽は五線譜の外に」」、『SWITCH』第27巻第6号、スイッチ・パブリッシング2009年6月、 32-39頁、2018年6月24日閲覧。
  6. ^ 裸身でギターと戯れる、椎名林檎の衝撃写真”. BARKS (2009年6月22日). 2018年4月18日閲覧。
  7. ^ 椎名林檎、“ヌード”にこだわった新曲PVを公開”. BARKS (2009年6月8日). 2018年4月18日閲覧。
  8. ^ 椎名林檎、日本人アーティスト初となるiTunes Artist Weekを展開”. BARKS (2009年6月24日). 2018年4月18日閲覧。
  9. ^ 林檎アルバムアートワークで肌色ギブソンと同衾”. 音楽ナタリー (2009年6月22日). 2018年4月11日閲覧。
  10. ^ NHK「SONGS」で椎名林檎の新作紐解く2週連続特集”. 音楽ナタリー (2009年5月12日). 2018年4月18日閲覧。
  11. ^ インタビュー (2009年6月20日). インタビュアー:永堀アツオ. “【椎名林檎】”. OKMUSIC (JAPAN MUSIC NETWORK.). https://okmusic.jp/news/181380 2018年4月18日閲覧。
  12. ^ OPUS OF THE YEAR 2009 -Part.4 ROCK IN JAPAN (2)”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2010年1月13日). 2018年4月18日閲覧。
  13. ^ 椎名林檎 / 三文ゴシップ”. CDJournal. 株式会社音楽出版社. 2018年4月18日閲覧。

外部リンク

椎名林檎
椎名林檎の関連楽曲
スタジオ・アルバム | 
無罪モラトリアム - 勝訴ストリップ - 加爾基 精液 栗ノ花 - 三文ゴシップ - 日出処

カバー・アルバム | 
唄ひ手冥利〜其ノ壱〜 - 逆輸入 〜港湾局〜 - 逆輸入 〜航空局〜

コンピレーション・アルバム | 
平成風俗 - 私と放電 - 浮き名 - 蜜月抄

その他アルバム | 
サタデーナイト・ゴシップ(アナログ盤オリジナル)

ボックス・セット | 
MoRA - LiVE

シングル | 
幸福論 - 歌舞伎町の女王 - ここでキスして。 - 本能 - ギブス - 罪と罰 - 絶頂集 - 真夜中は純潔 - 茎 (STEM) 〜大名遊ビ編〜 - りんごのうた - ありあまる富 - カーネーション - いろはにほへと/孤独のあかつき - NIPPON - 至上の人生 - 長く短い祭/神様、仏様

配信限定シングル | 
カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.) - Between Today and Tomorrow - 自由へ道連れ - 最果てが見たい - ジユーダム - 目抜き通り - 獣ゆく細道

コラボレーションシングル | 
この世の限り(椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平) - 殺し屋危機一髪(SOIL&"PIMP"SESSIONSと椎名林檎)

提供曲 | 
プライベイト - カプチーノ - 少女ロボット - 雨傘 - 日和姫 - おいしい季節 - 決定的三分間 - 月夜の肖像 - 幸先坂 - 暗夜の心中立て - 野性の同盟 - 薄ら氷心中 - おとなの掟 - 今際の死神

映像作品 | 
性的ヒーリング〜特別御奉仕編〜 - 性的ヒーリング〜其ノ壱〜 - 性的ヒーリング〜其ノ弐〜 - 下剋上エクスタシー - 発育ステータス 御起立ジャポン - 短篇キネマ 百色眼鏡 - 賣笑エクスタシー - 性的ヒーリング〜其ノ参〜 - Electric Mole - 第一回林檎班大会の模様 - 私の発電 - 座禅エクスタシー - Ringo EXPO 08 - 性的ヒーリング〜其ノ四〜 - The Sexual Healing Total Care Course 120min. - 党大会 平成二十五年神山町大会 - (生)林檎博'14 ―年女の逆襲― - 椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015

関連項目 | 
EMIミュージック・ジャパン - 黒猫堂 - 東京事変 - 亀田誠治 - 井上雨迩 - 斎藤ネコ - 椎名純平 - 毒苺


オリコン週間アルバムチャート第1位(2009年7月6日付)
1月 | 

2月 | 
  • 2日 touch Me!(倉木麻衣)
  • 9日・16日
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/19 06:30

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「三文ゴシップ」の意味を投稿しよう
    「三文ゴシップ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    三文ゴシップスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「三文ゴシップ」のスレッドを作成する
    三文ゴシップの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail