このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三浦梧楼とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年4月)
【三浦 梧楼】


【生誕】
1847年1月1日
日本 長門国
【死没】
(1926-01-28) 1926年1月28日(79歳没)
日本東京
【所属組織】
大日本帝国陸軍
【軍歴】
1871 - 1888
【最終階級】
中将
【除隊後】
枢密顧問官
【墓所】
青山霊園

三浦 梧楼(梧樓)(みうら ごろう、弘化3年11月15日(1847年1月1日) - 大正15年(1926年)1月28日)は、日本の武士陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将。栄典は従一位勲一等子爵は観樹。

目次

  • 1 経歴
  • 2 年譜
  • 3 栄典
  • 4 親族
  • 5 脚注
  • 6 著作文献
  • 7 参考文献
  • 8 外部リンク

経歴

現在の山口県萩市藩士陪臣五十部吉平の五男として生まれる。明倫館で学んだ後、奇兵隊に入隊して第二次長州征伐戊辰戦争に従軍する。維新後は兵部省に出仕、明治7年(1874年)には陸軍省第3局長として台湾出兵に反対。明治9年(1876年)、萩の乱の鎮定に赴き、翌年の西南戦争では第三旅団長として各地を転戦、城山(鹿児島県)を陥落させた。明治11年(1878年)中将となり、西部監軍部長。

長州出身ながら藩閥政治に反対する立場をとり、また山縣有朋とは奇兵隊時代から不仲であったこともあり、谷干城鳥尾小弥太曾我祐準らとともに反主流派を形成し、山縣や大山巌らと対立した。明治14年(1881年)の開拓使官有物払下げ事件では、上記3人と連名で議会開設及び憲法制定を訴える建白書を提出し、翌年陸軍士官学校長に左遷される。明治18年(1885年)に陸軍卿の大山と共に欧州の兵制を視察した。

明治19年(1886年)に帰国、月曜会の中心人物として陸軍改革の意見書を提出したが、翌年に熊本鎮台司令長官に左遷される。明治21年(1887年)、予備役に編入。同年から明治25年(1892年)まで学習院院長。明治23年(1890年)7月に子爵による互選で貴族院議員に選出されたが、翌年9月30日に辞職した。

明治28年(1895年)9月1日、在朝鮮国特命全権公使に就任。公使館付武官で朝鮮政府軍部顧問の楠瀬幸彦中佐や、邦字新聞「漢城新報」社長の安達謙蔵らの協力を得て、同年10月8日の閔妃暗殺を指揮したとされ(乙未事変)、事変後、関わったとされる三浦以下48名は召還され広島で投獄され、12月12日 に広島地方裁判所にて予審開始。翌1896年1月20日広島地裁や同地で開かれた軍法会議の結果、証拠不十分として日本人関係者は全員無罪となり釈放された。

明治41年(1908年)4月1日、後備役となる。明治43年(1910年)には枢密顧問官に就任、また宮中顧問官などの要職を歴任する。大正期には「藩閥打倒」を唱え、政界の黒幕としても活動、政党政治期(及びその直前期)の大正5年(1916年)と同13年(1924年)の2度に亘り、対立する政党間の党首会談の仲介などを行った。特に後者の会談は後に「護憲三派」結成の合意がなされた会談として歴史に名を残している。最晩年に口述筆記で、著作を2冊出版している。大正15年(1926年)、尿毒症のため死去。

年譜

晩年の三浦

栄典

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族

脚注

  1. ^ 陪臣のままでは入学できないことになっていたので、藩士三浦道庵の養子となった。
  2. ^ 『官報』第2479号、明治24年10月2日。
  3. ^ 新聞集成 明治編年史 第九巻 日清戦争期 時事 1986年1月23日記事
  4. ^ 『官報』第7458号、明治41年5月9日。
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)288頁
  6. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  7. ^ 『官報』第3625号「叙任及辞令」1895年7月30日。
  8. ^ 『官報』第8534号「叙任及辞令」1911年11月30日。
  9. ^ 『官報』第3110号「叙任及辞令」1922年12月12日。
  10. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1926年1月29日。
  11. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  12. ^ 『官報』第2100号「叙任及辞令」1890年7月1日。
  13. ^ 『官報』第813号「宮廷録事 - 恩賜並追賜」1915年4月21日。
  14. ^ 『官報』第817号「叙任及辞令」1915年4月26日。
  15. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  16. ^ 『官報』第3717号「宮廷録事 - 恩賜」1925年1月15日。
  17. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  18. ^ 『官報』第684号「叙任」1885年10月9日。
  19. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、666頁。

著作文献

元版 実業之日本社 大正13年(1924年)
元版 政教社 大正14年(1925年)、復刻版<伝記叢書46.大空社>、1988年
  • 2冊を併せ、『明治反骨中将一代記 三浦観樹将軍秘話』 芙蓉書房、1981年

参考文献

外部リンク


軍職
先代:
- | 東京鎮台司令長官
初代:1871年12月14日 - 1873年7月7日 | 次代:
山田顕義
先代:
高橋勝政
(司令長官心得) | 広島鎮台司令長官
第2代:1876年10月26日 - 1878年12月14日 | 次代:
井田譲
先代:
- | 西部監軍部長
初代:1878年12月10日 - 1882年2月6日 | 次代:
高島鞆之助
(部長心得)
先代:
小沢武雄 | 陸軍士官学校長校長
第5代:1882年2月6日 - 1885年5月21日 | 次代:
小沢武雄
先代:
北白川宮能久親王
(司令官代理) | 東京鎮台司令官
第2代:1885年5月21日 - 1886年7月26日 | 次代:
三好重臣
先代:
三好重臣 | 熊本鎮台司令官
第6代:1886年7月26日 - 同8月16日 | 次代:
山地元治
学職
先代:
大鳥圭介 | 学習院院長
第4代:1887年 - 1892年3月26日 | 次代:
岩倉具定
外交職
先代:
井上馨 | 朝鮮日本公使
第6代:1895年7月19日 - 同10月24日 | 次代:
小村壽太郎
日本の爵位
先代:
叙爵 | 子爵
三浦(梧楼)家初代
1884年 - 1926年 | 次代:
三浦松二郎
在朝鮮公使 (1895年)
在朝鮮国全権公使 | 

在大韓帝国全権公使 | 
  • 加藤増雄:1897年-1898年 弁理公使 :1898年-1899年
  • 林権助:1899年-1906年
  • 統監府設置
  • 韓国併合
  • 朝鮮総督府設置
  • 日本統治時代~日韓基本条約締結

  • 在大韓民国全権大使 | 
  • 前田利一(臨時代理大使):1965年-1966年
  • 木村四郎七:1966年-1968年
  • 金山政英:1968年-1972年
  • 後宮虎郎:1972年-1975年
  • 西山昭:1975年-1977年
  • 須之部量三:1977年-1981年
  • 前田利一:1981年-1984年
  • 御巫清尚:1984年-1987年
  • 梁井新一:1987年-1990年
  • 柳健一:1990年-1992年
  • 後藤利雄:1992年-1994年
  • 山下新太郎:1994年-1997年
  • 小倉和夫:1997年-1999年
  • 寺田輝介:2000年-2003年
  • 高野紀元:2003年-2005年
  • 引揚
  • 高野紀元再赴任:2005年
  • 大島正太郎:2005年-2007年
  • 重家俊範:2007年-2010年
  • 武藤正敏:2010年-2012年
  • 引揚
  • 武藤正敏再赴任:2012年
  • 別所浩郎:2012年-2016年
  • 長嶺安政:2016年-2017年
  • 引揚
  • 長嶺安政再赴任:2017年-2019年
  • 冨田浩司:2019年-


  • 学校法人学習院院長(学習院長:第4代:1888年 - 1892年)
    学習院長
    (1876-1877華族学校長) | 

    華族女学校長 | 
  • 谷干城 1885
  • 事務代行 下田歌子 1885-1887
  • 大鳥圭介 1887-1888
  • 西村茂樹 1888-1893
  • 細川潤次郎 1893-1906

  • 学習院女学部長 | 
  • 下田歌子 1906-1907
  • 松本源太郎 1907-1918

  • 女子学習院長 | 
  • 大島義脩 1918-1923
  • 松浦寅三郎 1923-1932
  • 長屋順耳 1932-1940
  • 芝田徹心 1940-1945
  • 下村寿一 1945-1946
  • 安倍能成 1946-1947

  • 学校法人学習院長
    (1947-1951財団法人) | 
  • 第18代 安倍能成 1947-1966
  • 代行 小山直彦 1966
  • 第19代 麻生磯次 1966-1970
  • 第20代 櫻井和市 1970-1981
  • 第21代 磯部忠正 1981-1987
  • 第22代 内藤頼博 1987-1993
  • 第23代 島津久厚 1993-2002
  • 第24代 田島義博 2002-2006
  • 代行 内藤政武 2006
  • 第25代 波多野敬雄 2006-2014
  • 第26代 内藤政武 2014-

  • カテゴリ
  • メディア
  • 学校法人学習院
  • 学校法人
  • 学習院大学学長
  • 学習院大学の人物
  • 学習院女子大学の人物


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/11 19:59

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「三浦梧楼」の意味を投稿しよう
    「三浦梧楼」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    三浦梧楼スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「三浦梧楼」のスレッドを作成する
    三浦梧楼の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail