このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三沢淳とは?

移動先: 案内検索
 | 
この存命人物の記事には、出典が全くありません
信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2017年12月)

三沢 淳
【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
島根県浜田市
【生年月日】
(1952-10-01) 1952年10月1日(65歳)
身長
体重 182 cm
85 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1970年 ドラフト3位
【初出場】
1972年4月16日
【最終出場】
1986年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


三沢 淳(みさわ じゅん、1952年10月1日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者政治家。元衆議院議員

現役時代は中日ドラゴンズ日本ハムファイターズで活躍した。

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 記録
    • 2.3 背番号
  • 3 政治家としての経歴
  • 4 過去のテレビ出演
  • 5 関連項目

経歴

浜田市立第一中学校で野球を始める。中学野球部の1年後輩に梨田昌孝がいた。江津工業高校では1970年に春夏連続で甲子園大会に出場。いずれも江津工は初出場であった。春の選抜では2回戦(初戦)で北陽に敗れた。夏の選手権では鹿児島商工を破り2回戦に進出するが、東邦水谷啓昭投手に抑えられ敗退。同年のドラフトで中日ドラゴンズから3位指名を受けるが、交渉権を保留したまま新日鉄広畑に入社する。1971年都市対抗では、住友金属から補強された山中正竹投手を毎試合リリーフし勝ち上がる。決勝でも丸善石油を降して優勝し、小野賞を受賞した。他のチームメートに佐々木恭介一塁手がいた。その後1971年シーズン後に中日に入団。

アンダースローからのシュートが武器で、内野ゴロで打たせてとるのが持ち味。1973年から1975年に3年連続2桁勝利を挙げるなど、長年主力投手として活躍。シュートを得意とするだけに与死球も多く、1974年1976年の2度、リーグ最多与死球記録している。左打ちの打撃も得意でたびたび好打をみせた。1974年は11勝し同年のリーグ優勝に貢献、ロッテ・オリオンズとの日本シリーズは2試合にリリーフとして登板した。

1979年6月8日読売ジャイアンツ戦、9回2アウトから柳田真宏に安打を打たれ、ノーヒットノーランを逃したことがある(この時点では0-0であり、裏の攻撃で中日が1点取りサヨナラ勝ちした)。中日在籍中は松本幸行と仲が良かった。1981年開幕投手を務めプロ初打席の原辰徳をセカンドフライに討ち取った。 1982年4月22日の巨人戦では中畑清にサヨナラ3ラン本塁打を打たれた(中畑プロ入り初のサヨナラ本塁打)。同年8勝しリーグ優勝に貢献した。

1985年に日本ハムファイターズに移籍し、翌1986年に引退。その後は1987年から1995年までの9年間は、日本テレビ中京テレビ東海ラジオ野球解説者、中日スポーツ野球評論家を務めた。

現在、春日井商業高校にて コーチを務めている。

詳細情報

年度別投手成績





















ブ



ド





















ボ







W
H
I
P

1972 | 中日 | 33 | 7 | 0 | 0 | 0 | 3 | 5 | -- | -- | .375 | 275 | 75.2 | 58 | 13 | 19 | 1 | 6 | 44 | 0 | 0 | 36 | 31 | 3.67 | 1.02
1973 | 45 | 9 | 4 | 1 | 0 | 10 | 8 | -- | -- | .556 | 477 | 137.0 | 103 | 13 | 34 | 3 | 6 | 87 | 0 | 1 | 45 | 39 | 2.56 | 1.00
1974 | 45 | 27 | 7 | 3 | 1 | 11 | 9 | 0 | -- | .550 | 741 | 200.2 | 169 | 30 | 55 | 5 | 12 | 90 | 1 | 1 | 97 | 77 | 3.45 | 1.12
1975 | 38 | 30 | 3 | 2 | 0 | 13 | 7 | 0 | -- | .650 | 685 | 185.0 | 163 | 18 | 44 | 5 | 9 | 89 | 0 | 1 | 74 | 66 | 3.21 | 1.12
1976 | 43 | 33 | 1 | 1 | 0 | 9 | 12 | 1 | -- | .429 | 711 | 176.2 | 229 | 34 | 54 | 10 | 12 | 74 | 2 | 2 | 110 | 105 | 5.34 | 1.60
1977 | 25 | 9 | 0 | 0 | 0 | 4 | 4 | 1 | -- | .500 | 251 | 64.2 | 64 | 16 | 22 | 0 | 5 | 49 | 0 | 0 | 38 | 37 | 5.12 | 1.33
1978 | 55 | 22 | 3 | 1 | 0 | 12 | 9 | 1 | -- | .571 | 703 | 187.2 | 185 | 28 | 58 | 4 | 6 | 90 | 2 | 0 | 80 | 71 | 3.40 | 1.29
1979 | 45 | 28 | 7 | 4 | 1 | 13 | 11 | 0 | -- | .542 | 784 | 203.0 | 226 | 28 | 53 | 3 | 9 | 97 | 2 | 0 | 95 | 84 | 3.72 | 1.37
1980 | 37 | 22 | 4 | 0 | 0 | 8 | 12 | 0 | -- | .400 | 593 | 153.2 | 156 | 16 | 52 | 5 | 4 | 81 | 0 | 0 | 78 | 70 | 4.09 | 1.35
1981 | 37 | 24 | 4 | 0 | 0 | 7 | 10 | 2 | -- | .412 | 623 | 163.2 | 159 | 17 | 49 | 9 | 1 | 69 | 0 | 0 | 70 | 61 | 3.35 | 1.27
1982 | 30 | 25 | 2 | 0 | 1 | 8 | 7 | 0 | -- | .533 | 572 | 144.0 | 164 | 14 | 46 | 8 | 5 | 74 | 0 | 1 | 69 | 57 | 3.56 | 1.46
1983 | 22 | 13 | 1 | 0 | 0 | 4 | 8 | 0 | -- | .333 | 346 | 82.2 | 114 | 12 | 20 | 1 | 1 | 39 | 0 | 0 | 59 | 53 | 5.77 | 1.62
1984 | 30 | 4 | 0 | 0 | 0 | 3 | 3 | 1 | -- | .500 | 164 | 42.1 | 52 | 4 | 22 | 4 | 1 | 16 | 1 | 0 | 33 | 28 | 5.95 | 1.75
1985 | 日本ハム | 15 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | -- | 1.000 | 125 | 35.0 | 26 | 2 | 12 | 1 | 1 | 12 | 0 | 0 | 9 | 8 | 2.06 | 1.09
1986 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | -- | .500 | 32 | 8.2 | 7 | 0 | 2 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 1 | 1 | 1.04 | 1.04
【通算:15年】
505 | 253 | 36 | 12 | 3 | 107 | 106 | 6 | -- | .502 | 7082 | 1860.1 | 1875 | 245 | 542 | 59 | 78 | 914 | 8 | 6 | 894 | 788 | 3.81 | 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

  • 11 (1972年 - 1984年)
  • 21 (1985年 - 1986年)

政治家としての経歴

日本政治家
三沢淳
みさわ じゅん

【所属政党】
(新進党→)
(自由党→)
(保守党→)
自由民主党
衆議院議員

【選挙区】
愛知県第4区
【当選回数】
1回
【在任期間】
1996年10月21日 - 2000年6月2日

1996年第41回衆議院議員総選挙に、新進党公認で愛知4区から出馬し、自民党公認の元民社党委員長・塚本三郎を破って、衆議院議員に初当選(比例区に単独立候補した元旧公明党委員長石田幸四郎から地盤を継承)。

衆議院内閣委員会理事、青少年特別委員会理事、行政改革特別委員、災害対策特別委員を務める。1999年には国旗国歌法の成立に尽力、更に訪米を控えMLBシカゴ・カブスの公式戦で始球式を務める予定が入っていた小渕恵三首相に、東大野球部捕手を務めた藤井裕久共々ピッチングを指導した。

小沢自由党を経て、2000年保守党の結党に参加し中心的に活動した。同年の第42回衆議院議員総選挙で愛知4区に出馬。現役時代から兄貴分と慕った星野仙一の支援を受け善戦したが牧義夫に敗れ落選した。2001年第19回参議院議員通常選挙比例区にかつて参院議員を務めたアントニオ猪木の支援も受けて出馬するが、再び落選。2003年第43回衆議院議員総選挙には、保守新党公認で愛知6区に国替えし草川昭三の後継者として出馬したが、三度落選した。以降選挙には立候補していない。

1996年の総選挙で初当選した米津等史は前出の原辰徳と東海大学政経学部同級生である。

過去のテレビ出演

関連項目

中日ドラゴンズ開幕投手
1930年代 | 

1940年代 | 

1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


中日ドラゴンズ 1970年ドラフト指名選手
1位:氏家雅行 / 2位:稲葉光雄 / 3位:三沢淳 / 4位:村上義則 / 5位:伊藤泰憲 / 6位:堂上照 / 7位:盛田嘉哉


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/22 17:23

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三沢淳」の意味を投稿しよう
「三沢淳」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三沢淳スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三沢淳」のスレッドを作成する
三沢淳の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail